ここから本文です

投稿コメント一覧 (349コメント)

  • 前の続き

    最初の香港の時、私は3人のおばちゃん達(30代〜50代の主婦です。)と一緒に第1班を率いて出掛けました。そして入国審査の時、おばちゃん達を先に並ばせ、私はその後に付いて行ったのですが、おばちゃんのうちの1人は、審査官からの「なんできましたか?」という質問に、「観光で」ではなく、「飛行機で来ました」と答えてしまったと、あとで言っていました。

    ウソのようなホントの話です。普段は接客も上手な、しっかりした女性なのですが、慣れなくて、正直に答えようとして、そんな返事をしてしまったのだと思います。

    海山

  • このトピが開設されたと思われる2,000年代の初め頃、私はまだギフトショップを営んでいました。地方の小都市の店ですから従業員といっても、私達夫婦の他にはフルタイムの男性2人、女性1人とパートのおばちゃん5人ほどの小さな店です。

    私はすでに、何回かの海外旅行を経験していましたが、この楽しさをスタッフの人達にも味わってもらいたいと思い、会社の慰安旅行として、試験的に香港旅行を計画しました。
    1年で最も暇な時期だった2月から3月初旬ごろに、不参加の2人を除く8人を、4人づつの2班に分けて、最初の1班が、ある週の火〜金、次の2班目は翌週の火〜金にそれぞれ行って来ました。ほとんどが海外は初めて、という人ばかりです。

    予算は1人約10万円で、フルタイムの3人は全額会社負担です。パートは会社が半額、残りは自己負担ですが、勤務時間を調整することで、実質本人負担はゼロということにしました。つまり、彼女たちは扶養控除の限度額である年間100万円分だけ働いていたのですが、それを5万円分だけ、年末の多忙時にタイムカードを押した後に働いてもらったという訳です。

    実質的な負担はゼロだったので、彼女達も旦那やお姑さんに言いやすかったのでしょう。この企画は大好評で、翌年からは会社の恒例行事となり、台湾、サイパン島、2度目の香港と続き、のちには日数を伸ばしてハワイやケアンズ、サンフランシスコにも行きました。

    会社としては経費で落とせますから負担は軽く、多忙時に多めの労働力を確保できて、しかも仕事にも張り合いが出るなど、一石三鳥だったと今でも私は思います。

    次に続きます。
    海山

  • またびろさんとnaoさんのお話で、大体の事情が分かってきました。1年間の投稿数と2012年の年末頃で14,000回という数字から推定すると、アキさんが最初にこのトピを立ち上げたのは2,000年代の初めごろになるのではないかと考えます。
    今から15年も前からの、随分長命のトピということになり、改めて、アキさんの思い、というか、執念のようなものを感じます。

    海山

  • 25,000から30,000回までどれくらいかかるかというと、毎日1回書き込みする人が10人ぐらいいても約1年半という事になります。ですから、まだ相当先の話にはなるでしょう。
    数字を追いかけるのではなく、内容が問題だとは思いますが、一つの目標としてはそれもいいかなと、私も思います。

    このトピが始まったのは平成12年11月1日のようですが、その年の11月25日にはもう14,000回になっています。どこかが間違っているようですが、またびろさん、またはゆうきさん、どうしてこうなっているのかお分かりですか?

    ここは、ハワイほか旅の情報交換の場として始まったと思いますが、政治、経済、社会問題、文化、芸術や、趣味、そして思想を語る人もいます。公序良俗に反しなければ話題についての制約はないと思います。
    多少、人とは違った話題を持ち出しても、少しぐらい自慢話になっても、それはご愛嬌ですので、naoさん、ご遠慮なく、なんでもお話ししてもらっても構わないと思います。変な事といえば、私も、変なこと言ってしまったかなと、思ったことは何度もあります。
    霞ヶ関の、偉いセンセイ方でも、失言を繰り返しているわけですから、私達が気にする必要は無いと思います。

    今日は早朝から、所用で出掛けていましたが、気持ちの良い、秋らしい1日となりました。俳句の心得があれば一句ひねりたい所ですが、私にはそんな才覚はありません。

    海山

  • >>No. 24994

    文芸、と言っても、私が読むのは大衆娯楽小説のようなものばかりですが、今は井上靖の小説を読んでいます。8月に上高地へ行って、私が泊まった宿が井上靖の「氷壁」の舞台になった所だと知って、「氷壁」に続き、「天平の甍」「しろばんば」などを読んでいます。

