ここから本文です

投稿コメント一覧 (426コメント)

  • >>No. 775

    日柄を待ちましょう、今は移動平均線がようやく水平化している所です。底がしっかりしていれば、将来性や材料のある企業は必ず吹きます。

  • うーむ、銀行株もっと大きなポジション取っておけばよかったですね。もったいない。
    イエレンが利上げしてくれれば、さらに上、利上げせずに相場維持でも崩れはなかったのだから。惜しいことをしました。まぁ、不確定性というのはひとつひとつ解決していかないと、はっきりしないので仕方ないですか。

  • >>No. 292

    もうヘリマネ系以外は大してできることはないのに、今の段階でマイナス金利という連中に残った数少ない伝家の宝刀を拙速に抜く必要がない。「マイナス金利」「マイナス金利」と吹いて回ってるのは、反対意見が強いので政権&日銀側が様子を見てるんじゃないですかね。今まで黙ってサプライズ一辺倒だった連中にしてみれば、これでも「コミュニケーション」を取っているつもり。

    欧州はドイツ銀の課徴金絡みで大下げ、日本もマイナス金利で週末戻したとは言え、銀行系が大下げの内。戻り狙いの買い入れるなら来週頭じゃないかと思いますね。

    記事にもありますが、日銀・FOMCを通過して、結局何事もなし。小康を得てから、12月の利上げはほぼ確定と織り込みつつトランプ騒動に市場の意識は集中していく。ある程度戻して高値感が出たら、インバに本格的に張るのもよいのでは?放っておきたい人はトリプル・ベアもありでしょう。ただ、トランプは既に今から本命視が始まっている以上、市場は既に織り込みを始めており、ある程度の幅で乱高下しながら対応していくと私は思いますね。トランプもドゥテルテもこれまでの常識を継承しないというだけで、経済的に無茶をやろうという訳ではないですから(むしろ彼らは新しい時代に対応している)。去年のチャイナ・ショックや今年1-2月の様な崩壊は来年以降の第二次チャイナ・ショック待ちでしょう。あの国はギリギリまで隠蔽と無茶をし続けていくから市場が前もって対応しづらい。

  • 日銀が今回利下げを見送るべき理由は多い。
    第1に、市場とのコミュニケーションの立て直しだ。黒田総裁は1月に、「抜き打ち」でマイナス金利政策を導入したことにより、市場参加者との信頼関係を損なった。7月の追加緩和策が、金利を全く触らずに上場投資信託(ETF)の買い入れを倍増させるという、中央銀行としては異例の内容になったのは、市場に歩み寄る姿勢の表れだっただろう。そして今回の総括検証では、マイナス金利政策に対する市場の理解を求めようとしている。現在は、深掘りというアクションをとる前に、慎重な手続きを踏んでいる段階なのではないか。

    第2に、黒田総裁の就任以降、日銀の政策変更はすべて「展望レポート」公表のタイミングと一致している。次の緩和策も、「インフレ見通しが悪化しているので、対応措置をとった」との説明になるとすれば、11月1日の発表が有力になる。

    第3に、国内政治。12月から来年1月にかけての衆院解散・総選挙が取り沙汰されるなかで、仮に追加財政出動と連携をとるのであれば、現在は「温存」の時期になる。

    第4に、国際政治も影響しているかもしれない。米大統領選が佳境に入ってくるなかで、日銀がマイナス金利の深掘りを打ち出せば、大統領候補に「通貨安政策だ」との批判を許す恐れがある。

    では、21日に日銀が利下げ見送りを発表した場合、ドル円相場はどのように反応するだろうか。筆者は、1ドル=100円割れは回避できるのではないかと推測している。というのも、今回の欧米出張で見てきた限り、ヘッジファンド勢の日銀追加緩和に対する期待値は高くないのだ。

    ttp://jp.reuters.com/article/column-forexforum-yunosuke-ikeda-idJPKCN11M0QT?pageNumber=2

