ここから本文です

投稿コメント一覧 (2228コメント)

  • 「河野さんはかつて“与党内野党”と目されたひとりで、自民党にあって国民の感覚に近いまともな議員でした。しかし、外相のポストをあてがわれたことでモノを言えなくなったのでしょう。今は、核廃絶や脱原発といった姿勢に期待した国民に対して、イメージを下げているようにみえます」(高千穂大教授の五野井郁夫氏=国際政治学)

     外相就任前には外務省を「害務省」と批判し、在外公館の人員削減を訴えていたのにもかかわらず、外相になった途端、「これからは人を増やす」と主張を百八十度転換。外相専用機までおねだりする始末だ。

     報道批判をする前に、少しは自分の発言を省みたらどうか。<日刊ゲンダイ、25日。24日配信

    核廃棄で日米連携?NHK TV
    今更連携を言う話かよ。

    なんか、かつての自民党内野党は何処に行ったのやら。ま、大臣にされたらそうなる典型かもしれない。

    いま最もマトモな大臣は野田聖子大臣だな。

  • 昨夜のNHKスペシャル「日本の諜報」は面白かった。

    嘘を書き込んでると、米国から情報公開されるよ。
    心当たりある方は、フェイクな書き込みを自重しなさいね。

  • >>No. 41228

    「労働力の再生産」(子供を産み育てる)の条件を、企業自ら破壊してる。

    平時なのに戦争中のような「欲しがりません、勝つまでは」だね。

  • >出展した米・ラスベガスのカジノ企業、MGM日本法人のエド・バワーズCEOは記者の質問に、同社の収益の「75%はカジノから得ている」と認めた。
     カジノは賭博だからこそ、人から金を巻き上げる異常に高い収益力を持ちます。それが中核のビジネスなのに「カジノでなくIRだ」と言い換えをするのはごまかし。

     「メディアは、IRはカジノだ、賭博場をつくるのか、松井はとんでもないやつだとネガティヴ(否定的)しかいわない。IRはエンターテインメントの拠点であってカジノだけある施設ではない」―松井知事は見本市でのあいさつで、反対世論へのいらだちを、八つ当たり気味に発言した。
     
     前出MGMのバワーズ氏はプレゼンテーション(宣伝)で、同社が日本で行ったアンケート調査で「一般的にはIRに『賛成』『反対』『決めかねる』がそれぞれ3分の1だ。私たちの役割は決めかねている3分の1を引き寄せることだ」とのべた。
     「カジノでなくIR」という宣伝で多数派を引き寄せ、反対世論を押し切るというのが、海外カジノ企業を含めた「官民」あげての推進派の戦略。

     海外カジノ企業のプレゼンテーションで、香港に本社を持つメルコリゾーツのジェフリー・デイビスCEOは「幸運に恵まれ日本にIRをつくることができれば、本社を日本に移す用意がある」と発言した。
     日本進出にかける海外カジノ企業の熱意はそれほど強い。水面下ですすむ企業間の利権をかけた激烈な競争を垣間見せた。
     カジノ実施法案は、当面のカジノ設置数を3カ所とした。大阪を含む誘致自治体間の競争も激しくなる。
     米カジノ企業、ラスベガス・サンズのジョージ・タナシェビッチCEOは「他のどの都市をみても大阪ほど準備を進めたところはない。自信をもって進むべきだ」と、これからの足の引っ張り合いに向け、ハッパをかけた。<


    ★ま~、モラルもクソもない。知事は「どこ見てるんだ?」
    IRなんて「粉飾」でしかない。

  • >>No. 41217

    酷い社会だね、日本は。

    安倍首相が憲法無視。
    自衛隊幹部が議員に暴言。
    そんな日本でアメフト綱領無視の暴力行為。
    これらは根っこが同じ。

    裁量労働制は、現人神と揶揄さるた校長が学校現場でやっていた。職員会議にPTA会長を同席させるなど、違法性が強かったと聞いた。

    体育会系出身の校長が増えたのは、決して偶然とは言えないのではないか、ていう疑問を持った。

    現場は憲法無視が常態化だそうだ。

    こんな日本では、未来はないね。金持は海外に逃げている。それがエビデンスだ。市場原理が全てではない。現に米国は身勝手に関税をかけている。

    ま、あとは行間を読んでくれ、

  • >>No. 41116

    新日本出版社『経済』5月号は参考になりましたよ。

    市場経済が資本主義を特徴付けるかどうかは、媒介項が必要です。
    共同体の余剰生産物が交換によって生産物の自然的限界を補完するのが「市場」の本来的目的だったのが、資本主義的生産様式によって得られた剰余価値の実現のために、市場そのものが変質させられたことをどう理解し、政策論として打ち立てるか。

