ここから本文です

投稿コメント一覧 (329コメント)

  • 富士通の悪口書いたら、富士通の株が下がるといいたいのかと勘がられると思いますが。違います、富士通の株は過去5000円(現在の言い方だと5万円)ですから、本来、それぐらい行ってなければならない。本来のポテンシャルはもっと高いはす。(長期の株主ですから。株価不満です)
    経営方針進捗レビュー説明会の注目点は、日経新聞によると売り上げの40%を占める海外事業。近年、さらに悪化している海外事業の立て直し。体制は立て直したが結果が出ない。今回、失望されるかもしれません。
    理由は、海外の立て直しのために、ビジネスモデルをインフラからデジタルサービスやコンサルに切り替える。その切り替えで前期は現地が混乱して更に悪化した。富士通の海外でのIT競争力が低い状況で、デジタルやコンサルといっても局面打開はどうなんでしょう。人材教育を進めるといってるが間に合わない。

  • >>No. 335

    同様に、楽しみです。
    ただ、理由は違います。田中社長は、公約先送りにして残りの任期終盤をどう生きるのか。多分、社内の雰囲気はこの社長では富士通は変われない活性化できない。そんな暗黙の諦めの空気を打破できるのか。まあ、無理でしょう。10月26日に、経営方針進捗レビュー説明会を行うと発表があります。何を語るのか。楽しみです。(米国だったらGEの様に、社長解雇だと思う)

  • ホテルを買うために増資するのでしょう。でも、訪日外国人が頭打ちの可能性があります。そんな統計発表が先日。そもそも訪日外国人観光客が増えているのは円安で説明がつくとの見解もあります。購買力平価でみれば1ドル100円が相当。
    売りました。底値かなとも思うけど。わずかな持ち株だし、株主になっても運用や運用物件に疑問を感じていた。中国や三井物産がスポンサーということは山師的雰囲気がぷんぷん。肌が合わない。どうも胡散臭い。利回りが高いはイコール信用がない。不意打ちを食らって下がったからもう嫌気して売ります。典型的な株下手のパターンですが。(純粋にチャンスを見て買うという人には、今月いっぱいチャンスがあると思います。短期稼ぎの銘柄だと思います)

  • Indeedインディードで富士通の社員、元社員のレビューを読むと真っ当な会社、しっかりとした会社、技術も仕事もできる会社働きやすい会社というコメントです。直近のコメントにもリストラをうかがせるような不穏なものはない。

  • 日経平均株価がマイナス423円安(-1.87%)のなか、富士通はマイナス37円安(-0.50%)。富士通堅調でした。下げ相場で堅調な銘柄は次の上げ相場の主力になるといいます。しかし、リスクは月末の田中社長の経営方針の進捗報告だけど。一部の方の書き込みにあったリストラ。これも気になります。田中社長の営業利益率8%達成の公約の先送りの責任を全部社員に押し付ける。ありそうな話です。

  • 富士通について考えることは、日本について考えること
    昨日、日曜判日経新聞の一面トップの記事には、改めて愕然としました。大袈裟に言えば日本は終わったというような。「日本のIT投資不足深刻」「2025年、システム6割が老朽化」「AI・ビッグデータ対応遅れ」ウンヌンです。
    本当に深刻なのは、日本は、この20数年間もITへの投資を増やさなかった。新規投資をしない。維持のための投資しかしない。国も企業も日本の国際競争力が落ちる。成長しない。当たり前です。
    IT投資が増えない、IT後進国の責任は富士通にある。少なからずあると思っています。そんなことも、あらためてつぶやきたい。(掲示板は、ここを掲示板というかどうかしりませんが、掲示板でつぶやくのは、全くもって、独り言です。他の人にどうのこうのの意図なしです。迷惑な人は虫かごに入れてください)

    それにしても、強く売りたいが100%なんて、ヤフーファイナンスのここでのデータはいいかげんなものです。この掲示板がそんなものと思うべきでしょう。

  • あっ、大御所がでてきた。すみません人工知能と人工頭脳の区別もつかないで知ったぶりしてしまいました。

  • 富士通は売上利益の何パーセントを研究費と決めて、結果的にこの20年10年と研究開発費を削減し続けてきました。シリコンバレーに研究所を設けるでもなく、日立の様に1億円で人材を買うわけでもない。(今年、日立は、シリコンバレーでたびたび話題になるほどスタープレイヤーを1億円で買っている。日経新聞6月15日より)

    富士通は、スーパコンピュータ、サーバ、UNIXチップ、ネットワーク機器、そして、数々のソフト製品に開発費を振り分けている。海外ITトップ企業に比べて多分はるかに少ない研究開発費を。ハイテク競争で富士通を買いかぶらないほうがいいと思う。富士通は、SEのマンパワーで稼ぐあるいみローテクの会社。