    井上靖は私の親の世代ぐらいの人ですが、分かりやすい文章で、読み始めると時間の経つのも忘れてしまうくらいです。井上靖の前は五木寛之を読んでいました。

    海山

  • >>No. 24992

    naoさん、お久しぶりです。書き込みがなくても、時々は読んでいただいていると、思っていました。

    皮肉なことに、アキさんが亡くなられてから、このトピは活気を取り戻しています。
    また余裕が出来ましたら、時々でも、お越しください。

    海山

  • またびろさん、お疲れ様でした。
    またびろさんの書き込みを見ていると、私も、もう一度、サンフランシスコに行って見たいと、猛烈に💖、思うようになりました。

    前に行ってからは、もう、25年以上経つと思います。商店街の研修旅行に参加したのが最初です。東京へさえ、2〜3回ぐらいしか行ったことがないという、曇り空ばかりの北陸の田舎から出てきた私にとっては、サンフランシスコの空の色、空気の爽やかさ、街の風景、海岸通りで見かけた道化師、カッコいいケーブルカー、それらすべてが、衝撃的でした。

    ギフトショップを営んでいた当時、店はとても忙しく、1週間も休むのは大変でしたが、なかば強引に、口実を考えて、翌年また、妻と一緒に行ってきました。そして帰ってくるとすぐ、来年はどういう口実を使って、どういうツアーに参加して出掛けようかと、一年中、そればかり考えていたものです。

    そういうことが5〜6年続きました。いま振り返ると、50歳前後の、私の人生では、いちばん華やかな時代だったと思います。

    またびろさんのサンフランシスコ行きが決まったら、早めにお知らせ下さい。年内は無理ですが、来年4〜6月ぐらいなら、体調が良さそうであれば、私もくっ付いて行きたいと思いますが、ご迷惑ですか?

    海山

  • 福井県嶺南地方に竜巻注意報が発令されたようです。
    またびろさんは、東京へ行かれたのでしょうか?
    お家が大丈夫だといいのですが・・・・・

    海山

  • 我が家の雨戸はこの夏に蜂が巣を作って開け閉め出来ない状態になっていましたが、台風が接近するということで、かわいそうですが強引に、半年ぶりに、閉めてしまいました。
    2つあった巣のうちの一つは、コロリと下に落ちましたが、残る一つは奥に隠れた位置にあります。
    巣を追われた蜂が飛び回っていますが、今は雨も強く、気温も低いので元気はなく、刺されることはありませんでした。

    明日、夜が明けて雨戸を開けられるかどうか、心配です。
    思わぬところに、台風の影響が出てきました。

    海山

  • >>No. 24981

    随分古い書き込みを読んでいただいたのですね。
    ウインダムのタイムシェアは5年前にハワイに行った時、義兄たちが買ってしまったのです。
    あの時、私達と義兄夫婦との4人でコオリナとヒルトンの説明会に行きましたが、その後ウインダムから誘われた時は私達は断わり、義兄夫婦だけが聞きに行きました。その時、翌日聞いてみると買ってしまったと聞き、しっかり者の奥さんが付いていながらなんで?と思ったのですが、よほど営業マンの説明が巧みだったのでしょう。

    そういうわけで、お相伴する私たちにとっては年会費の分担金だけで済みますので、助かっています。

    確かに、今でも、あれは失敗だったのではないかと、私は思います。会社の経費で落としたようですが、息子さんたちからは怒られたと思います。

    海山

  • 同じ福井県内にいながら、放生祭という祭のことをほとんど知らず、三国祭のようなものかな、と思っていました。福井新聞の記事を見ていると、ユニークな衣装に身を包んで独特の振り付けで楽しそうに踊っている様子が伺えます。

    福井から2時間で行けるところですから、機会があったら来年にでも行ってみようかと思います。

    海山

  • 大きなおにぎりさん、お久しぶりです。
    大きなおにぎりさん1人で、5人分ぐらいの賑やかさがが戻って来たようです。

    ご意見、参考にさせて頂きます。食べ物は、米とお茶漬け以外は持っていく予定はありません。近くにスーパーマーケットがあるので、必要な食材は、そこで調達出来ると思います。
    レトルトごはんは、前に、食べたことがありますが、不味かったので、旅先へ持っていくのは遠慮しようと思っていたのですが、最近のものは美味しくなっているのでしょうか?

