ここから本文です

投稿コメント一覧 (282コメント)

  • 単純に世界の株は、上昇局面にある。そんな見方と、以下の様に、脅威のカウントダウンが始まっている。という両方がありますね。個人的には、漠然とした不安感があって、昨秋より運用を半分に縮小しました。富士通の決算発表も不安です。でも株式投資をやめることはできない。落ちる時は皆一緒だし。

    世界金融システムへの脅威高まる、「危機前夜」を連想とIMFが警鐘
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-18/P7DXRT6VDKHS01
    Andrew Mayeda
    2018年4月19日 0:40 JST
    「伸長した」バリュエーション、危機前の局面を連想させる
    一部クレジットサイクルは終盤に差し掛かる

    トランプや、習近平や、安倍で、このアホトリオでこの先、経済がつまづかないはずがない。

  • 富士通の目先の株価だけに気をとられていると、遠くに嵐の兆しが見えてきました。安倍さんの退任の時期が見えてきたような。多分、株価にとって相当な、外人の売りが、金融緩和も修正されるだろうし、結構な嵐となるでしょう。

    以下のニュースが気になります。
    一つ、日米会談は安倍首相の命取りになりかねない トランプ大統領との蜜月はもう終わっている
    二つ、支持率が
    安倍内閣の支持率がさらに低下、31%に(朝日調査)ハフィントンポスト 7 時間前
    安倍内閣支持率が危険水域の3割以下に-政権発足後初、NNN調査 ブルームバーグ 3 時間前

  • 全面貿易戦争までには執行猶予期間があります。トランプは中間選挙で勝つことだけが判断基準。全面貿易戦争になれば中間選挙に勝てない、折り合いをつけると思う。中間選挙には何が何でも勝ちたい、その為には何をしてはならない、その程度の常識は持っていると思う。(多分)

    ここんとこ、日替わりで悲観から楽観から悲観と振れが激しい。

    そして、ニューヨークがまた大きく下げました。その為、持ち株を投げる。正解かもしれないが、長期で株をやっていくには、パニックにならない。開き直りも必要と思う。

    トランプが本当にバカなだけなのか、やっぱり商売人なのか。(それが、問題だ)

  • アマゾンなどが、クラウドコンピューティングをやりだしてから、富士通は10年経ってようやく力を入れだしました。

    いま、エッジコンピューティングという言葉がにぎわいだしました。富士通からは、なんの発表もない。これも、10年くらいたって常識になったころに、エッジコンピューティングを言い出すのでしょうね。多分。

    エッジコンピューティングとは、
    ユーザーの近くにエッジサーバを分散させ、距離を短縮することで通信遅延を短縮知る技術です。スマートフォンなどの端末側で行っていた処理をエッジサーバに分散させることで、高速なアプリケーション処理が可能になり、さらにアルタイムなサービスや、サーバとの通信頻度・量が多いビッグデータ処理などにこれまで以上の効果が期待できる。

  • 月足の日経平均を見れば全てわかります。高くなれば下がる。下落理由なんて関係ない。なんとかショックとかは後付けの命名に過ぎない。

    ここ十年で、日経平均は7度目の調整です。調整期間は全て半年から1年。今回はまだ、3ケ月もたっていない。調整はまだまだ続く。

    証券会社や日経新聞は、日経平均のPERは12倍で安い安い。これ以上、下がる理由がないと言われるが、信じて良いのは、過去の日経平均の調整の動きだけだ。

    個別銘柄を見たら分かる。まだまだ、高原状態です。とても買えるような所まで下がっていない。(富士通はいいところまで下がった気がするけど。分からない)

    秋まで、待って。黙って買う。そんな余裕でいきたい。(今までも、この掲示板で言い続けてきたと思うけど)

  • >>No. 384

    富士通は院政がなにかと噂されていたので、田中社長が選ばれたのも都合がよいというような。コンプライアンスの第一歩。前向きに評価したい。

  • NYダウ 23,857.71 -344.89(-1.43%)

    トランプには両面がある。ビジネスマンとして交渉しているだけ。選挙公約をいちずに実行しているだけ。

    どちらの面を感じるかで、NYが上にいったり下にいったり。日本の個人投資家は、破壊者じゃないだろうという判断でしょうか。(今朝の日経 個人、株買い意欲強まる)

