ここから本文です

投稿コメント一覧 (1598コメント)

  • >>No. 19966

     えーと新聞があったので単にメモにしました。
     以前の新聞に「秋の富士山 私だけの名所」と題して、意外と知られていない名所ランキングと、ありました。

    ①山中湖パノラマ台・山梨県山中湖村 山裾染めるワインレッドの紅葉
    ②朝霧高原・静岡県富士宮市 ススキとの見事なコントラスト
    ③大観山(だいかんざん)・神奈川県箱根町 湖、雲海との幻想的な組み合わせ
    ④奥庭自然公園・山梨県鳴沢村 金色のカラマツと山肌間近
    ⑤二十曲峠・山梨県忍野村 標高1150メートルからの「忍野富士」
    ⑥田貫湖(たぬきこ)・静岡県富士宮市 曇っていても「逆さ富士」
    ⑦筑波山・茨城県つくば市 関東平野のかなた すっきり全景
    ⑦達磨山(だるまやま)・静岡県伊豆市 駿河湾越しの大パノラマ
    ⑨高尾山・東京都八王子市 夕焼けに浮かぶシルエット
    ⑩水ヶ塚(みずがづか)公園・静岡県裾野市 カエデ20種類 紅葉の共演

    取り敢えず
    2017.11.16(木)朝  Oさん

  • >>No. 19959

    お早うございます。
     こちらは、いい雨(良いではなくて、雨が続くと困るなあ・・・に近い雨を、こう云います)と風が出てきました。昨日11/15(水)夕方から今朝も続いています。
     もう少し外気温が低くなると時雨と云うのかな。

      近くのいつもの居酒屋(少しグレードはありますが)でした。
     一人ポツンといつもの座卓にアグラをかいて、ボトル更新しながら、時に新聞切り抜きながら、時にうたた寝しながらです。
    こういう「時に」は、結構満足しています。結構酔って、帰りました。

    <姫神 山人生の中で 私の一番好きな山です!!
    ⇒ ホントにいい山ですよね。
     繋がりのある山ですが、独立峰のように展望はいいですし、登山口から杉林、そして樹林から急に岩場になって高度を感じます。「一本杉登山口コース」は、登山道そのものは短いのですが、結構変化に富んでいて、そこがこの山の魅力でもあるのかな・・・と

    ※ 宮沢賢治記念館 平成27年4月25日リニューアルオープン!
    近くに、宮沢賢治童話村、宮沢賢治イーハトーブ館などがあります。
    所在地 〒025-0011 岩手県花巻市矢沢1-1-36
    電話番号 0198-31-2319
    新花巻駅 → 【バス2分】 賢治記念館口バス停 → 【徒歩15分】 宮沢賢治記念館
    新幹線「新花巻駅」、JR釜石線「新花巻駅」より車で3分、東北本線「花巻駅」より車で15分
    花巻インターチェンジより車で20分、花巻南インターチェンジより車で20分、花巻空港インターチェンジより車で10分、いわて花巻空港より車で15分
    ※ どこぞで石川啄木施設の案内標柱も見かけました。

    ⇒ 一方の岩手山 
     それは、それは周りに何もなくて唯ただドーンとあるのですが、誰もが登ってみたい山、憧れの山だと思います。

     歩けたらセットの山、まだまだ行きますよ~~~
     でも、当方は膝の痛みが出てくるし、痙攣は起きるし、何回もの一休みをしないと進めなくなったし・・・
    それでも行きたい「いいセット山」で~す。

    Oさん

  • >>No. 19954

    えーと、投稿枚数制限があって、写真はなしです。

    姫神山からは岩手山が見えるのですが生憎のお天気でした。
    山頂はゴツゴツの岩と標識柱と三角点と祠があります。
    4方向からのルートがあって、通常は3コースのようです。

    岩手山と姫神山 まだまだ登るつもりです。でも降雪期の冬山はやりません。
    雪のない冬山は行きます。

    今夜はここまで
    2017.11.14(火)夜     Oさん

  • >>No. 19953

    三角点を拡大しました。

     姫神山登山口駐車場では、翌日知ったのですが、岩手山への6合目まで一緒した女性60歳の車がありました。彼女は結局登らず車の中に暫く居て帰ったとてのこと、私の支度している姿は見たとのことでした。
     
