ここから本文です

投稿コメント一覧 (12114コメント)

  • >>No. 22949

    >ドイツとオーストリアは切り離せない関係なんだ。

    ビスマルクの時代にプロイセン(ドイツの前進国家)がドイツ統一の踏み台にしているけど。
    そもそもその原因が東欧に一大多民族国家を築こうとしているオーストリアとドイツ系のみの独立国を気付こうとするドイツの対立ですが。

    >でも三国協商と連合国には大した理由はない。

    オーストリアはかのハルノートよりも酷い要求を突きつけた上にセルビアはその要求の大部分を受諾しているにもかかわらず全部受諾していない言うことで最後通牒までたたきつけた。理由はバルカン問題におけるセルビアの勢力をそぐため

    この暴挙を診るに見かね助け舟を出したロシアやフランスに対してドイツが一方的に喧嘩を売るわ、ドイツ込みで国際的に認められた中立国であり、しかもこの件に関してはまったくの無関係なベルギーに侵攻するわ(正確にはドイツにはこれしか外交的手段が準備されていなかった)、中立国の客船を沈めまくった揚句、喧嘩を売るような電文をばら撒くわで、英仏ロ米が連合国側としてドイツに参戦する理由はいくらでもあるけど。

    ちなみに暗殺されたオーストリア皇太子夫妻は王室はもちろん国民からも嫌われていたので彼の死を政治・外交的に利用しようとはしても、悼んだりしていないレベルの”大した理由”であると

    そもそもからして、英清(アヘン)戦争の原因は清側の中華思想に基づく外交や貿易姿勢が原因であって阿片の一方的な破棄は開戦の口実であっても原因ではないのと同じように、WW1の開戦の原因もオーストリア皇太子暗殺は緒戦は口実に過ぎず、バルカン問題や植民地獲得戦争の飽和、過熱化などである=歴史にかじったことがある人なら常識レベルである戦争の原因が表面・直接的な事件ではなく、長年積み重なった原因や事情によるものである・・・と言うことを理解できないようですな。


    >デモクラシー(民主主義)対オートクラシー(専制主義)。

    で、連合国側の主要国の一つである帝政ロシアは専制主義体制の国家なんだけど。後、お前さん曰く君主主権は民主国家ではない!というのであればイギリスも違いますな。

    ちなみにロシア革命で社会主義=この御仁曰く民主主義国家になった際に現地のドイツ軍司令官曰く「(主力は西部戦線に配置したため)老兵しかいない」相手に一方的に蹂躙された挙句、降伏。連合国の約束やら借款やら踏みにじって離脱しており、これが連合国による後のシベリア出兵に繋がると。

    だいたいからして連合国が民主主義の大前提である平等主義を戦争の原因を敗戦国に一方的にに押し付けるわ、人種差別撤廃案など踏みにじっているあたり、どのあたりにデモクラシー(民主主義)を感じるのかまったく理解できませんがね。戦勝国に尻尾を振る、白人至上主義の人種差別主義者の妄言なのでしょうか。

    >第一次世界大戦中に世界でデモクラシーが流行したんだ

    欧州のそれは戦争によって参政権を持っている階層が激減したため、その補充として・・・とうだけのお話ですが。

    で、日本は単にその流れに乗っただけのお話。

    そもそもからしてWW1以前からこの手の選挙権の拡大や普通選挙運動は世界中であり、日本だけ特別と言うわけでもない・・・さらに言えば日本は民主主義を採用して半世紀強でこの段階まで至っていること自体、世界史レベルで快挙なんですがね。

    >あんまり真剣に第一次世界大戦に参加していない日本にも、このような影響はやってくるよ。

    で、そのデモクラシーのおかげで、世界レベルでの政治的混乱が発生し、その結果

    イタリアやドイツ、スペインでは総統様が政権を握り、憲法を停止してめでたく独裁国家に。

    フランスはWW2でドイツに降伏するまでデモクラシーとやらを十二分に堪能した結果、月刊倒閣状態でまともに政治や外交が行えない始末。同盟国のイギリスはそれに振り回されて独ソにたして有効な手立てないままWW2を迎える。

