ここから本文です

投稿コメント一覧 (633コメント)

  • ショーシャンクさん、みなさん
    こんばんは。

    暑いですね。
    日本映画『祈りの幕が下りる時』を観ました。
    『砂の器』?、と途中から思いましたが、阿部寛、松嶋菜々子、小日向文世など、テンポも俳優も良く
    でも、最後の場面は、とても悲しいのに、何だか涙が出てこなくて。。。???
    今日は『探偵はBARにいる』を借りてきました。

    ショーシャンクさん、
    >『怨む人が怨む人に対して行うよりももっとひどいことを、邪な心は自分に対してする。』という言葉を
    いただいて、とてもありがとうございます。
    前後がわからないのですが、
    「人を怨むその行動より、その心がもっといけない、そういう邪悪な気持ちをもてば自分の心に帰ってくる」という意味で解釈してみたのですが。ついつい恨んだり天罰を期待したり、そういう心を戒めているのでしょうか?
    仏陀の言葉は関心はあっても、私には解釈がとても難しく、でも、自分に生かして、また改めてみたいと思います。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    まりさん、ひまわりの花、夏の象徴のような花ですね。きれいで、ありがとうございます。

  • ショーシャンクさん、みなさん
    こんばんは。

    今日は、サンドラ・ブロックの『しあわせの隠れ場所』を観ました。
    母親から離され劣悪な環境にいた黒人少年を引き取り、後にアメフトの選手になっていくのですが、
    観終わって、とてもすがすがしい気持ちになりました。

    『グレイテスト・ショーマン』『15時17分、パリ行き』『チェンジリング』を観てきて、
    新幹線の殺人やオウムの松本、秋葉原の通り魔など、親がいても見捨てられた人や
    あるいは、身体的精神的欠陥があっても、親や周囲の愛情があって成功した人、
    欠陥もなく愛情もあるのに、会えないなど、最近観た映画は、親子の姿を考えさせてくれました。

    以前見た『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ/ノーベル賞受賞者)の最後のシーンですが、
    彼らは、臓器移植に作られたクローン人間。
    親子の姿も形もありません。最後の、有刺鉄線に付いたごみのパサパサとした音と、その平坦な、かさかさとした色が感じられないシーンは、最近見た映画と比べて、肉親であれば起こりうる争いや迷いや見捨てられた感情を失くした、とてもよく考えられたラストだった。。。と思い出し、もう一度見直してみたくなりました。

    さて、これから今日は『ハゲタカ』ですね。私も観るようにしています。面白いですね。
    決め台詞は、「生きろ!」でしょうか?綾野剛と沢尻エリカも楽しみですね。

    夏の影は短いですが、強烈な日差しがひく夕刻のそれは、一日の終わりに、暑さによくがんばったね、
    と声をかけられたかのようで、何となくうれしくなります。
    明日からもショーシャンクさんやみなさんの一日が「好日」でありますように!!

  • 写真クリックしていただけると、大きくなると思います。
    (写真投稿の方法よくわからなくて、難しい。。。)

  • ショーシャンクさん、みなさん、
    こんばんは。

    『チェンジリング』と『アトミック・ブロンド』を観ました。
    『チェンジリング』は、先日観た『15時17分、パリ行き』と同じイーストウッド監督です。
    アンジェリーナ・ジョリーが、素晴らしくて、『15時17分、パリ行き』の役者が素人だったのと比べると、
    テレビのドキュメンタリーと映画の差ほど、感じさせられて、流石だなあ。。。と感心しました。
    『15時17分、パリ行き』は、考えさせられる部分が多かったのですが、
    『チェンジリング』は、心に響き、不正に対しても強い印象が残った映画でした。
    アメリカは移民の国、強者の不正や欺瞞や蔑視など解決しながら、法が作られ改正されてきたのかな、と見ることもでき、面白かったです。

    『アトミック・ブロンド』は007女性版のような、スパイ映画。主演: シャーリーズ・セロンが、強くて。
    強くて素敵。最後まで目が離せない展開でした。シリーズ化したら、また見たいなあと思いました。

    ロボットやAIの開発が進む中、ロボットが流出土砂や岩を除去するとか、AIが廃棄物処理分別ぐらいできない
    かなあ。。。と思うのですが。
    人の力が及ばない雨、風、熱の前に、はっと目が覚める思いです。

    皆既月食を見忘れましたが、虹を見ることができました。大きなきれいなもので、長い時間架かっていました。
    写真を大きめですが貼っておきますね。ショーシャンクさんやみなさんに良いことがありますように!!

