ここから本文です

投稿コメント一覧 (22コメント)

  • 少し前のニュースだけど
    完全子会社にしたVASILYが、今後けっこう稼ぐ様に思うんですが・・・。

    探しやすさ、選びやすさにも、VASILYが貢献しているのでしょう。

    2017年10月19日

    スタートトゥデイ、ファッションメディアIQONなどを手がけるVASILY社を完全子会社化
    ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:前澤 友作)は、ファッションメディアサービス「IQON(アイコン)」などを手がける株式会社VASILY(本社:東京都品川区 代表取締役:金山 裕樹)の全株式を取得し、完全子会社化することに合意いたしましたのでお知らせします。



    VASILYは、「テクノロジーとデザインの力を活用し、人類の進化に貢献するような発明を行い続ける」ことをミッションとして掲げ、200以上のECサイトからファッションアイテムを、ユーザーが自由に組み合わせてコーディネートを作成できるサービス「IQON(アイコン)」をはじめとするファッションメディアの運営や、その他ソフトウェア等の受託開発を行っております。

    また、これらのサービスの構築を通して、AI(人工知能)を駆使した機械学習・画像認識の分野において高い技術力を擁しております。



    今後、当社の手がける事業にVASILYが培ってきた開発技術を応用することで、さらなる成長を実現できると考え、今回の完全子会社化合意に至りました。

  • グラミチの直営オンラインショップで、
    今年の秋冬物のストレッチ コーデュロイ エヌエヌ パンツは何時発売するかと待っていても一向に出て来ないなぁ〜?と思ったら・・・

    売れ筋商品の囲い込みに出たかな!?

    【ZOZOTOWN限定商品 Gramicci別注NNパンツ が数量限定で販売!】

    Gramicci(グラミチ) ショップオープン記念!
    ZOZOTOWN 別注のグラミチストレッチコーデュロイエヌエヌパンツが、ブラック110本、ベージュ90本の
    数量限定の200本のみ予約販売開始いたしました。

    グラミチ定番人気モデルのNNパンツの型を使用してのコーデュロイパンツは珍しく、
    この度ZOZOTOWNオープン記念として復活。
    2017FWのインラインでコーデュロイパンツを購入できるのは、
    このZOZO別注のストレッチコーデュロイエヌエヌパンツのみとなっております。

    グラミチのベルトとバックポケットのロゴは通常「黒」に「赤」のロゴとなっておりますが、
    今回は「黒」に「赤」+「ラメ」となっております。
    黒赤のレギュラーの形式を踏襲しながら、ラメを入れた初のZOZO別注限定のロゴとなります。

    180度開脚可能なガゼットクロッチ仕様で、これからの寒い季節にぴったりな温かみのある素材、
    21ウェールの細コールテンを使用しストレッチの利いたコーデユロイ生地が快適な履き心地を実現しております。

    200本限定商品の為、なくなり次第終了予定です。
    GramicciファンにはぜひGETしていただきたい一本です。

  • ソフトバンク、ウーバーに出資交渉、2割前後。
    2017/09/16 日本経済新聞 朝刊 1ページ

    ソフトバンクグループはライドシェア世界最大手の米ウーバーテクノロジーズに出資する方向で詰めの協議に入った。
    出資額は数千億円で、1兆円近くになる可能性もある。
    2割前後の株式取得を目指しているもようだ。
    同業の米リフトにも出資する方向。
    サウジアラビアなどと共同で発足させた10兆円ファンド経由で出資する。
     ソフトバンクは中国・滴滴出行やシンガポール・グラブなどアジアの同業大手にも出資しており、ウーバーを加えて世界的な連合を構築する。

    ウーバーに1兆円出資か

    【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは15日、ソフトバンクグループによる米配車大手ウーバー・テクノロジーズへの出資に関する交渉が来週にも決着すると報じた。
    ソフトバンクや傘下の10兆円規模のファンドによる出資額は最大で計100億ドル(約1兆1千億円)に上るとしている。

