ここから本文です

投稿コメント一覧 (27コメント)

  • 樅山さん!
     これで寝ますが、アッちゃんのネガあるんですか!ウキペディアによると無いということで失望しまいしたが、驚きました。どこに貸しているのでしょうか?
     後、思ったんですが、アッちゃん作者岡部冬彦さんも芸大(旧美校系)、芦野さんも芸大(音系)、芸大の同窓で芦野さん起用の関係があったのでしょうか。ふと思ったことですが、御教授ねがいます。

  • 籾山さん!
    酔っているので、すいません。今日、国際放映に来られたんですか!お会いしたかったです。今日19時過ぎに魚みに行って来ました。籾山さんは今日、魚みは行かれましたか?面白い話を聞きましたが、藤井青果店等の件に関して矛盾が生じております(やはり、道の角度と交通量)。魚みの主人=金ちゃんという、有名な方なのですが聞いてみましたが、魚見北側には交番があって有名な駐在がたそうで、店屋はありません。現在は消防団の物置。そこで、八百屋等の営業は可能性的に狭い!無理と思います。ただ、昔は斜め前に肉屋、南下すると八百屋があったと聞きましたので第1回は個人的には正しいと思います。唯、すいません!魚みオーナー姉弟だそうですが、撮影時は記憶がないそうです。

  • ごめんなさい。今のは428号から砧南商店街方向へ向かっての画像です。右が藤井青果店。鰻屋は地図でしまします。うまくできなくて。

  • ①かわしげの住所:東京都世田谷区砧6-25-2
    ②藤井青果店の住所:砧6丁目25-4
    しかし、道が曲がっているので違うのかな?

  • また、八百屋との掛け合いの後に立て続けに自動車が手前に来るので交通量がある程度あったかと思います。そうすると、その先直ぐにぶつかった所があって、都道428号を南下かまたは北上するのには一直線だし、世田谷通りにでるのに都合がいいのかなと思います(車が今でもそこそこ多かったと思います)。鰻屋前はマンションですが、ひょっとしたら以前は個人住宅があったのではないかと思います。しかし、何回か通りましたが、車が428号方面へ行くのに出会わなかったので、この推論はあてはならない気もします。ただ、写真・動画で逆方向に進むと住宅がある様にも思うので、あと道路の幅ですね(狭いです)。映像だと広い。後に、拡張すれば広くなるはずですが、道路の縮小ありえないとも思うので、うーん。もう少し拡大の写真があればと思い、ストリートヴューができますが、場所的手がかり無理でした。自分の郵便配達の記憶も全くありません。最後に八百屋で引っかかる点がありまして、鰻屋の直ぐ先番違いに八百屋あります。藤井青果店側に斜め北西に商店街に向かう道があるので、いずれにせよ強引な推論ですいません。それと、鰻屋の夫婦が年配で廃業したという話がネットで見つけました。これもすいませんが、80過ぎて廃業したと仮定したらうな重だったかもということもないとは言えません。因みに砧ではなく祖師谷の鰻鐵ですか商店街HPを見ると創業20年ということで、コメットさんの時期には存在しなかったと思います。兎も角、長々となってすいません。馬鹿な推論で。やはり魚美で刺身を買ったときにでも聞いてみます。

  • ★籾山さん!
     HYです。★No.1857の写真「う」は、ひょっとして“祖師谷うな重”?
    山際監督使用台本#16『ぼくたちの家を作った』八百屋シーンに「祖師谷うな重の前」とメモ書きがあります。
     まず、拡張解釈ですいません。“祖師谷うな重”、これはうなぎ屋を意味することは考えられませんか?国際放映の北側の都道428号と国際放映正門へ行く何とい道かしりませんが、ぶつかった所(地図参照)を向かって左に行くとすぐに鰻屋がありますが、閉店している模様です。何回か通ったんですが名前が『かわしげ』これを通称・短縮形で、祖師谷のかわしげ(元は川重とおきかえます)。それが、国際放映の社員が昼飯とかに使っていて短縮形で通称うな重(うなぎ屋のかわしげでこの方がいい安い)となったということはどうでしょうか。強引な推論かもしれませんが、魚見の上にあったとすると、40年代の地図を見ると、左側も店があります(進行方向祖師谷大蔵駅)。この写真拡大してみても、塀あるように見えて、商店街なら人もいません。だからそこじゃないのではないかと思います。

