ここから本文です

投稿コメント一覧 (3695コメント)

  • >>No. 6564

    菜根譚

    たくさんレス、ありがとね。今夜も明日も明後日も忙しいんだ。ツッコミどころ満載なんで楽しみキープだね。

    んじゃ、オヤスミダ(^^)

  • >>No. 6504

    >この話のどこに『「平面」であることを元にした話』があるんだね?

    あのね、『周髀算經』「知日之高大」の話をしてるの。

    >平面に決まってるが、谷本計算とは何の関係もない

    だ、か、ら~、「谷本論文」55ページの6.を読みなさい。読まないウチは、キミ延々とトーボーするだけなんだよ(爆)

  • >>No. 6502

    >トランプくんは正直でいいと思います

    馬鹿か、お前は!

    所謂“核のボタン”が常時そばにあるんだぞ。レーガンが銃撃を受けた時、その黒いバッグが一時的に所在不明になった。

    勿論、その“核のボタン”を押した途端、即座に核ミサイルが発射される訳では無いだろうが、その最終判断を下すのが、その「トランプくん」だ。

    米国は戦争で多くの町々が焼け野原となった経験が無い。

    そんな米国民の選んだ大統領が、世界で最も力を持った人間になるんだ!恐ろしいとは思わないか?

    ヒラリーでも押す時は押すだろう。が、「トランプくん」は日本の核武装を促すような発言をしたし、ひょっとしたら北朝鮮に核ミサイルをぶち込むくらいのことは考えるかも知れない。

    発射されれば、報復として北朝鮮は当然、在日米軍基地を核攻撃するだろう。命中するかどうかは知らないが、、、キミんちの近くに米軍基地は無いか?

    あるなら転居を考えた方がイイかも知れん。原爆でも東京大空襲でも沖縄でもそうだ。一般市民はこう↓なるんだ。

    http://www.jiji.com/jc/article?g=soc&k=2016061800189&p=0160618at36&rel=pv

    偉大な米国など戻ってこない。あたかも戻ってくるかのように叫ぶ「トランプくん」は、詐欺師とみていいだろう。

  • >>No. 6453

    時間があるから、コレ↓も触れとくね。

    >オマエのアホ国語力では、K大は無理です

    以前に何度も書いたけど、キミは全く理解力が無い。あらためて要約を書く。

    ・京大受験に失敗したのは、数学に対する慢心のせい。
    ・国語は世界史に次いで高得点だった。
    ・仮に数学が自分の自信通りの得点であっても、合否スレスレの成績だった。

    つまり、ワタシの「国語力」は、京大受験問題というスポット的な評価になるが決して低くはなかった。

    翻って、キミの文章を見てみよう。

    脂の乗っていないサンマ、気の抜けたビール、塩の入ってないぜんざい、、、到底、人の「国語力」を云々出来るレベルではあり得ない。

    キミ自身のブログ、ヨーロッパ旅行記がそれを窺わせる好個の例だ。

    ついでに言おう。キミのロンリとやらは、十年以上に亘るここでの書き込みに於いて、何らの成果ももたらしていない。

    一部発言にある「苦学」も、こと日本古代史に関しては、キミにそれを窺わせる何物も無い。

    『数理科学』「谷本論文」も読んでいない。『周髀算經』も原文を具に当たっていない。

    例の「おかしな方程式」に於いても、iを持ち出して説明しようとしてミスり、自分で訂正をやる始末。あんなものは、二次方程式の判別式で実数解が存在しないことは生徒諸君には速やかに理解出来ること。

    お粗末の限りだ。

  • >>No. 6469

    >クソ発言? ワシは「ゴミをまき散らすな」と書いたのだ。ねつ造するな

    はあ?キミが書いた「ゴミをまき散らすな」はワタシの投稿。ワタシが言った「クソ発言」はキミの過去レス。

    >しかもそれは「自分の過去レス」ではなく、テンチュウのアホ発言だし

    はあああああ?

