ここから本文です

投稿コメント一覧 (77コメント)

  • >>No. 606

    >米全土が放射能付けになってしまったら元も子もありませんからね。

    米全土だけでなく、地球が放射能漬けになってしまいますよ。
    だいたい、日本が「児童ポルノ単純所持」や「セクハラ野次」などに対する米国の理不尽な圧力を拒否したからといって米国は日本を武力制裁までしません。
    日本への制裁は経済制裁で事足りますよ。

  • >>No. 608

    >経済大国日本に経済制裁とは面白い!
    日本の経済大国は「砂上の楼閣」です。
    >やれるものならやってみればよい。
    米国が日本に経済制裁をしたら、日本はたちどころに飢えてしまいますよ。

  • >>No. 610

    >確かに米国に食料の供給を止められたら、
    >日本はたちどころにうえてしまいますね。

    食糧ではありません。
    日本は原料を輸入し、これを加工して製品を作って輸出する貿易立国です。
    製品を輸出するためには、市場が必要です。
    その市場が米国であり、米国が日本製品を買ってくれなかったら日本は外貨を稼げなくなって、たちどころに飢えてしまうといっているのです。

  • >>No. 612

    >同じ貿易立国のドイツはイラク戦争の時は米国への協力を拒否するなど、
    >米国の理不尽な圧力は拒絶していますが外貨を稼いでいますよ。

    その理由は、ドイツはEUという巨大な市場があるからです。
    しかし、日本はドイツのEUのような巨大な市場がありません。
    だから日本は、ドイツと違い米国の理不尽な圧力を拒否するとたちどころに飢えてしまうといっているのですよ。

  • >>No. 614

    >ドイツがEUならば、日本は中国が、
    >中国がだめでもインドやASEANがあります。

    EUと中国やインドやASEANでは、市場の規模が違います。
    つまり、米国の市場の規模を100%とすると、EUは60%、中国やインドやASEANを束にしても米国の10%でしかありません。
    その理由は中国やインドやASEANは貧富の差が激しく、富裕層が約10%しかいないからです。
    このような市場の規模では、日本がドイツのEUの市場のように外貨を稼ぐことができないのは火を見るよりも明らかです。
    それにもかかわらず日本がドイツのように米国の理不尽な圧力を拒否すれば、日本は日本製品を米国市場から締め出され北朝鮮よりも貧しい国になり、たちまち飢えてしまうといっているのです。
    だから、日本の唯一の市場は米国しかありませんから、日本はドイツと違って米国から外貨を稼ぐために、児童ポルノの単純所持を禁止されようが、「男性蔑視はよいが女性蔑視はいけない」といった女尊男卑化をさせられようが、日本にとって不利な日米地位協定を飲まされようが、その他どんなに理不尽な圧力をまされても米国に従うしかないのですよ。

  • >>No. 616

    >確かに日本が外貨を稼ぐための唯一の市場が米国しかなければ、
    >どんなに理不尽な圧力を米国にかけられようとも
    >日本はそれに従うしかありませんね。
    >あーあっ、たまらんなぁ~っ。

    仕方がありません。
    それが現実というものです。
    だから日本は、どんなに理不尽であっても米国の圧力に従うしか道がない以上は畢竟、日米同盟維持強化に努めて日本国憲法解釈をしてでも米国を助けて米国と共に戦える国にするのが日本の国益にかなう唯一の現実的方策なのですよ。