     ひどく荒れたお天気でしたが、駐車場には4台の車があって私も含めてこんな日にも上っている人がいるんだなと思いました。
     でも往復時間は短かったです。

     風が冷たくて、時折雨と雪も舞いました。誰もいない、風がビュービューと吹き付けている頂上、手が凍える程でした。
     
     岩手山はカルデラをゆっくり回りたいし、セットの姫神山でもあるし、東北の山もまだまだ続くつもりです。
    ラストもう1枚

  • >>No. 19952

    三角点がこんなです。

    < 話変わって、裏剣が見えたはずの仙人池の話です。
    そうなんです。朝から阿曽原小屋へ着くまでガスと今にも降りそうな厚い雲の中、セッセとひたすら歩きました。
    仙人池には三脚だけが何脚かセットされていました。池もガスに覆われてほとんど水面もはっきりしませんでした。

    < 粟ヶ岳と寺泊の話
    深まりゆく秋で、粟ヶ岳の小屋手前では雪が舞いました。で、下山にしました。
    前夜の寺泊の宿では蟹を食べました。

    写真は続く

  • >>No. 19951

    姫神山山頂の標柱と一等三角点
    この三角点は古いし多分歴史ものかも知れません。
    私はこの大きな長方形タイプをあまり見ていないと思うのです。最も3回目でマジマジ視ているということでもあるのですが。
    ここは物知りのWayさんに教えを乞うことにしましょう。

  • >>No. 19950

    11/11(土)姫神山1123mは3回目でした。
    5枚程貼り付けてみます。

    因みに、11/12(日)岩手山は2回目で八合目まででした。

    姫神山への一本杉登山口です。

  • >>No. 19942

    さっきの案内版は何回かクリックしかくだいすると読めました。
    これがあるからやめられない「この空」です。
    近夜はここまで

    2017.11.14(火)深夜   Oさん

  • >>No. 19941

    もう2枚にします。
    案内版
    文字が読めるかどうかな

  • >>No. 19940

    5枚目 下山して登山口から望む岩手山
    右上の白いところが8合目から頂上
    小屋は奥にあり見えない。

    お天気が良くてなによりでした。

  • >>No. 19939

    4枚目 登山口へ向かう道路から望む岩手山

  • >>No. 19938

    3枚目 避難小屋の前
    ベンチ、さっきの標柱、頂上方向はガスで見えず。

    駐車場登山口は雪なし。
    一合目から雪あり、徐々に増えて6合目からは膝程となり足跡でないと歩きにくい。
    8合目は吹きさらしの避難小屋で雪が少ない。
    続く

  • >>No. 19937

    2枚目 8合目標柱
    登山口は馬返しで8合目避難小屋の往復でした。
    頂上まで1.7キロ、馬返しから避難小屋は4.2キロに位置します。

    登山口の駐車場に車は10台近く。12~13人ほどに会いました。
    日曜日でもありますが、結構登山者がいるものだなぁと思いました。

    で、駐車場で、支度していると、地元の常連さん3人が相談なしにてんでに集まり支度、後で知るのですが、男性75歳、男性65歳程かと、女性60歳。

    コースは沢を挟んで旧道と新道があって、私は支度くが終わった女性の方と新道を、男性2人は支度して旧道を登りました。
    途中6合目で、「早く登れ!!」と旧道の男性2人から激励、2人の早いこと。
    で、その2人は小屋から頂上へ行きました。

    小屋はとても大きくて50人とかもっと入れそう、入れ替わりで8人程が休みました。女性と私は小屋で食べ物・防寒支度などでした。そう足が攣ったつったのと持参した軽アイゼンを付けました。

    男性2人は早いことはやいこと30、40分か程度で小屋へ戻ってきました。
    私は、支度して一足先に下山開始。

    6合目だったかで3人組に追い越されました。
    でも距離は離されず20m程の間隔で駐車場までキープしました。
    続く

  • >>No. 19936

    はーい、今晩は、いつもの深夜便でーす。
    ◎12/9(土)か12/10(日)、ウーーーム、超残念、ゴメン参加できません。
    「用務あり」12/10(日)早朝から絶対用務なので、前日も動けません。
    皆さんで楽しんでください。

    ◎11/12(日)の岩手山8合目1770mの写真を3枚程にします。
    1枚目は避難小屋
    積雪は少しですが、足元は氷っているので転ばぬようにです。

    2017.11.14(火)になります。   Oさん

  • >>No. 19928

    カキコ読まずにごめんなさい。
    写真いいですね。
    野菜は流石だし、紅葉や山だよの漢字もいいなぁ

    さて、「は~い、今晩は」
    とても短い期間でしたが東北へ行ってきました。ドキリ、ハラりもありましたが無事に旅から戻りました。

    遠望の「飯豊連峰が真っ白」でしたし、高い山は薄く白くなっています。そして山並みが赤、茶、黄、紫色など「深秋の色合い」、更に「只見川沿い・阿賀野川沿い・信濃川沿いの今朝11/13(月)は、深い霧」でした。