  • >>No. 293

    安いだけじゃなく、浮動株比率が0.2と圧倒的に低いから、上昇の流れに入ると急騰しますよ。400手前の大底で支持線確認しての跳ね返しはかなりいい形。今日買えた人は最高でしょうね。

  • 日銀緩和で市場不安定化、マイナス金利の活用限定的
    9月のロイター企業調査によると、日銀の過去3年余りの大規模緩和の影響として「金融市場の不安定化」を挙げた企業が4割を占め、「資金調達コストの低下」を挙げた企業を上回った。
    ttp://jp.reuters.com/article/reuters-poll-sep-idJPKCN11L2XS

    銀行業界が総力戦でマイナス金利深掘り反対してますが、銀行関係以外はそれほど悪印象ではないよう。
    もっとも、「すでに低すぎるから大した影響はない」との意見が大半。
    円高はやはり100円を切ると大半の企業が下方修正。110円より円安で初めて上方修正になる。

    2020年まで緩和持久戦!
    ttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-15/ODJ6EF6JIJV601

    2020年までETF買い続けたらどうなるんでしょうか。主要企業の大半で日銀が筆頭株主?

  • 皮肉にも
    米指標悪化→FOMC金利据え置き確定→米株の不安感が剥落→DOW戻し上げ
    となりました。
    日本株もある程度戻したが、マイナス金利騒動の中でどう展開していくか・・・?

  • >>No. 282

    新興、というか小型のテーマ株で儲けたことはあまりないですね。
    ITバブルみたいな時期なら張るのも面白いんですが、相場全体が軟調な中で次々テーマが移り変わっては暴騰と暴落を繰り返すという状況だと、イナゴ戦法が性格的に合う人でないと難しいと感じてますよ。VR触ってた時はジグソー横目に見てましたが、あれに乗っかる気は起きない。
    制度売りができる場合は、吹いた後に材料の性質と騰落・形見て仕掛けますが、売り仕掛けが一日信用しかできない銘柄が大半ですからね。買いはIPO後に下げきった所を将来性を見据えて仕込むぐらいが関の山じゃないでしょうか。

  • >>No. 276

    流れに逆らわずに下ヒゲ出るぐらいまで待ってからの方がいいですよ。今は日銀会合・FOMCで何が出るかわからない、トランプ大統領になりそうだ、ということで不安感が先行している状態なので、本当に暴落する状況ではないのに下げ過ぎ、という所まで行っているし、まだ行くでしょう。少なくともこの状況は来週後半まで解消しない。
    今は225かTOPIXの浮動株比率の小さい有望そうな個別を調べ上げて、下げ過ぎた所の反転を取れば、不安感が剥落してETF買いが機能する状態になれば必然上がりますから。

  • >>No. 228

    MUFJ(&モルスタ)はインフォテリア=BCCC=テックビューロ系潰してる本尊ですよ。99%ないでしょうね。

  • >>No. 268

    難しいやり方じゃなくて、だいたい直近の底値と高値の間、23.6% 38.2% 50% 61.8%で押し目やらをつくる反転が起きやすいというだけのことです。生物は構造的・感覚的にそこで曲がるのがしっくりくるから、そう反応してしまい易い。
    23.6% 38.2% 50% 61.8%ってのは暗算ではやってられないので、騙しの行き過ぎも含めて25%手前、40%手前、50%前後、60%過ぎぐらいで見とけば、手がかりがない時に、少なくとも半々よりは高い確立で反転する一つの基準になるんですよ(逆に反転が起きなければブレイクアウト)。私は今年前半にGPIF連中に朝から買い上げられたトラウマがあるので、こういう手がかりを置いて客観視しない場合、深層心理が恐怖感を優先させてしまって、早く手仕舞い過ぎたということです。

  • >>No. 262

    朝の処分はフィボナッチで計って後場まで待つべきでしたよ。出先のスマホ取引なのでついつい雑に・・・。私は大引け前にまたレバ買った程度ですね。
    トランプ本命になってきたので、これから多少荒れつつ市場が織り込んでいく形になりますね。Brexitみたいになりそうではないですよ。

