ここから本文です

投稿コメント一覧 (285コメント)

  • そんなにここにいい材料出てたの?

  • >>No. 388

    今更な何を調査するのかな?
     今までも再三、粉飾の指摘を受けながら、ある時期には東証からも直接に再調査の依頼がありながら動かなかったくせにね・・・どうせこういう国策企業はナアナアで済ませるの!

  • こういう場合、一般株主からの損害賠償にならないのかな?

  • 何でここがこんなに盛況なの・・・北の関係あるのですか?

  • 開き直りっていうより、ここはお上お墨付き」を頂いてるのだから、役員が真面目に働くわけないの!

  • そうですかね・・・ここが下げないの日の丸が守っているからでは!?

  • ここは最後には日の丸が助けるから意味ないの・・・いくら正論を唱えてもね!

  •  瓜禁ってば!
     ここはどうせ、〇計学園と同じで政府の上層部の強い要望が届いているからね・・・庶民が経験則で勝負しても最初から勝負にならないの!

  • どうせ又、東証や検察が気が付かなかったことにするよ!

  • 売り禁解除になるんかな・・・?
     当然、売り禁の方が下げにくくなるからね・・・東証も検察も、いや国もここには甘いからね!


  • 何でここが上がるのかな・・・?

    東芝とWD社 合意点見いだせず

    日本テレビ系(NNN) 5/25(木) 2:35配信
     東芝の綱川社長が、半導体新会社の売却に反対するウエスタンデジタル社のミリガンCEOと24日に協議したが、合意点は見いだせなかった。

     東芝の半導体新会社をめぐっては、経営パートナーのウエスタンデジタル社が、「契約上、自分たちの合意なしで売却はできない」として、国際調停機関に売却の差し止めを申し立てている。

     東芝の綱川社長は24日、事態の打開をめざし、ウエスタンデジタル社のミリガンCEOと会談したが、合意できなかった。

     半導体新会社の入札には、アメリカの投資ファンドや台湾のホンハイ精密工業など、4つの陣営が参加しているが、東芝とウエスタンデジタル社の対立が激しくなったことで、政府系ファンドの産業革新機構が投資決定の正式な手続きに入れずにいるなど、影響が出ている。

     東芝は、来月の株主総会までに売却先を決めたい考えで、引き続き説得を続ける予定。

  • 会社更生法に「申請」じゃないのですか?
     ここ、一連の流れを見てると、どうも「ここを守る」勢力の方が優勢な気がするけどね・・・これはモラルハザ-ドなんだろうけどね!

  • 何で売り禁なの・・・玉が足らないのかな?

  •  ここはもうお上のお墨付きが確約されている事がよぉ~く分かりましたよね・・・下手な社会主義国家よりもよっぽど国とベッタリされてる事が世界に発信されましたよね・・・日本人とした恥ずかしいですね・・言う事はそれだけやな・・・馬鹿バカしくてね!

  •  消滅希望ってどういう意味ですかね?
     ここだけ(?)がこれだけ特別扱いして頂けるなら、新卒希望の皆様、是非ともこぞって糞芝に入社してください・・・ここは何でも有りみたいだからね!

  • 経営幹部が舐めきっている

     そんな東芝は、監査法人から「意見不表明」になっても、堂々と有価証券報告書を出すのだろう。実際、昨年10-12月の四半期報告書は「意見不表明」のまま、財務局に提出され、財務局も何も無かったかのように受理している。本決算が「意見不表明」になっても、提出された有価証券報告書を受理するに違いない。

     これは監査制度の危機だ。東芝の行動は「監査意見なんて無くてもいい」と言っているに等しいからだ。日本の資本市場の歴史の中で、ここまで堂々と開き直って、監査制度をコケにした企業は無かった。

     にもかかわらず、監査法人や会計士の間からは、東芝の姿勢を厳しく断罪する声が挙がらない。昨年7月に日本公認会計士協会の会長に就任した関根愛子氏は、「監査制度の信頼回復」を掲げて会長選挙を勝ち抜いたが、一向に東芝を強く批判する発言はしていない。

     それどころか、記者会見で「監査法人は自分たちの納得のいくまで会社側と話すことが必要」と述べて、担当のPwCあらたがもっと東芝と意思疎通するよう求めるかのような発言をしている。

     資本市場で株式を売買する投資家にとって、企業が公表する決算書が正しいかどうかは極めて重要な情報だ。粉飾されて利益を上乗せした決算数字を信じて株を買えば、実態が判明した時点で大損するリスクを背負い込む。その信用の根源を支えているのが監査制度なのだ。資本市場が真っ当に機能するための基本的なインフラと言ってもいいだろう。

     では、粉飾決算で投資家を欺く企業が出てきたらどうするか。そうした「悪貨」を駆逐するために、証券取引所は「上場廃止規定」を設けている。有価証券虚偽記載をした会社や、監査意見を得られなかった会社は市場から追放するぞ、と規定しているわけだ。

     ところが、東芝の場合、この規定に対しても開き直っている。「どうせ、うち(東芝)のような大企業を東証は上場廃止にできないだろうと、経営幹部が高をくくっているように感じる」と、上場廃止を判断する役目を担う東証自主規制法人の外部理事のひとりは言う。

     東証も金融庁も公認会計士協会も、なぜか皆、東芝に対して怒りを露わにしないのである。露わにしないというよりも、怒っていないのではないか。自分たちが支える資本市場や取引所、監査制度の根幹を揺るがされているというのに、そうした実感がないように見える。

     まともに監査意見を取れなかった企業が上場を維持し続け、市場での売買を許される――。今後、粉飾決算をする企業や、監査意見を取れない企業が出て来るたびに、東証は、なぜ東芝だけが「例外」なのかを説明せざるを得なくなる。

  • 今でも役員様は数千もらってるの・・・冗談じゃないですよね・・・ここは役員も一般社員も感覚が狂ってるのじゃないかな・・・糞芝が傾きだした時に一般社員がTVのインタビューで喋ってたけど「ボーナスが2月分づつ出てたのが1月分になって辛い」てか・・・「ここは倒産寸前のボロ会社だぞ」みたいな自覚ないのかな!

  • 普通はそうなんだろうけど、ここは特殊だからね・・・今までも何度も「勝負あった」と思いながら、まさかの高騰を繰り返していたよね!
     でも、今日の下げは流石に今までとは少し雰囲気が違う気がしてきたけどね・・・いよいよマ-ケットから見捨てられつつあるのかな!

  • 米国の企業はこういう権利関連の訴訟には相当に長けているからね・・・万が一、糞芝の主張が正論でも、「儲けの一口回せ」くらいは要求するかもね・・・今言えることは、こういうWD社の件がメモリ-の処分に冷や水を掛け、ひいては糞芝の再建事態に深刻な影響を与えることだね!

  • もうここには何もないですよね・・・ここは特別扱いするから「構いなし」みたくお墨付きが得てるのじゃないの!?
     このまま「逃げ切り」できるなら、真面な事業展開してる正常な経営者が馬鹿に見えませんか!?

本文はここまでです このページの先頭へ