ここから本文です

投稿コメント一覧 (1482コメント)

  • >>No. 19571

    はーい、今晩は~。
    さっき無事に帰宅して晩酌しました。

    白馬方面の朝日小屋2連泊、そこそこ歩けたし、
    超をつける程、とっても楽しい朝日岳2418mと朝日小屋でした。頂上にはに3回立ちました。
    というか、小屋は頂上を経由しないとなんです。

    もうもう山は、草紅葉までは行きませんが、黄色と黄土色とか駱駝らくだ色そのものでしたよ。

    疲れたのでこの後、カキコはどうなりますかね・・・
    取り敢えずに
    2017.9.21(木)夜   Oさん

  • >>No. 19563

    はーい今日は
    >はなさん、野菜づくりもお料理もいつも流石で、感謝していますよ。
    料理は作り過ぎのようですが、需要と供給ですから・・・需要も大丈夫ですよね。

    さて、台風が去ったから動きます。
    日程が少なくなったから、19(火)~21(木)の2連泊で、蓮華温泉から例の五輪尾根を登り朝日小屋を往復します。

    お休み日を入れないと、動けないからもあるし、できれば雪倉岳から朝日岳の間もつなぎたいと思いました。動けなくてつなげないかもしれません。

    白馬岳は4回程行き、そのうち2回は雪倉岳まで行きましたが、朝日岳は未踏でした。

    ザックには自炊道具は全く入れていないのですが、着替えや非常用ツェルト他で、すごく重くなりました。
    大丈夫かな?

    という訳で取り敢えず車は出発です。
    では
    2017.9.18(月)昼       Oさん

  • >>No. 19560

    ハーイ、今晩は
    台風18号の進路やいかに・・・と
    一日に何回か眺めるも、動かず・・・困った。
    9/16(土)~21(木)まで一応日程は確保したのだが・・・
    今のところは、動けません

    今、見たら台風速度が15キロと動きはじめたかな・・・

    で、別の話題です。
    2017.9.16(土)付けの新聞に「草紅葉ベスト10」がありました。
    ①尾瀬ヶ原
    ②大雪山・北海道
    ③奥日光・小田代ヶ原
    ④八甲田山
    ⑤月山・山形県

    ⑥苗場山
    ⑦八島湿原・長野県
    ⑧坊ガツル・大分県
    ⑨雨竜沼うりゅうぬま湿原・北海道
    ⑩曽爾そに高原・奈良県

    いいとか、そんなじゃない、知らない、とかの評論抜きで、フーム。

    それで、当方が通って(本当は散策したいが、時間がなくて通っただけの所もあります。)いないのは3ヶ所です。

    ・名前も知らなかったのが曽爾高原。
    ・そうだいつだったか、八島湿原集合はどうかと声掛けがありましたが、結局、あの時は流れたのかな。
    ・雨竜沼湿原は、暑寒別岳・北海道から眺めていました。

    はなさん、左近さんだったかに、草紅葉の話題もありました。
    草紅葉の高原・湿原の散策もいいですよね。

    2017.9.16(土)夜   Oさん

  • >>No. 19558

    はーい、今日は
    今日9/15(金)は、午前中そして午後もお日様と雲がまずまずで、いい天気です。
    こちらは16(土)まではまずまずなんでしょうが、それから先の強風雨圏から暴風雨圏になると台風の進路次第・・・に

    そううねぇ、shi***** さんのおっしゃる通りですよね。
    「山は逃げない」で、台風が過ぎてから考えることにしましょう。

    うーむ膝を気にしつつ、新たに地図も購入したんですが・・・
    台風には勝てません。
    取り敢えずに
    2017.9.15(金)午後    Oさん

  • >>No. 19556

    大事なことが優先、台風18号の状況次第が最優先でした。
    どの程度の勢力で動くのかな、
    第二室戸台風とか伊勢湾台風並みとかの予報なら、動けません。
    Oさん

  • >>No. 19555

    はい、普通に今晩は
    この週末から動きたいと画策中です。

    全くの単独。9/16(土)は車、17(日)から20(水)の4日間で、お休みを一日入れて動くことにしたくて、えーと、コースは白馬岳からにしようと思っているところです。

    どんどん、卒業の山になります。
    何せ、膝と足がトホホ・・・になってきて、動けなくなってきました。
    ですから、標高のある山とか距離のある山は、卒業の山になります。

    距離や標高のあるテント泊は、ほぼ無理になってしまいました。
    ホント、急に足の衰退が・・・、始まったのです。

    自分のことなんてですが、何か、全然、予期していませんでしたし、もうもう、自然体で受け入れて、普通にできる範囲で・・・しかできません。

    でも、初めてのルートもあったり、高低差も距離もあったりしますが、常に、進めるか、撤退するかだけは、決断します。

    晩酌が効いていて・・・戯言でした。
    2017.9.14(木)夜     Oさん

  • >>No. 19551

    はい、いつもの深夜便です。
    >岳さん入院とのこと、腰の具合でしょうか
    皆さんと同様に、お見舞いなんですが、元気エールがいいですね。
    復活したら、みんなでお会いしたいですね。
    待ってますよー

    9/13(水)晴れ 夕方、いつもの裏山へ行ってきました。
    身体が鈍らないように、でした。

    取り敢えずです。
    2017.9.14(木)深夜   Oさん

  • >>No. 19544

    >美ヶ原の牛です♪
    ⇒ミナマルさん、ありがとうございます。美しヶ原はいいお天気でしたね。
    私も、一昨年かな何かの帰り(主題のどこぞの山か、集まりが出てきません)に、のんびりと裏側から行きました。
    3回目だったか4回目だったかな。