  • それで、【コメットさん】、【チャオ!トッポ・ジージョ】(トッポ・ジージョもいろいろあるので混乱しますが)【魔法使いサリー】と抱き合わで見ていた可能性もあります。【チャオ!トッポ・ジージョ】、【コメットさん】が常識的な選択、そうするとサリーは見ていないことになり混乱します。当時うちはTVに関してNHK中心でしたが(8時以降は絶対的)、親が母が方祖父母と同居してTVが2台あって、当時食卓は一緒でした。制約はありますが、チャネル2番組を見ることは可能でした。また、ここも記憶があやふやですが、サリーとコメットさんのインパクトが強いですから。怪獣王子は見ていないと断言していいと思います。その後、どこかで見ましたが、ウルトラ特撮よりはどうもしっくりいきません。又、何十年ぶりに見てはみたいのですが、結論として子供の番組が再放送を含めいっぱいあったということで、その点では、良い時代に生まれたと思います。
     八百屋はいろいろ調べていますが、DEPと前の通り、車が結構通るのと反対側、動画を止めてみたのですが、商店街の雰囲気がない人の往来がないというので祖師谷大蔵北ではないと思います。当時、おぼろげな記憶、中学校以上の記憶、地図での確認等でも狭い道でしたが両側に商店がひしめいています(現在も)。南も同様です。ただ、南先は住宅地になりますので、微妙です。
     ロケ地でより近いところを選ぶとしたら、当時、駅から離れた街中の一区画に
    も食料品店等が何件か集まった商店街がありましたからその手のところではないかと思います。ただ、どこも今は時代の流れで壊滅して久しいです。
     一つヒントがあるので、後で調べてみます。宜しくお願いいたします。

  • >>1857
     籾山さん。手元に【ザ・テレビ欄1954-1974】というのがありまして、記憶の整合性・上書・確実性を見ておりますが、細かいので疲れます。
     で、4月1週と10月1週のが載っていますが(当時の番組の改変は今以上に固定的であったと思われるのそうしているのでしょうか)、1967年10月9日(月)をみると、
     日テレ(4)17時【アッちゃん】再放送・18時【丸出ダメ夫】、
    TBS(6)19時【チャオ!トッポ・ジージョ】・19時30分【コメットさん】同19時代、
     フジ(8)19時【ヤダモン】・19時30分【怪獣王子】、
    NET(10)カラー【魔法使いサリー】となっております。【】
     頭がこんがらがってきますが、【アッちゃん】は全シリーズ終了、どの【アッちゃん】か欄ではわかりません。【丸出ダメ夫】は、正直言って面白かったのですが、全く覚えていませんが、1つだけ記憶違いなければ、数字に0が煙突からどんどん出て行くシーンが面白かった。それと、十朱久雄さんの親父!ペペちゃんが後でやっていたのは驚きましたが、ここで見ていたかとおもいます。元も、その後再放送も1回か2回あったと思いますが、フィルムがないのでどうにもなりません。同時間、ローンレンジャー、ポパイ再放送、宇宙エース再放送、忍者部隊月光再、ローンレンジャーもどこかで見たような気もしますが、印象なし。 ポパイは再放送が山とやっているので、どのポパイかこんがらがって、宇宙エースも見た記憶にありますが、印象的には【丸出ダメ夫】には及びません。ここでは見ていない思います。月光もアクションが凄いと思いましたが。だからそこで見ていた【アッちゃん】再放送と【丸出ダメ夫】を抱き合わせ見ていたと思います。

