ここから本文です

投稿コメント一覧 (654コメント)

  • >>No. 791

    実際に、ライセンスアウト売上を計上するゲーム会社にインタビュー。

    相当な数の調査内容じゃな。

    インタビュー調査
    「ゲーム会社:9社 (委員が所属する企業を含めた場合14社)
     有識者 : 3団体 (委員が所属する大学・団体を含めた場合7団体)」

  • >>No. 700

    連休も、張り付きっ放しのニートは無視じゃ。

    ライセンスアウト売上の場合
    グロス売上は現地企業との守秘義務契約もあり把握出来ないのは当然。

    収入ベースは直接グロス売上にロイヤリティ収入10~30%が一般的。

    しかも、インタビュー調査は
    「ゲーム企業 9社 (委員が所属する企業を含めた場合14社)
       有識者 3団体(委員が所属する企業を含めた場合7団体) 」

    終いには東証1部大手子会社が間違いで、自分が正しいと言っているナマポ受給者は救いようないじゃろ(笑)

  • >>No. 690

    また足し算も出来ない、バイトのデマぞい(笑)

    プラットフォーム利用料払ってたら、収入ベースが減ってるじゃろうが。
    <ライセンスアウト売上

    あやつが出すのはいつもパナのソースだけじゃ。

    パナ同様、口だけなら誰でも言えるわい。

  • 2018/09/22 12:45

    再三、わしも言ってるように

    プラットフォーム利用料は現地企業(紫龍)が支払うんじゃが

    エクストリーム側には一切関係無い。

    NTTデータ経営研究所がゲーム企業と有識者にインタビューしているとおり

    ライセンスアウト売上は 最初のグロス売上からロイヤリティ料率を計算するんじゃ。
    ※グロス売上 10~30%

    バイトのデマより、NTTデータの方が信憑性高いじゃろ。

    何故なら、表を見ても分かる通り
    計算が合ってるじゃろ。

    ①ライセンスアウト売上 8,851百万
    ②海外拠点売上 57,788百万              合計 68,048百万
    ③国内からの海外向けサービス売上 1,409百万

    ②と③は現地法人やプラットフォーム利用料を差し引いてるが

    ①のIPライセンスアウト方式での売上は関係無いんじゃ。あくまでグロス売上から計算される。

  • >>No. 377

    これにはこれ、と自分のコピペを選んでるのが実に気持ち悪いんじゃよ。

    誰も参考にしてないから、よそへ行きなさい。シッシッ

  • >>No. 344

    ママにでも話聞いてもらうんじゃな。

    外野の掲示板荒らしは一番困るんじゃ。

    友達いないのは分かったからの(笑)

  • >>No. 279

    昼休みもせっせと暇人じゃの(笑)

    夜のバイトの為、寝ておかんかい。

  • No.265

    強く買いたい

    こやつの労力があれば 立…

    2018/09/21 11:35

    >>No. 262

    こやつの労力があれば

    立派に958円時給貰えるじゃろ(笑)
    (10月~都内)

    セブンで働いた方がいいぞい。

  • あやつの投稿から納得いく話は

    ハイ空してる度胸も無く(当然資金面でも)
    虎の子のバイト資金20~30万程度で買える水準まで下げたいという事だけじゃな。
    図星じゃと思うがの。

  • 2018/09/21 10:48

    >>No. 229

    相手にしない方がいいぞい。

    NTTデータ経営研究所の人と比べるのもおこがましいが

    奴はコンビニの面接にも落とされるようなレベルぞい。



    <エクストリームホルダーの詐欺デマ一覧
    ホルダーがなんか買い煽りしたらとりあえず詐欺・嘘・デマ・誇張・偽計の類だと思った方がいいくらいです。

    取り分10-30%ありえる。NTTデータの資料がそういった-実際は中国はあてはまらないと書いてある。

    デベロッパーは紫龍-ブブー。紫龍旗下の会社です。

    弁護士が10-20%いった。-デマです。いったのは無職のエクストリームホルダーです。友達の友達はアルカイダと同レベルの流言です。

    35%ってのは朝日だろ?週刊誌だろ?-国有メディアです。

  • >>No. 3

    ゲーム会社、有識者が言うには

    グロス売上に対して、10~30%がロイヤリティ収入になる。

    ごちゃごちゃ言う阿保は、NTTデータ経営研究所に聞くがよかろう。

  • 普通、プラットフォーム利用料はグロス売上から差し引かれるが

    ライセンスアウト売上には、全く関係無い。

    紫龍とはそういう契約なんじゃよ。

    ※現地での売上 (ゲーム内で販売されるアイテム等の販売による課金額)に応じて、契約で定められた一定の料率のロ イヤルティ(対価)を得るビジネスモデルとなっております。ロイヤルティ料率については、「紫龍」 との守秘義務契約があるため、「紫龍」より非開示を求められております。

