ここから本文です

投稿コメント一覧 (139コメント)

  • GW後半の山歩き

    GWも後半の4連休に突入し、今日は朝から五月晴れとなったことから、いつもの「右田ヶ岳」に山歩きに行って来ました。 3日は2日に降った雨の影響もあり、今日の山歩きとなりました。
    さすがに今日は駐車場も空きがあり、9:35に天徳寺をスタート。

    今日は天気の割に気温も高くなく、風もそれなりに吹いていたことから非常に登り易い、山歩きにとっては最良のコンディションだったように思います。
    汗もそんなに掻くこともなく、無給水で登る事が出来ました。途中2組のご夫婦を追い越した以外は、登りの方と出会う事はなく、10時半前に山頂に到着しました。
    山頂には10名位のグループが1組と後は何組かのご夫婦・親子連れの方がいらした程度でした。
    今日も青空は澄んで綺麗でしたが、景色の方は霞んでおり残念でした。でもとても気持ちの良い“山歩き”だったのでGood!(^_-)

    画像は第1ピーク(石舟山)から撮った右田ヶ岳です。(青空が綺麗です)

  • トレッキンググッズ購入

    GW前半3連休の最終日も山口は晴天に恵まれました。
    今日はこれからの季節に備えて、トレッキング用のシャツとTシャツを買いました。
    日差しが強く暑くなるので、UVカット、吸汗速乾に優れたシャツを揃えました。シャツはサックスブルーの見た目も涼しげなものにしました。
    ヒマラヤとスポーツデポに見に行きましたが、自分の好みと価格があった物ということで今回はデポでの購入になりました。いずれもSOUTH FIELDの製品となりましたが、これらを身に付けて“山歩き”をするのが楽しみです(^o^)

    まずはGW後半の4連休で、どこかに行って来ようと思っています。
    画像はシャツです。

  • 「右田ヶ岳」山歩き

    GW初日、五月晴れの陽気に誘われて「右田ヶ岳」に行って来ました。
    最長で9連休と言われる今年のGW。私は暦通りの勤務となるので4月の今日からの3連休と、5月は3日~6日の4連休です。この3連休は晴天の予報ですので初日に“山歩き”をしました。

    せっかくの大型連休と言うこともあって、登山よりは旅行に行かれる方も多いようで今日の「右田ヶ岳」は駐車場にも若干空きがあり焦る必要はありませんでした。
    10時に天徳寺を出発、先週も「陶ヶ岳」を歩いているせいか、さほど疲労感もなく、いつものゆっくりとしたペースで登る事が出来ました。石舟山に着くまでに2組のグループを抜きましたが、その後は抜く事も抜かれることもなく、11時前には山頂に到着。
    山頂には、さすがに数グループの方がおられ春山を楽しんでおられました。

    私も汗を拭き、気持ち良い青空のもと景色を眺めましたが、黄砂やPM2.5のせいもあり相変わらず霞んで見晴らしは決して良くありませんでした。しかし新緑は美しく、私も山頂から徳地方面にカメラを向け1枚パチリ! 10分休憩し下山しました。

    5月は3日は雨予報となっており、5日に晴れれば何処か“山歩き”に行ってみたいと思います。

  • 「陶ヶ岳~火の山」トレッキング

    先週とは違い今週は晴天が続き、今日予定されていた「山口県ひとづくり財団」主催の「陶ヶ岳体験登山教室」に参加して来ました。
    今日は朝から青空が広がり、最高気温は25℃を超す夏日になりました。

    セミナーパークで10時より、山口県山岳・スポーツクライミング連盟の方による「疲れない山の歩き方」の話や地図を使っての「コンパスの使い方」等の講義を受け、11時過ぎに登山開始となりました。
    今日の参加者は53名で、8班にグループ分けをして出発! 私は6班の班長に指名され7名の皆さんと一緒に行動をしました。陶ヶ岳の山頂で昼食後、再度コンパスを使った実習、記念撮影を行いました。その後、体力に自信のない方は下山、そうでない方は「火の山」への縦走に挑戦しました。
    班には小さなお子さんも居たので、ゆっくりとしたペースでしたが班員全員が全コースを踏破することが出来ました。
    下山したのが15時半と予想以上に時間がかかりましたが、久しぶりの登山を楽しむ事が出来ました。