    それ以前に、資本主義を特徴づける最大の視点は「搾取」です。ブラック企業こそ「廃止」すべき存在ですな。

  • 【速報】蓮舫氏、柳瀬氏に「あなたの記憶は自在なのか」
    朝日新聞デジタル 2018/05/10 16:25

    >…
     愛媛県側が記録した文書に誤解があったのではないかという指摘ですが、直後の立憲民主党の蓮舫氏による質問に対し、当事者である柳瀬氏も「口頭説明用の個人の備忘録と言うことでしたが、それがあちこちに配られ、マスコミに出て、信用力が高まるというのはとっても変な話だ。片方はメモをとって、片方がメモをとらなければ、メモをとった方が常にこうだと後で言えるのは、さすがにおかしい」と疑問符を付けました。
     これにはすかさず蓮舫氏が、「さすがにおかしいのは、あなたの記録と記憶が全部ないことですよ。愛媛県の中村時広知事は職員が文章をいじる必要性は全くないと会見で言っている。愛媛県がウソを書いているのですか」と一喝。柳瀬氏は「私が申し上げているのは、私が記憶がないということを申し上げて、愛媛県がどうかということを申し上げているつもりは毛頭ございません」と慌てて否定しました。
     加戸氏の参考人招致は与党側の要求で実現しました。今治市が特区に選定された時の愛媛知事は現職の中村時広氏です。当事者の一人である中村知事が、県職員が国会に招致された場合は自らが応じる考えを示しているにもかかわらず、なぜ与党側はわざわざ前知事を呼んだのか。加戸氏や柳瀬氏が愛媛県側の文書に誤解があるというのであれば、中村知事を国会招致してその認識を問う必要があると思います。…


    ま~、本人の出世欲やら「あとの面倒見」を期待しての話だろうが、海外から見たら嗤いもんだろうなあ。
    ざっと連休中に書き込みを見たが、皆さん、暇なのね。無党派で書き込みしても、誰も相手にしてないのが、まだフェイク屋にはわかってないらしい。連休中くらい、遊びに行って命の洗濯してコイや。どうしてこうも自由時間の使い方しらんのかな~~~~

    自由が分かっていないのだろう。必死に悪代官の権益まもるだけかよ。人間的成長が見られない。将来米国から日本の国家機密が暴かれるんだぜ。子孫に恥さらさないようにね。

  • 北朝鮮問題 「平和的解決」求める日本共産党 安倍首相にも直接提起、韓国紙・TVが志位委員長インタビュー

    >… 「金正恩(キムジョンウン)国務委員長の非核化意思を信じても良いか」との質問には、「意思を信じるか、信じないかよりも、『行動対行動』を通じて、どのように信頼の雰囲気をつくるのかが重要だ。北朝鮮の非核化は可能だと考える。北朝鮮は自らの安全保障のために核開発をしてきたと一貫して語っている。国際社会が核開発の動機を解消してやればよい。経済支援をすれば非核化するだろうという考えは間違いだ」と指摘しました。

    日朝交渉再開も真剣に検討すべきだ」と強調。「2002年の金正日(キムジョンイル)委員長と小泉首相の日朝平壌宣言をロードマップとして大戦略を組み立てるべきだ」

    「北東アジア平和協力構想」を提案していることを紹介し、「東南アジア諸国連合(ASEAN)は友好協力条約(TAC)を締結して、地域内のすべての問題を、これを通じて解決している。北東アジア6カ国も、平和協力体をつくって、条約で平和体制を保証しようということだ」と…<

    ま~、どうなろんだろう・・・
    本当は「どうするか」なんだが、政権の私物化の実態、一部官僚の腐敗を見ると、暗澹たる気持ちになりますな。
    民間外交するには私財は無いし(苦笑)、ここで誰かを攻撃するのではなく(そう、あの方ですよ、あの方・・・)、歴史に前向きになりたいものだ。

    そうだ!在日韓国人とゴルフ外交でもするか!安倍さんに倣って(爆笑)