    まだ1ヶ月以上先のことですが、心は、もう半分はワシントンのことばかりです。

    行きたいところ、やってみたいことは沢山ありますが、7泊8日ではあれもこれもという訳にはいきません。

    博物館が沢山あり、そのほとんどが無料とは、さすがアメリカは太っ腹で、凄いと思いますが、全部回ることはとても出来ないので、いちばん魅力のある航空博物館とその別館、他に、2〜3ヶ所行くぐらいかなと、思います。

    食べることは、楽しみではありますが、最も悩ましいところでもあります。私はほとんど好き嫌いはなく、味には鈍感なので、店を選ぶのは、妻と、義兄夫婦にお任せする事になりますが、うっかりすると、アメリカでは大きなお皿に食べきれない量が乗った料理が出てくることがあります。
    それで、ホテル近くのキングスストリートだけで50軒以上あるレストランのうちから、イタリア料理、ギリシャ料理、地中海料理 、和食の店、ポトマック川沿いの景色の良さそうな店など、候補の店を絞り込んでいます。

    街をぶらぶら歩き回るのも、楽しみです。ワシントン中心街にもホテル周辺にも、楽しそうな通りが沢山ありそうです。

    色々な乗り物に乗るのも、私にとっては楽しみです。電車やバスやタクシーは当たり前ですが、ポトマック川には、水上タクシーというのもあるらしいので、一度はそれを利用してワシントン中心部へ乗り入れるのもいいかなと、思っています。

    海山

  • 北朝鮮のミサイルが、先ほど発射され、北海道上空を太平洋側に通過したと、今、テレビで報道中です。こういう事が繰り返しているうちちに、船舶や飛行機に被害が出るかも知れません。

    いつまで 、こういう心配が続くのでしょうか?

    海山

  • >>No. 24948

    以前私が参加していた交流サイトでは、東京と京都で、隔年に食事会を開催していました。
    私は一度だけ、京都の食事会に参加しましたが、十数人が参加する盛況でした。ただ、初対面の人が参加する会としては、4〜5人ぐらいまでがちょうどいいのではないかと思います。

    東京までは行きづらいのですが、京都か名古屋あたりで集まれる機会があったら、私も出来るだけ参加させて頂きたいと思います。

    ブレーカーズホテルの事も、その会の参加者から教えてもらった情報です。

    海山

  • >>No. 24946

    またびろさんとアキさんとのご交流については承知していましたが、お話を伺っていると、私の思っていた以上に深いお付き合いをされていたことがよく分かりました。またびろさんの投稿が途絶えていた時に、アキさんがしきりに懐かしがっていた理由がよく分かりました。

    アキさんにとっては、その人生劇場の最終幕で主役を演じた方がまたびろさんであったという事でしょうね。

    アメリカと北朝鮮、というより、トランプ大統領と金正恩との威嚇合戦がますます尖鋭化してきています。1人の偏執的な独裁者に、国民全体の運命が晒されていることによる悲劇を、人類は何度も繰り返しています。

    トランプ大統領は、国連が全会一致で制裁決議をした事で、してやったりと思った事でしょう。彼は本心では、中東でやって来たように武力で北を鎮圧したがっているのかも知れないと、最近私は考えるようになりました。その事に対し、国際社会の合意を形成するための、今回の制裁決議なのかな、と。

    金正恩が破れかぶれになって、日本に向けて本当に核ミサイルを打ち込んでくることは、ないだろうかと、心配です。

    海山

  • 藍さん、ワシントンDCに行かれたと聞いて、思わず、ぶしつけな質問をしてしまってごめんなさい。ゆうきさんの言われるように、私も、とりあえず日本語の半日観光をお願いしたらいいのかなと思っていました。

    私達の足では1日1万歩以上歩くと相当疲れますので、そしてそれが何日も続くとバテてしまいそうなので、歩く距離が最も少なそうな方法は、自転車ではないかと、今は考えています。乗り降りするステーションがどういう位置にあるのか、それを見てから判断することになるでしょう。

