ここから本文です

投稿コメント一覧 (1510コメント)

  • フルメンバーいれば交流戦5割は余裕だったかもしれないが、そうでない中で8勝10敗は十分
    何が何でも5割を目指していたなら筒香はもうスタメンだったろうし、ロペスもDH代打オンリーで残していたかもしれない。ロペスを二軍に落としたあたりから、レギュラーシーズンを重点に見据える方向に転換したように見えた
    そして、これから徐々に試合の勝ち負けが大事になっていくなかで、誰を一軍に残すかという選抜の作業もあったと思う。先日も言ったとおり、誰がふるい落とされるのかは概ね予想できるし、この時期にふるい落とされた選手は今季、よっぽどのことがない限り一軍で見ることはないと思われる。世知辛いがそれこそ勝負の世界

  • 投手陣が踏ん張れないと今の二軍のような打線で勝つのは難しい。むしろよく三タテされなかったと思う
    交流戦で今のようなお試しは終わるだろうし、残り2試合とはいえ、夏場に向けてふるい分けがだいたいどうなるかは見えてきた。そういう意味では成果はあったかもしれない

  • DeNAとは関係ないが、梨田監督が辞任とのこと。近鉄や日ハムを優勝に導いた名将が途中辞任というのはやるせない面はあるし、オーナーの意向をそれこそ忖度しないといけない球団での気苦労は計り知れない。監督代行は平石と比較的若い人なので、上としてはやりやすくなりそうだが
    オーナーはじめ上層部が現場に介入してくるほどに強いと、監督を引き受けてくれる人は限られてきそう。楽天ファンには申し訳ないが、DeNAがそういうチームでなくてよかった

  • 大和と神里がまたも大仕事。スタメンが期待できない中、数少ない一軍レベルの選手が相応に決めてくれた。勿論、しっかりバントを決めた関根も素晴らしい
    しかし、最も称賛されるべきは、11イニングを無失点で抑えた投手陣。やはり投手陣が踏ん張ってくれれば、あの野手陣でも何とかなる。ただ、毎度こうもいかないはずなので、筒香の復帰が待たれるところ

  • ヒットは打ってるのに点が入らないのには色々と原因があるが、今日(昨日もそうだが)の場合はランナーが出ても返す打者がいないからというのが大きい。能力が足りない選手だらけゆえに打っても単打が多く、どうしても続かない
    今日は筒香も背中(首?)痛で欠場しほぼ二軍のようなスタメンだった上に東も乱調となると負けるのも致し方ない。飛車角金銀落ちでは采配以前の問題
    ディクソンは今季絶不調らしいが、筒香一人が復帰しても他のメンバー的に得点はそれほど期待できない。引き続き投手陣の踏ん張り次第になりそう

  • 明らかなお試しスタメンで試合に臨んだけど、結果勝てたのなら問題ない
    中継ぎ陣が頑張って勝ちをもぎ取れた。大和は守備でいいプレーがあったし決勝打も打って復帰戦としては理想の形。ただ当たった場所的に無理は禁物なので、休み休み使ってほしいところ

    交流戦ラストスパートをかけたいが、ロペス梶谷ソトエスコバーがいないのでやはり駒不足は否めない。今日のように、投手陣が踏ん張っていくほかないか

  • 打線は筒香と宮﨑以外全員非レギュラーというメンバー、先発は谷間という状態なので勝てないのは仕方ない。選手の力量差が如実に出ているので、奇跡的に噛み合う展開が起こらないと勝ち負けを競うことすら難しそうだ
    明日大和が出るかどうかは微妙、出ても守備ではプラスになるものの頭の影響はゼロではないだろうし、打撃の上積みには乏しい。先発も平良となると長いイニングは投げられないだろうから、引き続き厳しいことになりそう
    奇跡がおきてくれればいいが

  • 神里の適応力はすごい。素直にここまでとは思わなかった。キャンプで故障して離脱したのであまり無理は禁物かもしれないし、総合的に梶谷の穴を完全に埋めているかというとちょっと疑問だが、それでも十分活躍している
    大和も、チーム二塁打数1位ということで打撃でも意外と貢献している。尤も、セイバー的な打撃の貢献度は低いので物足りないのは確かだが、大和に打撃面でそれほど期待できないのは最初からわかっていたので、二塁打や得点圏打率などを考慮すればまずまず。守備も含め、前任のショートと比べれば大幅に改善したと言える。大和が常に控えにいるチームは間違いなく強いんだろうが、残念ながらこのチームはそんなレベルにはいないので
    濵口はだいぶ上がってきているとは思うが、詰めが甘かった。次に同じようなことをしなければ問題ない