  • ショーシャンクさん、みなさん
    こんばんは。

    暑いですね。

    『15時17分、パリ行き』を観ました。
    高速鉄道に偶然乗り合わせた幼馴染3人がテロリストに立ち向かう、そんな内容ですが、彼らは
    ADD(注意欠陥障害)で、校長室に呼び出されること度々、彼らのシングルマザー達は、教師に苛立ったりもしますが、その3人が大人になって犯人に立ち向かう。人生何があるかわかりませんね。
    この映画の凄いところは、この3人が役者でなく、実際の本人達が演じているところで、大げさでも仰々しくもなく退屈な場面があっても、ストーリーがスーッと入ってきます。ドキュメンタリー、実録番組のよう。監督は何とイーストウッドです!!

    自然災害、酷暑と、大変な日々が続きます。
    ショーシャンクさんやみなさんの一日が、どうぞ「好日」でありますように。

  • おっちゃんさん、こんばんは。
    仏教については、おっちゃんさんと同じです。
    本当にね。。。
    今日、彼は連続投稿していますが、しばらく自由な空に舞っていていいのに。。。いたたまれないのでしょうね。

    ショーシャンクさんの人柄に魅かれて、読ませていただいております。
    たーぼーさんも投稿なさっていられますが、私も同じで、大きな大きな出会いで、
    言葉は、内なるものが外に出るのだと思っているので、本当に大切にしたいです。
    お忙しい毎日だと思いますので、少しでもゆっくりなさる時間があればと願っています。

  • 連投失礼します。

    私も卑弥呼さんと同じで、
    「お返事はお気になさらず、執筆に力を注いでください」、です。

  • ショーシャンクさん、
    おはようございます。

    投稿なさるどなたにも、真摯にご返答なさるのは、どうていできないことだと思い、ずっと
    読ませていただいてきました。
    twitterでは、「ブロックする」など、自分の意見に合わない人を排除したり、
    この掲示板でも、私だったら、到底我慢できずに、無視ユーザーへの機能を使ってしまうでしょう。

    言葉は命です。道具ではありあません。
    和弘さんの言葉で一つも、何を言っているのか、どれ一つも心に響いたものはありません。
    残念ですが、仕方がないと思ってきました。暇つぶしですか?

    ところで、激流や筏の言葉を、初めて聞いた気がしています。
    西日本の自然災害をみると、より限りある時間が大切に思えます。
    ショーシャンクさんのライフワークの完成を、心よりお祈りしています。

  • >>No. 7664

    coohさん、おはようございます。
    ご実家が大変でしたね。
    これからが大変だと思うので、心の中で応援して、祈っています。
    どうぞお体を大切に、無理なさらないように。
    私の関西の親戚も外にしばらく出ていけない、と話していました。
    千葉県の地震の多さも心配です。
    2年後のオリンピックの年も、酷暑でしょうね。過酷ですね。時期をずらせばいいのに、と思ってしまいます。

    今日は良い日となりますように。

  • (続きです)

    「さよならのとき・・・ゼロになるからだが耳をすませる」
    「始まりの朝の・・・ゼロになるからだ 充たされてゆけ」
    からだはゼロになっても、魂は、光を抱き、新たに充たされていく。(想像しただけできれいで、私も泣きました)
    その輝きはいつでも何度でも「いつもここに」、このゼロポイントにあり、ひろがっていく。
    生が始まりなら、死もまた始まりでしょうか?
    フランスの教会では、あえて自国語には翻訳せずに日本語で歌っていたのは、少し不思議でしたが、
    永劫回帰の様だからだと思いました。

    (ウィリアム・ブレイク『無垢の予兆』を載せておきますね。2回目かもしれませんが、美しくてとても好きです。
      To see a World in a grain of sand, 一粒の砂の中に世界を
      And a Heaven in a wild flower,  一輪の野の花に天国を見る
      Hold Infinity in the palm of your hand, 手のうちに無限を
      And Eternity in an hour.  ひとときのなかに永遠をとらえる)