  • 「南北統一に近づいた」=湧く在日コリアン、悲観も 時事通信社2018/04/27 21:20

    >…
    「板門店宣言」が読み上げられると、歓声と拍手が湧き起こった。
     東京在住の団体職員許松麗さん(27)は「南北統一に近づいた。早く統一した国の国籍がほしい」と高揚した様子だった。
     大阪市生野区のコリアンタウンでは、板門店宣言の映像を流す街頭のテレビに足を止める人の姿が見られた。キムチ販売店の女性従業員(60)は「核のない朝鮮半島を目指すというのはビッグニュース。家族が離散した問題にも心を痛めてきたので解決されてほしい」と期待を込めた。
     別の韓国食材販売店で働く50代女性は「朝鮮半島の非核化はできれば良いが、(北朝鮮は)今回も、もらえるものをもらうだけでは」と冷静に受け止めた。 (了)<

    米国の一部では「罠だ」という分析があった。恐らくそれが正解だろう。
    で、どういう罠なのか考えてみた。キーワードは「核の無い朝鮮半島」だろうね。

    韓国は核を持ってないから、在韓米軍の核を指すだろう。
    北朝鮮からみれば、韓国併合にあたり、在韓米軍(及び米軍保有の戦術核兵器)こそが邪魔な存在なわけだから、併合の意図を隠して「核の無い」を強調するわけで、それが米国から見れば「罠」ということになるだろうなあ。

    あるいは、北に対する制裁(国連決議でもあり、中露も賛成した枠組みではあるが)が、一定の効果を生み、国内的に統治が困難であるという状況を打開するために、取り敢えず韓国からの援助を根拠づけるために、核の無い半島をリップサービスしたことをもって「罠」と分析したかもしれない。

    両方だな。その意味で在日韓国人が「もらえるものをもらうだけでは」と評したのは、すこぶる冷静な分析だろうと思う。

  • 防衛省また隠蔽か イラク日報「被弾の日」抜け落ちの欺瞞2018年4月18日

    > 一体、何を隠そうとしているのか――。
     16日、防衛省が公表した陸上自衛隊のイラク派遣の日報。435日分、計1万4929ページに及ぶ膨大な資料で、早速、「戦闘拡大」の記述を巡って議論されているが、ごまかされてはいけない。公開されたのは、派遣期間全体のわずか45%に過ぎない上、宿営地の被弾など、陸自が最も危険にさらされた時期の日報は、ゴッソリ抜け落ちているのだ。そこには、核心が書かれている可能性が高い。
     陸自は2004年1月から06年7月にかけてイラクに派遣され、04年4月から05年1月に計9回、宿営地に迫撃砲弾・ロケット弾の着弾を受けている。ところが、防衛省が公開した日報は、肝心の被弾した9日分がすべて抜け落ちているのだ。
    自衛隊が危険にさらされた日の日報こそ、国民が最も知りたい情報が詰まっているはずだ。不存在の理由を防衛省に聞くと「現地においては、日々作成され、用済み後、破棄されていたものもあります」(大臣官房広報課・報道室)と答えた。
    …しかし、日報を破棄するなど絶対にあり得ないことだ。軍事評論家の前田哲男氏は首をかしげる。…現時点で、被弾した日の日報が提出されていないのは、機微な情報が多く、公開方法を慎重に検討しているのだと思います。もし、『ない』と結論付けるなら、それは隠蔽の可能性があります」
     防衛省は、20日までに「日報類」の探索作業を徹底して行うよう、全部署に通達している。
    「日報破棄はあり得ない」が軍事の常識。さっさと出したらどうだ。<日刊ゲンダイ

    安倍政権は集団的自衛権の行使を自衛隊の看板を掲げているが、実際は米軍の作戦に電子システム的に組み込まれており、米軍の「正当な根拠なき戦闘」に利用される危険性が高いのではないか?それは自衛隊員の望むものではあるまい。

    明日明後日はGolfで書き込みしませんので、皆さん大いに書いてくださいね。

  • 首相秘書官が夫人付職員に電話 森友問題、首相認める
    共同通信社2018/04/11 21:03

    > 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、今井尚哉首相秘書官が昨年3月に安倍昭恵首相夫人付の政府職員だった谷査恵子氏に電話し、森友問題の事実関係を確認していたことが11日、分かった。安倍晋三首相が衆院予算委員会で認めた。
     谷氏は2015年11月に森友学園の籠池泰典前理事長の要請を受け、財務省に照会し、結果を森友側にファクスで返信していたが、首相は予算委の質疑で森友側とのやりとりは谷氏が自発的に行っていたと強調した。<

