ここから本文です

投稿コメント一覧 (532コメント)

  • ご祝儀相場でした
    明日から本番

  • リンコさん居なくなったから、暴落

  • 株価どうでもいいけど、
    困ってる人助けてあげてな
     「ビットコイン」などインターネット上の仮想通貨が「何者かに不正送金された」という被害相談が今年に入り急増していることが、警視庁への取材で分かった。同庁は上半期(1~6月)に昨年1年間の約4倍の相談を受けており、中には6300万円が口座から送金されたケースもあった。同庁は不正アクセス禁止法違反容疑で捜査している。

     仮想通貨はネット上のお金で、代表的なビットコイン以外にも多くの種類が存在する。利用者はネット上の取引所に「ウォレット(財布)」と呼ばれる口座を開設し、通貨を購入して、買い物などに使う。レートが変動するため投資目的で購入する人も多い。

     仮想通貨で資産運用をしているという会社員男性は6月中旬、取引所から「40万円分を送金しますか」という身に覚えのないメールを受け取った。確認すると、何者かが成り済まして口座に不正にアクセスし、取引所に送金依頼を出した形跡が見つかった。すぐに送金を止めたが、別の取引所に開設した口座から既に約2万円分が引き出されていた。男性は、この取引所では送金確認メールを受信する設定にしていなかったという。

     男性は口座のIDとパスワードを他のネットサービスと同じものを使い回していたため、これを盗まれて不正アクセスされたとみられる。男性は「仮想通貨は簡単に取引できるので『お金』という意識が希薄だった。対策を講じるべきだった」と悔やむ。

     警視庁が今年上半期に受けた不正送金の相談は51件。昨年1年間の13件から急増している。

     4月には東京都内の男性が開設した口座に不正アクセスがあり、入金していた日本円約6300万円がビットコインに換金され、第三者に送金される被害も確認された。

     仮想通貨は普及に伴ってレートが上昇しており、ビットコインはこの半年で約3倍になった。警視庁幹部は「価値が上昇したことに犯罪者が目をつけ、セキュリティー対策が万全ではない取引所をターゲットにしている可能性がある」と指摘している。

     国内の取引所は対策として、口座にログインする際はIDやパスワードだけでなく、追加で認証コードの入力を求める「2段階認証」の導入を進めている。取引所などが加盟する「日本ブロックチェーン協会」(東京都港区)の樋田桂一事務局長は「利用者は2段階認証を活用するなどセキュリティー対策

  • まー正直この流れいつも通りやん。
    ジリ下げ 耐えきれず捨てる
    材料 吹く

  • 終わりん子様がいるから、ここは大丈夫

  • 新製品はすでに、前もって情報出てるので影響はないと思います。
    先ずは決算 ここが悪いと500円行くかも。。
    良くても1000戻るかわからない。 900行けば御の字
    IR材料とやっぱし、人気がもっとないと厳しい気がしますけどね。。
    出来高20000って

  • 下げマザーズも日経も連動
    上げ どちらにも連動せず
    大丈夫か?!

  • まー戦争になって、リスク回避するべき場面ですが、機関様が押し上げてくれるから、全員救われます 能天気に待ってましょう!
    追証の方達は御愁傷様です

  • 全員大損こいてるのに、1人数億手に入れて笑ってる人誰かな。。 よくそんなところに希望を。。。

  • 株価値の問題ではなく、信用の投げが発生してるのでは?
    買いさえなきゃ、まだまだ落ちるでしょう

    持ち株 1人1万円 57万円 800か1000の買い需要ですかね。 毎月
    微々たるもんでしょ。

  • チャート的にはブレイクしたけど、そろそろリバ入っても良い頃合い

  • 株式会社コーソル(所在地:東京都千代田区、代表取締役:金山 俊明、以下 コーソル)とアイビーシー株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下 IBC)は、データベースの運用管理ソリューションにおける協業を開始いたします。