    新緑の美しい時期ですから、GWも含めて積極的に“山歩き”を楽しみたいと思います。
    今日は結局1枚の写真も撮れませんでした・・・ ですから以前登った時の写真を付けておきます。

  • 3月最終日の山歩き

    連日の晴天続きと春の陽気に誘われて3月31日(土)に「右田ヶ岳」の山歩きに行ってきました。
    2017年度も今日で終わり、明日からは4月ということで最後の締めのような気分になりました。

    最初に書いた通り、3月最終週は晴天が続き朝晩の冷え込みはあるものの日中の気温は20℃を超していた為か、桜が一気に咲き始めこの週末が満開と花見には絶好の日和となりました。
    その為か、皆さん「山より桜」と思われたようで、この日の登山者は非常に少なかったです。
    駐車場は勿論、余裕で停められ、それを反映するかのように山頂にも私を含め2~3人と久しぶりに静かでノンビリ出来、思いっきり景色を満喫出来ました。
    登山道にも春の到来を告げる“山ツツジ”が咲き始めていたり自然を感じる事が出来ました。

    4月14日には佐賀県の知人が「右田ヶ岳に登りたい」と言っていて13日夜から来ることになり、それも楽しみの一つになりました。好天に恵まれ「右田ヶ岳」の素晴らしさを知って貰えたらと思っています。


    画像は、登山口の天徳寺前の参道に植えられていた桜と右田ヶ岳(前岳の「石舟山」)をバックに撮ったものです。

  • 「右田ヶ岳」は面白い!!

    今朝も朝方は冷え込んだものの、春の日差しタップリの晴天に恵まれ今日も「右田ヶ岳」の山歩きに行って来ました。 誰も考える事は一緒で、9:45に右田小学校前の駐車場は満車、仕方なく塚原口駐車場に向かうも、やはり超満車状態・・・ この陽気なら仕方ないと思い右田小前駐車場を再確認しつつ帰路へとつきました。国道262号を山口方面に戻り勝坂でふと反対車線側に「右田ヶ岳登山用駐車場」と書いてあるのが見え、1台分の空きスペースがあったのでUターンして駐車。勝坂口から今日は登ることにしました。

    今までは「天徳寺口→天徳寺口」、もしくは「天徳寺口→塚原口」はありましたが、天徳寺コース以外から登るのは初めてのこと。駐車場にあった案内には50m先登山口↗とあったことから向かうも、登山口の表示はなく暫く辺りを歩いてみたものの分からず諦めて帰ろうとしたところ、いかにも今降りて来ましたと言う人に出会い、登山口を教えてもらい10:05登山開始。登山口からは1本道で手入れがよくされた登山道を登って行きました。良くも悪くも石を利用されて階段状に登山道が整備されていて、逆に足(膝)にキテしまい疲労感が半端なかったです。

    勝坂コースは、右田ヶ岳を西側からトライする格好で、こちらも巨大岩や絶壁が多く、数十メートルに亘り補助用のロープが吊り下げられてあったりで、とても面白いコースであることが分かりました。
    また天徳寺コースは正面(南側)からのトライになるので、右田ヶ岳山頂からも北側の景色を観ることが出来ないのですが、勝坂コースでは北側(山口市方面)の景色も良く見え嬉しくなりました。
    初めてのコースなので途中の巨大な岩場の端まで行ったりして、コースを満喫しながら歩く事が出来ました。このコースは「右田ヶ岳」の「西岳(城跡)」を経由して「本岳」に至るようになっており、本岳への到着は11:02となりました。
    山頂には予想通り大勢の登山客で賑わっており、最近ならではで小型のドローンを持参され山頂の空中から自分達の写真を撮っている20名位のグループもいました。また昨日、大阪からフェリーに乗って門司まで行き、そこから貸し切りバスで「西目山~右田ヶ岳」横断登山に来られてると言う15名位のグループもあり、人気の高さを伺う事が出来ました。

    今回は写真もたくさん撮りました。画像は巨大岩です。

  • >>No. 178

    シマッタ! 申込先を書くのを忘れてました・・・^_^;

     申込先:山口県ひとづくり財団 県民学習部 学習振興課
     TEL:083-987-1710
     受付開始:3月22日(木)8:30~
      ※電話のみで受付。定員になり次第、〆切となります。

    以上、興味のある方はどうぞ!!

