ここから本文です

投稿コメント一覧 (901コメント)

  • 連盟会長杯は、本当に打ち切りになってしまいました。

  • 雨に祟られる連盟会長杯。

    もしかしたら、何年か前の伊勢大会みたいになっちゃうかも。

  • 日本選手権組合せ

    開示されました。

    http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/syakaijin/pdf/43.pdf

    いやぁ、参りました。

    3~5日の三連休に東海勢が何試合入るか、楽しみだったのですが、結局1試合のみ。

    亀谷、伊東、小粥の3名に言いたい。

    「引きが強くないと、マネージャーは務まらんぞ」

    こうなったら、意地でもベスト4に残ってもらいましょう。

  • 予選終了です。

    代表チームは、

    三菱自動車岡崎
    王子
    ヤマハ
    トヨタ自動車(東京スポニチ枠)

    となりました。

    予選の前半は、どのチームも投手力が安定せず、完投した投手がパチンコ屋の高橋しかいなかったのですが、終盤になって各チームの投手ががんばるようになって、安定した試合が多くなった気がします。

    しかし昨日の三菱名古屋はもったいなかったですね。

    押出しを三つもやってはいけません。

    それと昨日の試合では、ツギオ君が死球を2つも受けて可哀想でした。

    今年最後のイベント、日本選手権は11月2日からです。

  • 遅くなりました。

    18日の試合の写真をアップします。

    第1試合: https://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35862087.html
    第2試合: https://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35862100.html
    第3試合: https://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35862108.html

    今日の試合では、西濃がトリカに快勝、ヤマハもホンダ鈴鹿に完封勝ちして次戦に進みました。

    明日は西濃-パチンコ屋さん、ヤマハ-三菱名古屋です。

  • 日本選手権予選 5日目

    やっと岡崎へ行くことができました。

    今日は負けたらハイさようならのサバイバル3番勝負。

    第1試合(居酒屋-西濃)は7-3で西濃が快勝。

    居酒屋さんは予選落ちが確定、大石新監督はまだ岡崎での勝利がありません。

    試合は2回表西濃、大山のタイムリーで先制。

    3回裏居酒屋、前田のタイムリーと村松のタイムリー2ベースで2点を返して逆転。

    居酒屋の先発上原は、立ち上がりこそアップアップ状態でしたが、3回辺りから急に球が走り出して、5回まで西濃打線を1点に抑えます。

    ただ、2番手の小森と3番手の長田が西濃打線に捕まって6点を献上して逆転され、打線も西濃を上回る12安打を放ちながら、8回に堀田の暴投による1点に抑えられてゲームセット。

