ここから本文です

投稿コメント一覧 (649コメント)

  • 昨日は、朝から下降トレンドの動きと違っていた。相場転換だと思う。

    近いうちに2回目の噴き上げが来る。今度は2000円到達だろう。

  • 買いたい人、安く買えましたか?

  • ここは、朝上がってその後下がる、を繰り返しているから、買いたい人は午後下がったところを買ったほうがいいよ。

  • >>No. 364

    >結構前から言ってたけどな


    そうなんですか。それは失礼しました。

    正直、時々見ているだけなのでたくさん見逃しているのも事実で、もっと詳しく「私が見た掲示板では」と書かなければいけなかったですね。

    ただ、「すんなり立ち上がらん」という抽象的な表現でなく、はっきりと「量産化」について書いてあれば、ひょっとしたら気がついたかも。

    とにかく、「時々見ているだけ」なので、あの書き方は私の間違いでした。

  • >>No. 362

    私の『ホルダーの方たちの「不安要素を考えない」姿勢もどうかと思います。』という意見は、掲示板でのことを言っています。

    この掲示板で、量産化についての懸念は見たことがありません。だから言ったまでのこと。

    それぞれのホルダーさんが、不安を持っているのは当たり前じゃないですか。

    わざわざこんな低レベルの返信は、待ってもいませんよ。

    また同レベルの返信なら、虫籠後入りです。

  • なんか、全く反応がないので肩透かしを食らってみたいです。

    バカな売り煽りのれんちゅはすべて虫かごですからどうでもいいのですが、ここには詳しい方も時々見られているので、ひょっとしたら最新情報が得られれば、という淡い期待もあったのですが。

    猛者が集っている裏には、私のような化学に無知な人間は投稿できないので。

  • BMSのフェーズ2入り、ノバルティスと予想されるフェーズ1入り、インフル試薬の導出・・・これらすべてが、ペプチドの量産化の可否を見守っているのでは?  

    と最悪のことを考えると、4QにビッグIRが来るかどうかも怪しくなります。

    このようなことを書くと、ホルダーさんは不安になるし、非難されるのは承知で書きました。

    それはただ一つ、貴重な資金でこれからペプチに投資を考えている方に、「光も影も」知った上で判断してほしいからです。

    もし、ペプチドの量産化に成功すれば、もうそれだけで株価が1万円に行っても私は全く驚きません。1万円でも安い状況になっていくでしょう。

    こういう私も、ペプチの将来性を捨て去る事は全くできません。ですが、株価が4000円割どころか3000円になっても、全力買いはもうしない、ということです。

    以上、化学は全くの門外漢の私なので、間違ったことを書き込んでいるかもしれません。ただ、一個人として感じたことを素直に書きました。

  • 単純な売り煽りは間抜けの限りだが、ホルダーの方たちの「不安要素を考えない」姿勢もどうかと思います。

    ペプチドリームの、PDPSの素晴らしさと特殊環状ペプチドの可能性に惹かれ、私も今年の年初までホルダーでした。

    ペプチドリームの大きな可能性は今も感じています。

    ただし条件がつきます。

    「特殊環状ペプチド」の安価な量産化が成功すれば、という条件です。

    ちょっと前も、同じようなことを書いたら、ホルダーの方から「悪質なフェイク」と言われました。

    なので、ペプチのIRからの文章で、今の私の意見を書きたいと思います。

    どんなに特殊環状ペプチドに素晴らしい特性があっても、それが量産化できなければ、薬にしたり治験用の試薬にも困るはず。

    つまり、それは研究室の試験管内だけで起こる反応にすぎなくなります。あるいは、バカ高い薬、ということになり、すでに薬が開発されているインフルエンザなどの一般的な病気には、使われるわけがありません。

    だからこそペプチドリームは、ペプチスターでの量産化を行おうとしているのですよね。ここまではいいですか?

    ところが、「2017年、秋までに完成する予定だった、マイクロ波によるペプチド合成」(2017/5/24のIRから)の情報は全く音沙汰がありません。

    そして、それを裏付けるように、ペプチスターへの18億円の追加出資。(2018/4/18)

    ペプチスターでのペプチドの量産化には、当然マイクロ波科学のペプチド合成の装置が使われるはず。それが、思うような結果が得られなかったからこその、追加出資なのでは?