  • これでもなお先発を引っ張れと騒ぐのかな

  • セイバーメトリクスではなくサイバーメトリクスを熟知されてるんなら高く評価するだろうね
    サイバーメトリクスって何のことか知らんが

  • 毎年のようにUZRやWARで12球団最低クラスの数値を出している倉本を、セイバーメトリクスを知っている人が評価することはあり得ない
    倉本を評価すること自体が、セイバーメトリクスを知らない、または無視しているということの証左。ラミレスは当然知っていると思うが、立場上、公に言えないだけだろう

    ただ、それが悪いことだとは思わない。人にはいろんな見方があるから

  • 単に選手の能力がなかっただけなのにそれを采配のせいにされたらたまったもんじゃないよなと、他の板を見て思った
    背番号5についても自分の印象だけで意味不明な擁護しちゃってるし、やはりヤバいなあ

  • UZRはあくまで「リーグにおける同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだか」(wikipedia引用)というそれ以上でもそれ以下でもないもので、初めから守備の上手さを測る指標ではない。尤も、うUZRの問題点は確かに指摘されていて、これを以て守備の全てを測ることは適切とは言い切れない

    ただ、倉本に関しては、内野手として致命的な守備範囲の狭さと反応の鈍さは残念ながら指標抜きにしても否定できない。梶谷のように長打を打てて盗塁もできるのであれば内野を続けるにせよコンバートするにせよ道はあるが、倉本にはどちらもない。そして、怠慢守備まで相次ぐとなると、いよいよ一軍で使えない
    倉本を評価するOBというのも、セイバーメトリクスをよく知らなければ、守備範囲が狭いだけで堅実に見えるからというのもあるだろう。さすがにあの怠慢守備を見てもなお擁護するOBはいないだろうし
    大和は大事なところでエラーするというのも、逆に大事なところで助けられた場面も当然多いし、倉本では抜けていただろう打球も処理しているし、何より怠慢はただの1つもない(プロなら当たり前だが)。今日のように休みを入れれば、今後も普通に活躍してくれるはず

  • 怠慢守備を繰り返した背番号5がようやく二軍に行ったということでほっとした。二軍ですら若手の出場機会を徒に奪うことになるのでできれば二軍でも試合に出さないでほしいところだが、さすがに現実的ではないので仕方ないか

    また、井納が二軍で先発したそうで、やはり先発調整のための降格だったのかな
    当初、昨年のローテの柱が相次いで故障し開幕に間に合わないということで、代わりの先発には最低5回まで投げてもらい、井納を中継ぎにしてリリーフを充実させ、柱が戻ればより磐石の体制になる、と目論んだみたいだが、蓋を開けると去年の柱はウィーランド以外著しいパフォーマンス低下、東はルーキーでどこまでもつかわからないということで、井納に先発でイニングを稼いで貰わないと本当に中継ぎが崩壊しかねない、というところだろう
    濵口はまずまずだが、今永や石田に裏切られたラミレスの心中は察するに余りあるし、彼らのおかげで井納が振り回される羽目になっているのも不憫だが、堪えてさらに頑張ってほしい

  • 大和は倉本よりもOPSがかなり上、そして意外なことに二塁打数と三塁打数はチーム1位なので、倉本どころか柴田宮本よりも確実に打撃の貢献度は高いでしょう。勿論守備は言わずもがな
    これからどうなるかはともかく、今の状態でこんな選手をスーパーサブの控えになどしていたらとんだ敗退行為と言えるでしょう

  • >>No. 93

    まだ序盤ということでサンプルが比較的少ないというのもあって、UZRはそれほど悪い数値は出ないこともあるようです。確かに数字だけ見れば改善しているように見えますが、デルタのUZRでは倉本は既にセリーグの規定イニング二塁手最下位の数値となっています(銀次がやたら低いので12球団最下位は免れそうですが)
    尤も、これだけで全て判断するのも確かに良くない面があると思われます。先の阪神戦での大和との連係は見事だったと思いますし、UZRが悪いということのみで今すぐ控えあるいは二軍というのも考えものです

