ここから本文です

投稿コメント一覧 (4171コメント)


  •  北朝鮮が、「日本は、愚か」 だと。 私から言わせてもらえば、そのとおり。

     鹿児島県知事を、見ていながら、あの先日の、新潟県知事選挙は、どうだ?

     鹿児島県知事は、公約として、川内原発の再稼働を認めない事を掲げていたが、その後、数々の妨害?にあい、

     一転して、稼働へと舵を切った。


     新潟県民は、新潟県の 有名な米や、その他の 農漁産業物への 万が一の 風評被害を ものともしないらしい。

     現実におきた、鹿児島県児の翻意と、熊本地震の、あわやの大被害。 


     日本人は、現実さえ 見えない、超愚かな愚民だ。


     ウソつきだらけの、政権を 大多数の国民が支持し続ける。 テレビやネット、スマホのニュースさえ見ない。


     自分で、物事を考えない。


     国際会議で、麻生氏や加藤氏の発言を ぜひ してもらいたかった。 非難轟轟は火を見るよりも明らか。


     その様な愚民に対し、愚かということは、 太陽に向かって、おまえは、太陽だ。と いう事と同じだ。


     北朝鮮も 案外 バカだ。



  •  一応、民主主義国家の日本では、数が正義だ。 議席をとらねば 意味がない。

     新潟県知事選挙を、野党連合が、「善戦した?」などと、総括するのであれば、まぎれもない、ポンコツ野党だ。


     これだけ、国家権力の中枢における、不正の数々を国会で追及し、ひとまずマスコミも報道をした。

     それでも、バカな国民の 信頼を得ることが出来なかった、事実を 重く受け止めるべき。


     おのれの議員としての地位や、イデオロギーばかりが先走る、ポンコツ野党。


     民主主義国家では、数こそ正義。   その、きわめて 根本的な 理屈さえ 実現できなくして、

     どうして、国民の支持を伸ばせようか?