  • 「陶ヶ岳 体験登山教室」のご案内

    山口県ひとづくり財団が主催する、体験登山教室が下記の日程で開催されますので、ご紹介します。

     ◎日  時:2018年4月21日(土)10:00~15:30
     ◎集合場所:山口県セミナーパーク研修室205
     ◎参 加 費:無料
     ◎講  師:山口県山岳・スポーツクライミング連盟
     ◎定  員:50名程度(お子さんは小学4年生以上)
     ◎コ ー ス:①陶ヶ岳(初心者向け)
           ②陶ヶ岳 → 火の山(体力に自信のある方)
         ※当日どちらかのコースが選べます。
     ◎内  容:疲れない山の歩き方や地図の読み方を学びながら春の登山を楽しみます。
     ◎準備するもの:弁当、飲み物、軍手等

    1年に春と秋の2回程度、開催されています。昨年の秋は雨天の為、中止となりました。
    こちらも初心者向けで、セミナーパークの裏手にそびえる「陶ヶ岳・火の山連山」の登山です。
    最初はセミナーパークで山の歩き方等の講習を聞いて、その後、登山の開始となります。体力に合わせて「陶ヶ岳」のみの登山か、「陶ヶ岳~火の山」の縦走かを選べるようになっています。
    興味のある方は、参加されてみてはいかがでしょうか!

  • 「山口市民登山教室の会」のご紹介

    今日の山口は雨が降り続いています。3/4の“大蔵ヶ岳”登山以来、所用があって山歩きが出来ておりません。

    さて、3/15付けの市報に「市民登山教室の会」の案内が出ていましたので、皆様にご案内致します。
    今年度から開始されたこの会も、3/18(日)要害山登山(私は参加出来ませんでした)で年間行事が終了となりました。 そして来年度も引き続き開催されることとなり、会員の継続ならびに新規会員の募集がされていますのでお知らせします。

    ◎内容
      山口山岳会の会員が同行し、日帰り登山を年4回程度、清掃登山などのボランティア活動を
      数回程度、山口市内の山で実施されます。
     ★年会費:1,600円(保険料別)
     ★申込・問合せ:ハガキで
       ・〒住所、氏名、生年月日、電話番号、血液型
      を記入の上、下記の連絡先までお願いします。
       〒753-0821 山口市葵1丁目4-14
        市民登山教室の会 事務局 阿部さん
       電話番号 090-9460-3381

    私が1年間、参加をさせて頂いて、会の名称通り「登山教室の会」というだけあって、山登りを始めたい方や初心者の方向けの無理のない計画になっています。また山岳会の会員さんが多くサポートに付いてくださっており安心して山登りを楽しむ事が出来ますのでお勧めです。
    登山は6月・9月・12月・3月の4回が山口市内の山が計画されており、10月には「市民登山教室」として県外の山にも行く予定があります。
    1回の登山参加者には保険料として約400円が別途必要となります。(来年度は金額が変わるかもしれませんが・・・) 来年度は今年度とは違う山に登る計画のようですから、色んな山に登れるという楽しみもあると思います。
    私も昨日、継続の参加ということでハガキを出しました。是非とも皆さんも参加してトレッキングを楽しみませんか!