    ただ、守備の貢献度が低い状態が何年も続いているのが事実。長打力も走力も劣っているため打撃の貢献度も低く、これらのディスアドバンテージを背負ったままではチームとしてさらなる上は見込めません。彼からポジションを奪う存在が出ない限り、優勝は厳しいでしょう

  • >>No. 1085

    飯塚が良い防御率で収まっているのは、大惨事になる前に早めに替えているからでしょう。先日の阪神戦でも、6回を任せていたら何失点していたかわかったものではないので
    どんなにいい投球をしていても80球超えたあたりで露骨に球がばらつき始め、捉えられる、というのを毎度のように繰り返しているので、残念ながら任せてもらえないのは当たり前。とはいえ、先日の阪神戦では、糸井に打たれた時点で替えると思っていましたが続投したので、以前よりも次のステップに上がったのではないかと思います。ただ、その後四球を重ねてしまったので、このままならしばらくはまだ任せてもらえないでしょう
    飯塚が疑心暗鬼になっているとは思いませんが、なってるとすれば、替えられて当然のことやって何を言ってるんだ、という感じです。疑心暗鬼ではなく「自問自答」のコメントでしょう

  • 「どうやったら最後まで任せてもらえるのか」という飯塚の問いに、東が答えを出した。140後半のストレートを連発し、途中球速は落ちるけど最後には再び球速を戻す。空振りのとれるチェンジアップ。ストライクをバシバシ取りにいく
    まだ育成段階を完全に脱していない飯塚にあそこまでの完成度を求めるのは酷だし、すぐに実現できるとも思えないが、いいお手本がすぐ近くにいるのは大きいと思う

  • 先日の倉本の守備の問題はエラー自体ではなく、エラーの後、「あーあ」みたいな感じになって捕り損ねた球をすぐに捕りに行かなかった=ランナーの存在およびランナーの足のことが全く頭に入っていないプレーをしたこと
    まともな二塁手なら、ランナーがいることが頭に入っていないなどあってはならない。そこが怠慢であるとする理由。ラミレスも先日の広島戦での倉本のエラーについて「エラーは仕方ないが、そのあとのケアは良くなかった」旨の発言をしているように、あのプレーを問題視しないのは経験者でなくとも、野球を見てきた者ならばあり得ない

    去年の中日戦でも遊撃でランナーが頭に入っていないとしか思えない同種のプレーをしており、今回で二度目である。しかもどちらも失点に直結している。一度ならず二度までも、「後」の処理を怠るのは、この選手に潜在的な守備センスがないことの証左であり、守備の要たる二遊間では使ってはいけないタイプの選手

    課題の守備範囲も一向に改善せず、年齢も20台後半に差し掛かっているところからも、もう二遊間として守備の大きな伸び代は期待できない。とはいえ、控えのレベル的に、今すぐ彼がいなくなったとてチームが劇的に変わるかと言われるとそうも思えないので、彼を追いやる選手の登場が待たれる。彼をレギュラー級として使っている間は、優勝など不可能だと確信している

  • こと筒香に関しては、個人主義でもいいと思う。そもそも、個人目標聞かれて「最高出塁率」という頓珍漢な答えを言う(冗談だと信じたいが……)時点で、主軸であることを何か勘違いしているように思う
    チームのためとよく彼は言うけど、彼が打ちまくることが最もチームのためになることにいい加減気付いてほしいところ。みんな筒香に回そうとしてるのに、当の本人も繋ごうとするなんて、ある意味チームを裏切っていることになるのでは
    村田や内川がいくら打っても勝てなかったあの時代ではもはやない。自分が打てなくてもチームが勝てばいい、というのは尤もだが、筒香が打てば、もっと楽に、もっとたくさん勝てる。そこを履き違えないでほしいと思う

    梶谷は個人主義ではなく、そういうプレースタイルなんだと思う。あんまりとやかく考えさせるよりは、自由に打たせる方がよさそう。ソトの打撃が良いのもあるが、守備固めで出てこないのは、身体のどこかがまだ悪いのではないかと思う
    倉本は残念ながら自己中と自己満足の塊だろう。ヤクルト戦での信じられない初球ゲッツーや、先日の二塁手失格の怠慢守備(怠慢守備は去年も中日戦でやっている)など、もう彼は試合に出す必要はないと断言する。現状であれば柴田と宮本、田中で回して行くのを理想としたい

本文はここまでです このページの先頭へ