    で、その時の首相はチャーチルに変わりましたが、彼は前政権で戦争の指導をしておりましたが北欧戦線で大敗している=本来ならなれないどころか責任をとって職を辞するのをドイツと徹底抗戦するには戦争屋のこいつしかいないと無理やり首相につけられた、という民主主義って何なのレベルの状況下で就任したと。

    アメリカではFDRのニューディール政策が失敗しそれを誤魔化すために日本やドイツに挑発的な言動を繰り返し、公約破って戦争を始める始末。

    で、なんだかんだ言って憲法や法律をないがしろにせず欧米と比較すればマシにデモクラシーをやっていたのは日本ぐらいという笑うに笑えないお話ですがね。


    ちなみにおいおい!氏大好き社会主義国にしてデモクラシー(笑)国家のソ連では絶賛大粛清進行中。中国では国民党と共産党間での内ゲバ合戦。さらに共産とに限りってみても内ゲバやっていると言う笑うしかない状態ですがね。

  • >>No. 23084

    > だから、私の妄想と思うなら、思っておきなさい。しかし、ウソと言うなら「何が嘘か?」と聞いている。

    ちゃんと、ポン助氏やごましお氏がご丁寧にもお前さんの今までの嘘を列挙してくださっておられるが。
    これが嘘でないと言うのなら論や根拠をもってちゃんと再反論してみなよ。キャンキャンと吠えていないでね。
    >
    > こう言う意見が「病気」と言うなら、「見舞いの品」でも届けろや、(^^)それも出来ないなら、見舞いの言葉でも言うのが礼儀だ、これらが出来ないなら、他人が「病気になった」なんて、軽々に言うものじゃない。それが人としてのマナーだよ。

    だから何度もお頭の医者に行けとご忠告申しがておりますが。
    行きもしないで見舞はよこせとかどれだけ厚かましいのやら。

  • >>No. 23087

    > 共産主義国家があると言っているゴマシオは、歴史を知らないバカ。

    そりゃ、嘘の歴史なんぞ誰も知りませんからね。

    >ヤツの妄想かもしれないが、共産主義を理解していないから、妄想も出来ない筈、よって妄想でなく「嘘」と言う事になる。

    やつ=おいおい!氏なら大正解ですな。

    > ただ、当人は妄想してるだけかな?
    > BBC記事の改竄は、確信犯で、都合のいい様に記事を編集してるから、立派な「嘘」つきになる。
    > これらの例を参考にして、考えなさい。

    お前さんが論や証拠ではなく誹謗中傷しかできない、嘘つきが悪ければ負け犬ということだが。

  • >>No. 22949

    >ドイツとオーストリアは切り離せない関係なんだ。

    ビスマルクの時代にプロイセン(ドイツの前進国家)がドイツ統一の踏み台にしているけど。
    そもそもその原因が東欧に一大多民族国家を築こうとしているオーストリアとドイツ系のみの独立国を気付こうとするドイツの対立ですが。

    >でも三国協商と連合国には大した理由はない。

    オーストリアはかのハルノートよりも酷い要求を突きつけた上にセルビアはその要求の大部分を受諾しているにもかかわらず全部受諾していない言うことで最後通牒までたたきつけたことに対して見るに見かね助け舟を出したロシアやフランスにドイツが一方的に喧嘩を売るわ、ドイツ込みで国際的に認められた中立国であり、しかもこの件に関してはまったくの無関係なベルギーに侵攻するわ、中立国の客船を沈めまくった揚句、喧嘩を売るような電文をばら撒くわで、英仏ロ米が連合国側としてドイツに参戦する理由はいくらでもあるけど。

    ちなみに暗殺されたオーストリア皇太子夫妻は王室はもちろん国民からも嫌われていたので彼の死を政治・外交的に利用しようとはしても、悼んだりしていないレベルの”大した理由”であると