  • 続き
     しつこくてすいません。
     30年以上も前はネットもなく俳優個人にプロフィールもよくわかりませんよね。単に寿司屋というくらいで、寧ろ、母親が、事件記者というコメットさん以前の番組で有名だったということで、寿司屋のあの人ということで、そっちで認識していました。後で日本橋の吉野寿司の3代社長だったとは。吉野寿司ということは50話見て知ったんですが、20代のころ何回か行きましたが野口さんの店とはつゆ知らず(野口さんいなかった)、でもおいしかった記憶はあり、現在も、お高く留まって値段だけ高くて大したことがない店が多くありますが、ここは王道を行く店で地域や日本橋勤務の勤め人に今も親しまれています。今、なかなかいけませんが、これを刺激に再訪してみたいと思います。現在は、息子さん(多分自分の親の世代かと思いますが)が健在で、お孫さんが社長兼調理人ということで、お孫さんの履歴読むと1967年生まれ、おじいさんがコメットさんに3回出演した年に生まれたということで、コメットさんしっているかなと思いました。1シーンですが1906年生まれということで、50歳過ぎていたと思いますが、貫禄あります。うちの祖父よりちょっと年上かな。ただ、思うに、自分がその年を上回る年齢になって比較すると栄養の問題等もあるかもしれませんが、相当老けています。しかし貫禄がばっちりです。野口さん寿司の専門書買ってしまいました。
     話をラルーに戻しますが、ケーキの他にお母さんの作るカレーライスがうまいとか、カレーが好きなのでぜひ賞味したいとおもいます。息子さんが入れるコーヒーも千歳船橋堀口コーヒー仕込みのうまいコーヒーということで、親子2代の味楽しみたいと思います。
     どうも情報ありがとうございます。今後とも宜しく御教授の程を。

  • >>1853
    i_k*****さん
     HYです。ご挨拶遅れてすいません。貴重な情報ありがとうございます。ラルーには今度電撃訪問してみます。
     その回の映像、自宅にDVDあるのですが、めんどくさいのでデーリーモーションので確認しました。店屋の後ろは既に幹線道路で車がバンバン走っていますが(懐かしいトヨエース等軽トラ・自動車)、コメットさん見るとどうも先入観で、世田谷通りをイメージしてしまうのも困りものです。
     ラルーを調べると、地域のケーキ屋、駒澤といえばということで地元民にとっては有名な店なんですね。かつては京王、小田急、東急沿線沿いの駅には地元民に親しまれている洋菓子やあったんですが、店主の高齢化や跡継問題で廃業。今はほとんどないのでは?コメットさん関係では祖師谷大蔵のニシキヤが有名です(尤もここも、安売りの城南電機があったころに行ったのが最後で20年位入っていません。今度絶対入る決意です。ここは【ケーキ屋けんちゃんの店】だったとか、それも後で知ったのですが)。兎も角そういう店がなくなるのは時の流れとは言え残念です。
     で、50話【アリの国探検旅行】見てみました。おっと思ったのは、ケーキ屋の主人、昔時代劇などで、どこかで見たなと思いよくよく見れば、野口元夫さんでは、寿司屋の主人がケーキ屋かよ!いや、悪役等(良い役もやる)で知っていました。役者のほかに寿司屋もやっているということは知っていました。
     30年以上前かと思いますが、ドラマではなくNHKで江戸前寿司の解説の番組を見た記憶がありますが、野口さんのその他のドラマの記憶はごちゃごちゃして【アッちゃん】同様判別つきませんが、超有名だった方ですね(【レインボーマン】の首相の役も!全然覚えていません。驚きました)。俳優と寿司屋の2足の草鞋ということですが、単に実家が寿司屋であるので寿司屋を経営して、俳優をやっているのかと思っていましたが、江戸っ子であの有名な日本橋吉野寿司のオーナー兼調理人でもあったということでぶったまげました!単なる経営者ではなく自らも俳優家業の傍ら寿司を握る調理人、しかも寿司の歴史研究家で、東京の寿司屋組合の役員をもなさっていたとは!