    「首相は予算委の質疑で森友側とのやりとりは谷氏が自発的に行っていたと強調した。」
    こういう言い方での恫喝なんだろうなあ。ま、この機に及んで誰も信じないだろう。
    谷さんを「証人喚問」すべきだね。

    はい、皮肉なのですが、「安倍さん頑張れ!貴殿が頑張れば貴殿の論理破綻が明確になる!」

    新潟県知事が潔く辞任するというのに、政権私物化による様々な問題で、議員・大臣は誰も責任を取らない。いい加減にして欲しいと国民は本気で思い始めてるだろう。

  • 安倍首相の苦境、米メディアも注目「危険な会談に直面」 朝日新聞デジタル 2018/04/18 16:46

    >…
     ニューヨーク・タイムズ(電子版)は16日、「スキャンダルまみれの安倍首相、トランプ氏に会う」との見出しで詳報。トランプ氏に続き、年内にも開催をめざす中国の習近平(シーチンピン)国家主席との会談、さらには安倍政権が模索する金正恩氏との会談に触れつつ、「この3連戦に勝利するほど長くは首相の座にいないかもしれない」と指摘した。

     また、公共ラジオ「NPR」(電子版)は16日付の記事で、日本の国会前で「首相はウソつき」などと訴えるデモが行われたと報じた。

     その上で、昨年、トランプ氏と安倍氏が日本でゴルフをした際、安倍氏がバンカーで転んだ映像に触れ、「安倍氏の問題など眼中にないトランプ氏がフェアウェーを闊歩(かっぽ)し、安倍氏が取り残されていることを象徴している」というアジア専門家の意見を載せた。(パームビーチ〈米フロリダ州〉=土佐茂生)<

    未だに安倍首相を支持する書き込みがあるのは、何故だろう?金でも貰ったのかな?

  • > 山下氏が示したのは、「放送は政府と軍の発表機関に堕し、(内閣)情報局の放送指導は凡(あら)ゆる面において強化された」「国民は官製の宣伝に踊らされただけであり、正しい意味での報道は行われなかった」などとした『日本放送史』(日本放送協会編、1951年)など。
     山下氏は、46年4月30日の日本放送協会・高野岩三郎会長の「太平洋戦争中のように、もっぱら国家権力に駆使され、いわゆる国家目的のために利用されることは、厳にこれを慎み、権力に屈せず、ひたすら大衆のために奉仕することを確守すべき」という就任あいさつにもふれ、「戦前の放送の痛苦の反省がほとばしっている。この出発点を忘れてはならない」として、野田聖子総務相の認識をただしました。
     野田総務相は、「ふだん触れることのない放送のありようや、放送協会の人が反省表明にいたったことなど、たくさんのことを学ばせていただいた。(それらに)放送法4条の源があることを改めてかみしめ、取り組んでいきたい」と答えました。
     山下氏は、「国家権力からの独立・自立を保障し、表現の自由を守ることこそ、痛苦の反省を経て生まれた放送法の根本精神だ」と重ねて強調。<

    これはまだ国会関係議事録には掲載されていない。
    注目は『日本放送史』(日本放送協会編、1951年)の内容だ。
    「ふだん触れることのない放送のありようや、放送協会の人が反省表明にいたったことなど」を学ばせて頂いたと受け止めた野田総務相は偉いと思う。何で自民党に留まってるのか、惜しい人材だ。

  • 嘘繋がりでもう一つ

    「首相「約8割が裁量労働制満足」言うが
    自由記述に不満多数
    調査元 JILPTが公表」

    > 労働政策研究・研修機構(JILPT)は16日、「裁量労働制等の労働時間制度に関する調査」の自由記述項目2次集計結果を公表しました。調査は、企画業務型の裁量労働制が適用される労働者を対象にしたアンケート。「満足」「やや満足」「やや不満」「不満」のうち、「満足」「やや満足」が76・4%となっていましたが、自由記述では、満足と答えた人でも、「労働時間が長くなる」「業務量が課題になる」など裁量労働制に対する不満が多数寄せられていました。
     安倍晋三首相は、3月2日の参院予算委員会で日本共産党の小池晃書記局長の質問に対し、同調査結果にふれて、企画業務型が適用される「約8割弱の方々はやや満足も含めれば満足している」と答弁していました。
     しかし、「満足」「やや満足」と回答した人の中にも、自由記述では裁量労働制に対する不満が示されていることが今回の公表で明らかになりました。
     「裁量は名ばかり。朝9時出勤が固定され、夜も20時、21時まで勤務は常」「目標、ノルマ、会社からの期待値もあり、オーバーワークになっていることは否定できない」「残業が多い人には向かない」「対象者を広げるのは単なる労働強化だけで、個人が守れない」などの声が寄せられていました。<

