ここから本文です

投稿コメント一覧 (1358コメント)

  • 2018年10月15日

    株式会社エーアイスクエア

    「横浜銀行」コールセンターにおけるAI対話要約の実証実験開始
    ~対話要約ソリューション「QuickSummary +」を用いた生産性向上及びサービス改善の実現に向けて~

     株式会社エーアイスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役:石田正樹、以下「エーアイスクエア」)は、このたび、コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取:大矢恭好)のコールセンターにおいて、人工知能を活用して対話テキストを要約する「AI対話要約」に関する実証実験を行いますのでお知らせします。

     本実証実験では、音声認識エンジンによってテキスト情報に変換された、コールセンターでのお客さまとオペレーターの会話の内容を、エーアイスクエアが提供する要約ソリューション「QuickSummary +」(※)を用いて、容易に活用できる情報に要約するものです。このことにより、コールセンターでは、お客さまとの通話終了後の応対履歴の登録をはじめとした、後処理時間の削減という「業務効率化」に加え、問い合せの主旨の抽出によるお客さまニーズの把握を通じた「今後のサービス改善」を実現することができます。

     横浜銀行では、本実証実験の結果を踏まえて、音声認識・対話要約等の技術と顧客管理基盤をシームレスに連携し、コールセンター高度化の取り組みを加速することを計画しています。

     また、今後、両社は自然言語処理技術・テキスト解析技術を中心とする各種AI技術を活用して、豊かなユーザーエクスペリエンスの提供に取り組んでまいります。

    【株式会社エーアイスクエアについて】
    商号:株式会社エーアイスクエア
    主な事業内容:人工知能(AI)を活用した各種 IT サービス提供およびコンサルティング
    所在地:東京都千代田区岩本町3-9-3 フォレスト秋葉原ビル8F
    設立:2015年12月
    資本金:1憶8,750万円
    従業員数:19名
    株主:株式会社ブロードバンドタワー(東証JASDAQ 3776)
       株式会社メディアドゥホールディングス(東証一部 3678)

  • 2018/10/18 17:31
    日経 xTECH EXPO 2018リポート
    エーアイスクエア、言葉の揺らぎに強いAIチャットボット

     AI(人工知能)を使ったシステム開発を手掛けるエーアイスクエアは、2018年10月19日まで東京ビッグサイトで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展した。AIを使って企業の問い合わせ対応業務などを支援するシステムや、文章の重要な部分を抜き出して要約するシステムなどを展示している。独自のAIアルゴリズムで、言葉の表記や言い回しの違いといった「揺らぎ」に強いシステムを提供する。

  • 2018年10月15日

    株式会社エーアイスクエア

    「横浜銀行」コールセンターにおけるAI対話要約の実証実験開始
    ~対話要約ソリューション「QuickSummary +」を用いた生産性向上及びサービス改善の実現に向けて~

     株式会社エーアイスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役:石田正樹、以下「エーアイスクエア」)は、このたび、コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取:大矢恭好)のコールセンターにおいて、人工知能を活用して対話テキストを要約する「AI対話要約」に関する実証実験を行いますのでお知らせします。

     本実証実験では、音声認識エンジンによってテキスト情報に変換された、コールセンターでのお客さまとオペレーターの会話の内容を、エーアイスクエアが提供する要約ソリューション「QuickSummary +」(※)を用いて、容易に活用できる情報に要約するものです。このことにより、コールセンターでは、お客さまとの通話終了後の応対履歴の登録をはじめとした、後処理時間の削減という「業務効率化」に加え、問い合せの主旨の抽出によるお客さまニーズの把握を通じた「今後のサービス改善」を実現することができます。

     横浜銀行では、本実証実験の結果を踏まえて、音声認識・対話要約等の技術と顧客管理基盤をシームレスに連携し、コールセンター高度化の取り組みを加速することを計画しています。

     また、今後、両社は自然言語処理技術・テキスト解析技術を中心とする各種AI技術を活用して、豊かなユーザーエクスペリエンスの提供に取り組んでまいります。

    【株式会社エーアイスクエアについて】
    商号:株式会社エーアイスクエア
    主な事業内容:人工知能(AI)を活用した各種 IT サービス提供およびコンサルティング
    所在地:東京都千代田区岩本町3-9-3 フォレスト秋葉原ビル8F
    設立:2015年12月
    資本金:1憶8,750万円
    従業員数:19名
    株主:株式会社ブロードバンドタワー(東証JASDAQ 3776)
       株式会社メディアドゥホールディングス(東証一部 3678)

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート
    エーアイスクエア、言葉の揺らぎに強いAIチャットボット

     AI(人工知能)を使ったシステム開発を手掛けるエーアイスクエアは、2018年10月19日まで東京ビッグサイトで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展した。AIを使って企業の問い合わせ対応業務などを支援するシステムや、文章の重要な部分を抜き出して要約するシステムなどを展示している。独自のAIアルゴリズムで、言葉の表記や言い回しの違いといった「揺らぎ」に強いシステムを提供する。

  • 「横浜銀行」コールセンターにおけるAI対話要約の実証実験開始のお知らせ
    www.47news.jp/2870932.html
    2018年10月15日 - 2018年10月15日株式会社エーアイスクエア「横浜銀行」コールセンターにおけるAI対話要約の実証実験開始~対話要約ソリューション「QuickSummary +」を用いた生産性向上及びサービ ...