    そもそもからして、英清(アヘン)戦争の原因は清側の中華思想に基づく外交や貿易姿勢が原因であって阿片の一方的な破棄は開戦の口実であっても原因ではないのと同じように、WW1の開戦の原因もオーストリア皇太子暗殺は緒戦は口実に過ぎず、バルカン問題や植民地獲得戦争の飽和、過熱化などである=歴史にかじったことがある人なら常識レベルである戦争の原因が表面・直接的な事件ではなく、長年積み重なった原因や事情によるものである・・・と言うことを理解できないようですな。


    >デモクラシー(民主主義)対オートクラシー(専制主義)。

    で、連合国側の主要国の一つである帝政ロシアは専制主義体制なんだけど。後お前さん曰く君主主権は民主国家ではない!というのであればイギリスも違いますな。

    ちなみにロシア革命で社会主義=この御仁曰く民主主義国家になった際に現地のドイツ軍司令官曰く「(主力は西部戦線に配置したため)老兵しかいない」相手に一方的に蹂躙された挙句、降伏。連合国の約束やら借款やら踏みにじって離脱しておりますが(これが後のシベリア出兵に繋がる)が。

    だいたいからして連合国が民主主義の大前提である平等主義を戦争の原因を敗戦国に一歩的に押し付けるわ、人種差別撤廃案など踏みにじっているあたり、どのあたりにデモクラシー(民主主義)を感じるのかまったく理解できませんがね。戦勝国に尻尾を振る人種差別主義者の妄言なのでしょうか。

    >第一次世界大戦中に世界でデモクラシーが流行したんだ

    欧州のそれは戦争によって選挙権を持っている階層が激減したため、その補充として・・・とうだけのお話ですが。

    で、日本は単にその流れに乗っただけのお話。

    そもそもからしてWW1以前からこの手の選挙権の拡大や普通選挙運動は世界中であり、日本だけ特別と言うわけでもない・・・さらに言えば日本は民主主義を採用して半世紀強でこの段階まで至っていること自体、世界史レベルで快挙なんですがね。

  • >>No. 22979

    >依頼があれば、国家の安寧を祈るのが「仕事」。

    つまり祈祷=専門家が儀式手順などを踏んで行なう宗教的な「祈り」ではないと。

    というか国家の安寧だかを自国の宗教や風習・習慣に基づいて祈らない、そもそも、係わり合いがない国家元首がこの世のどこにいるので?

    ちなみにトランプを始め米国大統領は聖書に宣誓しているし、ドイツのメルケル首相はキリスト教系の政党に所属している。イギリス国王は英国国教会の長なんだが、この御仁曰くであればこれらの国の国家元首は祈祷師だか司祭だかの主教関係者となりますがね。

    >硫黄島にも出張祈祷に行っていたな。

    で、今年はWW1終戦100周年ということもあり、上記の国家元首やその代理が関連行事に参加したり、ゆかりの地に訪れている=この御仁曰くの出張祈祷に行っていたと言う人がどこにいるのやら。

    それとも例によって意味不明な妄言を並び立てて、日本だけ認めないとか言い始めるのですかね。

  • >>No. 22900

    > バカの相手に飽きて虫籠にキュウリを入れなかったら、ゴマシオがウソばかりついている。
    >
    > >>デンマーク(社会民主主義国)の人と話したことがありますが、社会保障については理想に近いですよ。
    >
    > 何処で言ったか?デンマークの元首相との話はしたが、ゴマシオの捏造はバカバカしくて、話にならない。

    で、王国であるデンマークがいつ、君主を全否定する社会主義国になったので?

    >匿名サイトではウソをついて、何になる。アホだよなぁ。

    これが嘘ではないと言うのならデンマークが王国であることを知らなかったお前さんがバカなだけですが。

  • >>No. 22886

    >大日本帝国憲法

    つまり、イギリス同様、戦前の日本も民主主義国家であるという証拠ですが何か問題でも?