     新潟県知事選挙は、接戦の末に敗北したのではなく、野党の完全な敗北と総括する事が正しい。


     バカ国民の、政治家の不正、国民不在、国民見殺し、税金の利権関係者だけの利得。

     くわえて、非常に効率が悪すぎる行政と、隠ぺい体質に染まり切った、腐敗公務員の事実。


     国家のトップから、果ては、地方自治の教育の現場まで、仕事をまともにできない上に、都合の悪い事実は、

     なんの躊躇もなく、隠ぺいする組織の公務員。


     バカな有権者は、これからも続く、「暫定」だったはずのガソリン税を始め、数々の大重税に加え、

     国家的な損害を与え続ける、自民党、公明党、安倍政権への 妄信を続けるだけ。


     野党は、50年 100年先を見据えた、イデオロギーを超えた、共闘を本格的に組まねば、


     バカな国民の目を覚ますことなど、永遠に無理だ。 その一端は、野党議員の勉強不足にも 大きな原因がある。

     勉強以前の 調査すら 積極性に欠如するようでは、やはり、正真正銘のポンコツ野党だ。


     その動かぬ証拠が、安倍晋三が、のうのうと、国家の最高権力者であり続ける 現実だ。



  •  神戸で発覚した、中学3年生の自殺に関する、教育委員会や教育現場の 対応は、

     まさに、今、国会で追及されている 森友事件・加計疑惑と まるかぶり。


     これは、言い換えれば、日本の公務員の 公務の実態は、上から下まで、まったく同じ。 隠ぺいが日常。


     ひるがえって、安倍内閣が、公言する 学力の向上であるとか、そもそものいじめ問題への取り組みなどが、

     まるで、効果が出ていないどころか、安倍内閣や自民党、公明党、そして安倍総理と まったく同じに見える。


     この板、1番のバカいわく、「だったら、公務員になれば イイではないか。」という バカ丸出しの発言と

     同じだ。

     公務員の活動費用は、国民が納めた税金。 国民が全員公務員になったら、日本国は、社会主義か共産主義だ。


     社会主義や共産主義を、バカは、バカにするが、自分自身がバカ発言をしている矛盾に気がつきもしない。


     あらためて、民主主義国家の中に 潜む 公務員の腐敗した現状が、鮮明に浮き彫りだ。

     上は、国政のトップから、教育現場まで。

     国家公務員の残業時間が、一時ニュースになったが、独立行政法人化した 国立病院のように、

     派遣社員を、役所に導入すれば、その仕事ぶりは、現役の公務など、公務を習得した派遣社員に
     
     物の見事に、追い抜かれるだろう。

     公務員の腐敗を見過ごすな。 我々の税金が使われているのであるから。

     公務員とアルバイトの給与は、「同等に。」   しょせん、その程度のものだ。



  •  先日、発表された 
      地震に関する経済的な被害予想によると、南海トラフによる 経済的な被害は、1400兆円規模であり、

      これは、「国家的な損失」であるとのことであった。


      ならば、と ふと 思った。


      国家財政を、史上最悪の1000兆円越えにした 安倍内閣と自民党は、国家的な損失を与えた 内閣・政党?

      かと?


      最近は、地震による被害や経済的な損失のニュースが、多い。 これはこれで 意味があるのであろう。


      しかし、自然現象である、地震の発生は、防げない。


      その反面、人為的な 政治の不正や行政の不正は、つまるところ「人が行う行為」なのである。


      国民見殺し政治の安倍内閣と自民党、おまけの、「主体性なき」公明党。



      国会の空転も、元をただせば、単純に安倍総理の大うそと その大うそを なんとか、もみ消したい

      自民党や公明党らの 「人為的な損失」である。 無論、被害者は、国民だ。


      自然現象である、地震は防ぎようがないが、人為的な安倍政権や自民党・公明党の おバカな政治は、

      選挙で、国民が防ぐことができる。


      加計問題や森友事件のような、財務省・国土交通省などの諸官庁の悪事は、まだまだ 出て来るだろう。


      公明党の議員が大臣を務める、国土交通省の 違法な(つまり、法の定めに反した)行為が明らかに
      なる日も、そう遠くあるまい。




  •  やっている仕事が同じでも 賃金格差は あたりまえ?

     これも、いわゆる ウソなのでしょうか?

        それとも 超エリートの 単なる 世間知らず なのでしょうか?

        法律の主旨とは、ことなる ごはんだんのような きも いたしますが?


        これが、 最高なのでしょうか?  一国民としては、 最悪のケースに 感じますが?



  •  ウソつきも みんなで やれば こわくない。


  •  安倍総理にお願いしたい。


     もう、これ以上、 国民見殺し政治 ( 薬害被害者・カネミ被害者・水俣被害者・原爆被害者(2世を含む))
              を、やめて欲しい。


              ムダな道路を、この安倍総理がつくりだした、史上最悪の国家財政の中で、造り続けるのは、
              止めて欲しい。 ムダなダム建設も、採算性度外視の整備新幹線事業も同じ。

              国民を、大重税地獄に落とし込む政治を 止めて欲しい。



     国のトップでありながら、もう、これ以上、嘘八百をつきつづける行為をやめて欲しい。

              愛媛県知事の英断により、安倍総理の大ウソは、世界中が知る 事実となった。


     単純に、総理大臣を、お辞めになってほしい。 これは、日本で大うそ政治を続ける事が嫌でたまらない、一有権
     者としての 感想です。



  •  最近の、御用マスコミの 国民不在のヘッドライン?


     加計問題(加計事件?)に関して

     1.愛媛県知事は、県庁の記録文書類を公開することで、政治的野心を抱いている? → ただ、公務を執行してい
                                              るだけでしょう?
                                              国民が知る権利と役所が
                                              公開するべき文書を単に
                                              公開しているだけ。

                                              御用マスコミに都合が悪
                                              い? だけでは?

     2.現政権に弓を引く行為 → 今は、” 江戸時代 ” らしい。 御用マスコミの 感覚では。(笑)





  •  某国際会議に、麻生財務大臣を 送り、「 セクハラは、犯罪ではない!!!」 と 日本を代表して 断言して
     いただく、

     加藤代議士に、子は、3人以上 生むべし、と 発言していただく。


     お二人とも、井の中の蛙 、 日本では、言いたい放題。


     せっかくだから、世界中に 発信してみれば?


     すこしは、常識というものが、分かる? はずも ないか???