    > 同調査では、裁量労働制の変更についての質問で、企画業務型を導入する事業場の68・6%が「今のままでよい」と回答したのに対して、「変更すべき」は29・3%。企画業務型を適用される労働者では、「今のままでよい」75・1%に対して、「変更すべき」は21・1%。対象業務の範囲については、「現行制度のままでよい」の67・1%が、「狭い」の7・2%を大幅に上回っています。<同上

    「裁量は名ばかり。朝9時出勤が固定され、夜も20時、21時まで勤務は常」「目標、ノルマ、会社からの期待値もあり、オーバーワークになっていることは否定できない」「残業が多い人には向かない」「対象者を広げるのは単なる労働強化だけで、個人が守れない」じゃあ、強行したらやばいよね。勤労者への思いやりに欠ける首相なんだな。

  • >イカれているのか 平然と嘘をつく異常な首相に国民は戦慄
    2018年4月12日
    ≫「新事実が次々と明らかになり、1年前と状況が変わっているのに、同じ答弁で押し通そうというのは傲岸不遜で、あまりに不誠実です。事実を認め、真相を解明する気はサラサラないということでしょう。加計問題にしても、『自分は関わっていないから知らない』で済む話ではないのです。普通は最高権力者になったら、疑念を持たれないように、あえて利害関係のある人物とは距離を置く。40年来の親友なら、なおさらです。権力に対する謙抑がなく、公私の区別をきっちりつけられない安倍首相の姿勢が、数々の不祥事の原因になっているのではないですか。相次ぐ問題発覚に自民党の二階幹事長が『ウンザリだ』と言っていましたが、一番ウンザリしているのは国民ですよ」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)≪日刊ゲンダイ

    ≫「加計理事長と頻繁にゴルフや会食をしていて、獣医学部新設を官邸が主導したことをうかがわせる愛媛県の文書まで出てきたのに、昨年1月まで知らなかったはずがありません。柳瀬元秘書官にも『記憶がない』とウソを言わせて、『彼がこう言っているから正しい』なんて、まったく論理的ではない。記憶より記録が残っている方を信用するのが当たり前です。ナチスに学んで、ウソも100回言えば本当になると信じているのかもしれませんが、国会の場でここまで平然とウソをつく首相は過去にいませんでした。なぜ、そんな破廉恥なことができるのか。完全に頭がイカれているとしか思えません。その場しのぎのウソでやり過ごせばいいと考えているとすれば、国会を冒涜している。間違いなく、憲政史上、最低最悪の首相です」(政治評論家・本澤二郎氏)≪同上

    小生がコメントを付け加える必要はない。

    安倍さん頑張れ!貴殿が頑張ればこういう状況が続き、政権与党全体が、そしてそれにスリ寄る準与党の失態に繋がる。

    頑張れ安倍さん、
    アベノミクスマンセー!
    ブラック合法化の働き方改革マンセー!<

    再掲しました。

  • <金子勝が吼えた!>「安倍は歴代の首相でもっとも愚か!論理的に考える能力が著しく欠ける!バカほど恐ろしいことはない!」
    Ht tp://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/212.html
    投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 16 日 23:20:05:

    >①安倍は歴代の首相の中で、最も愚かな首相であります!
    論理的に考える能力が著しく欠けています。でもバカほど恐ろしいものはない。自ら愚かであれば批判する者を強権で弾圧します。佐川や迫田や昭恵や谷や今井は自由なのに、籠池は8ヶ月も閉じ込められています。
    ②都合悪い真実をしゃべる者は監獄に閉じ込めておくということです。これは共謀罪そのものです。愚かな安倍は、官僚に言うことを聞かせるために、人事局を握って、昇進やあらゆる手段を使って、言うことを聞かせて、自ら権力者であることを誇ろうとしているわけです
    ③バカだからです。いいですか? バカほど、愚かな者ほど、恐ろしいものはありません。なぜなら、過去の独裁者は全て愚か者だからです。私たちは、自体(ママ。事態?)を甘く見ず、愚かな安倍を絶対に許さず、徹底的に辞めるまで追究しないと。社会が壊れるところまできています。<