    最近、NYが下げても、日経は強いような。日経が下げても富士通は強い様な。今日は興味深い。

  • >>No. 339

    除夜の鐘をききながら、今年は良かった。そう思えるといいですね。(富士通の月足チャート見ながら、悪くないと思います)

    当方は、1ケ月後の決算発表を待ってからにします。抜け駆けの一番槍できなくてもよいです。いつも、しんがりしてます。

  • 前回の日経平均の調整時は、高値20,952円が安値14,864円をつけるまでの調整期間は丁度、1年間かかっている。今回も、同様に長引くと考えた方が良いと思う。最低でも半年間。真夏ごろまで。日本株は例年、10月ごろに底値をつける。
    よって、秋風が吹くころに買う。そんなゆったりした姿勢で良いと思う。

    今回の下落場面では、外人が売り。個人が買った。そんな解説を聞いたが、先週の下げで買った個人はしらけたと思う。個人の買い手が傷を深めた以上、調整は長引く。

    「焦点:金融危機から10年、アメリカ人が失った株式投資熱」という解説を読んで、自分だけではないことを感じました。株を買うのは、アメリカでは自社株買い。日本では日銀。しらける昨今。
    https://jp.reuters.com/article/financial-crisis2008-smallinvestor-idJPKBN1GY0EX

  • 動物は、本当に強いもの同士はとことんの喧嘩を避けるもの。吠えあっていても。それが、アメリカと中国の関係。

    たたかれるのは弱いもの。弱肉強食は今の国際関係でも同じ。あからさまにはしないだけ。プーチンはあからさまだけ。

    強国は米中。弱者は日本。(まあ、富士通は内需企業なのでどうでもいい話ですが)

  • 貿易戦争が懸念されていますが、落ち着きどころは見えているような。

    米国人と中国人の考え方や気質は実は似ている。互恵関係にあるともいえる。戦略的な会話がつうじる関係にある。よって、ワイワイいっていても妥協がなって、トランプ大統領の顔をたてて収束。

    しかし、実績は必要なので、その分は日本を叩いて、輸入増加や輸入制限は日本に飲ませる。日本は叩いても実害のない国。

    そんな感じで、収束していくと思う。安倍さんの外交は、トランプやプーチンに尻尾をふるだけなので、肝心なときには何も成果が出せない。

  • 野村総研のITコンサルの業績が素晴らしい。NTTデータのITサービスの業績も素晴らしい。(今日の日経新聞の記事より)

    ようするに、ITサービス業界は活況を呈している。富士通を除いては。AIを活用したサービス市場を、中小のIT専門会社が富士通の市場を侵食している。富士通の高いコスト構造をなんとかしないと競争に負けるだけ。

    中小のIT専門会社は若い分、高齢者雇用も少ないし、年金負担や医療費負担も少ない。その反対に、富士通は構造的にコスト高で、来年、生産性が高まるとかいう状況にない。そこそこの期待はしていますが。

  • 安倍内閣のおかげで、日本の防衛産業、防衛技術は衰退し消滅寸前です。三菱重工もこのままでは防衛部門は縮退し赤字になりかねない。

    憲法改正して自衛隊を軍隊にしてみても、日本に防衛産業があってなしのごとくとなる。

  • 富士通は貿易戦争とは無縁なのが良い。ただ、日経平均が2万円を守れないと思う。日経新聞の予想の大勢は2万円は割らないと言う。状況はこれから深刻で長引く。長引くことが下落に働く。2万円を割り込んで19000円を死守できたら御の字だと思う。

    2015年6月の20,952円から14,864円に下落した時、その時の下落幅以上の深刻な状況です。2万円死守なんて楽観的過ぎます。ほんと、1万9千円で止まって欲しい。

    安倍さんの外交力は全くあてにならない。直前まで、日本の鉄鋼は除外される可能性大と言っていたのに。新幹線の輸出もひっくり返るし。なにより、北方四島の返還の可能性はほぼゼロになるし。なにか、成果があったのでしょうか。

  • >>No. 541

    不思議です。独占禁止法で審査するような案件でしょうか。中国などは国内の巨大企業が合併している。それが問題になったとか聞いたことが無い。不思議です。売却撤回は無いとは思うけど。