     
     有権者から 多くの声援?応援?  本当なのか? どうなのか?  だーれも 知らん。



  •  某大学教授に、議会の 何たるかを 知らないと 断言されるようでは、

     日本のマスコミは、発展途上国 以下なんだろう。⤵



  •  党首討論は、実に残念だった。

     どの野党も、「俺が、オレが、」 の 連続のようで、これでは、有権者の気持ちは、つかめない。


     結果、安倍内閣・自民党・公明党の、思うつぼ。⤵



     議席が、少ない野党こそ、次の選挙や、地方選挙で、有権者の 1票が、自公ではない、野党の いずれかに、

     投じられることを、最優先に考えるべき。


     いくら、仕事(安倍総理に追求や与党の追及を)をしても、 その行為やテレビ映像で、有権者が、

     応援しなければ、何の意味もない。


     正義とは、党利党略をこえて、 今の与党では、自分たちは、「将来、不安だ。」「こどもたちが、幸せに

     なれない。」 と いうことを 共感をもって、国会での活躍を、見ていただく事。


     政治に興味が無い、浮動票は、ひとまず、自民党へ。  これが、今の流れ。


     野党も、政党ごとの 理念はあるだろうが、なにせ議席が、少ない、無い。


     今のままでは、「たしかに、安倍内閣や自民党・公明党は、変だが、野党は、文句言うばかりじゃないか?」

     で、終りそうな 気配。


     それでは、元の木阿弥だ。


     国会討論は、次のあらゆる選挙戦での、得票に つながる 討論でなくては、意味がない。


     国会での正義とは、残念ながら、議席数だ。


     そのような意味において、民主主義の根幹である、多数決 つまり 大議席を持つ 自民党は、正義となり、

     いつも、いつも、国民が、しょうがなく、投票をする。 自民党へ。


     選挙の ごとに、 この繰り返しだ。  それを、無関心な国民は、「 野党は、何をやっているんだか? 」

     
     いくら、与党を攻めようが、結局、選挙では、負け続けだろう?  と 結論づけられている。

     野党の重鎮や、野党関係者には、腹立たしい意見だろうが、 それが、今の現実では なかろうか?




  •  世の中の、浮動票は、ほぼ 「 諦め感 」に満ちている。

     どうせ、自民党だろう。とか、自民党以外の政党では、どうにも ならないだろう。 とか。


     それらの 単なる 思い込みは、野党の選挙戦如何にかかっている。


     野党が、野党が、私たちが、私たちが、では、 どうなのだろうか?


     安倍内閣や自民党、公明党の 不正は、有権者は、周知の事実。 しかし、支持率は どうだ?



     少しでも、「 有権者の1票が、弱小野党に、大きな力を与える 事実。」 が 伝わってこその選挙戦。


     自分たち、野党の国会での与党追及を喧伝するよりも、「有権者の意識で、日本は変わる。」

     重税地獄を、変えることが出来るのは、政治家ではなく、「有権者の投じる、1票である事実。」

      を いかに 有権者に認識していただくか?


      とかく 野党は、与党を責め、自分たちが どれだけ 与党の不正を追及できたかを 喧伝したがる。


      気持ちは、十分わかる。


       しかし、重大なことは、有権者の1票が、野党へ投じられること。



       今の 開き直った、不正だらけ、国民の税金が、国民のために、いかに使われていないか? 等々。


       この 明白な事実を、どのように、分かりやすく有権者に伝え、有権者に理解と共感を得ることが出来るか?


       自分たちの活躍だけを、いくら喧伝したところで、 「野党は、野党だろう。」で 終わりそうな気がする。




  •  無所属でありながら、事実上は自民党系。  そんな議員が多すぎて、ゆがんだ政治が止まらない。

     
     税金のムダ使い、の 代表格であると個人的には感じる 長崎整備新幹線事業。

     そもそも、採算性度外視である。  採算性度外視は、福祉・教育・医療の現場にこそ、必須であり、

     むだな、整備新幹線事業のような、まさにムダ極まることに、国民が汗水流した税金を使うべきでは、ない。


     長崎県の 地理的条件を考えるならば、長崎県の大村湾の「海の空港」長崎空港の滑走路を2本にし、

     関東圏、関西圏、果ては、国際線などの、時間短縮および運賃の軽減化を図る方が、よほど投資予算と採算性に
     整合性があるだろう。

     同じ料金で、長崎県から東京まで行くのに、飛行機を使うのか? 新幹線を使うのか?