  • >>No. 306

    確かに、日本では人工知能関連の筆頭と思います。
    しかし、日本の三大銀行や一流トップ企業は富士通のZinrai(ジンライ)を使っていない。当たり前で、生まれの頭が良くて膨大なデータ、利用によってどんどん賢くなる頭脳を利用しないと負けます。富士通の川崎中原で日本人(サラリーマン研究者)が作って利用が少ない人工頭脳なんて勝負になりません。
    でも、それでも負けではない。富士通は他社のAIでシステム構築しても良い。実際、世界のソフト製品を富士通が提供しています。つなげるのが富士通のビジネスですから。

  • 日本の弱みは富士通の強味
    日本の弱みは要のITを外注した。欧米はITを経営の武器として内製した。日本はITをコストダウンなどのツール程度にしか理解しなかった。IT人材を軽視し経営陣に加えなかった。
    富士通も日本の経営陣を笑えない。富士通の役員の顔ぶれを見たとき本当にITのプロでしょうか。唯一の外人のダンカンテイトもハード出身。田中社長は産業ビジネス本部出身だけどとてもITプロのような感じには見えない。(富士通の役員の数が多い少ないよりITプロを経営陣に加えるべき)

    SI説明会(2018年7月9日実施)の動画を三回は見てほしい。富士通がとってもよくわかる。(富士通シニアフェロー 宮田一雄)

  • 安倍さんが黒田さんが、平時に財政出動と超金融緩和をしてきたおかげで、10年に1度の株式調整が来たら何ができるのだろう。(はや、消費税再再々延期の声) 今日は、アメリカの下げに、2割ほどプラスして700円近い下げになるのでしょうか。(案外、凡人の心配を覆して下げなかったりしたり)

  • 富士通、手ぶら決済に最適な非接触の生体認証融合技術を開発
    日本国内でしか使われないローカルな技術は期待できないと思う。認証だけでなく、買い物と決済が完結するシステム全体を構想しないと難しいとおもう。いま、中国をはじめ主流は、スマホとQRコードで決済ができる方式ではないでしょうか。世界展開できる仕組みづくり、それは富士通が絶対的に苦手な話です。富士通は個別技術を作っても全社で全力で展開するなんてしない会社です。色んな仕事をしている大会社ですから。

    手のひら認証は冬に凍えた手の場合に認証できなかったり時間がかかったりします。また、北海道の人が銀座で買い物したとき顔データが端末側のサーバに用意しておく、そんなことができるでしょうか。

  • 富士通は日経平均より今日も、累計でも下落幅が大きい。やっぱり今月下旬の四半期決算発表や田中社長の経営方針進捗説明が期待できないと読む人が多いのかな?。ネットワーク機器とかサーバとかハードが足を引っ張るのが目に見えている。とはいえ、ソフトビジネス商談は向こうからくるぐらい堅調な日本の状況ですから、富士通を切り捨てることもできない。

  • 以前の3桁の株価、700円台の時に、300円安だったら少しはしょんべん漏らしたかもしれませんが、たったの4%程度の下落じゃあくびが止まる程度です。600円台に下落したら買い増し考えます。
    ニューヨークも、年初の下落調整に比べたらまだ少し下げた程度。
    (余裕でいいと思うけど。ポジションが少ないから言えるのかもしれませんが)

  • 少し、待ちましょう。

    富士通の株価が日経平均より下落の率が大きい。さらに、国債の長期金利の上昇や、このボードへの各位のネガティブな書き込みを読みますと、不穏な空気も感じるかもしれません。(書き込みをまともに相手する人はいないと思います。遊びでつぶやいているだけですから、勿論、影響力もゼロです)

    確かなことは、2週間ほどではっきりします。一つ、10月26日に第2四半期決算を発表。二つ、田中社長の10月の経営方針進捗レビュー(田中社長自身が口にした約束)。以上の二つから、10末に、富士通の今年度の業績見通しがはっきりすると思う。

  • ミ・ナーラ 店内が広い。店舗の配置が閑散としている。通路が広すぎて間延びしている。あまりにも平凡な空間でワクワク感がない。どうみてもリニューアルが成功するとは思えない。工夫が感じられない。(どうしたら、かくも、つまらない店舗設計ができるか不思議だ)

    ミ・ナーラが、株価に効いてきたような不安があります。

  • さすが罠鴨さん。併合しなければ一口、8万円で富士通が買える。さすれば、何で上げてたのか本気で分からないというようなガキが沢山よってきて簡単に1000円越え(今の言い方で言うと1万円越えも簡単に達成できたと思う。リートでそんな例があります)

  • >>No. 179

    アホ さっさと売るべし。罠鴨さんに伺うなんて、煩悩の極み。

  • >>No. 117

    ハードじゃない、富士通はソフトの会社ですといいながら、まだ、こんな乾電池メーカをもってることに呆れます。まあ、毎期末ごとの本業赤字の補填のために残してあるのだと思います。いずれ、その時が来ます。

    それにしても、NTTデータをはじめ他のソフトサービス会社の決算は絶好調ですね。それにひきかえ富士通の決算は不思議でならない。毎年、売却益で補填する決算に納得できない。

本文はここまでです このページの先頭へ