    ワタシは許諾の話をしてるんだよ!キミの珠玉の過去レス群のね(爆)

  • >>No. 6453

    菜根譚

    >馬鹿杉くんは、「そして、ここには「平面上の話」はありませんなぁ。現実の、地球上の話があるだけだ」という簡単な日本語が理解できていない、ってことですな

    「平面上の話」あるじゃん(爆)

    >谷本計算はその情報を使用していません

    はあ?「谷本論文」55ページ読んでみてね(爆)

    >なんの話だね?

    キミの過去レスなんだけど?

    ねねね、「倭人伝の記事」のどの部分から「1里=約75m」が出てくるの?

    >本件、論ずべきは「論理真理教」の愚劣さなのだが

    違うだろうね。平面上の話としてしか書かれてない「知日之高大」の段の、どこに「球体」であることを元にした話が入り込む余地があるんだい?

    陽城の南135,000里上空八万里に太陽が輝いている世界が、平面じゃないの?

  • >>No. 6439

    >ま、平面と球面の扱いをごちゃごちゃ言って世間に恥を曝してるきみらしい♪

    あれ~~~~~(@_@;)

    「平面と球面の扱いをごちゃごちゃ言って」るのは、谷本算定肯定派の方々ですけど?私は当初から平面上の話だ!とキッパリした態度でおりますです(^^) 

    「地球の極半径をR(約6,357Km)」(谷本論文55ページ右段)なんてイキナリ「球面」の話にワープしちゃったのが他ならぬ谷本氏(^^)

  • >>No. 6438

    >苦学せよ!さすれば意おのずと明らかになる!

    日本古代史についてなら、ソートー「苦学」しておりますが?大権現様は日本古代史について、どれほど「苦学」なさいましたか?

    その一端でもご紹介いただけたら幸いです(^^)

  • >>No. 51280

    東照大権現様、こん(^^)

    >前方後円墳に横穴式石室を組み合わせる文化が地上に初めて誕生した地はどこだ?
    >言ってみな。その地が「基点」だ

    さあて、どこでしょうねぇ。横口式竪穴石室墳が出現したのは恐らく九州でしょうが・・・。浜玉町の谷口古墳ですね。なんなら。モリコ先生の本が沢山ありますので調べてみてもいいですよ。

    つーか、いきなり口調が荒くなりましたね(^^;) 大権現様は泰然自若としていなくちゃね(^^)

  • >>No. 6403

    そうそう、自分の過去レスをクソ発言としか思っていないキミ。クソ発言を撒き散らすのは止めなさい!

    さぁて、寝るか(爆)

  • >>No. 6417

    >天馬たるおらが大権現で、おいちゃんはただの博士だ
    >位に大分と差があるがそう羨むものじゃない!

    学問の世界では「博士」の方が上でしょうね(^^)

  • >>No. 6403

    6年ほど前のキミの書き込みを引用するね。

    「邪馬台国トピ」No.153957 2010/11/25 22:42 for tenchuukun
    ----------------------------------------
    「倭人伝の1里=約75m」の根拠は、倭人伝の記事そのもの。
    ----------------------------------------

    ねねね、「倭人伝の記事」のどの部分から「1里=約75m」が出てくるの?

    どこから、どこまで、どのルートを辿って?経路の曲折はどのように見積もったの?具体的に答えてね。

    以前、韓半島のケースでも同様のことを言ってたけど、答えられなかったよね?

    ねねね、「倭人伝の記事」のどの部分から「1里=約75m」が出てくるの?

    逃げまわらずに答えて頂戴ね(爆)

  • >>No. 6382

    菜根譚

    >再掲

    無意味。

    ねねね、なんで「地面は平であると考えている。」に触れないの?