  • 「大蔵ヶ岳(834.4m)」トレッキング

    今日は、山口市の「市民登山教室の会」主催の“大蔵ヶ岳”登山に参加して来ました。
    もともと12月17日に行われる予定でしたが悪天候で延期となっていたものです。山口県も1月中旬~2月中旬までは近年には見られなかった位、積雪の回数が多く大変な厳冬でしたが、3月に入り日中の気温は春らしい陽気となっていました。
    今日も最高気温が20℃と予想される程、暖かく穏やかな天候で絶好の登山日和となりました。
    “大蔵ヶ岳(834.4m)”は山口県の百名山の一つにも挙げられており、山口市阿東(旧 阿武郡阿東町)にある山です。

    さて今日の登山は、登山口となる「大藏嶽神社 中宮」駐車場に9時集合でした。今日は会員の参加者が11名と少なく山岳会の方が17名で9:15に山頂に向け出発。阿東町は県内でも積雪量の多い所で、登りは谷コースであった事から、登山道には積雪が残っている所も多く20cm位の雪にハマりながら厳しい登山となりました。
    10:05には途中の名所「大岩」に遭遇し、10:30には「権現窟」を拝む事が出来ました。そして5分後には「大展望岩」に到着し、阿東や近隣の山々(十種ヶ峰・高岳山・飯ヶ岳・青野山等)を一望することが出来ました。もう少し青空が広がっていれば、もっと良い景色であったでしょうがやや霞んでいたのが残念でした。(結果的にここが展望には一番良い場所のようです)
    そして“大蔵ヶ岳”山頂には、11:10に到着。山頂は丘陵になっていましたが周辺に高い木が生えており景色を観る事は出来ない場所でした。
    ここまでの登山道は、先に述べた通り積雪により道が不明になっていたり、笹の群生がひどく腰まであるような笹をかき分けたりで足元も悪く、決して良い状態ではありませんでしたが、雪がない季節であれば良かったのかもしれません。
    時間がまだ早いこともあり、山頂では小休止しただけで昼食は下山途中のなだらかな場所(754m付近)で摂ることになりました。下山は尾根コースで比較的歩きやすい道で、途中には各放送局の中継アンテナが林立していました。下山口は「さくら小学校」で13:50に到着。その後、登山口までは山岳会の方に車で送って頂き解散となりました。

    雪や笹の群生のおかげで結構、服や靴がびしょ濡れになりましたが楽しい登山でした。

  • 今日も「右田ヶ岳」へ

    今日も晴天となったことから「右田ヶ岳」に山歩きに行って来ました。
    今日は右田小学校が土曜参観日だったようで、駐車場は超満車状態でしたので塚原口駐車場に向かいました。丁度1台出て行ったので、そこに停め登山口の天徳寺に向かいました。境内にある如来像を拝み、そこから見える前岳である石船山を見上げると青空とのコントラストが素晴らしかったので写真をパチリ(今日の写真として載せますね)

    今朝も気温は1℃前後と低かったのですが登り始めた10時には、そこそこの気温になり山頂に着く頃にはしっかり汗ばむ程になっていました。今日も順調に登れたので2回の休憩を含め50分ちょいで登ることが出来ました。
    やはり人気の山とあって、今日も中高年の方達のグループが数組登られており山頂は賑やかになっていました。10分程度休憩し下山しましたが、今回も登山道が部分的に整備されているのが分かり、本当に有難い事だ改めて感じました。

  • 「東鳳翩山(734.2m)」トレッキング

    昨日(1/7)山口市「臣民登山教室の会」主催の“東鳳翩山新春登山”に参加して来ました。
    8:30登山口のある錦鶏(一の坂)ダム湖駐車場に集合しましたが、山口山岳会の会員さんを含め総勢50名程度の方が集まっていました。

    班分けをし9:45に駐車場を出発。私は1班で比較的健脚組に入り最初にスタートしました。
    「東鳳翩山」に登るのは約10年ぶりで、久しぶりの登山でしたので普段は見る事のない周りの景色を眺めながら登りました。 前半は急登が続きますが途中からはなだらかで市街地も時々見る事が出来、快適な山歩きでした。
    今朝の気温は氷点下でしたが出発時には1℃程度、天気は晴れで登りは無風状態でしたので、そんなに汗を掻く事もなく無給水で私は登ることが出来ました。標高200m位で着ていたジャンパーを脱ぎ体温調節、その後2回程度の小休憩をし山頂を目指しました。
    植林帯を抜けると主尾根鞍部に出、そこには先日降った雪の残雪が見られました。山頂まで後数分、10:05に山頂到着。360度の大展望は相変わらずの美しさを感じました。