  • 続き
     で、ソメ子父がタコ社長か!これも驚きましたが、ぜひ見てみたいのですが。タコ社長太宰さん、この人も大好きで、コメットさんには5話【数字ムシャムシャ漢字はパクリ】の学習塾の先生、子供を網で捕縛してマイクロバスに乗せて強制的に塾に連行する。今みると人権蹂躙なんですが、見てて面白いし笑いがとまりませんし。椅子が魔法で勝手に教室か逃げてしまうシーン、大変面白です。兎も角、ゲストの大人の役柄の俳優も懐かしい人ばっかりで、記憶がないので見るだけで楽しいです。
     最後に、この方はコメットさんには出ていませんが、ロケ現場の先を直進すると京王線の千歳烏山から仙川よりの踏切にぶつかります。途中に山口崇さんの自宅があります。もう80過ぎているかと思いますが、何度か見かけましたが、ここも物心ついてからずーとあります。
     この何年来、投稿も何もやってなくて、眼をやられてからは投稿方法も忘れて困っています。ここの投稿は最大何字までなのかよくわかりません。またハイパーリンクで参照する方法も忘れて困っています。どなた御教授願えればと思います。
     序に、【アッちゃん】、手元に【ザ・テレビ欄 1954-1974】があり記憶を精査していますが、字が細かくて虫眼鏡で見てますが、気が狂いそうですが、【新アッちゃん】だとすると、夜9時で、当時幼稚園児が9時まで起きて見ていたのか疑問に思うようになりました。そうすると【続アッちゃん】ならば7時開始で、そっちかもしれません。兎も角混乱するのも疲れますが考えることで脳の刺激になります。

  • >>1858
    さんぺいさん。
    HYです。あっちゃんとソメ子の写真、他にありますか?これだけではよくわかりませんが、上1の方、門と側の形状でその家と違う感じがします。下の写真も後ろは緩やかな坂になっているような気がするので、河鹿邸の近くではないと思われます。もっとも、3シリーズの内、コメットさん同様、主人公の家がすべて同じ家を借りて撮っていたとは限りませんし公的な資料もありませんので何とも言えません。このシーンが初めて(最初の【アッちゃん】)なのか、2番目なのか、3番目なのかも判別つかないので謎です。何分、コメットさんの様にマスターフィルムが現存しないそうです。今後発掘されるかもしれませんが。しかし、天下のNHKの大河やお化け番組【天下御免】等も、フィルムを上書きでマスター版もないとは驚きでしたが、民放の場合、国際放映や東宝等、映画会社とタイアップ撮っていたのでマスター版があるので、何か事情はあるとは思いますが、同じ国際放映で【コメット】さんがあって、【アッちゃん】がないのは残念です。
     ソメ子をやっている松井八知栄さん、かわいいですね。丁度自分にいれば姉の世代かと思いますが、コメットさんでは、7話の【ワンちゃんバンザイ!】で共演していますね。それにしても、【ワンちゃんバンザイ!】を見てでぶったまげたのは松井さん!河童の三平のねーちゃんだったのか!コメットさんは楽しい番組ですが、三平は幼児にとって怖かった、トラウマでした。今度じっくり見ようかと思っていますが、こういうところに昔のドラマや俳優を調べると面白さがあります。因みに松井さん、その後成城大学卒業後プロボーラーで御活躍とか。これも驚きましたね。お孫さんもいるようで。

  •  パークサイド上祖師谷とクレストNの間のパークサイドの道路を挟んだすぐ前の庭付きの家です。さんぺいさん、説明が下手ですいません。

  • すいません。続きです。 
     ベータンは知っていて、面白いので覚えていたのですが、怪獣ではなく、魔法使いコメットさんの家来で妖精の1種、しかもミルクと牛の形だったので、いつの間に最初はベータンとして認識したが、長い間再放送もみなかったので、記憶の変容によりベーコンという名前で認識し続けていました。そして改めてベータンと認識することになりました(今後は絶対わすれません)。ところで、あっちゃんの件ですが、先日、せんべいやにせんべいを買いに行きました。そこの主人が中学の上級生に当たる人で、籾山さんよりは若いのですが、あっちゃんの撮影現場の話をしたら、そこて言っていたので、やはり自分の記憶が正しかったことを再確認しました。でも、そんなこと話す人はいないといわれてお互いニタニタしましたが、ずばり場所を言いますと
     世田谷区上祖師谷1丁目18番地で区立上祖師谷保育園の先の十字路の京王線へ向かって左側そばです。すいません号はわかりませんが地図で見てください(確かその家も取り壊されて30年以上経ちます)。これだけは信用できる筋から裏付が取れたので、断言します!
     それと、昨日は建設途中の環八でローラースケートをした後ろに見えた家、あずま荘(アパート)を見に行ってきましたが、健在でした(がんばってます)。昔郵便配達で中にはいったかもしれませんが、築57年(昭和35年建築)ということで、重要文化財にでもしてあげたい建物です。うれしかったです。また、続き書きます。すいません。おやすみなさい。