    オウムの麻原は、調べたら、先日の新幹線の殺人者同様、両親から見捨てられていました。
    また、優秀だった信者は、優秀故に叱られた経験があまりなく、存在を否定されることなど、ない。
    オウムはまずそういう彼らを社会から完全に隔離し、今までの人生や人格を全否定する。(これが、ポイントですね)空中浮揚という現象に心をつかませて、生きていることやや死んでゆくことの不思議を置き去りにしてしまう。どこから来たのか、誰が創ったのか、自分とはこれを指すのか、この自分というものは、というあたりまえのようなことになぜ疑問を抱かないのか。悟るのに、集団が必要なのか?
    結局積んでしまったカルマは?聞きたいところでした。

    クチナシの花が咲き揃いました。花言葉は「幸せです」「喜びを運ぶ」だそうです。
    今日もショーシャンクさんはもちろん、ここのスレッドの方々に幸せが訪れますように。

  • ショーシャンクさん、みなさん
    こんばんは。

    今週はいろいろありましたね。自分にも引き寄せて、いろいろなことを考えた1週間でした。
    『いつも何度でも』をショーシャンクさんの別のスレッドでのご投稿から、よく聴くようになりました。
    たくさん考えました、いつも気づかせていただいてありがとうございます。

    ★フランスの教会でうたわれたもので、ご紹介の歌の場面をネットで探しました。
     中学生ぐらいでしょうか?(左にいる男の子、両膝がハート(笑)ですね)
    h ttps://youtu.be/aOXgk-i7zIg
    ★木村弓さん
    h ttps://youtu.be/SgmfSZY2-vQ

    作詞家覚和歌子さんの「ゼロになるからだ」の本も取り寄せ少し読みました。
    帯には谷川俊太郎さんが、「からだがゼロになるとき、それは死のときだとも思えるが、
    生きていてもそういう瞬間はあるのではないか」と寄せていました。
    覚和歌子さんは、この詩を書き始めたらそれこそ12、3分でできたそうです。
    「『さよならのときの静かな胸 ゼロになるからだが耳をすませる 
    生きている不思議死んでいく不思議 花も風も街もみんなおなじ』
    この4行を書いているとき、何故だか泣けて仕方なかったんです。
    自分でも変だなと思いました。自分で書いているのに、自分が書いていない感じ」と言っています。

    「始まりの朝。。。ゼロになるからだ 充たされていけ。。」
    ゼロは、始まり(生)でもあり、終わり(死)も、今ここにある。
    平面上の縦軸と横軸が伸び、あるいは垂直の軸で上下に伸びる。それは、無限大宇宙大にひろがりを見せる。
    キリスト教の垂直に伸びて帰ってこないのでもない。
    ウィリアム・ブレイク『無垢の予兆』And Eternity in an hour.  ひとときのなかに永遠をとらえる
    も思い出します。私はこのゼロポイント(今、この瞬間)に立ちつつ、「両手に光」を抱く。
    「花も風も街もみんな同じ」で、それらも、いつかはゼロになるが、いまここにある。

    (続きます)

  • ショーシャンクさん、みなさん
    おはようございます。
    凄い雨のようで、心配です。
    早めの避難が、大切なようでが、
    道路では、マンホールの蓋も流されているところもあり
    濁った水でわからないので、棒などで確認しながら進む、とありました。

    an子さんも京都で心配です。
    (私は神奈川から、今年も東北に仕事関係で移動です。)

    みなさんのご無事をお祈りしています。

  • ダリアさん、こんばんは。

    夏越の祓、今日でしたね。すっかり忘れていました。
    ありがとうございます。
    急いで近所に神社に行ってみたら、茅の輪ができていて
    茅の輪くぐりをしてきました。
    ショーシャンクさんに以前教えていただきましたね。
    1年、半分も過ぎましたね。
    残り半年、良いことがありますように!

  • 訂正します。 リッチポンダさん、でなくリッチポンタさんです。
    ごめんなさい。。。

  • ショーシャンクさん、みなさん
    おはようございます。

    私もご投稿のことが気になっていたので、リッチポンダさんありがとうございます。

    先日は、『グレイテスト・ショーマン』のご感想をいただきました。
    私は、先日起きた新幹線での殺傷事件の犯人、もちろん悪ですが、
    家族や世間のこれまでの対応や、差別という視点から観賞しました。
    救いの道はなかったのかな。。。という思いです。
    でも、もっと大きく映画全体のテーマの『Impossible comes true』、ですね。
    できることは、もっとあるはずですね。ありがとうございました。

    そういえば、今日のサッカーの試合も、前評判を跳ね返して、ザ・グレイテスト・ショーでした!