    11/3(金)夜から動き出して、11/6(月)夜~7(火)が自宅で、8(水)早朝から再び動き11/13(月)今朝自宅着でした。

    11/4(土)秩父の破風山626m
    11/5(日)群馬県上野村
    11/6(月)群馬県・新潟県境の稲包山1598m
    11/8(水)上越市春日山城址他集まり 宿
    11/9(木)東北へ移動
    11/10(金)仙台市郊外集まり、二次会仙台繁華街飲み屋さん 宿
    11/11(土)岩手県姫神山1123m
    11/12(日)岩手山頂上2033mのうち八合目1770m避難小屋まで
    11/13(月)移動 朝、歯科医院

    疲れも痙攣もありましたし、車細い道カーブスピード出し過ぎの危険などもありましたが、「総じて、いい秋を堪能」してきました。
    追々カキコと写真も
    2017.11.13(月)夜    Oさん

  • >>No. 19890

    皆さんのカキコ読まずにゴメンです。

    今晩は~やっぱり、疲れが蓄積していて、ボワーとコックリと時間がかかること・・・。
    元々の呆けで頭が回らず、それに加えて、動作緩慢と疲れが蓄積などで、夜になっています。
    11/8(金)の上越は曇りで夕方から今朝は雨でした。
     でも妙高三山は、春日山城跡方向や旧板倉町のお城跡の方向へから何とか見えました。三山には雪がそこそこありました。
     この前11/6(月)の稲包山から望んだ谷川岳や苗場山より多い感じでした。

    11/9(木)午前に上越からは戻り、床屋さんに行き、午後2時まではまあまあでした。
     そこから先が時間かかった。
    新し目のスパッツが見つからない。冬目のスパッツも見つからない。
    着ない衣類を沢山詰めてなど諸々。

     そうそう「必需本や地図」がなかなか見つからないし、「もう!!」と自分に腹を立てても何も解決できないし。
    同じ本を買うことにします。

    それで買い物はあるものの、何とか出発はできるので、では行ってきま~す。
    11/9(木)夜~11/12(日)夜 東北で~す。
    2017.11.9(木)夜     Oさん

  • >>No. 19885

    お早うございます。

     これから支度して、上越市へ行き、高田とか春日山、その他の資料館とかを、5、6人か、もう少し多いかの仲間とまわります。
     
     上越市で宿泊し、明日11/9(木)は軽い山のようです。
    私は明朝仲間とお別れしていったん自宅へ戻り、支度して東北へ11/12日(日)まで行ってきます。

    さあて、身も支度も何もしてなくて、おお忙しや
    集合してから上越市なものだから遅れないように・・・と
    いつも待たせるから
    2017.11.8(水)朝    Oさん

  • >>No. 19880

    はーい、今晩は
    皆さんのカキコちょっと見ていません。
    何せ、留守にしていました。

    3日間、動きました。
    概要もいつかいつかになりそう。

    今日11/6(月)は、群馬県と新潟県境近くの三国峠からの稲包山でした。
    歩きの難しさは何もなくて、ですがスムーズではないのです。
    何せ笹の登山道、ほとんど笹です。膝まで、腰まで、背丈まで、もっと高く2mも
    360度の展望、遠くは富士山も見えていました。

    疲れたので、ここまで
    えーと、8日(水)早朝から12日(日)まで、上越泊の後は、東北です。
    忙しや

    2017.11.6(月)夜    Oさん

  • >>No. 19868

    いい天気でもったいないような。11月3日は特異日とか、やっぱり晴れますね。

    では、ちょっと買い物しながら高速へ
    4日(土)西上州~秩父方面のやさしい山、未定。
    5日(日)山ではありませんが、ちょっとは歩きます。

    地図はそこそこ持ったし、お天気もまずまずのようだし
    では
    2017.11.3(金)午後      Oさん

  • >>No. 19864

    は~い、いつもの深夜便で~す。
    魚沼三山の駒ヶ岳・中ノ岳・八海山の雪は、斑まだら模様より白くなってきました。

    この前通ったのが、10/27(金)谷川 白毛門~同笠ヶ岳を歩いた日でしたが、朝の魚野川沿いは濃い霧と山も霧に包まれて、全く見えずでした。
    ライトがないと走れないし、濃いところはスピードを落としての高速道でした。

    そして帰りも、日没から夜で全く見えませんでした。
    でも、その日の笠ヶ岳から眺めた巻機山は、薄く白く見えていましたから、魚沼三山は斑の白とだったことでしよう。

    その後、冷え込んだ10/29(日)平地の雨では、三山は霙みぞれや雪になったことでしょう。

    さて、今日11/3(金)からまた、ちょっと動きますが、動きは午後からになります。
    取り敢えず
    2017.11.3(金)深夜       Oさん

本文はここまでです このページの先頭へ