ここから本文です

投稿コメント一覧 (505コメント)

  • ワシントン最後の夜です。

    ほんの少しのワインが効いて2時間ほど寝て起きたところです。

    今回は、近くにある食品スーパーで買い物をして、持参したごはん、漬物、味噌、海苔などを使って食べることが多かったので、食事にはあまりお金は掛かっていません。レストランでまともな食事をしたのは到着日の夕食と3日目の昼食だけです。あと、フードコートやマクドナルドなどでの軽食を数回食べましたが、朝夕はほとんど部屋のキッチンで作って食べました。

    近くのスーパーで何度かステーキを買いましたが、小さくても300グラムぐらいはあるので、2枚を4人で食べるため半分ずつにスライスしてもらって買っていました。

    スーパーでは顔を覚えられたようで、担当者が変わっても、スライス、と言ったら4枚に切ってくれるようになりました。

    海山

  • 川岸の砂の中からこんなオブジェが顔を出していました。

  • クリスマスツリーの飾り付けも始まっていました。

  • これはレプリカですが、これに近い、ホンモノのカップルもいました。

  • T型フォードもありました。

  • 歴代大統領の銅像に、

  • 横に並んで立つと、生きているように見えます。

  • こんな銅像が立っています。

  • 今日はアレキサンドリアから、ポトマック川を挟んで反対側のナショナルハーバーという新しい街へ行ってきました。

    アメリカというのは、いとも簡単に、新しい街を作ってしまう、と、ガイドブックに書いてありました。ここは以前は治安の悪い街だったそうですが、2,008年に核となるホテル、コンドミニアムやショップ、レストランが出現し、2016年には総合リゾート型のカジノも出来て、たちまち、新しい街が出来上がったということです。

    ここは若い街です。そして楽しい街です。アレキサンドリアは落ち着いた、歴史を感じる街ですが、ナショナルハーバーは活気溢れる街です。

    海山

  • >>No. 25397

    そうですね、食べたいものの1番に、蟹を挙げるべきでした。

    今日は11月9日、ワシントン最後の日となります。

    私達は全員70歳を超えています。中でも私が1番身体が弱く、思うように歩き回ることは出来なかったのですが、同じホテルに7連泊だったので、疲れていれば部屋で休んでいることも出来て、よかったと思います。
    そういうわけで、昨日も、体力の温存を考えて部屋で1日を過ごしました。

    よく寝たので、今日は少しは出掛けられると思います。

    海山

  • >>No. 25395

    大きなおにぎりさんのおススメの、レトルトご飯を沢山持ってきたので毎日せっせと食べています。他に漬物やふりかけ、海苔、インスタントみそ汁などもあり、あとはスーパーで買って来た肉や野菜などを簡単に調理して食べています。

    そうですね、刺身や寿司、うどん、そばなどはこちらでは食べられませんから、日本へ帰ってからの楽しみです。

    海山

  • ペンタゴンについて

    アキさんから、ペンタゴンの中にも入れると聞いていたので、楽しみにしていたのですが、今は厳しくなっていて、2週間ぐらい前に申し込んで、許可を取った人だけしか入場出来なくなっているそうです。

    同時多発テロの時、ツインタワーの被害があまりにも大きかったので、ペンタゴンにも飛行機が突っ込んだことは小さく扱われてしまったようですが、ここペンタゴンにも180人余りの犠牲者が出ていたようです。
    私達は通りすがりに見ただけですが、5角形のうち壁の一面だけが白くなっています。テロで破壊された後、補修されたので、色が変わっているというわけですが、事件の記憶を留めておくために、あえて、色を変えたままにしているのかな? と思います。

    海山

  • ここは展示品の修復工場だと思います。ここだけでも学校の体育館の4つ分ぐらいはあります

  • 広いので、どこから撮っても全体を見渡すことは出来ません。

  • 今日は11月8日、ワシントン6日目です。4人のうちでは、私が1番疲れているようです。義兄夫婦と妻はワシントン市内へ出かけて行きました。

    私は午前中休んでから、合流するか、ホテル近辺の、この、アレキサンドリア周辺をぶらぶらするかして過ごそうと思います。
    スミソニアン博物館群のうち、2つの航空宇宙博物館だけしか私は見ていませんが、この周辺にも小規模の博物館、美術館も沢山あり、楽しそうなショップやレストランもあります。

    昨日見た航空宇宙博物館別館について、たくさんの展示物を見ましたがとても全部を紹介し切れるものではないし、私の下手な説明では理解して頂けないだろうと思いますので、写真を1〜2点だけ紹介します。

    これがスペースシャトルです。

  • そしてそのあと、広島、長崎で原爆を投下して、遂に日本は無条件降伏をしたのです。

  • 思ったとおり、航空宇宙博物館の別館も凄く広くて、2時間ぐらい回っても全体を把握することは出来ません。学校の体育館の10倍以上あるような気がします。

    私がここで確認したかったのは、先の大戦で日本各地を襲ったエノラ・ゲイ=B−29というのがどんな戦闘機だったのかということですが、プロペラが4つも付いた大きな飛行機だったことを初めて知りました。
    あんなものが127機もやってきて、私の家を含む福井市の80%以上の家を焼く尽くしてしまったのです。

    写真はそのB−29です。

  • おはようございます。ワシントン5日目です。

    何故だかわかりませんが、ビジネスでなく、観光目的で、ワシントンにやって来る日本人は意外に少ないようです。

    ガイドのSさんは20年間住んでいて、ウインダムホテルへ来たのは初めてだと言っていました。何日間滞在するのかと聞いて、7日間と答えると、そんなに長く‼️ とびっくりしていました。

    彼の話では、ニューヨークから日帰りでやってきて彼の6時間コースを申し込む人が大部分のようです。5日目の今日まで、日本人らしい人とは一度も逢っていません。もっと、多くの日本人が訪れて、ゆっくりしていってもいいのではないかと思います。

    昨日、義兄達はナショナルギャラリー西館へ行ってきたそうですが、以下は、その報告です。博物館、美術館がとても沢山あって、どれも凄く立派で、貴重な所蔵品も多く、それが全部無料なのは、お伝えした通りです。

    日本の美術館では分厚いガラスに阻まれて、2メートルぐらい離れた位置からでないと見えなくなっているのに、こちらでは遮るものもなく、目を近づけて30センチぐらいの距離で見ることが出来るそうです。全て写真もOKです。

    レオナルド・ダ・ビンチの絵の前にはベンチが置いてあって、座って、ゆっくり見る事も出来るそうです。さらに、画架が1脚置いてあって年輩の人が丁寧に摸写していたと言います。まさに、至れり尽くせりの大サービスです。
    館内は大勢の人で賑わっていますが、とても広く、日本のように、押すな押すなの状態ではなく、見やすかったと言っていました。

    今日は航空宇宙博物館の別館、別称〔ウドバー ・ハジー・センター〕へ行ってきます。第二次世界大戦の時の戦闘機、B29も実物が展示してあると聞いています。ダレス空港の近くなので1番早い方法でも1時間半ぐらいかかるようです。

本文はここまでです このページの先頭へ