ここから本文です

投稿コメント一覧 (8321コメント)

  • 二桁は遠のいて行く。そのうち望遠鏡が必要になれば良い。

  • 久しぶりにUnderがOverを大幅に超えて上昇する事になるのだろう。

  • 売り煽りが買い煽りに転換する節操が無い時期が来た。

  • 目的が有って下落させられたのでそろそろ上昇するぞ。

  • 株価が上昇し始めると同じ投稿者の内容が売り煽りから買い煽りに変化するのは面白い。節操が無い。

  • 会社もこのままで良いとは思っていないと思われる。いつまでも下落する株は無いので今週は未だ下落するとしても二桁になる前に来週から上昇し始めると参入者が急に多くなり面白くなる。

  • >>No. 297

    ◀︎「このような翻訳機市場において、さらなる製品の競争激化が予測されることから、当社としてはより独自性を際立たせた製品開発を行なうことが重要と考えており、そのために「ポケトーク」の次世代機 の開発を行なうことを予定しております。また、IoT 製品の事業開発は、製品がインターネットに繋がる ことで、これまでに存在しなかった新たな市場の創出が見込まれることから、自動通訳機以外の分野についても当社の20 年以上のソフトウェア開発経験をハードウェア製品と融合させていくことで、IoT 事業を 強化して参ります」。

    社長は欧米での滞在時に次世代の製品はどうするかなどの検討はほぼ終えていると思いますが、素早く次ぎの手を打つなどなかなかスマートです。次もヒット商品を開発出来れば侮れない企業になると期待しています。2020年のオリンピック前には新商品を期待出来そうですね。任天堂も過去は花札やトランプなどの目立たないカードの企業だったと思います。

  • ★遺伝子治療薬が上陸へ 19年にも、難病治療に効果
    【イブニングスクープ】

    2018/11/14 18:00 [有料会員限定]
    遺伝子を体内に入れて病気を治す「遺伝子治療薬」が日本国内で相次ぎ登場する。スイスのノバルティスは神経難病の薬を2019年にも発売。大阪大学発スタートアップのアンジェスは足の血管が詰まる病気の治療薬を19年前半に売り出す。欧米に比べ出遅れていたが、効果の高い新薬が登場したことや政府の後押しを受け、国内での利用に道筋が見えてきた。

  • ★遺伝子治療薬が上陸へ 19年にも、難病治療に効果
    【イブニングスクープ】

    2018/11/14 18:00
    遺伝子を体内に入れて病気を治す「遺伝子治療薬」が日本国内で相次ぎ登場する。スイスのノバルティスは神経難病の薬を2019年にも発売。大阪大学発スタートアップのアンジェスは足の血管が詰まる病気の治療薬を19年前半に売り出す。欧米に比べ出遅れていたが、効果の高い新薬が登場したことや政府の後押しを受け、国内での利用に道筋が見えてきた。

  • ★将来は慢性患者の治療も iPS移植、脊髄損傷に光明
    11/14(水) 1:03配信 産経新聞
    将来は慢性患者の治療も iPS移植、脊髄損傷に光明

     国がこれまでに承認したiPS細胞による再生医療の臨床研究は、薬など他の治療法が存在する病気が対象だった。だが、脊髄損傷は再生しない神経細胞が傷付くことで起きるため、薬では治せない。慶応大の細胞移植は成功すれば唯一の治療法となるだけに、患者の期待は非常に大きい。

     移植は脊髄を損傷してから数週間の患者を対象に行う。神経細胞は切断された場所だけでなく、周辺でも炎症を起こして死滅し、症状が悪化していくため、早期に移植した方が治療効果が出やすいからだ。

     ただ、🌠慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授は「将来は損傷から長期間が経過した慢性患者の治療もiPS細胞を使って行いたい」と話す。安全性の確認を最優先に、さまざまな知見を蓄積し、適用対象の拡大につなげていく考えだ。

     国内では約20万人に及ぶ慢性患者が不自由な生活を強いられながら、治療法を待ちわびている。今回の臨床研究は、こうした人たちに光明を届けるための第一歩となる。

  • 🌠将来は慢性患者の治療も iPS移植、脊髄損傷に光明
    11/14(水) 1:03配信 産経新聞
    将来は慢性患者の治療も iPS移植、脊髄損傷に光明

     国がこれまでに承認したiPS細胞による再生医療の臨床研究は、薬など他の治療法が存在する病気が対象だった。だが、脊髄損傷は再生しない神経細胞が傷付くことで起きるため、薬では治せない。慶応大の細胞移植は成功すれば唯一の治療法となるだけに、患者の期待は非常に大きい。