  • 円安・ETF砲がある限りインバ以外の押し目買いの好機と思いますが・・・
    私は朝一で個別の空売り処分しましたよ。間違ってるのもあったので助かりましたね。

  • 日本株への関心反映か、海外勢参加が過去2番目の多さ-メリル証会議
    ・メリルリンチ日本証券が来週開く投資家向け年次コンファレンスへの海外からの参加者は過去最高近く
    ・海外からの関心の高さは意外かもしれないが、ここには為替要因が影響している。TOPIXは7日終値時点で、円ベースでは年初来13%下落だが、ドルとユーロのベースではそれぞれ3.5%、0.5%上昇している。円は対ドルで18%値上がりしてきたので、為替ヘッジをしない海外投資家に恩恵を与える。
    ・豪AMPキャピタル・インベスターズで投資ファンドを率いるネーダー・ナエイミ氏は、「状況悪化が緩和されれば市場に入って買うスタンスだが、そうした状況が日本で起きてきた」と語る。
    ttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-08/OD5VL66K50YJ01

    結局、7月からの上昇はこういった海外勢の回帰にも支えられてるということですなぁ。押し目が毎回切り上がっているというのは、明らかな上昇基調で、今の調整を経て17000から上で安定するようだと支持帯・抵抗帯の反転が起きるでしょう。有事の逃避先に円が選ばれるということは、安定しさえすれば日本株がそうなっても不思議はないということです。

  • 賭け金をつり上げる黒田日銀-「総括的検証」で
    「政策金利をマイナス1.25%まで引き下げているスウェーデンでは、住宅価格の高騰などの副作用もみられている」
    ttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-07/OD4A2N6TTDSJ01

    この記事、次の日銀が取りそうな手が大概出てますよ。マイナス金利でスウェーデンの不動産がバブってるとのチャートと言及。

    不動産融資、バブル期上回る=マイナス金利で流入―4~6月
    ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000018-jij-bus_all

    日本もあの30年前のバブルを超える資金流入。地銀が逃げ道を求めて無茶な不動産融資。

    上海の不動産開発会社、またも期日通りに利払いできず-リスク高まる
    ttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-07/OD47NQ6JIJVF01

    中共はとっくの昔に不動産バブルで当局が規制したり、与信追加して崩壊しないようにしたりとかなり強引に操縦するも無理が出てきている様子。

  • 輸出株が$円と必ずしも連動しなくなってましたが、円高がこれだけ戻して、先物の落ちがこの程度だと、今日からかなり面白いことになりそうですね。

  • 日銀は下旬からETF購入加速へ、品薄株に投資妙味-大和証
    「鈴木氏は、日経平均構成銘柄の中で品薄株と位置付けられるFリテイリ、ヤフー、大日本住友製薬、中外製薬、NTTドコモ、松井証券の6銘柄に注目する。日銀のETF購入などが影響し、Fリテイリの東証浮動株比率は8月末に25%と3月末の30%から低下した。「品薄株は日銀のETF購入拡大でますます品薄となり、市場の原理で上がらざるを得ない」とみている」
    ttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-05/OCQX9J6KLVR901

    日経225銘柄も個別・業種で面白い動きになってるので、触ってみるのも面白いですよ。
    中外とか目を付けてたんですけど、他を処分しそこねている内にポポンと上がって抜けちゃいました。

    >>232
    当面、難しいんじゃないですか。今日で7営業日買い入れなしで、これは8月の長い長いと思った買いがなかった期間と一緒。20-21日の日銀会合で「見直し」が入りますが、米時間20-21日のFOMC見てから、本格対応できるようにとの浜田が言ってるから、変動に備えて弾は温存しているとも見える。まぁ、溜めたら溜めたで、強力な下支えになりますからね。上にも下にも中々大きくは動かないでしょう。

  • 高値安値スパム解除のためにログインしようとしたらできない・・・

  • 多分明日ぐらいで日銀の買いが入るでしょう。私は大引けにレバいれましたが。

本文はここまでです このページの先頭へ