    「鳳翩山」は平成の大合併までは、山口市で一、二の高い山(一は西鳳翩山(741.9m))で一面を見下ろす事が出来る山でした。

    山頂はさすがに風があり寒くなったので直ちに脱いだジャンパーを着て、写真をパチリ!
    東は大平山や十種ヶ峰、南は瀬戸内海(霞がなければ九州(国東半島)を一望)、西は隣にそびえる西鳳翩山や秋吉台、北は日本海を望む事が出来ます。
    最後の5班が到着するまで30分余り待ち、山頂にて山岳会の方よりコンパスを使った地図の見方等の講習を受け、記念写真撮影後12:05に下山開始、13:00に登山口駐車場に到着しました。

    下山後は山岳会の皆さんの計らいで、傍の公会堂で温かい鍋とおにぎりの振舞いを受けました。
    寒かったので、鍋の美味しかったこと(*^_^*) 私はご厚意に甘えて「おかわり」をさせてもらいました。またその後、来年度の会の案内も頂き、来年度も市内の色んな山の登山計画がされていたので次年度も参加したいと思いました。 大変有意義な新年登山になりました。

  • 2018年(平成30年)初山歩き

    2018年1月3日、今年の初山歩き(右田ヶ岳)に行って来ました。
    「一年の計は元旦にあり」と申しますが元旦の初日の出をめでる事は出来なかったので、正月三が日の最後の日に歩く事が出来ました。

    当初の天気予報は曇りだったので、行く気はなかったのですが、起きてみると朝陽が燦々と輝いていたので「ヨシッ!」と思い出かけた次第です。
    今日は先月買った「トレッキングパンツ」の履き心地の確認と半月ぶりの山歩きで、どの位体力が維持出来ているかの確認をすることを目的にしました。何せ年末年始の暴飲暴食がありましたし・・・

    10時前に右田小学校前の駐車場に到着。さすがに満車ではないものの車は多かったです。
    10時に天徳寺を出発。山頂まで55分かかったので、やはり体力・持久力の低下を感じました。
    山頂には添付画像の通り、多くの方が登られていました。偶然にも元勤務先の方も登っておられ、久しぶりに話をしました。
    今日は時折、雲はかかるものの青空が澄んで気持ちいい、初登山日和でした。さすがに山頂は気温が低く汗がすぐに引き、風もそれなりに吹いていたので寒く感じ、10分ほどで下山を開始しました。

    トレッキングパンツは、さすがに素足で履いていても暖かく、タイツは必要ないと思えたしストレッチで柔軟性に富んでおり文句なし!!
    来週7日の日曜に「市民登山教室の会」から「東鳳翩山(734.2m)」登山の案内が来ていたので参加したいと思っています。
    今日の初山歩きで、当日の服装についての目安も出来たし楽しみになって来ました。

    今年は、右田ヶ岳をトレーニング用に、その他の多くの山に挑戦したいと思います!  頑張るぞー!!
    そして、興味のある皆さんの参加もお願いしまーす(^o^)

  • 週末の天気

    今週は雪が降ったりで寒い一週間でした。
    今日も小雨が降ったり止んだりの天気で、今夜~明日にかけては寒気の南下で全国的に寒く、山口県は雪予報が出されています。

    そのせいもあり、明日予定されていた「市民登山教室の会」主催の「大蔵ヶ岳(834m)」も3月に延期されることになりました。
    残念ですが、この天候ですので仕方ないです・・・

  • 2週連続の山歩き

    昨日(10/9)も寒さが厳しい朝でしたが、朝陽が顔を出していたので“山歩き”に行くことにしました。
    右田小学校前の駐車場は相変わらずいっぱで、塚原口駐車場に向かいましたが、こちらも満車・・・
    諦めて帰ろうとして右田小前を通ると一番奥に辛うじて軽一台なら停めれそうなスペースがあったので、逆戻りして停める事にしました。

