ここから本文です

投稿コメント一覧 (5467コメント)

  • 矢作建設が太陽光発電、竹チップや鉄鋼スラグの防草効果を検証

     矢作建設工業は、愛知県豊田市の社有遊休地に太陽光発電所「豊田市保見町ソーラーファーム」を開設した。発電事業のほか、さまざまな研究の場としても活用していく。11月9日に発表した。

     山間部の約1.7haの敷地に太陽光パネルを3600枚設置した。出力は972kWで、約200世帯分に相当する発電量を見込んでいる。太陽光パネルはディンプレックス・ジャパン製、✳️パワーコンディショナー(PCS)は三社電機製作所を採用した。

     基礎・架台には複数の工法を採用し、地形やコストに適した施工性などを検証する。

     また、発電の妨げとなる雑草の繁茂を抑える実験や、施設周辺への環境影響を確認するために日照、風況、温度をモニタリングする。雑草対策では、太陽光パネルの下に竹チップや木質チップなどを敷き詰めたり、製鉄工程で排出される鉄鋼スラブを用いて簡易舗装したりすることで、雑草の種が芽吹いて定着するのを防ぐ。

     同社では、太陽光を始めとした再生可能エネルギー分野の市場が伸びていることから、自社が発電事業を手掛けることで同分野のノウハウを蓄積し、事業領域の拡大につなげていきたいとしている。

  • No.762

    深層学習

    2017/12/11 11:54

    日経Robotics 2018年1月号
    Cool Topic
    《日経Robo》安川電機は把持に深層学習、三菱電機は嵌合に強化学習
    ファナックに続き大手メーカーが機械学習技術に本腰。

  • 2018年1月号
    Case Study
    《日経Robo》中国アリババが使うロボット、日本上陸
    世界最大のEC市場で磨かれる北京発のロボットベンチャー
    進藤 智則、長場 景子 2017/12/10 00:00
    出典:日経Robotics、2018年1月号、pp.3-13(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
    保存

    本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

     中国のインターネット通販(EC)の巨人であるAlibaba Group(阿里巴巴集団)。年間流通総額が約50兆円にも達する同グループが自社直営のネットスーパー事業「天猫超市(Tmall Supermarket)」で使う物流ロボットが、日本に上陸し千葉県の現場で稼働を始めた。

     米国などを抜き、いまや世界最大のEC市場となった中国国内で磨き抜かれ、急成長を遂げた北京発のロボットが、人手不足にあえぐ日本で消費者の注文商品を運び、物流現場を下支えする。数々のイノベーションが猛スピードで進行する“IT先進国”中国で生まれたロボットが、日本のサービス現場で活躍する未来の縮図がここにある。

  • ここの魅力は1部上場から4年目、株価は上場来安値からまだ3倍にもなっていない。時価総額は250億円。時流に乗って来たので大きな成長チャンス。時価総額はいずれ1,000億円以上になると期待している。

  • ソースネクストが大幅高で3連騰、継続的な買い流入で11年ぶり最高値更新が目前
    みんなの株式 - 12/11 10:23

     ソースネクスト が大幅高で3連騰、一時202円高の1396円まで買われ年初来高値を更新、リーマン・ショック前の2007年1月につけた上場来高値1425.5円(分割修正値)更新も視野に入れている。世界的に情報セキュリティーへのニーズが高まるなか、パソコン向けパッケージソフトではウイルス対策関連で高シェアを誇る同社株への注目度が高い。✳️ここ短期筋だけではなく継続的な実需買いが観測され、12月7日付でアセットマネジメントOneが同社の保有株を増加させたことが判明している。

  • カーリットHDは3連騰で底入れ反転モード、2次電池評価試験で受託件数が増勢
    みんなの株式 - 12/11 10:07

     カーリットホールディングス は3連騰で1100円台を回復。11月中旬から下旬にかけ急騰したが、27日に1369円の上場来高値をつけてからは調整を余儀なくされていた。前週後半から底入れ反騰モードに転じている。コンデンサー向けなど高付加価値の電子材料が寄与して、18年3月期営業利益は前期比4割の伸びを見込むなど業績好調。また、リチウムイオン電池など2次電池の評価試験ではセルからモジュールまで、幅広い種類の電源を手掛け、受託件数は増勢の一途だが、東レリサーチセンターと車載用2次電池の受託試験・解析事業で業務提携したことで今後の展開力に期待がかかっている。このほか、土木工事向け産業用爆薬は安倍政権による補正予算で公共事業拡大の追い風が意識される。

  • No.205

    逃亡

    2017/12/11 09:45

    seiは北のスパイだった🕵️。

  • No.198

    超電卓

    2017/12/11 09:40

    ソースネクスト、割り勘計算やローン計算など11種類の電卓を1つにした「超電卓 Windows版」を発売
    2017/12/06
    ソースネクスト
    割り勘計算やローン計算もおまかせ

    11種類の電卓を1つに「超電卓 Windows版」

    12月6日(水)新発売

     ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階 代表取締役社長:松田 憲幸)は、12月6日(水)より、PCソフト「超電卓 Windows版」(ダウンロード版、1,980円・税別)で発売します。本製品は割り勘電卓やローン電卓など11種類の電卓を1つにした便利な電卓ソフトです。Androidアプリ版の人気が高かったため、Windows版を発売することにいたしました。