    ソフトバンクなどはウーバーの17~22%の株式を取得することを提案。
    出資に加え2人の取締役を送り込むことも求めている。

    一方でソフトバンクの評価額が安すぎると考えるウーバーの既存株主もいるため、出資額は変わる可能性もあるという。
    【共同通信】

  • ウーバー、19年にも上場 新CEOが方針示す
    2017/08/31 11:45 日経速報ニュース

    【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は30日、社員に向けて2019年にも新規株式公開(IPO)を目指す方針を明らかにした。

    同氏はIPOを控え企業価値の向上を期待する投資家の支持を受け、米エクスペディアCEOから転じたばかり。ウーバーの企業価値は680億ドル程度(約7兆5千億円)で非上場企業では世界最大。大型上場になるのは確実だ。

     コスロシャヒ氏はIPOまでの目安として18~36カ月との時間軸を示した。
    ウーバーは昨年、約28億ドルの赤字を出しており、不採算事業の見直しなどで赤字幅の縮小を進めつつある。


    因みにチョット前の記事ですが。

    ソフトバンク、ウーバーに出資検討、世界で配車連合、米報道。
    2017/07/26 日本経済新聞 朝刊 15ページ

    米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は25日、配車サービスを展開する米ウーバーテクノロジーズにソフトバンクグループが出資を検討していると報じた。出資額は数十億ドル(数千億円)とみられる。ソフトバンクは中国で配車大手の滴滴出行に出資するなどライドシェア(相乗り)関連の企業に相次ぎ投資をしている。実現すれば業界の主導権を握る可能性がある。

     ソフトバンクは滴滴に加え、インドの同業オラなど複数企業に出資している。今月、滴滴と共同で東南アジアの同業最大手のグラブへ20億ドルの出資を決めたばかりだ。
    アジアで配車サービスのニーズが高まるなか、ソフトバンクの「連合体」が事業を拡大している。

     一方、ウーバーは創業者のトラビス・カラニック氏が最高経営責任者(CEO)を辞任し混乱が続く。同紙は今回の出資が実現すれば、ソフトバンクがウーバー、グラブ、オラとアジアで事業運営を統合するよう働きかける可能性があると伝えている。

     今回の出資について、ソフトバンクは「コメントできない」としている。ただソフトバンクは配車サービスがシェアエコノミー分野で重要な事業基盤になるとみている。

  • 孫氏・バフェット氏会談 スプリントへの出資巡り、米メディア報道。

    2017/07/15 日本経済新聞 夕刊 3ページ

    【ニューヨーク=山下晃】
    ソフトバンクグループの孫正義社長=写真上=が米著名投資家のウォーレン・バフェット氏=同下=と会談し、バフェット氏がソフトバンク傘下の米携帯電話会社スプリントへ100億ドル(約1兆1300億円)前後を出資する可能性について協議したことがわかった。
    米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が14日、関係者の話として伝えた。

     2人は米アイダホ州の避暑地サンバレーで今週開かれていたメディア関連の幹部が集う会合で面会したという。同会合は毎年開催され、米メディア業界では、この場での会談をきっかけにM&A(合併・買収)に発展するケースが珍しくない。
    バフェット氏は同会合の常連参加者で、孫氏もかつて参加したことがあった。

     報道によれば、孫氏は米メディア大手リバティ・ブロードバンドを率いるCATV業界の有力者ジョン・マローン氏とも個別に会談したという。
    リバティは米CATV大手チャーター・コミュニケーションズの大株主でもある。

     ソフトバンクと米携帯4位スプリントは、3位TモバイルUSとの統合を協議している。
    一方、米CATV大手コムキャストとチャーターの2社との間でも携帯事業に関する提携交渉を進めている。