    10時に天徳寺登山口に着きましたが、先週には多くのイチョウの葉が付いていた大銀杏も全て散っており枝だけが天を向いていました。
    前岳である「石舟山」に着くまでに2組のグループを追い越しましたが、それ以降は登山者に出会う事はありませんでしたが、山頂に着くと人・人・人で中高年の多くのグループが登られていました。
    登山中は結構、雲が多く寒くかんじましたが、山頂に着く頃には太陽が顔を見せ、気持ちの良い初冬の景色を眺める事が出来ました。
    今回も無給水登山で約50分で登ることが出来、人が溢れていたので早々に下山を開始し、12時前には駐車場に着く事が出来ました。

    日曜は雨予報、月曜には雪予報と徐々に寒さも募って行きます。
    来週は「大蔵ヶ岳」トレッキングがありますが、阿東町まで行くので天候が心配です。
    年内に後何回登れるかは分かりませんが、健康作りで無理のない範囲で行きたいと思います。

  • 12月1回目の山歩き

    いよいよ師走に突入しましたねぇ~
    今朝の山口市は放射冷却の影響もあって、1℃と冷え込みました。 でも快晴の天気だったので、いつもの「右田ヶ岳」にトレーニングを兼ねて“山歩き”に行って来ました。

    10時登山開始の予定で家を出て、右田小学校の前の駐車場に向かいましたが相変わらず車は多い。たまたま1台分が空いていたので停めて、登山口の天徳地に向かいました。
    登山中は下山者に4人出会いましたが、登っている人には誰にも出会わず、今日は寒いので登ってる人は少ないのかな!? と思いましたが、山頂には15~6名のグループと7名のグループ、他2組位が居らして、見晴らしの良い景色の見える岩場で食事等をされ独占されていたので、奥の木の下で10分程休憩しただけに終わりました。
    でも空は青く澄んでいて「超気持ちいい」最高の気分になりましたよ♪
    再来週の「大蔵ヶ岳」トレッキングに向け体力づくりをしておかないと! と思っているので来週も登れる天気と時間があればと思っています。

    今日はスポーツ・デポで、オールシーズン用のトレッキングパンツを買いました。春まで愛用していたパンツが古くなっていたので、ボーナス前ですが奮発して買っちゃいました(^_-)
    フェニックスの4WAYストレッチで柔軟性があり履きやすく丈夫そうです。
    再来週のトレッキングがデビューになりそうです^^

    画像は「右田ヶ岳」の登山口である天徳寺の大銀杏の木です。山門の奥に「右田ヶ岳」を見る事が出来ます。

  • 11月最後の山歩き

    今日は曇り空でしたが、11月最後の休日という事もあって「右田ヶ岳」山歩きに行って来ました。
    10時に右田小前の駐車場に着きましたが、こういう天気のせいか登山客は少なそうな感じ・・・
    登山口である天徳寺の大銀杏は見事に黄色に色付いており、これから落葉が始まるみたいでした。
    曇のせいか体感温度は低く、登山中も3組の人を追い抜いただけで、約55分で山頂に到着。若干汗は掻いたものの無給水で登ることが出来ました。山頂には5~6名の団体さんが居られましたが、私と入れ替わるように下山されました。今日の山頂は少し風もあり汗が直ぐに冷やされて寒く感じたので、休憩を5分だけして下山開始。
    登りの際にチェックしておいた、「右田ヶ岳」と国道262号線を挟んだ西側にある「西目山」が紅葉の色付きが見えたので帰りに写真を撮ってみました。

    12月には「市民登山教室の会」主催に第3回目登山が、「大蔵ヶ岳(834m)」山口市地福であるので積雪がなければ参加する予定です。「大蔵ヶ岳」は山口県の百名山の一つだし、初めての山なので楽しみにしています。