    これに対するツイートは肯定的なものが多かった。

    論理的でないから憲法無視を平気でやる。
    9条だけではない。憲法擁護義務違反も他人事だ。
    人権尊重しないから年金を削減して国民健保なども値上げして恥じない。
    労働基本権への理解が無いから、長時間労働を合法化しようとしている。

    一体全体、山口県民(一部ですがね)はいつまであんなレベルを議員として選び続けるのか。

  • 「柳瀬秘書官発言」文書に安倍首相と加計理事長が会食の記述
    週刊文春 2018年4月19日号

    > 加計学園の獣医学部新設を巡り、愛媛県が作成した柳瀬唯夫首相秘書官(当時)との面会記録に、安倍晋三首相が加計孝太郎・加計学園理事長と会食した際の記述があることが、「週刊文春」の取材でわかった。
     記録によれば、2015年4月2日、柳瀬秘書官は首相官邸で、愛媛県地域政策課長や今治市企画課長、加計学園事務局長らと面談し、次のように発言したという。

    “加計学園から、先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があったとのことであり、その対応策について意見を求めたところ、今後、策定する国家戦略特区の提案書と併せて課題への取組状況を整理して、文科省に説明するのがよいとの助言があった”

    安倍首相は、昨年夏、国会で次のように答弁していた。
    「(加計理事長からは)『獣医学部を作りたい』、さらには『今治市に』といった話は一切ございませんでした。(学部新設の計画は2017年)1月20日の国家戦略特区諮問会議で私が知るにいたった」
     面会記録に記載された内容が事実とすれば、安倍首相は加計学園の獣医学部新設計画について、2015年4月以前の段階で既に知っており、国会答弁は虚偽だったことになる。

    面談自体を否定する柳瀬氏 ©共同通信社
     柳瀬氏は面談自体を否定するコメントを出しているが、愛媛県の中村時広知事は、記者会見で記録を県職員が作ったことを認めている。<

    以下、割愛

    安倍さん、このまま嘘を続けると、日本の民主主義はどうなりますか?

    自衛隊日報問題、森友学園での不当な価格での売却問題、加計優遇問題、違法な長時間労働の合法化、自衛隊の海外での戦争解禁、ETC

    民主主義国家として存続するのかどうか、貴方の正直加減にかかっているのですよ。

  • 小泉純一郎氏が安倍首相へ引導「もう引き際」「バレてる嘘をぬけぬけと…」独白55分
    AERA dot. 上田耕司,森下香枝2018/04/16 07:00

    >「本件は首相案件」。嘘が次々と暴かれ、森友、加計疑惑が底なし沼になってきた。それでも居丈高に開き直る安倍晋三首相に「引き際だ」とついに引導が渡された。…

    ──森友学園への国有地売却問題をどうお考えですか。
     根本の嘘の始まりは、国会で「私や妻が関わっていたのなら、総理大臣も国会議員も辞めます」だね。昭恵さんは森友学園の元名誉校長でしょう。森友学園へ行き、挨拶までし、関係しているのに、なぜ、あんな嘘を言い続けるのか、わかんないね。「私たちが関係していた」って正直に言えばいいのに。おかしなことをしてないなら、嘘つく必要ないんだから。嘘の上塗りをするからおかしくなる。総理も国会議員も辞めると言ったので、本当ならとっくに辞めてなきゃいけないはず。なのに、バレている嘘をぬけぬけと今も言ってるなぁとあきれているんだよ、国民は。
    ──昭恵夫人と面識はありますか?
     安倍さんが幹事長の時代かな。山口県へ行ったとき、昭恵さんとも一緒に食事をしました。