    企業システムには、貴重な情報資産を管理するデータベース(DB)が不可欠であり、景気の善し悪しに関わらず情報(データ)量は増え続けます。しかしながらシステム運用において特に専門知識を必要とするデータベース分野は、ITシステムの中核的な存在にも関わらず経験豊富な人材獲得は非常に困難であり、多くの企業が運用上の課題を抱えています。

    コーソルは、データベースのプロフェッショナル集団として、10年以上データベースの設計、構築、運用、保守に関する「サービス」を軸に事業を行い、多くの企業様向けにサービスを提供する中で様々な課題を解決し、多様なノウハウを蓄積して参りました。最近ではリモートDBAサービスといった独自のメニューを展開し、よりお客様のご要望に則したサービスを提供しております。この度のIBCとの協業では、コーソルが蓄積した多様なDBノウハウと「System Answer(システムアンサー) シリーズ」を組み合わせ、収集した性能情報をもとにしたデータベースの予兆検知ソリューションを提供開始します。またOracle(オラクル)をはじめとした様々なデータベース製品やミドルウェア製品への構築や運用サービスの拡充を行います。
    IBCは、自社製品の「System Answer シリーズ」を利用したネットワーク診断サービスを通じて、インフラ環境全体の安定稼働促進に貢献してまいりました。両社の連携によって、データベース運用における障害の予防保全への対応を強化いたします。

    また、今後は「System Answer シリーズ」のOracle監視機能の充実や、データベースを含めたシステム全体の分析コンサルティングの共同提供に取り組んでまいります

  • ORACLE MASTER Platinium
    ORACLE MASTER Platinum資格について

    ORACLE MASTER Platinumは、オラクルデータベース技術の体系的な知識、応用力、実行力が総合的に試される最難関試験を経て取得できる最上位資格で、同時に世界認定資格である Oracle Certified Masterにも認定されます。

    Oracleデータベースの幅広い技術力を駆使し、最適な構築・運用や適切な障害対応を、迅速かつ正確に実施することのできる卓越した技術者を認定する資格です。

    ORACLE MASTER Platinum(OCM)情報 ページ
    ORACLE MASTER Platinum取得事例

    事例一覧

    【ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c】
    会社名 資格数
    株式会社コーソル 32
    株式会社富士通北陸システムズ 19
    エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社 7
    伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 4
    株式会社システムサポート 4
    NECソリューションイノベータ株式会社 3
    株式会社日立ソリューションズ 3
    キヤノンITソリューションズ株式会社 2
    PSソリューションズ株式会社 1
    ベンチュリーコンサルティング株式会社 1
    ロケットワークス株式会社 1
    株式会社システムエグゼ 1
    株式会社日立システムズ 1
    【ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g】
    会社名 資格数
    株式会社コーソル 47
    株式会社富士通北陸システムズ 42
    伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 16
    株式会社システムサポート 13
    株式会社富士通エフサス 11
    PSソリューションズ株式会社 10
    エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社 8
    NECソリューションイノベータ株式会社 6
    株式会社日立ソリューションズ 6
    株式会社日立ソリューションズ西日本 5
    ソフトバンク・テクノロジー株式会社 5
    富士通エフ・アイ・ピー株式会社 5
    株式会社日立システムズ 3
    NECネクサソリューションズ株式会社 2
    アクサス株式会社 2
    キヤノンITソリューションズ株式会社 2
    三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社 2
    株式会社日立製作所 1

  • コーソル意外と凄い。。
    オラクルエンジニア日本トップクラス

    資格保有者数一覧

    資格名取得者数
    ORACLE MASTER PlatinumOracleDatabase(OCM)45名

  • まーIR出すだけ評価してあげたい。
    オラクルのデタベースか ムフフフ

  • 小物連合感が半端ない。

  • なんか、フィスコとか必死なんだよなー
    同じような記事連発してる
    もうちょいインタビューしてこいよ

本文はここまでです このページの先頭へ