     【「超電卓 Windows版」の特長】

    ■11種類の電卓を収録した、多機能電卓ソフト

    履歴表示付きの基本電卓から、本格的な関数の計算、単位・年号・時間の変換、ショッピングで便利な割引計算、ダイエットの指標になるBMI指数計算まで、様々な計算・変換機能を持った11種類の電卓ソフトです。

  • >>No. 134

    展示会で英語で長く喋ってもちゃんと日本語に翻訳してくれたよ。会話程度では無いです。

  • No.145

    混雑

    2017/12/11 08:55

    幕張の展示会ではポケトークのブースは毎日1番混雑していた事から判断して興味ある人が山ほどいる証明になる。14日は楽しみだ。

  • カーリットHD:ロケット燃料自社製造へ―来期量産に着手、成長市場で優位
    モーニングスター - 12/8 18:05

  • >>No. 9

    同感です。日本の放送関係や新聞社などに侵入しているので国民は注目すべきだと思う。シロアリの様に土台を食い荒らす。サンデーモーニングのコメンテーターは反日の塊。

  • 車載用の全固体電池はトヨタ以外にどこがあるのだろう? 時計、携帯電話、小型機器用ならあちこちで開発成功したと聞くが車載用はまだ無いのでは? 日立の全固体電池は何用だろう?

  • >>No. 778

    ビットコインは税務署が目を付けているのである時突然大暴落する事も考慮必要だ。

  • >>No. 665

    2017/12/10 14:28 投稿者:トランクス×マイさんへ、
    4,000円近くで購入したとの事ですがもう少し待てば4,000円以上になるなるので辛抱です。購入すると下落、売却すると上昇する経験は誰でも有りますが、いつまでも同じでは困ると思います。問題は1)情報を入手するのが遅い, 2)上昇し続けている銘柄は注意、3)上昇し見込みのある銘柄で下落しているのが底かどうか見極めて購入する。4)日本及び世界的に見て近い将来必要性が大きい銘柄であるかどうか。5)時流に乗った銘柄であるかどうかなど四季報など参考にして購入する。当てにならない時もあるが、三流新聞などの三流アナリストの宣伝銘柄より遥かに増し。日経ヴェリタスなら可なり信用出来るが自分でも判断すること。その他世界の動きによるリスクや為替など考えればきりがないが毎日アンテナを立ててあちこちから情報を入手する。塩漬けにならない様に損切りラインを決める。投稿で見かける極端な買い煽りや売り煽りは参考にしてそのまま信じない事。銘柄に惚れて下落してもいつまでも保持しない事など頭に入れて置けばあまり損する事は無いのでは? 米国や中国の景気は今年は良いとして来年の判断は難しい。それでもあまり影響を受けない銘柄を今から研究して置く事など。日本国内だけで頑張っている銘柄も有りますので頑張って儲けて下さい。

  • 2017/12/10 10:37

    下記は既出のニュースだが、オハラの全固体電池は今のところ出力が弱いので時計や携帯電話向け。このままで終わる訳では無いので、車載用も研究開発していると思われる。来年にはそのIRが出るのではと期待している。

    【ニュース】オハラ:リチウム電池向けの添加剤開発、EV需要で2019年にも販売 – Bloomberg
    ・オハラは、電解質に液体を使った既存のリチウムイオン電池の性能向上に効果が見込める独自開発の添加剤を開発した。
    ・添加剤には独自開発のガラスセラミックス素材「LICGC」を利用。電解液系リチウムイオン電池の正極に添加すると出力や容量が向上する。
    ・電気自動車(EV)で使うリチウムイオン電池向けとして、2019年にも販売を始めたい考え。
    ・全固体電池の部材としてオハラが開発中の酸化物系固体電解質については、オハラ執行役員の中島氏は現状では出力を上げにくいため、「車載は難しいが、時計や携帯電話などの小型電池に向いている」。

  • 色々議論しても変わりはない。今は上場発表を暫く待つのみ。メルカリのフリマは日本の市場だけで考えない事だ。世界にはフリマを求めている国々はあちこちにある。

  • 【アナリスト評価】フェローテックH、レーティング強気を継続、目標株価2,700円に引上げ(日系大手)
    アイフィス株予報 - 12/8 18:00

    日系大手証券会社が12月8日、フェローテックホールディングス のレーティングを強気(Buy)に据え置いた。一方、目標株価は1,900円から2,700円に引き上げた。因みに前日(12月7日)時点のレーティングコンセンサスは5(アナリスト数2人)で「強気」の水準、目標株価コンセンサスは2,350円(アナリスト数2人)となっている。

  • No.759

    時価総額

    2017/12/09 17:58

    社歴は長いが上場後20年、パナソニックに認められてやっと日の目を見る時期に入って来た。時価総額は僅か190億円だから夢がある。10倍になっても1,900億円、いつかこれ位の時価総額になる事は可能だろう。
    株価は少し下落したがまだ1,200円台。上場来、年初来高値 1,373円は射程距離。年末までに越えてスッキリして新年から更に上昇して欲しい。来年の期待は2部から1部に移行する事と株価は欲張りで年末までに3,000円〜4,000円になる事だ。

  • 吉村新社長は63歳位かな? 18歳位若返り。技術に明るい経営経験者として期待されている。三社電機では副社長であったがパナソニック出身として強力にビジネスを進めるのではないでしょうか。東証2部から1部に早く移行して欲しいね。

本文はここまでです このページの先頭へ