    ──沈静化していた安倍首相の友人、加計孝太郎氏が理事長の「加計学園」の獣医学部新設問題が再び国会で議論されています。2015年4月2日、官邸で愛媛県、今治市、加計学園の職員らが柳瀬唯夫・首相秘書官(当時)と面会した際、首相秘書官が「本件は首相案件」と伝えたとされる記録(備忘録)が出てきました。
    (首相案件は)安倍さんは否定しているけどね。首相が一生懸命になっているのがわかったから、官邸、官僚らみんなが協力したんでしょう。
    ──首相は愛媛県の記録より柳瀬元首相秘書官の記憶を信じると明言しました。
     逃げ切れると思っているからいろいろ言っているんだろうね。
    ──安倍政権はこの先、どうなりますか。
     危なくなってきたね。安倍さんの引き際、今国会が終わる頃(6月20日)じゃないか。(9月の)総裁選で3選はないね。…安倍さんで選挙はまずいなと。< 以下、割愛

    そんな安倍氏を直接間接に指導育成してきた責任を、小泉氏は何も反省してないなあ。
    所詮、自分だけ「いい格好しー」なんだな、この方は。

  •  当時、米メディアの報道で問題が表面化した後、自民党が否定した裏で、外務省が米側に文書が露見しないよう事実上、要請。時の政権に都合の悪い情報を、外務省が国民の目から隠そうとしてきた歴史の一端が明らかになった。
     日米外交史などの研究者でCIA資金提供問題にも詳しいシャラー氏は95年から2000年まで、30年を経過した米機密文書の機密を解除し、史料集に収録すべきか協議する国務省の諮問委員会委員を務めた。在任中、日米関係史料の柱の一つが、50年代後半から60年代にかけての資金提供を裏付ける文書約10点の取り扱いだった。
    同氏によると「約10人の委員の総意は、資金提供に関する全ての文書を機密解除して収録すべきだとの意見だった」という。ところが、政府側との非公開折衝の中で▽CIAが強硬に反対▽国務省も「日本の外務省が在日米国大使館に対し、政治的立場がある関係者が生存しているなどの理由で、文書公開に強く反対すると伝えてきており、大使館も反対している」などと抵抗した−と明言。「大使館は、公開されれば日本国内にも日米関係にも問題を生じさせるとの認識で外務省と一致したとのことだった」と証言した。<40686

    ふ~ん、岸田政調会長(元外相)は、この問題に対してどういう見解を持ってるだろうか?
    昔の問題だから、オラ知らね~・・・

    「その後から現在に至るまではどうなんだ?」

    国家機密というか、一部の党派のために「国家機密」など、おかしいですね~~~
    政権を私物化し、都合の悪いことは機密扱いなんて、国民を愚弄してるね。

  • 内部から通報者 NHK幹部が森友報道で“官邸に忖度”の衝撃:日刊ゲンダイ2018年3月31日

    >NHKの幹部が森友問題の伝え方を連日、細かく指導しているという。タレコミの内容は実に生々しい。
    <トップニュースで伝えるな>
    <トップでもしかたないが、放送尺は3分半以内に>
    <昭恵さんの映像は使うな>
    <前川前文科事務次官の講演内容と連続して伝えるな>

     NHK内部の通報者は、この幹部が官邸や自民党の意向を忖度して、部下への指示を乱発しているとみている。

    佐川喚問が正式に決議され、野党議員の籠池被告との接見が決まった22日に変化が表れた。森友は、「N7」がトップを外れて4番目(2分半)、「N9」が2番目(3分)の扱いになった。籠池接見が行われた23日は、「N7」が2番目の4分半、「N9」が2番目の5分だった。他のニュースとの兼ね合いもあるが、何だか“トーンダウン”しているようにも見える。

    前会長の籾井勝人氏は、就任会見で「政府が右ということを左というわけにはいかない」と言ってのけた。上田会長だって、籾井体制で経営委員を務めていた。また、政治部の岩田明子解説委員の“安倍ベッタリ”は知る人ぞ知る話だ。

     忖度が疑われても仕方ないほど、NHKは官邸のスポークスマンと化しているが、会長の「左右されない」との国会答弁は、今後の森友報道で証明してもらうしかない。<

    公共放送が「官邸のスポークスマン化」してるとは、受信料払いたくなくなるねえ。
    受信料問題を、契約論から見直してみよう。

    米軍による「根拠なき」イラク攻撃には、米国の名だたるメディアが同行した。そして「大本営発表」よろしく、攻撃の様子だけを報じた。戦争の大義はフェイクを前提にしていた。その役割をもしNHKが担うというのであれば、視聴者の権利として受信料契約解除を求めてよいはずだ。そういう権利を法的に認めるべきではないのか。

本文はここまでです このページの先頭へ