    西濃投手陣もしっくりしなかったですが、居酒屋さんのツメの甘さにも助けられる形で次戦に駒を進めることができました。

    第2試合(REX-ヤマハ)は4-2でヤマハがREXを振り切りました。

    REXの先発は畠山、ヤマハはナテル。

    「長い試合になりそうだ。」

    という悪い予感が見事に的中し、3時間20分のちょ~長い試合になりました。

    畠山は、いいのか悪いのかわからない持ち前の投球が冴え(?)る形で7回を3失点。

    一方のナテルは、毎回走者を背負うものの、いい意味でこちらの期待を裏切る粘り強い投球で8回まで無失点。

    9回に2点を失って、九谷のリリーフを仰ぎましたが、どうにか逃げ切って次戦に進みました。

    勝因と敗因は、ヤマハは中軸はよく打ちましたが、REXは3番の櫛田と4番の加藤が大ブレーキ。

    その差が出たのかな、という感じでした。

    第3試合(ホンダ鈴鹿-東邦ガス)は3-1でホンダ鈴鹿が逆転勝ち。

    試合は、平尾と屋宜の投手戦で始まりました。

    両投手とも素晴らしかった。

    で、3回表ガスさん、先頭の四球から二死二塁のチャンスを作り、上内のタイムリーで1点を先制。

    5回表にも、先頭の南が左線2ベースから一死三塁のチャンスを作るも追加点を奪えず。

    で、ガスさんは7回から小椋をリリーフに送りますが、結果的にこれが裏目。

    8回裏ホンダ鈴鹿、一死から7番金子がライトポール際にソロを放って同点。

    8番中村を歩かせてしまったのがいけなかった。

    9番澤田がバントで送って二死二塁。

    ここでガス外野陣は

    「こんなに出てきて大丈夫か?」

    と思いたくなるくらいの極端な前進守備。

    1番山足の打球はライナーでセンターへ。

    ガスのセンター大島がダイレクトで捕球しようと頭から突っ込んだものの、捕球できずに後逸、結果的にランニングホームランとなってしまい、2点を追加して3-1と逆転。

    9回表のガスの攻撃を平尾が無得点に抑えて見事な完投勝利。

    ガスさんは予選敗退が決まりました。

    試合の写真は明日アップします。

  • 日本選手権予選 2日目

    第1試合(REX-ホンダ鈴鹿)は4-0で鈴鹿の快勝。

    REXの先発畠山が自滅したみたいです。

    ドームではあれだけの投球ができるのに、なぜに岡崎ではできないのか?

    第2試合(ヤマハ-東邦ガス)は延長10回、6-5でガスがヤマハを振り切りました。

    ヤマハの先発鈴木が大荒れだったみたいですね。

    球速は最速で154キロ出ていたそうですが、三振をほとんど獲れなかったようです。

    お互いミスの応酬だったみたいで、特にヤマハは同点に追いついた次の回に失点、というのを2回もやってしまうという失態。

    昨年の王者が崖っぷちに追いやられました。

  • 日本選手権予選 初日

    昨日から京セラ切符を賭けた戦いが始まりました。

    第1試合(パチンコ屋-JR東海)は8-3でパチンコ屋さんが快勝。

    パチンコ屋さんは、打線が好調だったようです。

    一方のJR東海は早くも後がなくなりました。

    どうも、昨年からいいところを見せられていないですねぇ。

    第2試合(トリカ-西濃)は3-2で西濃が逆転勝ち。

    見に行った人の話だと、打線のわずかな実力差が明暗を分けたのではないか、とのことです。

    なお、今日の2試合は雨のため中止となりました。

  • オープン戦(ヤマハ-三菱名古屋)

    見てきました。

    5-4で三菱名古屋が勝ったのですが、まぁ打つべき人がちゃんと打っていたので、打線に関しては、両チームとも好調と考えて良いのではないでしょうか。

    投手陣は、ヤマハの先発近藤が3巡目に捕まって4失点。

    三菱名古屋の先発下津浦も釈然としない投球で6回を3失点。

    注目は、ヤマハの3番手で登板した長谷川亮ですね。

    久々に彼を見ました。

    今日の投球を見る限りでは、先発でも行けそうな感じがしましたね。

    彼が先発で使えるとなると、先発の駒不足に苦しんでいるヤマハにとっては強烈な追い風になるでしょう。

    一方の三菱名古屋の勝野は、今日も登板せず。

    ブルペンで投げることもなかったので、状態が良くないようですね。

    試合の写真: https://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35833836.html

  • 高山大会

    決勝戦は乱打戦となり、西濃がREXを降して優勝。

    阪本新監督は、早くも公式戦初タイトルです。

    おめでとうございます㊗️。

  • 次回は岡崎か瑞穂でやってほしいものですね。

    さて、今日は大府の三菱Gで三菱名古屋-パチンコ屋さんの試合を観てきます。

  • JR大会

    今日からナゴヤドームで開催中。

    観戦できないといったり、できるといったり、二転三転してチョーむかつく。

  • 愛知県連盟杯

    組合せが開示されていました。

    http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/kenren/pdf/aichi_kaicho.pdf

    なのに、日本選手権予選の組合せが開示されていないのはどういうこと?

  • 日本選手権予選

    組合せが開示されました。

    なんだ、これは?