  • エーアイスクエア、言葉の揺らぎに強いAIチャットボット | 日経 xTECH ...
    tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/event/18/.../101800129/ - キャッシュ
    1日前 - AI(人工知能)を使ったシステム開発を手掛けるエーアイスクエアは、2018年10月19日まで東京ビッグサイトで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展した。

  • 決算期間 201807 - 201812
    売上高 5,800百万円
    営業利益 -700百万円
    経常利益 -740百万円

  • 今回発表

    決算期間 201707 - 201806
    売上高 10,731百万円
    営業利益 -80百万円
    経常利益 -20百万円
    当期利益 -330百万円
    1株当たり当期利益 -6.45円

    前期実績
    決算期間 201607 - 201706
    売上高 38,987百万円
    営業利益 846百万円
    経常利益 767百万円
    当期利益 427百万円
    1株当たり当期利益 8.37円

  • 鳥取県が多額の補助金を出し、米子市に誘致した電気自動車メーカーのナノオプト二クス・エナジーの社員が、10月末までに全員退職していたことが分かった。
    経営難から今年6月に従業員28人のうち23人を削減していたが、鳥取県などによると残りの5人の従業員も全員退職し、現在は役員のみが残った状態だという。
    ナノ社では、去年から電気自動車ではなく、電動車いすの製造に乗り出したものの業績は上がらなかった。
    ナノオプト二クス・エナジーが2010年に米子市に進出した際、鳥取県は本社進出に伴う土地購入費などとして3億円もの補助金を費した。
    ナノ社は補助金を使って購入した土地を売却していて、鳥取県は5000万円余りの返還を求めているが、いまだに返還されていない。(14/11/18 日本海テレビ)

    http://team-50.cia-japan.com/?eid=1239876

  • 配信元:Zoiccs
    BBタワー(3776) 2018年06月度 連結 3Q決算 業績実績(発表)

    2018/05/11 15:30

    3776【BBタワー】

    今回発表
    決算期間 201707 - 201803
    売上高 7,839百万円
    営業利益 -33百万円
    経常利益 -34百万円
    当期利益 -24百万円
    1株当たり当期利益 -0.47円

    前期実績
    決算期間 201607 - 201703
    売上高 28,723百万円
    営業利益 793百万円
    経常利益 703百万円
    当期利益 157百万円
    1株当たり当期利益 3.08円

  • SBI検査が突く二大「急所」 | 金曜ロードショウPARTⅢ
    ameblo.jp/yoruasaaida/entry-11410115743.html

    実はインターネット総研の創業者、藤原洋であることは容易に察しがつく。香港での開示情報では、この「一個人」は買い手との間には利害関係がないとしていた。本誌の取材に対しても、SBI広報は「ホメオスタイル株式の買い主様には、貸し出し取引はありません」 と回答していた。 これは詭弁だろう。 買い主、藤原が所有する東京の杉並区浜田山2 丁目に建つ910平方メートルの豪邸では、昨年3月10日にSBIインキュベーションの57億円抵当権設定仮登記がなされ、同年10月12日に解除したばかり。

  • 企業誘致ニューススクラップ - 誘致企業の明暗(上)
    ja-jp.facebook.com/permalink.php?story_fbid...id...

    スポーツカータイプの高級EVを中国の富裕層に販売、5年間で約800人を地元雇用する。5年後の売り上げ目標は1千億円」-。 2010年3月、米子市内の特設会場でナノ社の藤原洋社長(当時)が高らかに宣言した。

  • 「エンジニアは橋を作り、ウォール街の金融工学者は夢を創った。そのツケを払ったのは誰だ?」

    https://www.amazon.co.jp/dp/B00FCB0RNW

  • 会社の概要 - アストロエアロスペース
    nano-optonics.astro-aerospace.jp/about.html - キャッシュ
    会社概要. (有)アストロエアロスペース 研削事業部 ナノオプトニクス研究所. 企業名. (有)アストロエアロスペース. 本店住所: 東京都杉並区浜田山二丁目11番17号. 代表取締役 藤原 洋. 事業所名. ナノオプトニクス研究所. 住所: 岐阜県関市武芸川町跡部1333-1. 研究所長 舞原 俊憲. since 2014-9-1 / Copyright 2016-2020 Astro- Aerospace, Inc. All Rights Reserved.

  • SBI検査が突く二大「急所」|金曜ロードショウPARTⅢ
    ameblo.jp/yoruasaaida/entry-11410115743.html - キャッシュ
    本誌の取材に対しても、SBI広報は「ホメオスタイル株式の買い主様には、貸し出し取引はありません」と回答していた。 これは詭弁だろう。 買い主、藤原が所有する東京の杉並区浜田山2丁目に建つ910平方メートルの豪邸では、昨年3月10日にSBI インキュベーションの57億円抵当権設定仮登記がなされ、同年10月12日に解除したばかり。港区白金2丁目の7階建てマンションでも、SBIは約36億円の抵当権を設定している。登記簿によれば、抵当権の設定は昨年6月29日。

本文はここまでです このページの先頭へ