     到着までの時間を考えると、飛行機の選択肢を、大多数の人が選択するのは、当たり前。

     
     なのに、「地方自治体の財政に見合った、交通整備を。」 と 今の世の中の、「当たり前」を となえる

     賢明にも賢明な、佐賀県知事の意見が、国と長崎県庁と、利権関係者によって、つぶされようと している。


     このような、無謀な長崎県の地方自治の 1つに 被爆地であるという 歴史的事実を 長崎市長は訴え
     ながら、(長崎県知事の中村法道(ほうどう)氏)は、核拡散反対条約にも 賛同を示さない。

     かたや、長崎市長の田上(たうえ)氏は、各会議で、核のない世界を訴えながら、

     長崎整備新幹線で、発見された、「 長崎駅付近の第2次世界大戦中の防空壕 」を

     整備新幹線の工事のために、「被爆地の遺構」として 残す主張をするどころか、完全に破壊する案を選択。


     表向きは、反核の姿勢をとりながら、実際は、ムダな整備新幹線を強行する、まさに矛盾に満ちた首長だ。

     しかも、この防空壕を、被爆者団体が保存するべき との 記事を大大的に報道したのは、
     福岡県にある、西日本新聞社であり、 今も反対運動が続く、地元の 長崎新聞は、ほとんど記事にもしない 

     とか?


     まさに、御用マスコミ? の 感ありだ。


     国会では、国民の税金を、無駄使いし、労働者の命を危険にさらす 「働き方法案」が協議不十分なまま、

     自民党や公明党、そして、維新の会の強行採決という、過労死社会にたいし真逆の法案ばかりが強行採決。


     賢明な、佐賀県知事が主張する、「地方自治体の予算に見合った、事業運営」という、ごくごく真っ当な
     政治姿勢は、「利権団体優遇政治の日本」 では、どうやら つぶされる ようだ。

     被爆者という、凄惨な人生を送ることを余儀なくされた人々を、表面上は、反対運動だけで、さも同意する
     かのような長崎市長。

     しかし、長崎市役所も、長崎県庁も、被爆者保護予算の拡充や、被爆二世の保護などは、政治的に皆無だ。


     これが、自民党および自民党系 政治家の やり口だ。


     地方自治においても、国会の運営にしても、 国民の未来不在の政治が続く。

     ボロボロ野党、ダメダメ野党の あの民主党政権が残した、失政の負の遺産は、今も自民党や公明党、

     おまけの維新の会などの、強行採決などの 暴挙的政治姿勢や、不正を、無視し、国民への丁寧な説明どころか

     国民への丁寧な狡知に長けた、言い逃れやウソばかりで、乗り切ろうとする、正真正銘の大ウソ政治だ。

     国民が、いまだに 自民党を最大支持していることが、おそらく 世界中の不思議であろう。

     長きものにまかれろ の 精神は、いまだ発展途上国並みの 極めて 政治に無関心・未来志向から外れた

     国家の存亡に大きな危機を及ぼす 国民の姿勢だ。

     このような国民性の国は、たとえ、どれほどの防衛力を持とうが、平気で事実上の侵略を受け続ける。

     実際の 侵略に加えて、経済上の侵略や圧力は、これから さらに加速するだろう。

     国民が、目を覚ます。 これが、1番大切であり、本来 国民自身が受けるべき・福祉・医療・教育の充実
     を、考えない 姿勢を変えない限り、地獄を見るのは、それら 国民全体だ。