    ちなみに英国の国王大権や貴族院の権限はお前さんが提示したブリタニカで指摘されている大日本帝国憲法における非立憲的側面を現在進行形で可能、もしくはつい最近まで出来たんですがね。

    単に"慣習上、行使しないだけ=やろうと思えば議会や法律、民意を無視して行使が可能"なんですが。

  • >>No. 22868

    >この程度だから、バカばっかし(笑)「議会主権」の意味すら理解できないらしい。

    「ついでに言えば選挙制度なども当時のイギリスなどの欧米諸国と比較してもさほど大差はございませんが。」
    とか読めないようで。

    これらを考慮比較してどのあたりがイギリスなどの議会主義と違うのかお教え願いたいものですな。

    ついでにお前さんは君主の存在の有無や主権のありどころが民主主義か否かと言っていたのにいきなり議会どうこうと持ち出して君主が存在し、その主権が認められているイギリス"だけ"擁護し始めた(もしくは日本”だけ”バッシングしている)のか、その理由もお聞きしたいものですが。まぁ、”この程度”の方には無理ですかね。

    >コイツは、職質されても「パジャマ着てますけれど」と言うのだよね、(笑)

    などと、自分の主張を論や根拠ではなく、妄言や妄想で言い逃れしようとし、それすらできなくなってこのようなレッテル張りや意味不明なこといって「「議会主権」の意味すら理解できない」ことをごまかしているおバカさんがここにいると。

    まぁ、”この程度だから”、このようなことしか出来ないのでしょうけどね。

  • >>No. 22880

    > > 日本の君主(天皇)には権限がなかったわけですから、当てはまりませんね。
    >
    > あら、大元帥に権限もない軍隊って、「張りぼて」ですよ、

    ちなみにイギリス軍の最高指揮権は名目上、英国国王ですが、実際に権限を持っているのは首相=天皇同様権限はないのですが。

    明治維新以降、欧米諸国の国王が前線にて戦ったケースはWW1におけるベルギーのアルベール一世とロシア帝国のニコライ二世ぐらい。
    両者ともドイツの攻撃を受けて敗北寸前まで追い込まれたためやむにやまれずの結果ですが。

    >帝国陸軍兵はヤツの命令で大勢戦死したのですが、天皇とは別人でしたか?

    そうですよ。現に帝国憲法第55条にそのことが明記されておりますが。

    と言うか何のため連合艦隊司令長官とか参謀総長やら大将とか少佐などの役職やら階級が存在していると思っているのですかね、この御仁は。


    > でも、オヤジは神になって明治神宮に祀られたんでしょ。(^.^)

    親父ではなくて祖父ですがね。
    後、この祖父は日清戦争に関して誰にも相手にされず「朕の戦争にあらず!」とキレているほど権限を持っておりましたが

  • >>No. 22876

    > ウソじゃない。憲法を作ったから「立憲」と言っているだけだろ、主権者が君主である憲法なんて、現代では意味ないよ。

    つまりイギリスは戦前の日本と違って現在進行形で民主主義ではない、と。


    >英国の主権は「議会」にある。

    ありません。
    あくまで慣習上、国王側が”あえて”議会に対して国王大権を行使しない”だけ”であって議会に対する優位性は現在進行形で持っておりますけど。


    >解ったかい。

    お前さんが何も知らないアホだか日本バッシングのためにキャンキャン吠えるしかできない嘘つきだってことは皆わかっておりますが。

  • >>No. 22882

    > > 当時の憲法解釈では、天皇陛下には政治的権限はなかった。
    >
    > 権限のない君主に、誰が敬意を払うの?

    そりゃ、君主にとって必要なのは国政や国を代表する”権威”であって権限はおまけですからね。
    で、敬意を払わないのはそのことを理解できないおバカさんぐらいでしょうね。

    >自国民が敬意を宗教がらみで、間抜けなのは理解しても、

    いまだに主権を君主に持たせているイギリスのことで?

