ここから本文です

投稿コメント一覧 (3177コメント)

  • ヤーフニュース発信、場が始まってからでは遅すぎますね。

    エフティG-続伸 コムソルと業務提携 情報セキュリティ監視ソフトの総販売店に
    9時15分配信
     
     エフティグループ<2763>が続伸。同社は9月20日大引け後に、情報セキュリティソフトの開発販売企業であるコムソル(東京都渋谷区)と業務提携を行うと発表した。

     エフティGが総販売店として10月上旬より、情報セキュリティ監視ソフト「LOOOC(ルック)」の販売を行う。社員のパソコン全操作履歴をすべて画面キャプチャーおよびキータイプログで取得し、動画ログとして再現が可能。このシステムを導入することにより、社員がパソコンで何を閲覧していたのか画面上に再生されるため、視覚的に把握することができるとした。

  • 短い一週間も終りました。此の週末にタイミング好くIRだされ、即効性はありませんが通期までの半年間に業績効果は望めると思われます。にも関わらず市場は連騰にも必要に売り圧力は続き出来高も軟調な動きにともかく引け際は良かったと思います。

    1Q以前は1ケ月以上も最高値1550~1400間の揉み合い1Qを迎え今日に至っております。2Q、11/9まで事実上1Q時と比較されますと1900台の揉み合いになる頃です。1Q時とは上昇条件は異なりますが、浮動株、PER18.93倍と低下し、今回のIRも含めば下値の維持もこの機会に来週末頃には右肩上がりも考えられると思います。

  • [エフティGは企業拡大に資本提携、M&Aは続く思います。]
    コムソル株式会社との業務提携は両社にとっても業務内容に良好な提携ですね。かって、「光通信の子会社(コールセンター)を6000千万円で7月スカラ社に手放され、800の株価が400高にも高騰」もちろんエフティGも同じ業務を手掛けておられ不要な面に光は不要とした。コールセンターは今後のネット時代はコムソル社の少子化に進化した商品扱う企業と提携されました。また、憶測ですがいずれ資本提携も可能性もあります。?

    コムソル株式会社
    情報セキュリティシステムLOOOC (ルック)
    パソコン画面監視なら情報セキュリティシステムLOOOC (ルック)多くのPC監視機能(画面監視、USB脱着監視、キーログ監視)搭載しクラウドで低価格の1ライセンス(¥18,000~/年)にて実現したクラウドソフトウェアです。

    クラウドコールセンターシステム ftel (エフテル)
    クラウドコールセンターシステム ftel(エフテル)はクラウドを利用した全通話録音対応の低価格・高セキュリティのクラウドコールセンターシステムです。場所を選ばず電話回線不要の簡単導入。全通話録音を標準搭載でIVR/CTI/ACDなども低コストで利用可能です。

    離脱防止POPUPシステム 3s (スリーエス)
    WEBサイトのDBやECの開発、スマートフォンやタブレットの開発など企画など
    特定業種にこだわらず、各企業様の業務スタイルに合わせた専用システムを開発いたします

  • 情報セキュリティ監視ソフト「LOOOC(ルック)」の内容 LOOOC(ルック)は、従業員のPC全操作履歴を全て「画面キャプチャー」及び「キータイプログ」
    2

    で取得し、動画ログとして再現が可能となります。これにより内部不正に対する抑止効果や情報漏 洩・改ざんの防止、セキュリティーインシデント発生時の追跡調査で高いパフォーマンスを発揮す る製品です。 特に「内部統制対策ツール」として幅広い企業に採用されています。働き方改革で労働時間短縮 という社会背景がある中、パソコンの私的利用が減り生産性アップ及び時間外労働短縮によるコス ト削減につながります。また、パソコンの操作履歴管理により従業員の労働時間把握にも活用でき ます。 更に、クラウドとの連携により、オフィス外での利用状況も把握でき、働き方改革の1つのキー ワードとなるテレワークへも応用できるサービスであり、企業向けパソコンは全台数が対象となります。

  • エフティグループからIR情報のお知らせです。
    日時:2018/09/20 17:00

    文書名:コムソル株式会社との業務提携及び情報セキュリティ監視ソフト「LOOOC(ルック)」販売開始に関するお知らせ
    ファイル:


    コムソル株式会社との業務提携及び情報セキュリティ監視ソフト 「LOOOC(ルック) 」販売開始に関するお知らせ

    当社は、本日開催の取締役会において、コムソル株式会社(代表取締役:朝田 篤、本社:東京都渋 谷区、以下、「コムソル社」といいます。)との業務提携契約(以下、「本提携」といいます。)を締結 することを決議し、コムソル社が取扱う情報セキュリティ監視ソフト「LOOOC」の日本国内における総 販売代理店としての販売を開始することといたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。