  • 続き さんぺいさんへ
     で、母親があっちゃんやっているよ言ったこと、というと内容がわからないが見ていた可能性が大かと思います。ちょうど自宅から烏山に買物に行く途中で、今で言う録画機とかカメラとかを持った人が、要は撮影スタッフですねが多くいたところを通りの外、生垣式だったと思いますが、で外から家の中が見えます。その前後は全然記憶にありませんが、もう一つこれも再放送なのか、コメットさんなのか、今後調べますが、小田急の橋の上で蔵さんが誰か大人としゃべっているシーンは覚えています、相手は子供でなく大人の男だった(記憶が正しければ)、コメットさんじゃないような気がします。そうするとあっちゃんしかないと思いますが、断言できません。記憶というものは上書きされ変容するのであてにはなりませんが、例えば、ベータンのことを籾山さんのHPでみて初めてベータンだったわかかりました。

  • >>1862
     HY です! まずは、凄い!資料をお持ちで感動しました。話はそれますが、蔵さんの当り役、あっちゃん。
     小生は、当然、籾山さんよりは、はるかに若く、籾山さんと同年齢の方は兄弟的には長兄の年齢に当たると思います。ですから、あっちゃんを見たか見ないかで混乱しました。コメットさんで思い出したので、ウキペディアで見ると、あっちゃん、続あっちゃん、新あっちゃんとありまして、それと、人の記憶がどのくらい遡れるかということですが、100%とは言えませんが、ほぼということですが、3歳までは記憶がない(1度リセットされる)。これが心理学上の定説ということです。もちろん、100%ではないので、色々ネットを見ると、2歳の時のことを覚えて、成人後、正しいかどうか確認したところ正しかったというブログ等もありました。しかし、脳の発達で3歳過ぎないと記憶が存在しないということです。それで、あっちゃん見ていたか見ていないか悩んでいたんですが、その心理学の記憶の定説に従うと、最初のあっちゃんは3歳未満で無理、続もダメ、そうすると新でかろうじてということになります。

  • >>1857
    さんぺいさん。初めまして。HYです。魚みの件、籾山さんが調べた住所を参考にしましたが、籾山さんの一次資料では八百屋と肉屋も砧なので駅北ではないのかと思っています。
    駅北の魚屋、確か魚料理屋になっていると思いますが、撮影の時にワンセット肉屋、八百屋、魚屋(順不同)で、わざわざ北までは行っていなのではないかと思います。それと、やはり籾山さんの偉大な資料をみるとロケ地は国際放映近く、祖師谷大蔵南の方が多いかと思います。もちろん推理なのですが、また魚みに行ってきます。刺身買いに。その時聞いてみます。
    商店街HPの魚みのHPでは50年とありますが、記憶違いでなければ、HPが開設されたのはプラス8年位前だったかと思います。更新していないかと思います。そうすると、昭和32年頃から34年頃の開店ですからコメットさん当時は10年から8年たっていたかと思います。これも聞いてみます。
    ついでに、コメットさんとは関係ないのですが、魚みの近くに元女優さんの料理屋あります。我々が知っている方です(まったく宣伝していませんが)。
    これから出かけますのですいません。それと、さんぺいさんは【アッちゃん】てドラマご存知ですか?蔵さんあたり役で、コメットさんの1年位前までやっていました。幼児で直接見たか見ないか記憶がないのですが、1か所ロケ地がわかりました。これはおぼろげに聞いた母の一言と撮影をやっていた記憶が混同していなかったということでうれしかったです。後で御報告申し上げます。