  • >>No. 638

    >日米安保摩擦があったのに関わらず
    >鳩山首相以下の支配層は皆殺しになりませんでしたね。

    そのかわりに
    米国にトヨタが叩かれ貿易で日本製品の関税を上げられて日本の景気は底割れし
    その結果、鳩山首相は白旗を上げて辞任しました。

  • >>No. 683

    そんなことをしたら、日本と米国だけでなく良くて北半球に人類が住めなくなってしまいますよ。
    それに、日本が日米安保の解消や日本からの米軍の撤退を要求したところで、米国は日本に武力制裁をしません。
    日本には、経済制裁をすれば十分です。
    米国は対日経済制裁といっても、食料や燃料の輸出を停止するのでなく、日本製品の輸入を拒否すればよいのです。
    そうすれば、日本はたちどころに外貨を稼げなくなって食料や燃料を買うことができなくなり、北朝鮮よりも貧しい国になってたちまち飢えてしまいます。
    こんなことを言うと、ドイツの例を出して反論する人がいますが、ドイツにはEUという米国の8割の規模を持つ市場があるから米国の理不尽な要求を拒否することができるのです。
    しかし、日本にはドイツのEUのような市場がありません。
    そうすると中国や、それがだめでもインドや東南アジア諸国連合があるという人がいますが、中国やインドや東南アジア諸国連合は将来は大きな市場になりますが、現在はこれらの国が束になってもEUの足元に及びません。
    それまで、どうやって外貨を稼ぐかといえば米国しかないのです。
    つまり、日本の唯一の市場は米国しかないのです。
    だから日本は米国から、これまで米軍基地が無かった関西に米軍基地を作られようとも、米軍機が日本の米軍基地以外の場所で事故等を起こせばそこが米国の治外法権下になろうとも、助産師のように男性の採用すら認められないのに女性採用の数値目標義務付けという「女性専用を導入しろ! だが、男性専用は女性差別だから導入するな!」といった女尊男卑としか言いようのない法案を制定させられようとも、その他どんなに理不尽な要求を突きつけられようとも米国に従うしかないのですよ。
    詳しいことは、過去に同様のやり取りをしたURLを貼っておきますので、これをご覧ください。
    最後に、「甲賀卍教 大師」は私の質問に答えていません。
    このことは、「甲賀卍教 大師」は私の主張が正しいと認めたも同じです。
    だから、「甲賀卍教 大師」の言うことは「愚者の戯言」と思って相手にしないのがよいですよ。

    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835559/ffckdca4nbagbga4n6bc0ra4ojf9qa4c0?comment=606
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835559/ffckdca4nbagbga4n6bc0ra4ojf9qa4c0?comment=609
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835559/ffckdca4nbagbga4n6bc0ra4ojf9qa4c0?comment=612
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835559/ffckdca4nbagbga4n6bc0ra4ojf9qa4c0?comment=615
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835559/ffckdca4nbagbga4n6bc0ra4ojf9qa4c0?comment=618

  • >>No. 784

    #779,#780,#781,#782,#783,#784についてですが、
    確かに、この艦隊編成ならば日本は、
    真珠湾攻撃を行わなくても対米開戦時点での米艦隊を撃滅でき、
    太平洋は「アリューシャン - ハワイ - タヒチ」を結ぶ線までの制海権を確保できます。
    しかし、この制海権を確保した時点で
    日本が米国をはじめとする連合国と講和ができればよいのですが、
    米国は、日本に太平洋全域の制海権を奪われることを想定済みで日本と戦争をしていますので、
    日本と講和をせずに、エセックス級空母やアイオワ級戦艦やB-29爆撃機の就役を待って
    対日反攻を開始するでしょう。
    そして日本は、占領したこれらの島々を維持するため、
    延々と輸送船団を補給に派遣しては米潜水艦に撃沈されて国力が弱まり、
    後は坂道を転げ落ちるように敗戦を重ねて史実と同じく、米国を中心にした連合国に
    無条件降伏することになるでしょう。
    また、連合国と講和ができなかった時点で戦線を史実の絶対国防圏まで縮小した場合、
    日本は新たに就役したエセックス級空母やアイオワ級戦艦をマリアナ沖海戦で撃滅して
    一時的に米国の対日反攻を挫折させることができるでしょうが、
    そうなった場合、米国はヨーロッパ戦線終結まで体制を整えて、この戦線終結後に対日反攻を
    行うでしょう。
    その結果、日本は一国で米・英・蘇・中 等の全ての連合国を相手に戦うことになり、連合国は
    史実と違って苦戦する分、日本分割占領という史実よりも酷い敗戦を迎えることになるでしょう。
    このことを考えれば、戦艦大和を建造したおかげで、米国の発言権が強い敗戦を迎えられて、
    今の日本が分割されずに繁栄することができたのだと思います。
    よって、#778のkakkunさんの
    >大和は単なる戦艦ではなく、日本を象徴した存在です。
    >故に大和は戦後の日本と日本人の魂の支えとして大きな意味を担ったと思います。
    >なので、大和を作らず他に力を入れるという勝つかもしれない選択を選ぶよりも
    >遥かに価値があったと思います。
    のおっしゃるとおりだと思いますよ。