    1. 提携の理由 当社グループは、法人事業において情報通信サービスとしてUTM(総合脅威管理)・ファイル サーバー・ビジネスホン等の販売・施工・保守、環境省エネルギーサービスとしてLED照明・業 務用エアコンの販売・施工・保守を行っております。中でもUTM(統合脅威管理)等のネットセ キュリティ装置は、法人事業の主力商品となっており売上高も年々増加しております。 一方、コムソル社は、情報セキュリティソフトの開発販売、多機能クラウドコールシステムの開 発販売を行っており、情報セキュリティ監視ソフト「LOOOC(ルック)」の開発及び販売元となって おります。 当社は、コムソル社の開発したセキュリティ監視ソフト「LOOOC(ルック)」等が当社の販売する ネットセキュリティ装置等との親和性が高いと判断し、 「LOOOC(ルック)」を販売ラインナップに 入れることで当社の情報通信サービスの更なる拡販に繋がるものと考えております。さらに本提携 において、当社が「LOOOC(ルック)の総販売元となることについて合意しております。 日本国内の情報セキュリティ市場規模は2015年度で約9,000億円、昨今のサイバー攻撃の脅威へ の対応や、セキュリティに関する不安感を主な要因として毎年3~5%程度の成長が続いていると いわれています。本提携により、成長市場の中でより一層両社の企業価値向上が図れるものと考え

  • 直近の不動産銘柄は好業績にも関わらず急落していますね。一部の話題に不動産バブルは収束にともいわれファーストブラザー、日本管財も下落し続けている。此処も黒三兵でチャート的には下値に向かう傾向にあるかと思います。静観も良かろうとも思う。

  • エフティGは画期的な成長企業でもあり、未来まで親会社と共に成長を続けられると思います。既存の長期の投資家も新たな投資家も多く方が参入され、お互いにそれなりに企業分析、経営状況も学び投資されておられると思います。しかし、此処は仕手性強いと思いますが高値1100、1550、2050時々も下落は300限度幅の下落で節度を保たれていると思います。したがって、増配も自社株も行ない株主優遇もしており、自社株に対し此の末で終わり消却され。また、自社株が終わる段階の不安もありますが、本決算時も3ケ月間つどに乱高下し、今回も2Qに歩調を合わせ次第に値幅も狭い動きに落ち着いてくると思いますね。
    ただ、此処はこれまでM&Aなど進められ親会社の光との繋のだけに今後も何時突然開示されサプライズが訪れるか分からない面に妄想もしています。
    また、米中の貿易摩擦も折り合う傾向と、米経済も良く近々利上げも考えられ、円安に進み日経平均も暮に掛け例年の如く上昇に向かえば此処も下値も織り込みながら再度上昇時期も訪れるかと思いますね。

  • 出来高2万株もありますね。此れは株価が安く買われたかと思われますが低位で此れほどに買われたら、信用残と2万株=7万株にも増えましたね。
    仮にも1800~1900に至った場合、今日買われた方は当然利益が出たわけで手放します。ノンホルですが私も喜んで手放します。
    では、買っても売られるのは筋でなく此の方々で、誰が買いますか考えてください。10万株でも買う買う方がおられれば別ですが。???
    筋はあえて下げて安く買わせたのですね。共食い合戦ですかね。

    明日も売られれば更に買われ10万株~15万株となればどうするのですか。急落しかないとおもうよ。大型銘柄なら好いけどね。

  • お久しぶりです。此処を買われても儲けられることはないとおもうよ。1600まで1万株もあれば下落します。信用残が5万株と過去以降の残高です。この人たちはいずれ手放される時がきます。そうなれば追証も嵩み予想が着かないほど急落しますね。気を付けてください。

  • 株価は業績に伴い上昇しますが一方通行に上昇するものでもない。日経平均、チャートも同じく必ず急騰時は短期的に相場の流れに沿い冷やし玉が災いすることは多々あるものです。
    ただ、波動が大きいか小さいは銘柄に違いはあります。また、次期の織り込みとか無謀な表現もありますが、一時の株価の動きに胆略的に捉える方も如何とかと、まして、空売りが増えて下落しているわけでもないのになく、再度上昇し始めれば沈黙される傾向は何処も同じで気にはしません。