    この「地面は平であると考えている。」の直前の谷本氏の文も引用しておくね。53ページ。
    ----------------------------------------
    ③夏至南萬六千里冬至南十三萬五千里日中立竿測影
    夏至の日に八尺の周髀の影は一尺六寸であり、冬至の日は一丈三尺五寸であるから、冬至の日に太陽は観測地より南16,000里の地の真上にあり、冬至の日には、南135,000里の地の真上にあると観測している訳である。地面は平であると考えている。
    ----------------------------------------

    そして、『周髀算經』の太陽の直径を算出する部分は以下の通り。
    ----------------------------------------
    日益表南,晷日益長。候句六尺,即取竹,空徑一寸,長八尺,捕影而視之,空正掩日,而日應空之孔。由此觀之,率八十寸而得徑一寸。故以句為首,以髀為股。從髀至日下六萬里,而髀無影。從此以上至日,則八萬里。若求邪至日者,以日下為句,日高為股。句、股各自乘,并而開方除之,得邪至日,從髀所旁至日所十萬里。以率率之,八十里得徑一里。十萬里得徑千二百五十里。故曰,日晷徑千二百五十里。
    ----------------------------------------

    両引用文ともに大地が平面として考えられていることは論をまたない。

    谷本氏は間違いなく「平面上の話」をしている。そして、55ページに次のように書き、谷本算定を行っている。即ち、「一寸千里の法は4.の①の経文に依るが、これを図6に示す」と言い、「これより測定地点の緯度」から1里を算出している。

    「平面上の話」であると断っているのに、一転して球体としての計算をしている。その当否を全く吟味していない。

    違うかね?

    さあ、こんどはどんな遁辞を撒き散らすのかね?腹を切る必要は無い。出来るだけみっともない逃亡劇を見せてくれればワタシは満足だ。

  • >>No. 51272

    せっかく前方後円墳のルーツについてお書き頂きましたが、基本的ファクトに裏付けられていないのであれば、空説の域を出ないのではないかと考えます。

    >その前に半島に伝搬しており、この文化の基点が九州であったことを示す

    「基点」ではなく、中継点でしょう。日本で最初に蒸気機関車が走ったのは諸説あるようですが、実験線としては長崎が最初という話もあります。長崎は勿論、「中継点」ですね。鎖国時代、ヨーロッパ文化輸入の窓口でしたから・・・。

    単に平面プランとしての“前方後円”という形がどこから発生したかについては、これまた諸説ありますね。それも、墳形としての前方後円と、周濠の前方後円ではルーツが違うかも知れません。

    墳形としての前方後円については無党派さんが高句麗あたりにルーツを求めています。

    ご参考までに↓
    http://blogs.yahoo.co.jp/longwestlonghigh/60839807.html

  • >>No. 6383

    東照大権現様、こん(^^)

    >それがハイエナが私を大権現と尊称する所以なんだ♪

    そんな難しい理由はありませんよ。 tousyoubohiというHNの頭から「東照」を連想し、「大権現」は家康ですね。かの「篠原批判小論文」をものして頂いたことへのささやかな敬意です。

    真に畏敬の念を持った方には「」で括って尊称しております。「天誅君大先生」「湖南さん」「質問殿」「Strom_dorfさん」の御四方ですね。東照大権現様に「」が付くことは当分見込めないでしょうね。

    >ここでも「寸千里」は生かされている

    そりゃそうですよ。基本定数ですからね。

    >先に千里を計り、その場で影長を調べたら、なんと「寸千里」だった。
    「お~新たな距離計測法を見出したゾ!今までよりずっと簡便だ~秀樹感激~!」
    わかります?<

    分りません。悪しからず(-_-)