    別のスレッドで、「いつでも何度でも」について書いてらっしゃいましたが、ずっと気になり
    考えていたことがあります。またよろしくお願いいたします。
    今日もどうぞ「好日」でありますように。

  • coohさん、こんにちは。
    暑くなりますね。

    Age〜29歳 夏目雅子、二階堂ふみ、黒木華。
    30〜40歳 沢尻エリカ、宮崎あおい、満島ひかり。
    41〜59歳 木村多江、鈴木京香、宮沢りえ。
    60歳〜 樹木希林、田中裕子、岩下志麻。

    よろしくお願いします。

  • >>No. 7602

    an子さん、
    こんにちは。

    >私も映画によって自分を見直す事が度々です(^^;

    an子さん、私も映画や本で、とても助けられています。
    ふと手にした本のページに答えのヒントがあることはもちろん、今回の映画のように、力をもらったり。
    映画って楽しいですね。良い休日となりますように。

  • ショーシャンクさん、みなさん
    おはようございます。

    劇中歌”From Now On”の中で”全てを失って得たもの、それが僕を連れ戻す”(映画字幕)
    (If all was lost, there's more I gained. ‘Cause it led me back to you.)
    ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』を観ました。

    みんなと違う、と「疎まれ、存在さえ隠されてきた」人たちが、偏見や差別、疎外感を乗り越えて力強く歌う、
    心に捧げる賛歌だと思いました。

    最近の事件(いろいろあり過ぎと思っていますが。。。)で、何ともならないもやもやを抱えたまま、
    偶然手に取った映画ですが、とても良かったです。
    冒頭は音がうるさいなあ。。。と、思ったのですが、慣れて(笑)きました。
    「This is Me」(これが私!)も力強い。怒涛のごとく、テレビ画面の狭さと私の心の狭さに
    せまってきて感動です。ヒュー・ジャックマンは、私はミゼラブルよりこちらの方が好きです。

    いろいろありましたね。首脳会談も軍事力背景のビジネス取引のように見えましたが、大きな節目なのでしょうね。

    庭の花でアスチルベが咲き揃いました。ショーシャンクさんやみなさんがとっても幸せでありますように。
    明日も「好日」でありますように。

  • >>No. 7589

    coohさん、こんばんは。

    あまり日本映画を観てこなかったのですが、亡くなった方には投票できませんか?
    夏目雅子さんなんですが、もし可能でしたら、age~29でしょうか?
    『瀬戸内少年野球団』を観て、とてもきれいで、その後『鬼龍院花子の生涯』を観てみました。
    全く違う性格の役柄だったので、驚きました。あの大きな目が、今でも心に残っています。

  • ショーシャンクさん、みなさん、
    こんばんは。

    ドキュメント映画『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』を再び、何かに呼ばれたかのように観ました。
    最初のブラジルの金鉱山の写真は圧倒的で、金採掘の意思を持った人々がアリのよう。奴隷ではないのです。

    ギリシャ語でフォトは「光」、グラファーは「撮る人」。フォトグラファーは「光を撮る人」。
    でも、光が映し出されると、徐々に闇に浮かび上がり、紛争での悲惨な光景が続きます。
    ルワンダや旧ユーゴスラビアなど、見てしまったからには、知らないでは済まされない現実。

    後半、紛争に明け暮れる人を写すことに疲れた彼が撮るものは、地球への敬意を込めたものに変わります。
    「人間の闇を見続けてきた男が幾多の苦しみの果てに見出した希望への祈り」と評する人がいました。

    人間の歴史は戦争の歴史、あるいは、パイの奪い合い。その「闇」を写した前半から
    古い部族や生き物、また木々の再生に、人類は自然の一部と、「光」を感じる後半。

    花が咲きました。ショーシャンクさん、みなさん、どうぞお受け取りいただきますように。
    明日もどうか「好日」でありますように。

本文はここまでです このページの先頭へ