  • 近年自然災害が水害、地震、台風など国内に頻繁におこり、多大な被害は国家防災経費が圧迫するほどに至る状況にある。インフラ整備に欠かせない事前に設備を整える蓄電池などの需要が必要としています。したがって、前期も好調の要因でもあり、此れだけ災害が続けば消費も増大しアローズコーポレーション社も頑張って戴いているかと思います。

    エフティグループ(2763)、関西で太陽光発電設備・蓄電池等販売のアローズコーポレーションを子会社。アローズコーポレーションはあらゆる多く事業の中、産業用太陽光発電設備・蓄電池等販売など大々的に取り扱っています。

  • 安値1763付けられ4連敗1Q時の株価1730高値に戻すか ? この状況上昇には向かわないでしょう。売り方さん次第ですね。困ったものです。

  • (3)株式の取得価額の総額 800,000,000 円(上限)取得し得る株式の総数 580,000 株(上限 )
    (4)取得期間 2018 年 6 月 22 日~2018 年 9 月 30 日

    2.上記取締役会決議に基づき取得した自己株式の累計(2018 年 8 月 31 日現在) (1)取得株式数 413,700 株 (2)取得総額 626,434,700 円

    買付残今月末 一日 約9000株少々となります。

  • 株価は天井知らずともいわれることがありますが、正にエフティGも値しますね。例、超小型の共同Pーアールも此処と同じ株価6月頃に1000辺りで買っているのですか、分割あり、好決算で2400辺りまで高騰しています。 此処も前年度の比較では3Qは進ちょく率80%以上にはなるでしょうし、株価も寄与すると予想しています。
    明日からもチャートからしても前向きに此れからですね。^^

  • 今週8月も終わり大満足するほどに1800台に4日間も、決算後15日経ち留まったのも初めてであり。1900台に再度入り週末に相応し相場になりました。長く揉み合った分、来週以降は好結果に繋がるかと思います。

    また、中間決算会社目標2400は経常利益(1Q・1562)838と1Qの実績からすると軽く2Q、論理的に目標達成されると思います。

    しかも、中長期計画(2021年100億)も、国内、海外子会社もELD照明は活況であり、法人向けのネットワークセキュリティ装置やセキュリティカメラなどの販売が好調だった等を鑑みても今期は高成長業績に間違いはないだろと予測しています。

  • >>No. 403

    いえいえ株式に返信に何も拘る必要もありませんよ。^^
    少しでも投稿して頂ければ自密な内容は別にし、快く此処にお互い労われあっている間でも充実して頂ければ有難いかぎりですね。株価については株式は生き物でもあり魔物である、心痛めれば当然手離れるもの投資か思います。
    ただ、買い煽る訳ではありませんが、できれば此処を詳しく多様に分析されれば尚一層不安定な心持も幾分か耐えられる面になるかと思いますね。^^
    よろしく。

  • 各々の投稿内容云々で売買する方は居ないでしょうし、また、関心を得る方も居れば、株価だけに終始する方も人様々ですよね。

    ただ、煽るのでなく情報は出来るだけ流せれば投資判断にも役経つと思い、吟味した上で投稿しています。もちろん、無意味と思われる方々も居たとしても株式に慣れない方に情報は大切と思っています。

    お互いに儲けた負けた関係なく中長期で普段楽しく過ごしましょう。^^
    明日上がれば良いですね。

  • >>No. 377

    初めましてよろしくお願いします。
    100%とは言えませんがチャート的に、この先再度最高値付ける日も近いかと私は思っております。

    ご存知のように今回の下落は此れまでにも多々ありまして決算後、前回も1930上昇後1705まで急落しました。一方通行に上場続けられるよりもチャートが物語っているように業績に伴い右肩上がりは続くと思います。

    良い方に解釈いたしますと振るい落としも大切かと思いますね。^^

  • 此処へ参入して以来今日のように再々爆撃砲投下されるにも負けず、12万株も受けられながら此の程度で納められたことはかってかなったですね。
    以前までなら1750を割り込むのが常識のように扱われていましたがご苦労様でした。明日以降もまだまだ油断できず糜粥でありながらも少々扱わせて頂きました。

  • 来週から新たな相場へ向かい、短期的には常に荒れ模様であっても右肩上がりには変わりなく、此の週末は大底の2000台に乗せ9月攻防に地固めし2500へ目指す相場にも期待できるかと思います。
    また、此の間に米国の利上げも予定され円安傾向に日経平均もしかり、市場にとって良好な秋相場となるでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