    ワシントン滞在は7泊です。ホテルは電車で2駅のところの、バージニア州アレキサンドリアというところにある、ウインダムのタイムシェアのホテルです。近くのキングスストリートという通りにはレストランがたくさんあって、どこへ行こうか、毎日迷うことになるでしょう。

    ただ、私たちの口に合いそうな店は少なく、ホテルのキッチンで作って食べる場合が多くなるかも知れません。そう思うので、スーツケースの中に、家にある2合炊きの小さな炊飯器を入れて持って行こうかなと考えています。

    海山

  • >>No. 24938

    藍さんはワシントンに行かれたことがあるのですね。

    差し支えなかったら少しお聞きしてもいいでしょうか?
    ワシントンには博物館がたくさんありますが、中には人気があって予約が必要で、その予約もなかなか取れないと聞きました。特に1番行きたい航空博物館は凄く混んでいるようで、言葉の不自由な私たちには、ネットでの予約もスムーズに行くかどうか自信がありません。入場料は無料なのに、現地ガイドに頼むとかなり高くなりそうで、どうしようか迷っています。もし、何かアドバイスして頂けることがありましたら、ご教示願えませんか?

    もうひとつ、アキさんからは移動手段として、タクシーは料金計算が分かりにくいので利用は勧められないと聞きました。バスのことはアキさんからも聞いていますが、ガイドブックによると、博物館巡りをするには何度でも乗り降り出来る、レンタサイクルというのも便利だそうです。藍さんが行かれた頃にはレンタサイクルというのはありましたか?

    これについてはどうお考えになりますか?

    海山

  • >>No. 24932

    私は、政治や宗教の話でも構わないと思います。ただ、人の意見に反対であっても、相手を不愉快にさせるような失礼な言い方はすべきで無いと思います。また、本心でも無いのに迎合することも私は避けたいと思います。言葉に気をつけて話すのでなければ、むしろ、その会話には参加しないほうがいいのでは無いかと思います。

    アキさんは、トピ主としての立場から、初めての人に対しては、どういう話題にもお答えになっていましたが、私は、それほど博識でも無いし、思慮の浅い考えを述べることもどうかと思うので、分からないことは分からないと言うほかはないと思っています。

    宗教に関しては特に微妙な問題を含んでいるので、誰が見ているかも分からないこういう場で、深入りする事は避けたほうがいいのではないかと、私は思います。

    海山

  • 昨夕、今年初めて、栗ご飯を頂きました。これから、食べ物の美味しい季節になります。秋刀魚にマッタケ、そして福井では奥越地方(大野市、勝山市周辺)で取れる里いもが絶品です。新そばというのも、もうすぐです。そして、何と言ってもズワイガニ、(福井では越前ガニ、山陰では松葉ガニ、石川県では加能ガニと言います。)が11月6日に解禁となります。いつも解禁日かその翌日にカニを食べるのですが、今年は3日からワシントンD.C.に行きますので、カニは帰ってからのお楽しみです。

    皆さんの地方ではどういう、美味しいものがありますか?

    海山

  • >>No. 24929

    私は政治のことはよく分かりません。

    確かにアントニオ猪木が行ったからと言って、目に見える成果がある訳ではありません。
    しかし評価する意見もあります。今の国会議員で北朝鮮首脳部と直に話のできる人はアントニオ猪木しかいないので、金正恩の本心を探ってくることが出来るかもしれない。そしてそこから交渉の糸口をつかむことが出来るかもしれない。そして、今回成果が出なくても話し合いできる窓口を残しておくべきだ・・・・・
    ということかと思います。

    心情的には猪木議員の訪朝を好ましく思わないのはよく分かります。

    かつて小村寿太郎が日露戦争の戦後処理のため米国ポーツマスへ向かい、ポーツマス条約を締結して帰国した時は散々な評価を受けましたが、後の歴史家によって、当時の日本には戦争を続けるだけの国力はなく、苦渋の決断によって条約締結をしたと、評価されたというのは有名な話ですが、今回の猪木議員についても後々どう評価されるのか?

    私には分かりません。

    ただ多分、こんなことを言ったらアキさんからはこっぴどく叱られただろうとは思います。

    mukさんのご意見に全面賛成というわけではありませんが、色々な意見もある、ということで、お許しいただけませんか?

    海山

本文はここまでです このページの先頭へ