  •  いよいよ、自民党や公明党の 真骨頂だ。

     これだけ、与党(自民党・公明党)の デタラメ政治が、横行している現状をマスコミが報じようと、

     日本語が読めない、一応日本人らしき、某権力者は、「支持率は、あがっとるわい!!!」だとか、

     ダメダメ野党は、国会を 「休んでいる」とか、 物は正に 言いようだ。


     そもそも、自分たちが担ぎ上げた 総理大臣に関する不祥事が、次から次へと 発覚している そのまっただ中で、
     このような

          ご発言の、連発である。


     国民の支持率があがる?  そりゃ、世界に知れ渡った、バカ国民だ。

     自国の竹島が不法占拠されても、なにも しない 自民党政府や、


     これだけの、政権与党の不祥事がおきても、かつ 大増税で 経済苦境が目前であろうが、過労死が社会的な大問題
     で、あろうが、

       「働き方法案」の強行採決にたいしても、まるで関心なく、まちがいなく国民の大多数は、この法律の意味すら
      しらない。

     こんなバカの国に対する、諸外国の当たりは、当然 キツクなる。


     米国の自動車税の税率だ。  国民性を、分析して、25パーセントという、法外な税率でも、

     なーんにも、日本人は、「反米感情を持たないよ。」 今の政治に無関心な バカ丸出しの あの国民性。


     どんだけ、やろうが、ビンタくらうまでは、気がつきもしない。 現実は、すでにビンタ以上の物を喰らって

     いるのに、気がつきもしない。


     自分自身が、実際に、物理的に ビンタを喰らうまでは、 なーんにも、気が付こうともしない、バカ民族だ。



     米国の、自動車税の大増税は、ただの 始まりに過ぎない。


     コマーシャルを収入源とする、媒体は、これから先のクライアントは、外資に頼るしかない時代が目の前だ。




  •  世に、スポーツマンシップという言葉がある。 意味は、様々だろうが、

     この、スポーツマンシップを打ち砕く、事件が起きた。

     驚いた事に、世界的に活躍する、日本人のサッカー選手の つぶやき だ。

     「 報道は、加熱しすぎで、関係者だけで、やればよい。」 そのような意味の発言であった。

     バカも休みやすみ、言って欲しい。 それならば、オリンピック委員会関係者の不正や、FIFAの不正も、

     世間は、「だまってろ!」 と いうのであろうか?


     選手は、必死で、かつ 学生という身分である。 個人個人の立場は、弱い。

     大学側は、学生に対し、強い立場だ。

     強いものが起こした、弱気立場の者への不正を、「 騒ぎすぎ! 関係者だけで、静かにやれ!」 と いう

     主旨の発言は、あまりに独自すぎて、理解不能だ。


     涙を流して、事実を告白した あの学生に、某サッカー選手は、同じ事を 公言できるのか?


     日本代表には、技術が優れていても、「 スポーツマンシップに 準ずる 考え 」 が ない選手を選考
     してほしくない。

     勝てば、「何をやっても、良い。」 と 言う訳ではない。 また、世間が心に育んだスポーツマンシップの

     心理を根底から覆すような行為を、「 外野は、静かにしていろ。」 と いう考えも まったく同意できない。


  •  
     またか、と 実感。

     安倍総理が発現する内容は・・・ ⤵


     今週の、某週刊誌に 掲載されていた とおりだ。


     国民の税金を、国内外にバラマキ、その一方で、エイズやC型肝炎被害者、カネミ・水俣被害者らは、見殺し、



     自民党や公明党の政治では、国民は、税金を 盗られ続け、利権関係者に その税金が 行くだけで、

     
     国民は、見殺し状態だ。


     大規模で、膨大な 高規格道路などを、国土交通省に 使わせ続け、少子高齢化を防ぐための、

     保育所に関する、予算や 法律の整備は、なおざり。


     草々に、白状すれば、国会の空転は、収まる。  自民党や公明党が、嘘八百を付き続けるがために、

     重大な、懸案も、棚上げだ。


     国民にたいし、 丁寧な 説明と解明を 約束したはずの総理大臣が、次から次へと 嘘八百では、


     野党が、審議を したくても、 できないではないか?