  • >>No. 786

    #779によれば、昭和16年に翔鶴型空母が2隻就役した時点で、、
    英・仏・蘭のみに宣戦を布告するので、英国東洋艦隊は、第十一航空艦隊に
    あっさりと撃滅されるでしょう?
    もしかしたら、英国東洋艦隊と連合艦隊がマレー沖で直接対決して、
    #780,#781にる、速力29.3ノットに改装された長門型戦艦と、重雷装艦に改装された
    球磨型軽巡に撃滅されることになったかもしれませんよ。
    また、#779によれば、米国の参戦は昭和17年8月半ばになるので、
    その時は第十一航空艦隊は北フィリピンの空襲を行っていることでしょう?
    #779での米国の参戦時点での日本の占領地は、フィリピンを除く東南アジア全域、
    グァムを除くマリアナ諸島全域、ウェーキを除くマーシャル諸島、ニューギニア、
    ソロモン諸島、ニューカレドニア、フィジー諸島になっていたことでしょう?
    よって、日本の対米開戦時は米国がオレンジ計画に沿って先ずマリアナ攻略を
    発動するならば、マリアナ沖で#781,#782の日本艦隊と対決して、戦いが
    日本に有利な流れで進むと、日本は米太平洋艦隊の空母4隻と戦艦11隻を撃沈して、
    米国のオレンジ計画を断念させ、その後日本は、アリューシャン、ミッドウエー、
    ジョンストン、サモア、タヒチの島々を占領し、ハワイ攻略で、空母3隻とサウスダコダ級
    戦艦4隻を基幹にした米艦隊と戦い、ハワイ占領ができなくても、この米艦隊を撃滅でき、
    昭和18年半ばまでは米国に空母が一隻もいなくなる状態を作り出すことができるでしょう。
    しかし、その後は米国は潜水艦による通商破壊で日本が占領した島々へ補給に向かう
    輸送船や、原料を満載して日本へ向かう輸送船を撃沈して、じわじわと日本の国力を弱め、
    両洋艦隊法案で建造されたエセックス級空母やアイオワ級戦艦を整備した昭和18年半ば
    以降は反攻に転じてハワイか、日本がハワイ攻略に失敗していれば、フィジー沖で
    日本艦隊を撃破し、その後日本は、坂道を転げ落ちるように敗戦を重ねて遅くとも
    昭和21年には無条件降伏していることでしょう?
    以下、#788に続く。

  • >>No. 787

    #787の続き。
    また、ハワイを攻略した場合に日本が連合国と講和をできなかった時点で戦線を史実の
    絶対国防圏まで縮小した場合は、マリアナ沖で両洋艦隊法案で建造された艦隊を撃滅する
    ことはできますが、その後は同盟国のドイツ・イタリアが降伏後に米蘇が開戦しない限り
    日本と連合国との講和は夢のまた夢となり、ヨーロッパ戦線終結後に体制を建て直した
    米国をはじめとする連合国の前に敗戦を余儀なくされるでしょう。
    その時の連合国の戦線は、一進一退の苦戦を強いられるので、日本降伏後は、
    北海道・東北は蘇連、関東・信越・東海・近畿・沖縄は米国、中国は仏蘭西、
    四国は中国(中華民国)、九州は英国による日本分割占領が行われ、現在の日本は、
    よくて東北以北と関東・信越以南が別の国になっていることでしょう?

  • >>No. 802

    >大量の放射性物質がジェット気流にのるように
    >日本の原発をメルトダウンさせたら、米国を滅亡させることができますね。
    そんなことをしたら米国だけでなく、地球が滅亡してしまいますよ。
    だいたい、日本が安保法案などに対する米国の理不尽な圧力を拒否したからといって米国は日本を武力制裁しません。
    日本への制裁は経済制裁で事足ります。

  • >>No. 805

    >日本は経済大国ですので経済制裁するなら尚更日本を滅ぼすことはできませんよ。
    日本の経済大国は「砂上の楼閣」です。
    よって、米国が日本に経済制裁をしたら日本はたちどころに飢えてしまいます。