  • 中国のアリババ:ラザダに10億ドル追加投資-東南アジア事業を強化

    2017年6月28日 19:53 JST

    中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングは、東南アジアでオンライン小売り事業を展開するラザダ・グループに10億ドル(約1120億円)を追加投資し、保有株比率を83%に引き上げる。東南アジア事業拡大の先陣である高成長の新興企業ラザダの経営権を盤石にする。
    ラザダのマクシミリアン・ビットナー最高経営責任者(CEO)は、アリババは他のほとんどの株主の保有株を買い取ると説明。取得価額に基づくラザダの企業価値は31億5000万ドル相当で、アリババ以外の株主は経営陣とテマセク・ホールディングスのみになるという。ラザダの先の開示によれば、出資者には英スーパーマーケット運営会社テスコとスウェーデンの投資会社キネビックが含まれていた。アリババは昨年、10億ドルを投じてロケット・インターネットからラザダの経営権を取得した。
    ラザダが事業を展開する東南アジアはアリババの中国での主要なライバルであるJDドットコム(京東)や、さらに将来的には米アマゾン・ドット・コムとの戦場となろうとしている。電子商取引の普及に不可欠の輸送と決済のインフラはまだ整っていないものの、6億余りの市民がオンラインショッピングや電子決済に慣れつつある東南アジアは世界で最も急速に成長しているネット市場だ。
    原題:Alibaba to Invest $1 Billion More in Lazada to Speed Asian Drive(抜粋)

  • アリババ金融関連会社アント、17年3月期通期利益はほぼ倍増か

    2017年6月22日 21:46 JST

    アリババの金融関連会社である螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)はウェルスマネジメントや海外市場での事業拡大を追い風に、2017年3月期の通期利益が前年比でほぼ倍増した。
      アリババが当局に提出した文書からブルームバーグが試算したところによると、17年3月期のアントの税引前利益は86%増の55億6000万元(約905億円)となった。
      アントは電子メールによる取材に対し、コメントを控えた。
    原題:Jack Ma’s Ant Financial Nearly Doubles Profits Amid Deal Push(抜粋)

  • 本日のストップ高は、10325円!

    10000円超から、呼値が5円刻みと成る為。

  • 件名: [SBI証券]株価通知

    06/08 22:46に
    アラート条件
    現在値9,350
    円以上
    に達しました。
    ソフトバンクグル
    9984 PTS
    現在値:9,350
    現時刻:06/08 22:46
    基準値比:+529
    出来高:30,300
    始値 :8,901
    高値 :9,350
    安値 :8,880

  • 件名: [SBI証券]株価通知
    06/08 21:14に
    アラート条件
    現在値9,000
    円以上
    に達しました。
    ソフトバンクグル
    9984 PTS
    現在値:9,000
    現時刻:06/08 21:14
    基準値比:+179
    出来高:3,900
    始値 :8,901
    高値 :9,000
    安値 :8,880
    売気配:9,000
    買気配:8,940
    買残 :-
    前週比:-
    売残 :-
    前週比:-
    倍率 :-

  • 米エヌビディア―「AI、最大産業に」、創業者、孫氏と連携。
    2017/06/02 日本経済新聞 朝刊 15ページ
    米エヌビディア創業者のジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)が、台北市内で日本経済新聞などのインタビューに応じた。
    同社のGPUは人工知能(AI)発展の鍵を握るとされる。
    今後の戦略やソフトバンクグループとの関係などについて聞いた。

     ――ソフトバンクが立ち上げた10兆円ファンドが約4千億円相当の株式を購入しました。
     「マサ(孫正義社長)は私が知る限り、コンピューター分野のあらゆる革命を事前に予期した唯一の人物。ファンドの立ち上げもAIが過去最大の革命を起こすと認識しているからこそだろう。エヌビディアの潜在能力を重視してくれたのは素晴らしい」
     ――特定領域での協業につながりますか。
     「ソフトバンクは日本での素晴らしいパートナーだ。マサは友人で付き合いは長い。クラウドや自動運転など多くの分野でいつも協力している」
     ――米アップルや米グーグルなども自ら半導体の開発に力を入れています。
     「AIはすべての産業や企業、国に影響を与える。
    スマートフォン(スマホ)、自動車、ロボット、医療などあらゆる機器がAIを搭載する。
    AI産業はいずれは世界最大の産業になる」