  • >>No. 51269

    横レスです。

    >横穴式石室の前方後円墳は九州発生で良いな

    半島の影響でしょう。横穴式石室というのは、石室の一形態としての見方もそれはそれで必要でしょうが、巨石文明としての視点も欠かせないと思います。

    北欧からイベリア半島、地中海にかけて巨石墳は拡がっており、中には日本の横穴式石室に酷似するものも見られます。

    スコットランド オークニィ諸島にあるメーズ・ホウは土塁で囲まれた横穴式石室円墳ですが、西都原古墳群にある鬼の窟(いわや)古墳と形状がそっくりです。

    私のブログにメーズ・ホウの写真を載せていますので、ご覧下さい。
    http://blogs.yahoo.co.jp/longwestlonghigh/folder/1513659.html?m=lc&sv=%A5%DB%A5%A6&sk=1

  • >>No. 6375

    これにもレス付けとこうかね(爆)

    >テンチュウは私に反論されちゃって「言い張る作戦」で逃げ回ってただけです

    だったら、せっかくのキミのブログにその件をキチンと書いてみたらどうだい?その記憶を辿りながらね。人の記憶力をとやかく言うからにはキミ自身は記憶力に自信があるんだろ?正確な引用でなくても可。

    「テンチュウは私に反論されちゃって「言い張る作戦」で逃げ回ってただけです」ちゅうシーンを書いてくれたま屁(爆)

  • >>No. 6372

    >ガキ通しのやり取りに関わってはいけません!

    違いますよ、大権現様(-_-;)

    「ガキ」同志ではなく、「天誅君大先生」がさいちゃんを“ガキ扱い”しているって図なんですう。

    >「逃げるが勝ち」

    case-by-caseでしょうね。負けないためには逃げるってのが一つの選択肢かもしれませんが・・・(^^;)

  • >>No. 6352

    東照大権現様、こん(^^)

    >なんで5km四方しか見渡せないのに平面としたんでしょうね

    「見渡」す?そんなことは榮方陳子問答には関係ありませんよ。

    >棒を立てて影長を観測した行為には誤りはありませんヨ~だ

    そりゃ、「棒を立てて影長を観測した行為」から太陽の直径を算出するという話ですから、、、

    >千里の距離測定は影差とは独立です。
    >でないと「寸千里」を法則化出来ません。

    その「影差一寸の差をもたらす距離」を実測しなければ1里という単位は求められないんですよね?で、「影差一寸の差をもたらす距離」を実測するのに1里という単位(物差し)が必要でしょ?卵と鶏?

    >実際の距離計測法は記載がありませんので、推測しかできません

    あのう、、、なんで「距離計測」する必要があるんですか?「距離計測」するということは、既にある種の物差しがあるってことですよね?

    >一里を約420mとすると17km/日であり少しゆっくり目だがこんなもんか?

    そんなもんでしょう。行軍距離は既にいろいろ記録がありますからね。河の上り下りとかもね。まあ、古田説ではこの四千里を遼東郡内でのことと解釈しているようですが・・・。そのあたりのことはザラさんから横レスが入るでしょう。暫くお待ち下さい。

  • >>No. 6374

    菜根譚

    まず、確認事項を再掲。
    ----------------------------------------
    谷本くんが球体上の話として解釈した「平面上の話」がどこにあるのか、提示できたら腹を切ってやるぞ。ほれ
    ----------------------------------------

    >そして、ここには「平面上の話」はありませんなぁ。現実の、地球上の話があるだけだ

    『数理科学 1978年3月』谷本茂「中国最古の天文算術書『周髀算經』之事」53ページ右段、4.一寸千里の法。榮方と陳子の問答を引用した中で次のように書いている。
    ----------------------------------------
    地面は平であると考えている。
    ----------------------------------------

    谷本氏は明らかに榮方陳子の問答が「地面は平である」としての問答であることを明記している。

    しかるに同55ページでは地球の半径を用いて、1里の長さを求めている。

    これが、「だって彼は、平面上の話を球体上の話として解釈し」ているという証拠。

    さあ、キミは腹を切るのか?切らんだろ?その代わり延々と言い逃れをする。その言い逃れを楽しませて貰うよ。

    はい、どーじょ(爆)

本文はここまでです このページの先頭へ