    今回の添付画像は、「右田ヶ岳」から見た「西目山」です。

  • 久しぶりの「右田ヶ岳」山歩き

    10月は土日の度に雨に祟れたのと所用があり山歩きが出来ませんでしたが、11月は週末の天候に恵まれ久しぶりに「右田ヶ岳」に行って来ました。
    昨日は仕事に出たので今日になりなりましたが、今日も朝から秋晴れとなり「山に行こう!!」という気分にさせてくれました。
    先にも書いた通り10月は雨の日が多く、愛車の洗車も出来ず今までにない位、汚くなっていたので8:00から洗車を行い綺麗になった車で颯爽と出かけました。その為、出発が普段より遅れ10時過ぎになり、登山口である天徳寺を10:40に出発。

    駐車場は満車状態だったので登山客が多い事は予想していましたが、往路は3組の方と出会っただけでした。秋も次第に深まって気温が余り高くなくなったことで、汗を掻く量も減り、途中での水分補給も1回で済んだのと、休憩しようと思っていた場所に先客が居たので休憩しなかったこともあり、本当に久しぶりに山頂への到着が1時間を切り、過去最高タイの50分で到着となりました(^_-)
    山頂は予想通りの「満員御礼」状態で多くの登山客で賑わっていました。
    到着が早かったという事は体力的にも余裕があったという事で、人が多い事もあり5分休憩して下山を開始しました。
    こういう感じで登れると、次回は目標の45分目指して登れるかもしれないなーと今日は感じました。
    でも本当はまだ登った事のない「山口県の百名山」にチャレンジしたいです。

  • 写真を貼っておきます。

  • 文殊山・嘉納山トレッキング

    11月3日(金;文化の日)秋晴れの3連休開始となり予定していた周防大島の「文殊山(662.7m)・嘉納山(684.9m)」の山歩きに行ってきました。
    掲示板でもご案内をしましたが残念ながら参加はありませんでしたので、山口の友人を誘い7:30に集合し約3時間弱かけて瀬戸内海に浮かぶ周防大島(屋代島)に向かいました。

    文殊山の登山口である文殊堂に到着後、無事故を祈願し文殊堂右手の石段を10:00に登り始めました。
    石段を登りきると眼前には大きな岩屋が出現し神秘的なパワーを感じつつ、石の多い登山道ではありましたが、よく整備されており木漏れ日の美しい登山道を迷う事もなく進んで行きました。約20分で小さな滝があり文殊山まで0.5kmの案内標識に従って歩き、20分後には明るい山頂に着く事が出来ました。 山頂には展望台があり360度見晴らせる素晴らしい景色が飛び込んで来ました。少し霞がかかっていましたが、北には大島大橋と本土が見え他三方は大畠瀬戸の海と島々が輝いており絶景を楽しみつつ15分間休憩しました。

    次なる目的地、嘉納山に向かうため尾根沿いの登山道を進んで行きました。嘉納山までは約45分、こちらも整備された登山道で途中、四境の役(幕末の長州征伐の際)時に築かれた防塁跡が点在しておりその案内の立て看板も見られました。登山道は尾根に沿っているので特に急登もなく山頂には12:00前には到着。山頂は広く見晴らしも抜群でしたが山頂を告げる看板は小さくて三角点の横に控えめに立てられていました。この日は登山客は少なく、とても静かな空間で青い空と輝く海を独り占め出来て、ずーっとこうしていたい気持ちになりました。昼食を摂り約45分休憩をし下山する事にしました。
    本当であれば更に先にある、源明山(624.7m)か嵩山(618.5m)に登りたいところなのですが交通の便が悪く、スタートとゴール地点が違うと戻る事が出来なくなるので来た道を戻ります。

    14:00には文殊堂の駐車場に着く事が出来、そこから島内にある「竜ヶ崎温泉」に汗を流しに行って来ました。内湯・サウナ・露天風呂とここでも瀬戸内海を眺めながら、ゆったりと過ごす事が出来ました。帰りに大島名物のミカンを買い19:00に家に着きました。
    島に居る事が実感でき大変有意義な1日を過ごす事が出来ました。

本文はここまでです このページの先頭へ