  • 籾山さん!
     HYです。蛇足が多いので手短にしますが、イヴェントあったんですね。初投稿の後、PCが脳死状態になったり、家の混乱が悪化したり、それに伴って自分の健康も悪化して、掲示板訪れませんでした。何か、イヴェントがあるのではないかとは思いましたが、終わってしまたのですね。しかも国際放映で(どうもそちらの方が昔からなじんでいたので)無念!国際放映スタジオは親の特養等の件で前を何回かあわただしく通りましたが、その時、中の喫茶室でも入ろうとは思いましたけれども、いろいろ取り込んでいてやめました。
     実は、高校生時代にエキストラでバイトで何回か入りました。もちろんコメットさんが終わって12年位後ですが、それ以後30余年、きれいになった後は1度もでした。またチャンス逃しました。なかなか、昔の様に暇がなく、時程も細切れなので、この20年近く様々なエヴェント等には参加しておりません。
     まあ、参加できるようになるとしたら定年後ではないかと思っています。
     家にDVDはあるのですが、ネットのそれ等を見て、ところが、しつこいたちで気晴らしの止めては籾山さん莫大なロケ地資料見ているので、先に進みません。そればっかりやっていると病で目をやられて久しいので、疲れてやめてしまします。目と脳の記憶の関係か、当然加齢はあるとは思いますが、記憶が直ぐ消えて困っている次第であります。医者にも可能性は十分あるが論文がないので何とも言えないといわれました。ところで、先般、1話でタコをゆでダコポーンと投げるシーンがありましたが、籾山さん調査では魚みさんでしたね。魚みで2回、刺身とウナギの肝焼きを買いましたが、おいしかった!ご主人と奥さん、たぶん60後半か70代かと思いますが、コメットさんの話から来たというこを覚えていない、私の言い回しと、また、時程の問題で2回とも電撃的でしたので、知らないようなことを言っていました、今度確認してみます。刺身は容器はプラですが、白い紙でくるんでくれるとこが昔ながらのスタイルがあり感激しました。魚屋もスーパーの鮮魚コーナーに押され壊滅的でスがよく頑張っています。昼からおにぎりもやっているそうで、うまいそうで絶賛の声がありました。籾山さんも国際放映に行かれるときにはお寄り下されればと思います。文字数が残り少ないので、次回に回します。

  • 1300円手前で、証券の手違い売ってしまったが、ほっとしている。まあ、そこそもうかったんで。

  • ★ 大蔵通りと岡本、味の民芸について、大蔵通りも一応は見慣れているので意識していませんでしたが、岡本で直角に曲がるということがわかりました(しかも狭い!)。今まで、直進する方向がてっきり大蔵通りかと思っていました。そういえば、今よくよく考えれば、直進方向にはバス停がない!どの回は忘れましたが、背景でバス(恐らく東急バスだと思います)が曲がるシーンがありましたが、そういうことだったのか。勉強になりました。序に、大蔵通りの坂の下直ぐバス停前に『かつ久』(ブログあり)というとんかつ屋を発見しましたが、おいしいです。先般も美術館退館後東名超えて行ってしまいました。もち豚という特殊な豚でもちもちしていておいしいです。河越邸跡、富士見坂、百窓跡見学の後ぜひ行かれるといいと思います。ランチがお得です。しかし、よくよく考えると、東名開設前は大蔵通りはどうなっていたのでしょうか。第4話で、コメットさんがNHK技研前で酒屋の人(土肥尚弘さん)に武と浩二がどうのこうのと言われて前へ走っていきますが、通りがない様に見えますが(少しまがっていたのか?)、なかなかネット上も通りの沿革等がないので悩んでいます(今度航空写真を使おうとは思いますが)。それと、酒屋=土肥尚弘さん、この人『おれは男だ!』で、小林弘二の家を塀の上から見ていたところ、源之助おじいちゃん(笠智衆さん)に竹刀でたたかれた腕に打撲をしてしまう鎌倉署刑事の役をやっていたので驚きました(コメットさんの方が4年前ですが)。DVDみていろいろな俳優さんがここに出ていたなんて見ると面白いです。
     味の民芸、これも籾山さんが訪れた、国際放映の関係者の方と会ったということで、前かあら知っていましたが、前は通るが意識していませんでした。それで籾山さんに刺激を受けて、去年3回行って、先般も世田谷美術館訪問時に友人と昼食とりました。うどんがおいしいといいますが、味が落ちたという人もブログ、食べログ等でありました。しかし、私は十分おいしいと思います。お昼の松華堂弁当が、いろいろおかずがあって量も適度でコスパもよくおすすめです。去年は初訪問の時、店員のおばさんが九重さんもたまに来るようなことを言っていました。また、そちらへ行った時には寄りたいと思います。とりあえずこの位で。                         HY

本文はここまでです このページの先頭へ