  • 中国の滴滴出行、ソフトバンクなどから50億ドル以上調達へ-関係者

    2017年4月27日 04:35 JST

    配車アプリを手掛ける中国の滴滴出行は50億-60億ドル(約5570億-6680億円)の資金調達で近く合意すると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。実際に調達となれば、中国の新興企業としては企業価値が最大になるという。

    関係者のうち1人によれば、資金調達により滴滴出行の企業価値は約500億ドルと、米ウーバー・テクノロジーズの中国事業を買収した後に達した340億ドルから増加する。関係者らは情報が非公開だとして匿名を条件に語った。
    この企業価値はスマートフォンメーカーの小米を上回り、新興企業としてはウーバーに次いで世界で2番目の大きさとなる。
    滴滴出行への出資企業にはソフトバンクグループやシルバーレイク・マネジメント、中国の招商銀行、交通銀行の1部門が含まれると関係者らは語った。

    滴滴出行はこれまでのところ中国国内での配車サービスに注力しているが、国外への進出も目指しており、今回の調達により同社はそうした事業拡大のための十分な資金獲得が可能となる。
    滴滴出行はまた、自律走行車や人工知能などの技術への投資も検討している。

    滴滴出行はコメントを控えた。

    関係者のうち1人によれば、ソフトバンクの孫正義社長は滴滴出行の程維・最高経営責任者(CEO)に対し、新たな機会追求が抑制されないよう資金調達を働き掛けたという。

    原題:Didi Said Near Deal to Raise at Least $5 Billion in Funding (1)(抜粋)

  • ソフトバンク、印スナップディール株買い増しに関心=現地紙

    [5日 ロイター] - インドのインターネット通販大手スナップディールについて、30%超出資しているソフトバンクグループが現地ベンチャーキャピタル(VC)からの保有株買い取りに関心を示したもようだ。現地ミント紙が関係筋の話として報じた。

    実現した場合、ソフトバンクが保有株を統合し、あらゆる取引を交渉する支配的な立場につく可能性がある。

    報道によると、スナップディールを運営するジャスパー・インフォテックの取締役会で4日、ソフトバンクがカラーリ・キャピタルとネクサス・ベンチャー・パートナーズからの株式取得に興味を示したという。

    カラーリとネクサスは各1億ドルを求めているもよう。スナップディールの創業者であるクナル・バール最高経営責任者(CEO)とロヒット・バンサル最高執行責任者(COO)も、2社や経営陣に対し1億ドルの支払いをソフトバンクに要請しているという。

    スナップディールの広報担当者は、現時点で取締役会による決定は下されていないと述べた。ネクサスはコメントを控えた。カラーリとソフトバンクからのコメントは得られていない。

  • 夢ですが・・・

    代金の80億ドルで、自社株買い波動砲を!!

  • IR出てますね。

    インテルサットとワンウェッブが条件付き合併に合意

    なんだと!

  • やはり出たか!
    MSCIリバランスの売り!

    昨年の自社株買い〜消却での発行株数減少のリバランス。

    明日からは、恐れずに買える。

  • 明日は、ソフトバンクに影響するMSCIリバランスはあるのでしょうか?

    詳しい方、お教え下さい。

  • 今日2月8日は、第3四半期の決算発表。

    昨年の第3四半期決算発表は、2月10日でした。

    そして2月15日には、5000億円自社株買い発表の波動砲が発射されましたが・・・

    今年は、どうかなぁ~?

  • ボーナス支給日

    大多数の一般企業サラリーマンの今年のボーナス支給日は、12月9日でした。

    明日からは、サラリーマンからの怒涛の買いが入るかも。

    月末には、月給に加えて年末調整金も入るしね。

  • 下がっても仕方ないか!?
    今回の中間配当…無配じゃあな。

    「当第2四半期末の余剰金の配当につきましては、上記方針に従い、誠に遺憾ではありますが、実施を見送る予定とさせていただきます。」
    新日鐵住金㈱(5401)平成29年3月期 第1四半期決算短信 より

本文はここまでです このページの先頭へ