  • No.2

    強く買いたい

    ダウ最高値更新。 増し増…

    2018/09/21 04:54

    ダウ最高値更新。

    増し増し解除後、どのくらい上がるかのう。

    下記の事実じゃ。


    要はグロス売上の何%かだけ見ればいいんじゃ。

    ※NTTデータ経営研究所 10~30%

    あくまで、紫龍(現地企業)と日本法人エクストリームとの締結であり

    IPライセンスアウト方式の契約じゃ。

    海外拠点売上ではなく、現地法人など必要無いわい。

    ※海外拠点売上:現地法人(現地子会社や共同する 現地企業)における開発・運営に伴う売上

  • だからのう。プラットフォーム利用料払う前のグロス売上から

    ロイヤリティ料率計算と出てるじゃろうが。
    <ライセンスアウト売上

    現地企業じゃないから、プラットフォーム利用料は関係無いんじゃ。

    読解力無い上に、画像も見えない目くらかね?

    あと、決済手数料も貸倒リスクも現地企業紫龍じゃろ。
    <多少のグロス売上減程度

  • お主の頭と、NTTデータとじゃ比較にならんじゃろ。

    どんな経歴かね?

  • それは海外拠点売上、現地法人の場合じゃ。

    パナソースしか出せない奴とは違うぞい(笑)


    ※NTTデータ経営研究所 10~30%

    <要はグロス売上の何%かだけ見ればいいんじゃ。

    あくまで、紫龍(現地企業)と日本法人エクストリームとの締結であり

    IPライセンスアウト方式の契約じゃ。

    海外拠点売上ではなく、現地法人など必要無いわい。

    ※海外拠点売上:現地法人(現地子会社や共同する 現地企業)における開発・運営に伴う売上

  • プラットフォーム利用料は現地企業紫龍が払うがのう。

    その前にグロス売上からロイヤリティ料率計算するんじゃよ。

    それがライセンスアウト売上よ。たわけ。



    <普通、プラットフォーム利用料はグロス売上から差し引かれるが

    ライセンスアウト売上には、全く関係無い。

    紫龍とはそういう契約なんじゃよ。

    ※現地での売上 (ゲーム内で販売されるアイテム等の販売による課金額)に応じて、契約で定められた一定の料率のロ イヤルティ(対価)を得るビジネスモデルとなっております。ロイヤルティ料率については、「紫龍」 との守秘義務契約があるため、「紫龍」より非開示を求められております。

  • わしはちゃんとソース貼ってるが

    このデマテロリスト

    アルカイダのソースはパナじゃと(笑)


    <要はグロス売上の何%かだけ見ればいいんじゃ。

    ※NTTデータ経営研究所 10~30%

    あくまで、紫龍(現地企業)と日本法人エクストリームとの締結であり

    IPライセンスアウト方式の契約じゃ。

    海外拠点売上ではなく、現地法人など必要無いわい。

    ※海外拠点売上:現地法人(現地子会社や共同する 現地企業)における開発・運営に伴う売上

  • 要はグロス売上の何%かだけ見ればいいんじゃ。

    ※NTTデータ経営研究所 10~30%

    あくまで、紫龍(現地企業)と日本法人エクストリームとの締結であり

    IPライセンスアウト方式の契約じゃ。

    海外拠点売上ではなく、現地法人など必要無いわい。

    ※海外拠点売上:現地法人(現地子会社や共同する 現地企業)における開発・運営に伴う売上

  • 普通、プラットフォーム利用料はグロス売上から差し引かれるが

    ライセンスアウト売上には、全く関係無い。

    紫龍とはそういう契約なんじゃよ。

    ※現地での売上 (ゲーム内で販売されるアイテム等の販売による課金額)に応じて、契約で定められた一定の料率のロ イヤルティ(対価)を得るビジネスモデルとなっております。ロイヤルティ料率については、「紫龍」 との守秘義務契約があるため、「紫龍」より非開示を求められております。

本文はここまでです このページの先頭へ