    私もホルダーの時は、ペプチドの量産化など特に問題なくできるだろうとしか考えていませんでした。

    しかし、IRにも書いてある通り、それは「これまで広く使われてきたペプチド合成法の生産性は極めて低くそ の改善が求められている」ような高い壁であることははっきりしています。

    ペプチスターの誕生から今まで、その進捗状況を知らせるIRが全くないので、却っていろいろな疑念が出てきているのが現状です。

    そうじゃないのなら、進捗状況を少しは出すべきではないですか?岩田さん。

    出したら株価が暴落するから出さないのか、とかしか考えられないですよ。

    (続く)

  • >>No. 278

    機関のレーティングは、投資に有利な状況を作るためにレーティングを利用しているだけですからね。

    特に、モルガン、ゴールドマンは酷い。

    4月の暴落も、「連結純利益の前年同月比1.2%減、アクティブユーザー数が予想をやや下回った」だけで、営業利益26%増という立派な増収増益だったんですよ。

    それを3800円から1700円にするんだから。(笑)

    個人投資家を振り回すために出しているレーティングです。

    と言っても、やっているのはもはや人間じゃなく、AIですけどね。

  • この5日間、終値がジリジリ上がり続けています。

    連休明けに爆騰の予感。

    2000はすぐでしょ。

  • >どかっと大量の一気売りがくるとおもう


    それは、ただ単に「あなたの願望」です。

    暴落後の動きを見れば、もう完全に大底を確認して、連休明けには上昇基調に転換しますよ。

    多分、1600円台で空売りを入れたんでしょ?

    かわいそうに。

  • 大引けで取引が激増してますよね。

    こういう株は、次の日に寄りで暴騰します。

    と言っても、8400になればまた売られますがね。

    会社自体は本当に素晴らしい。

    でも、部品供給メーカーは結局為替が大きい。

    今後の動きは、結局経済情勢に左右されますね。

    以上、ノンホルからの勝手な意見でした。

  • 23日の月曜日の日経にグノシーのことが載っていましたね。

    プログラマー発掘事業「未踏」の天才たちが起業し始めている、という記事でした。

    その中で大きく取り上げられたのが「グノシー」と「プリファード・ネットワークス」。

    プリファードは、まだ未上場なのでIPOの目玉。

    一方、「グノシー」はすでに東証1部。

    グノシーのアルゴリズムを活用した情報収集、将来性は他の銘柄とは比べ物にならないほどですよ。

    そのPERが、今回の暴落のため、たったの25に。

    こんな買い場、もう二度と来ませんよ。

    堂々の買い煽りです。

    信じるか信じないか、あなた次第です。(関暁夫調で)

  • 朝、未達の情報が漏れていたことは間違いないですね。

    完全なインサイダー取引。

    犯罪者を調べ上げ、処罰してほしい。

  • >事実でないことを、あたかも事実であるかのように記載していて、悪質ですな。

    どこの部分を嘘と言っているのかわかりませんが、量産化装置の試作が去年の秋頃完成する予定だったことは去年の5月24日のIRに載っていますよ。

  • 現在の下落は、あまり良くない決算の影響というより、ペプチスターでの量産化が壁にぶち当たっていることが最大の理由でしょう。

    本来なら、去年の秋頃に量産化の目処が立つはずでしたが、あまり芳しくなかったようです。

    そこで15億円の追加出資になったのでしょうが、新しい装置を作ってもいい結果が出るかどうかは全くの未知数のはずです。

    大きい装置を作れば大量生産できる「鉄」や「硫酸」などの既製品とは違うんですから。

    量産化しようとしているのは、複雑な構造の「特殊環状ペプチド」です。
    これが果たして乗り越えられる壁なのかどうかすらまだわからないのではないでしょうか。

    私は、化学は門外漢なので、ここにおられる詳しい方に是非聞きたいです。

    BMSがフェーズ1を終了しても、フェーズ2に進まないのは試薬として使う「特殊環状ペプチド」が大量にいるからでは?
    BMSも、ペプチスターでの量産化を待っているのだと思います。

    特殊環状ペプチドの「安価での量産化」は、最後の高い高い壁なのではないでしょうか。

    乗り越えられれば、ペプチには大きな未来が広がります。

    逆にできなければ、ペプチの魅力は「霧消」しますよ。

    これは「売り煽り」ではなく、特殊環状ペプチドやPDPSの素晴らしさを感じているが故に生じた、初めての「疑義」です。

  • 西は良いピッチャーだな。これでエースになれないのが不思議なくらい。

    こういうコントロールが良いピッチャーは、ソフトバンクは苦手なんだよなあ。

  • あまりにも上がったので、途中で売ってしまいました。

    でも、そのあとも上がる上がる!!!

    ペプチを売った後は、本当に「喪失感」を感じます。

    ホルダーの皆さん、本当に良かったね!

    もう売ってしまいましたが、ペプチが4000台をキープしてさらに上がることを期待しています。

    もう私が買うチャンスはこないかもしれませんが、今までありがとうございました。

    3Q4Qには、ビッグIRが目白押しですよ!

    是非5000に行ってください。

  • それにしても、日経の記事だけでここまで上がるとはね。

  • 30分後から、じわじわ上がっていくいつものパターン。

    来年は4000〜5000のレンジでの動きになりそうですね。

    何と言っても3Qと4Qで予想されているBMSのフェーズ2入り、インフルエンザの導出、という超ビッグなIRが期待されますから。

本文はここまでです このページの先頭へ