    東芝の半導体、年度内売却は23日がヤマ 中国当局の認可待ち=関係筋

    [東京 22日 ロイター] - 経営再建中の東芝(6502.T)が進めている半導体子会社の売却で、同社が目標に掲げている今年度中の売却完了には23日までに中国など各国の独占禁止法の審査を通過することが前提となっている。

    株主となっている一部のヘッジファンドは、東芝に対して半導体子会社の売却を撤回するように求めている。クロージングが遅れればさらにこうした声が大きくなることも予想され、東芝の再建プロセスに不透明感が高まりかねない。

  • 今日は弱かったね。株価の予想なんて当たりません。日々の動きはランダムウォークするからね。しかし、材料の出る来月、4月末の決算発表で、底打ちして上に行く。それまでは動きようが無いように思います。

    なぜ、上に行くかというと。四季報を見てわかるのだけど、どの株もどの株も高すぎです。上がりすぎです。消去法でいって富士通しか買う株が無い。

    うっかり買った人も、思い込みで買った人も、昔から腐れ縁でもっている人も、みんなもう1ケ月辛抱しましょう。信ずれば叶う。

  • >>No. 6

    ごめん、先に取り上げてくれていたのですね。ありがとう。個人的には、パナの保有続けます。

  • 長期保有の株主です。

    テスラの倒産危険度上昇、危ぶむ人々
    https://forbesjapan.com/articles/detail/20243

    フォーブス誌の記事のテスラの倒産危機は、パナソニックの危機でもある。可能性はそんなに高くないと思うけど。
    分かりません。

    大株主が逃げ出し始めたという。

  • 昨日の日経平均が後場、戻したのは、日銀のETFへの期待とか。株式市場があべ、くろだの株式操作で動いている。これをやめたら、続けられなくなったら暴落。そんな中国の様な操作でよいのでしょうか。目先は良くても10年、20年と長期で資産運用を考えている身では迷惑でしかありません。

    日本の本質的な課題に挑戦するのではなく、インフレ率を上げたら、消費を増やしたら日本経済が復活するなんてとぼけた思い込みはやめてほしい。(若い女性のお母さんが子供をつれて日中、公園にいるのは日本だけとか。論文の不正・流用が異常繁殖する大学教育)

    もう、あべもくろだも顔を見たくない。

    富士通についても一言いいたい。
    キャッシュフローが経営目標になっているが、それでは社員は奮い立ちません。富士通の世界順位は第六位です。これを世界第三位以内に、三年後にはなる。きっとなれる。そんなシンプルな目標であれば奮い立ちやすい。
    また、目標は高ければ発想が自由になって案外実現するものです。数パーセントアップなんていう目標はかえって現状維持で達成できない。

  • [特報]トヨタとホンダの暗号車、富士通が基盤開発
    このニュースを読んで、富士通のビジネスモデルが良く分かります。海外の優れたIT技術を、日本のユーザにつなぐ。富士通の田中社長が口にする”つながる技術”とはそういう話しであることが。今回は、ジェムアルト(Gemalto)の暗号化基盤をつなぐ話し。

    富士通のIT技術は、米や中国のトップメーカに比べると二流にすぎない。AIや量子コンピュータで決定的に差がついてしまっている。海外の優れたIT技術を、日本のユーザにつなぐ。それは、富士通の現実解と思います。

    これは、富士通の責任とばかり言えない。富士通が不甲斐ないとも言えない。日本の安倍政権の責任というべき、本質的な課題解決に取り組まない。その結果があらわれている。科学教育や大学のレベルアップをしてこなかった。大学の民営化で財政負担を軽減するという真逆な政策の結果に過ぎない。

    大学を無償化しても遊んでいるばかりの大学生を量産しても何もならない。バラマキ政治では日本の将来不安は増すばかり。子を持つ親の子の将来不安の度合いは世界で最下位に近い。

    安倍さんは、支持率が下がる本当の国民の気持ちが分かっていない。今日より明日が少しづつでもよくなると思える政治をしていない。アメリカの民主党と同じ間違いをしている。兜町優先の政治に過ぎない。

本文はここまでです このページの先頭へ