     大増税の行方も、御用マスコミや・御用評論家などの 心理誘導で、「大増税は、必要だ!」との流れを造る。


     いつまで、国民を借金漬けにし、 その一方で、嘘八百の政権が、次から次へとバレ続ける真実をかくし続ける

     が、ために、 なすべきことも できない現実。


     もはや、日本が、ダメダメ野党の 真相解明に 頼るしか 方法が無い。 捜査組織は、手も出せない。


     そして、最悪なのは、政権与党が、嘘八百を いつまでも、続ける 極めて悪質な、国会運営を続ける

     この バカ騒ぎにある。

     悪事を働いた者が、その悪事を追求する者にたいし、「おまえらが、あきらめないから、何も出来ない。」


     最悪なのは、野党の追及を「意味が分からない。」とまで 言い切った、公明党の見解だ。


      泥棒の 開き直りも ここまでくれば、世界中の笑いものだ。

      事実、多数の批判的な記事を、見て見ぬふりの 御用マスコミの 堕落ぶりは、目に余る。


      某週刊誌の 今週号の記事こそ、今の政権の核心を ついているように、読んだ 感想だ。



  •  丁寧な説明 どころか、 慎重で、かつ 大胆な 安倍総理の 国家権力の不正な運用と、その運用に官僚を

     つまり、国民のための役人を動かす と いう とんでもない 図式が 明白に なりつつある。


     これ以上ない、大罪の様子が、日々明らかになって行く。


     ただの 地方の獣医学部の新設問題ではない。


     国家の最高権力者が、自分の友人のために、国家権力を不正に使い、国民のための役人を その不正に利活用した、

     全体未聞の大事件に その様相は どんどん 明らかになって行く。


     某県知事が、正義感で怒り狂うのも、当然だ。 某県知事が担う、地方自治への あからさまな 言いがかりである



     今の時点で、解散総選挙を 敢行すれば、投票率は過去最低。 そして、当然ながら、自公は議席を増やせるはずは

     ない。


     野党の議席も、微増だろう。  しかし、確実に自公の 議席は減る。  解散総選挙は、脅しではなく、


     実際に、やるべきだ。  前回の選挙から、1年ほど、などと、御用マスコミ・御用評論家は、宣う。


     そのような 状況では、もはや ない。


     自公が議席を減らさずに、権力を握り続ける方法は、安倍総理の辞任以外に、策はない と 個人的な感想。





  •  いまさらながら で ある。

     総理大臣のご夫人が、「私人」であろうわけがない。

     トランプ大統領の夫人である、メラニア夫人を、「私人扱い」 できますか? 日本政府が?

     ただ、それだけの 事でしょう?


     ご夫人の国会証人喚問が、自民党内から要求されたら、「総理大臣を辞める???」

     それは、少し違う感じがする。 ご夫人が、国会で証言すれば、「辞めねばならぬ事態に発展する。」

     それが、今の状況では なかろうか?


     と、ある 読売系のテレビ番組で、「安倍内閣の最大の不幸は、野党に恵まれなかった事。」と評した方もいた。

     なるほど、見方を変えると そんな意見すら、まかりとおるのか?

     野党の議員に恵まれない。 それは、野党議員を国会に送った 国民に恵まれない と 同意義語だ。


     数々の 不正や疑惑の追及に、言葉を、時に濁し、ごまかし、証人は、質問にさえ回答しない。

     丁寧な、国民への説明など、どこにも ない。


     たしかに、野党の支持率は、低い などと なまなかな 表現では 表せない程、 低すぎる。

     それが、国民のアンケートに対する 回答だ。


     婦人が、公人なのか、私人なのかは、別として、国家的な疑惑の中心人物であることに相違ない。


     結果が、どうなるのかは、誰にも 分からない。 分ったような発言をする方もいる。


     結果とは、国民の反応だ。  婦人は、意外と人気が高い。



     婦人の発言内容や、質疑応答の場面の 印象次第では、 とんでもない 事態に陥る可能性さえ否定できない。


     某評論家の ご意見を借りれば、安倍内閣の最大の悲劇は、野党に恵まれなかったこと。 だそうだ。


     では、安倍内閣をとりまく 数々の不正、とりわけ 国民の 損失が、野党のせい だとでも 仰るのか?

     そのような 受け止め方もある。


     夫人の、国会での証人喚問は、さけて通る訳には いかないと 個人的には 感じるが、

     果たして、結果は、野党が考える 国民有権者の 反応に なるのか否かは、 誰にも わからない。



  •  ヤフージャパンの、ニュースより。

     公明党の、山口代表の発言。

     「 加計問題の追及が、国政上、どのような意味があるのか わからない。」


     1人の有権者としては、国政の中心で、加計問題のような 不正が行われたかどうか?
     その解明は、政権与党の責任であり、 その追及を野党が行う事は、野党の義務である。

     それが、民主主義の国会である。 と 思う。


     国政上の意味が分からない、 と またまた、与党のおまけ政党の党首が、ボケたことを 会見で発言する。


     どこぞの、官僚が 大うそを ついていたことを、某県知事が痛烈に批判していることすら、完全に無視。


     どうりで、支持母体の若者離れが、進むはずだ。

     
      なにせ、党首の発言が この程度。    とぼけ と ボケ は、 完全に異なります。


      国民を、愚弄するにも、ほどが あろうに・・・・。⤵



本文はここまでです このページの先頭へ