    >国際的にも君主は仕事があるよ。^_^

    だから天皇は1000人分の外交官に匹敵するほど影響力があると。

  • >>No. 22893

    > >「主権者」は「独裁者」ではないから、単独で決められないようになっているんだよ。
    >
    > ヒトラーにも助言者はいたし、助言者として居なくても、人の意見は聞いていて影響は受けただろう。
    > しかし、それらに関係なく、権力者には責任を負う。コレが判らないのは、ポン助の人間としての資質が劣っているからに他ならない。
    > 残念だね、相当劣っている。頑張れよ、私には こう言うしかない。

    以上、この掲示板において自分の主張に対して立証責任を一切果たさず、適当なこと言って逃げ回っている、相当劣った負け犬さんの遠吠えでした。

  • >>No. 22903

    > ゴマシオは共産主義を何も知らないのに、嫌いらしい。知らないものを嫌うから、中国のような不労所得を認めている国家まで、嫌ってる。味噌も糞も見境がない。従って話がオモロないなぁ、
    > ま、間も無くキァラップの調査のように、社会主義の時代が来るから、慌てるなょ(笑)

    で、その間の無くはいつ来るんだろうな、5億7600万年が56億7000万年とかミクロ菩薩の下生とどちらが早いのか見物ですな。

  • >>No. 22890

    > ?ブリタニカの「欽定憲法として発布,90年 11月 29日に施行された。内容は,7章 76条から成り,まず第1条に「天皇主権」を定め,ほかに統帥大権,外交大権,非常大権などの広範な天皇の大権を規定した。」はウソか?

    で、同憲法第55条で担当部署のトップが権限があり天皇にはないと明記されてるけど。

    実際に明治天皇は日清戦争で誰にも相手にされず「朕の戦争にあらず!」とキレているけど。これのどこに専制的な大権があるので?

    > 天皇主権と明記してあるが、無視か?

    と、イギリスが現在進行形で君主大権を保持しているのを無視だか理解できない嘘つきだかバカがここにいると。

  • >>No. 22900

    > バカの相手に飽きて虫籠にキュウリを入れなかったら、ゴマシオがウソばかりついている。
    >
    > >>デンマーク(社会民主主義国)の人と話したことがありますが、社会保障については理想に近いですよ。
    >



    > 何処で言ったか?デンマークの元首相との話はしたが、ゴマシオの捏造はバカバカしくて、話にならない。匿名サイトではウソをついて、何になる。アホだよなぁ。

    以上、デンマークが王国であることが理解できないおバカさんの意味不明な遠吠えでした。
    なお外務省のHPより

    https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/denmark/index.html
    デンマーク”王国”(Kingdom of Denmark)


    政治体制・内政



    1 政体

    立憲君主制

    2 元首

    マルグレーテ2世女王

  • >>No. 22875

    > >注目すべきは、民主主義があっさり定着したこと。
    >
    > 権限のある君主が存在する「民主主義」は、あり得ない。主権者が君主では、民主主義ではないだろ!

    つまり、 権限のある君主が存在するイギリスは民主主義ではないと。

    > 欧州の君主は、権限が制限されている。

    日本の天皇は禁中並公家諸法度により江戸時代から権限に制限を受けておりますけど。
    この御仁の妄言に従えば日本は江戸時代から民主主義らしいな。

    >身勝手な解釈をするんじゃないよ。(^.^)

    自己評価は的確ですな。

  • >>No. 22873

    > > 現代の政治家で「大正デモクラシー」を評価しない人はいないでしょう、極右・極左を除けば。
    >
    > 縄文時代を過大評価する保守派がいます。

    といって意味不明なこと言って自分の無知蒙昧浅学非才を誤魔化そうとするのが革新派というらしい。

    いつから革新とはバカだか負け犬の代名詞になり下がったのですかね。

    >専制君主を温存しておいて「デモクラシー」と言うのとよく似ています。

    イギリスのことで?世界中でそのような幼稚なこと言っているのはお前さんぐらいでしょうけど。

    > そう言う連中は、反省する事が出来ませんから、成長しませんね。(笑)