  • >>No. 807

    >確かに日本は米国に食料を止められたら飢えてしまいますね。
    食糧ではありません。
    日本は原料を輸入し、これを加工して製品を作って輸出する貿易立国です。
    しかし、この製品を輸出するためには市場が必要です。
    その市場が米国であり、米国が日本製品を買ってくれなかったら日本は外貨を稼げなります。
    「飢えてしまう」というのは、このこと言っているのです。

  • >>No. 809

    >だから日本は、こういった米国の理不尽な圧力を拒否して
    >経済制裁されたからといって飢えることはありません。
    ドイツが外貨を稼げる理由は、ドイツにはEUという巨大な市場があるからです。
    しかし、日本はドイツのEUのような巨大な市場がありません。
    だから日本は、ドイツと違い米国の理不尽な圧力を拒否すると外貨を稼げなくなって飢えてしまうといっているのです。

  • >>No. 811

    >ドイツにEUという巨大な市場があるならば、
    >日本にはインドやASEAN(中国はバブルが崩壊しているので市場としての価値はないので)
    >という市場があります
    とおっしゃいますが、EUとインドやASEANでは市場の規模が違います。
    つまり、米国の市場の規模を100%とすると、EUは60%、インドやASEANは束になっても米国の10%しかありません。
    その理由は、インドやASEANは貧富の差が激しく富裕層が約10%以下しかいないからです。
    このような市場の規模では、日本がドイツのEUの市場のように外貨を稼ぐことができないのは火を見るよりも明らかです。
    それにも関わらず日本がドイツのように米国の要求を拒否すれば、米国は日本製品を米国市場から締め出すに等しい額の関税をかけます。
    そうなったら日本は、外貨を稼げる市場を失い北朝鮮よりも貧しい国になって、たちまち飢えてしまうといっているのですよ。
    つまり、日本の唯一の市場は米国しかありませんから日本はドイツと違って米国から外貨を稼ぐために、米国の盾でしかない安保法案を制定させられようとも、女尊男卑化をさせられようとも、日本にとって屈辱としか言いようのない日米地位協定を結ばされようとも、その他どんなに理不尽な要求をされても米国に従うしかないのです。

  • >>No. 813

    >確かに日本が外貨を稼ぐための唯一の市場が無ければ、
    >どんなに理不尽な要求をされても米国に従うしかありませんね。
    >・・・たまりませんね・・・。
    仕方がありません。
    それが現実というものです。
    だから日本は、たとえ米国のポチになろうとも、どんなに理不尽な要求を受け入れようとも米国に従うしかないのです。
    そうでなければ日本は、外貨を稼げる市場を失い北朝鮮よりも貧しい国になって、たちまち飢えてしまい、その時になって米国に泣きついても手遅れになり、米国に奴隷に等しい扱いで米国の盾として日本人は外国に派兵させられることになるでしょう。
    このことを考えるならば畢竟、安保法案を成立させて日米同盟維持強化に努め、米国を助けて米国と共に戦える国にするのが日本の国益にかなう唯一の現実的方策なのですよ。

  • >>No. 850

    >>849
    も含めて、おっしゃるとおりです。
    ですから
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835559/ffckdca4nbagbga4n6bc0ra4ojf9qa4c0/1/685
    でも書きましたが、「甲賀卍教 大師」を相手にしてはいけません。

  • >>No. 855

    愚かな奴だ。
    米国の圧力には、どんなに理不尽であっても従わなければなりません。
    この理由については
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835559/ffckdca4nbagbga4n6bc0ra4ojf9qa4c0/1/685
    で書きましたので、こちらをご覧ください。

  • >>No. 865

    おっしゃるとおりです。
    ですから
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835559/ffckdca4nbagbga4n6bc0ra4ojf9qa4c0/1/685
    でも書きましたが、日本の国力を維持するだけの外貨が稼げる市場は米国しかありません。
    このことを考えれば、日本が「思いやり予算」拒否すれば米国は
    たちまち日本製品に対する関税引き上げの制裁を課すでしょう。
    このことで日本経済が立ち行かなり北朝鮮よりも貧しい国になってしまうことは
    かつてのFSXやOSトロンで対日制裁をちらつかせられた時に、
    米国に従ったことで如実に証明されました。
    だから「甲賀卍教 大師」の戯言を相手にしてはいけませんよ。

本文はここまでです このページの先頭へ