    さて寝ます

  • >>No. 19542

    > 未丈岳、あのロングコース、参りましたね~
    ⇒ そうあの未丈岳、こちらは、岳さん、左近さん、Waiさんに連れて云ってもらいました。あれから何年経過したでしょうかね。
    あの日、雨の中でオニギリを食べました。3人は立って食べているが、私は大地にどっと腰かけている。
    「雨の中の行動って、先もあるからなるべく短時間で動く・・・」
    全然わかっていませんでした。
    当方は、「時間はかかるが、取り敢えず食べてから・・・」と、どっしり構えていました。
    帰りに蕗がたくさんありました。

    > 荒沢岳 突然、岸壁ならず、絶壁が現れ、そこに下がっている長~いクサリをつかんで登るんですよね~、
    ⇒ はーい、そうなんです。歩いて暫くするとどーんと山が迫ってきて、鎖場から始まります。険しい岩場や鎖場を幾つも越えないとです。
    それで当方は、3年前に頂上に立ち、頭が斜めになっている石碑などに触れて、このきつい山は、卒業の山にしました。
    それでも3回は頂に立ちました。

    8/27(日)の魚沼駒ヶ岳への道中は荒沢岳が目前にどーんとあります。眺めながら、卒業した鎖や岩場や頂を思い出していました。

    写真は、9/4(月)谷川・朝日岳の頂上の祠と大烏帽子(剣ヶ峰)と薄く谷川連峰です。
    時間も遅くなっていましたが、風が冷たくてフリースを着ました。
    もう高い山は防寒着とアノラックが必需です。

    一端はお終い
    2017.9.12(火)朝    Oさん

  • >>No. 19541

    はーい、深夜便で~す。
    >越後駒の写真、
    でも、私、山頂も、肩の小屋も全く覚えていません・・。ただ、枝折峠とその先の・・・
    ⇒はい、その先が明神峠です。
    で、標識だけ拡大しましたが読めるかな

    オヤオヤ、朝の5時になってしまいましたが、まだ暗いですね。
    日の出は遅くなり日没は早くなりましたね。
    Oさん

  • >>No. 19538

    えーと
    越後駒ヶ岳2003mは
    枝折峠1065m~明神峠~道行山1298m~小倉山1378m
    ~百草の池~駒の小屋~駒ヶ岳頂上
    の往復です。

    超健脚向きにはランプの湯・駒の湯からのルートもありますがとてもとても・・・
    登山道は、例の抉えぐられてきて、だんだん木の階段が多くなってきました。
    それでもいい山ですね。

    車の往復はトンネル利用でした。
    それで帰りに、枝折峠でバス待ちをしている50歳ほどの男性がいて、この人とは往復とも前後しながらだったので、声をかけて、車に乗せて小出駅へ送りました。

    男性は越後湯沢で新幹線に乗り換えて都内へ帰るとのこと。昨年末に病気で入院していた。2月頃から少しずつ歩いて、昨日はロープウェイで八海山だったとのこと。

    冬山はやらないが、伊豆半島から富士山など眺めていた。
    荒沢岳、平ヶ岳、未丈ヶ岳なども意識しているようでした。ゆっくり走行して、未丈ヶ岳の出入り口を見ました。

    いずれにしても回復しながら再び山歩きした様子に、当方も歩けるだけでもまずまずと思いました。
    お終い
    2017.9.10(日)夜     Oさん

  • >>No. 19537

    枝折峠近くからの 未丈ヶ岳
    左のガスに覆われている山です。

  • >>No. 19536

    駒の小屋からの荒沢岳、ガスでほんの少しだけしか見えず。
    この方向からは尖がって見えます

  • >>No. 19535

    駒ヶ岳の左、東側に中の岳です。
    ガスが上がらず

  • >>No. 19532

    山頂側からの駒の小屋です。
    登山者多数。

  • >>No. 19532

    標識にザックをかけていたので移動してもらいました。

  • >>No. 19531

    越後駒ヶ岳山頂2003m
    例の剣を持った守り神も

  • >>No. 19530

    越後駒ヶ岳の頂上 続きです。
    晴れてはいるのですが、ガスが次から次へと湧いて、頂上は複数人がガスの中にいる感じでした。実際は椅子に腰かけたり、ブルーシートのグループで多くの人がいました。

  • >>No. 19528

    >間違えていましたね。
    ⇒左近さんは石和でしたね。
    ⇒で、Waiさんは仕事で帰りの遅い日々でしたね。

    ⇒そうそう、秋の山への準備をし始めましたが、やっぱりちょっと膝と足が疲れています。でも山はいいですね。

    えーと遡って
    8/27(日)晴れ、越後駒ヶ岳2003mの駒の小屋と頂上です。
    沢山の登山者でした。
    枝折しおり峠は、駐車場25台と道路へはみ出た駐車を合わせて50台程ありましたから、100人とかもっと多くの登山者でした。
    そう、トレールランナーも10人以上はいました。

    皆さんは往復8時間程らしいのですが、当方は9時間かかりました。
    休む時間が長くなりました。

    チラッと登山者日誌の年齢欄を見ました。当方は年末に71歳になりますが、日誌には70歳代が見当たりませんでした。
    ハハハ、そういうことでした・・・

    Oさん

  • >>No. 19527

    今晩は、
    お昼に大瓶ビール2本とお昼で、そこそこできあがりました。
    すぐ近くに居酒屋さんとちょっとした飲み屋さんの2軒があります。
    適度に使い分けています。

    で、町内会班長会議が終わり、一人でちょっとした飲み屋さんでお昼にしました。
    帰宅しても寝ないようにしていました。

    自宅夕飯も軽く晩酌しました。
    昼食も夕食もビールと食事がうまし。

    Oさん

本文はここまでです このページの先頭へ