    今度は右側に偏ったぞ。

  • 「谷村コーチの息子さん、甲子園へ行く」

    先日、岡崎市民球場へ高校野球を見に行ったのですが、スタンドで暑さに悶えていると、トヨタの谷村コーチがひょこっと現れました。

    よ~く見ると、中京大中京の帽子をかぶっていました。

    声をかけて話を聞くと、

    「息子が試合に出るんですよ」

    とのこと。

    で、中京の試合、6番ショートに谷村という名前。

    「お~、この子か」

    その試合では、ヒットは出なかったけど、守備は上手かったですね。

    決勝戦では例の3連発の最後を締めくくる一発をライトスタンドへたたき込んで、パンチ力のあるところも見せてくれました。

    オヤジ殿同様に大学経由で社会人入りするのか、はたまたオヤジ殿を超えてしまうかはわかりませんが、楽しみな選手です。

    甲子園でもがんばってください。

  • 「これだけは勘弁して」

    ドームから先日のオープン戦まで、同じ光景を何度も見た。

    「先頭打者への四球からの失点」

    三菱岡崎の山本は、試合開始早々先頭を歩かせて2失点。

    ガスの水田は、味方が2点先制してくれた次の回に先頭を歩かせて5失点。

    で、ヤマハの新人近藤も、先頭を歩かせて5失点。

    これだけ同じ光景を見せられるとうんざりする。

    なぜわからないのか、とも思う。

    ちょっと昔のことになるが、居酒屋が初めてドームへ行ったときのこと。

    彼らの初戦の相手は優勝候補筆頭のエネオス。

    のっけから大変な相手になったもんだ、と思ったが、

    試合が終わってみれば1-2の惜敗で、むしろ押し気味に試合を進めていたのは居酒屋さんの方だったと思う。

    相手がエネオスに決まった時点で、

    「当たって砕けろ」

    的な感じで挑んでいった感も否めないが、

    この試合の主役は居酒屋のエースだった井田君だった。

    彼は1回から7回まで先頭打者をすべて切った。

    初めて先頭の出塁を許したのは8回裏。

    それも四死球ではなかった。

    先頭打者の出塁を許さないことが、いかに大量失点につながらないかというお手本のような試合だった。

    これから成長していく若手の投手には、歩かせたらリカバーできない、くらいに考えて投げてほしいものである。

  • オープン戦(ヤマハ-静産大)

    久しぶりに豊岡球場へ行ってきました。

    試合は9-5でヤマハの逆転勝ち。

    ヤマハの先発は復活を期す新人の近藤。

    1回と2回は良かったんです。

    しかし3回、先頭打者に四球。

    その走者はどうにか殺して1死としたものの、サード前野のエラーからおかしくなり、自身のエラー、そこから連打の山で5失点。

    変化球を狙われていたのに、打ち頃のコースへ変化球を投げ込み続けて打たれ続けました。

    それと決め球がないですねぇ。

    追い込んでから空振りも取れなければ、打たせてとることもできない。

    ストレートの球筋はまずまずだったので、あとは細かな制球さえつければ、変化球を見せ球にしてストレートで決めに行くこともできると思うけど、それが一番むずかしいのかな。

    で、3回裏に3点返して、終盤に計6点取って逆転、勝つには勝ちましたが、4番に座った前野がノーヒットだったと思う。

    まだ始まったばかりなので、長い目で見ていこうと思いますが、格下相手にやられすぎた感は否めませんでした。

  • 西濃運輸

    林監督が退任し、阪本コーチ兼選手が新監督に就任するそうです。

  • 岡崎市民球場を舐めてました。

    昨日は、高校野球の準々決勝を観戦に行ってきました。

    都市対抗や、日本選手権の予選でいつも来ている最も勝手知ったる球場、いくら暑いからって、スタンドの上部に陣取っていれば大丈夫、とタカをくくっていたのですが、これがとんでもない誤り。

    蒸し暑さが半端じゃない、おまけにスタンドの上部も風が全く通らない。

    しかも観客の人数が社会人野球の時とは比較にならない。

    蒸し風呂のような暑さの中で観戦することになりました。

    で、第1試合(豊橋中央-至学館)は6-4で豊橋中央の完勝。

    選抜出場校至学館はベスト8で姿を消すことになりました。

    第2試合(中京大中京-愛工大名電)は6-2で中京が快勝。

    ここで身体が悲鳴を上げ始めたので、第3試合(愛知-栄徳)の観戦は断念して帰ってきました。

    明日の準決勝は

    ①東邦-栄徳
    ②中京大中京-豊橋中央

    となりましたが、会場は岡崎ではなく、名古屋のパロマ瑞穂。

    あそこは人工芝の照り返しが強くて、岡崎よりも暑くなります。

    なので、現地観戦はあきらめて、テレビ観戦にします。

    これは余談なのですが、名電の応援席を見てふと思いました。

    「紫のユニフォームに黄色のメガホン、黄色のポンポン。まるでヤマハの応援団だな。」

本文はここまでです このページの先頭へ