    自己評価は的確なようで。

  • >>No. 22863

    > 《議会主権=国民主権、も理解出来ないバカらしい。》(^.^)

    で、お前さんが≪前に示した≫ものと照らし合わせれば、戦前の日本にも議会がありますけど。
    ついでに言えば選挙制度なども当時のイギリスなどの欧米諸国と比較してもさほど大差はございませんが。

    そうなると戦前の日本もイギリス同様に議会主権=国民主権、となりますねがね。それを無視しだか理解しないで日本は専制君主制だ!とかいっているお前さん”が”、

    《議会主権=国民主権、も理解出来ないバカらしい。》(^.^)

    となりますけど。




    そもそも、お前さんの主張は


    ・主権者が国民ではないと民主主義ではない!

    とか

    ・君主がいるのは民主主義ではない!!

    という話でしたが。

    私を含めて他の方々が戦前の日本にも選挙や議会があるから民主主義である、と言うのを無視して。

    それらを覚えていないでコロコロ内容を変えて適当なことをキャンキャン吠えられるとは、アホどうこう以前に痴呆症のようですね。

    それとも単に日本バッシングしただけであってそのために適当なこと言っているだけの恥知らずか。

    ないのは知性・知識か記憶力か羞恥心かは知りませんがそれらを得てから出直してもらいたいものですけど。

  • >>No. 22857

    > 専制君主制のバカバカしい憲法を維持することを、民主化と勘違いするあたり、全く民主主義を理解していない。お笑いだね。

    つまり名誉革命以降、しばらくは上流階級が政治の実権を握っており、現在進行形で君主主権のイギリスは専制君主制の国だとなりますな。民主主義を理解(笑)しているお前さんの視点では。

    もっとも、世界の9割から見ればお前さんの妄言がお笑いですけど。


    ちなみにイギリスの…というよりも欧米の民主主義が今日に近い形になり始めた時期は日本より少し早い程度、場合によっては同じ時期くらいなんですがね。

    それを無視して日本バッシングしたいだけか、それともそのことを理解できないお笑いレベルのお頭なのか。

    どちらにしろお勉強し、少し考えてから出直しましょうね。

  • >>No. 22837

    > なぜ、管理してもらえば、納税義務が無くなるのか?

    納税込みの管理だから。ましてや管理者が税金納め先である国だから。

    >いい加減な思い付き発言だから、本人も解らないのだろう。(^^)
    >
    なぜ納税の是非が立憲君主との差異になるかわかっていないお前さんのことで?


    > (笑)その君主か存在するだけで、非民主主義だけと、

    全然。現にイギリスやオランダなどは日本同様、君主がいても民主主義国家ですよ。

    ちなみに君主制の反対は共和制であって民主主義(この反対は専制制や独裁制)ではございません。

    ので、君主の存在どうこうと民主主義はそもそも、関係ございません。

    というか、お前さんが上げた№22818 「イギリスの主権。(ブリタニカから抜粋)」にはイギリスは民主主義であるとする趣旨の文章があるけど。

    だからこそ、お前さんが提示したのでしょうが…今度はイギリスには国王がいないとでもいい張るので?それともブリタニカまちがいだとか?

    どちらにしろ少しはもの考えたうえで投稿した方がいいですよ。
    そのれでも考えてこの程度で?でしたらお頭のアップデートでもした方がいいですよ。具体的には小学校からやり直すとか。

    >何を考えているのか?このアホ。

    何も考えておりませんよ。
    考えるまでもなく日本国民としては最低限身につけている教養を披露しているだけで。

    それとも1+1=2程度のことをいちいち考えないと答えられないのですかね、この御仁は。

    まぁ、だから「君主主権のイギリスは専制国家だ!」とかそれ以前に「イギリスが君主主権である」ことすら理解していないのでしょうな。

    > 古いPCを覗いたら、rug は虫籠にいた。^_^ アップデートしておかないとね。アホは変わってないなぁ。

    といって逃げ回っている大アホはお前さんですが、やはり変わっておりませんね

本文はここまでです このページの先頭へ