     移植は脊髄を損傷してから数週間の患者を対象に行う。神経細胞は切断された場所だけでなく、周辺でも炎症を起こして死滅し、症状が悪化していくため、早期に移植した方が治療効果が出やすいからだ。

     ただ、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授は「将来は損傷から長期間が経過した慢性患者の治療もiPS細胞を使って行いたい」と話す。安全性の確認を最優先に、さまざまな知見を蓄積し、適用対象の拡大につなげていく考えだ。

     国内では約20万人に及ぶ慢性患者が不自由な生活を強いられながら、治療法を待ちわびている。今回の臨床研究は、こうした人たちに光明を届けるための第一歩となる。

  • 🌠慶応大、脊髄損傷へのiPS臨床研究 12月にも学内承認
    2018年11月13日 23:03

    iPS細胞を使った脊髄損傷患者への臨床研究について慶応義塾大学は13日、学内の審査委員会を開いた。最終的な結論は持ち越したが、早ければ12月にも開く同委員会で承認される見通し。決め手となる治療法のない脊髄損傷に対し、世界初のiPS細胞による臨床研究が実現しそうだ。

    計画するのは慶応大学の岡野栄之教授と中村雅也教授らのチーム。計画では、iPS細胞を神経のもとになる細胞に育てて損傷した脊髄に移植し、
    (以下省略)

  • さあ〜、ここまで急下降するとある時突然急上昇する事もあるので安全ベルトを締めて空の旅を楽しもう。

  • ◀︎ポケトークなど所詮大手企業が参戦すれば簡単に出来るレベルの技術。

    ソニーなどの大手は後発としてポケトークWに対抗する商品はやりません。やるなら先発です。失敗すれば担当部長は左遷で怖くて出来ないです。値段も高くなります。大手に聞いて見て下さい。保身の為に石橋を叩いて渡るのが大手の部長です。やるならもっと大型で持ち歩きでは無く事務所などAIに絡んだ設置用なら可能性は無いとは言えません。ソースネクストは社長が決定してゴーサインを出せば良いのです。失敗すれば社長の責任。ポケトークWは成功しているし、値段、形、性能でポケトークW以上のものは簡単には出来ないし販売で成功するとは限らない。ポケトークWもディープラーニングで日々進化している。もしも対抗品が出る事が有ればポケトークWの改良品を出すかも知れないし、先発は強い。世界展開を始めているのでポケトークWは一歩も二歩も進んでいる。

  • 多言語音声翻訳コンテストを開催
    -世界の「言葉の壁」をなくすアイデア・試作品等の募集-

    2018年11月13日
    総務省
    国立研究開発法人情報通信研究機構

    総務省とNICTは、世界の「言葉の壁」をなくすことを目指すグローバルコミュニケーション計画(※)を推進しており、その一環として多言語音声翻訳技術の研究開発、普及・展開を進めています。
    より多くの方に多言語音声翻訳技術を使っていただくきっかけとするとともに、社会実装を加速化するため、多言語音声翻訳コンテストを開催し、世界の「言葉の壁」をなくすことに貢献する新しいアイデア、試作品等を募集します。
    (以下省略)

  • 社長が悪い、飯能市は田舎だ、ムーミンには客が来ない、赤字で売却する、ここの株価は二桁になる、などのネガティヴキャンペーンばかりが目につくがダメで不満なら売却して他銘柄に移動して下さい。時間の無駄です。株は自己責任です。

  • ホルダーは株価の上昇を期待して購入したのだと思うが、この様に下落すると意気消沈して誰も2020年オリンピック前後までに5〜600円以上になると言わなくなったね。バカにしているホルダーもいると思うが、世の中には ,まさか, も有るのです。

  • ●バイオの流れは今後も続く。

    「バイオテクノロジー関連」が4位にランキング、海外情勢に影響されないテーマ買いの流れに乗る<注目テーマ>
    みんなの株式 - 11/13 12:22

    ★人気テーマ・ベスト10

    1 キャッシュレス決済 
    2 サイバーセキュリティ
    3 人工知能
    4 バイオテクノロジー関連
    5 5G
    6 iPS細胞
    7 セルフレジ
    8 QRコード
    9 TOPIXコア30
    10 半導体製造装置
     
     みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「バイオテクノロジー関連」が4位にランキングされている。

     13日の東京株式市場は米株市場急落を起点としたリスクオフの高波を受けて急落。主力輸出株をはじめ広範囲に売りの洗礼を浴びているが、内需系の中小型材料株は相対的に底堅い動きをみせる銘柄も少なくない。バイオベンチャーの一角もそれに該当する。最近では脳神経系疾患領域に特化して再生細胞医薬品の開発を手掛ける🌠サンバイオ が急速人気化、株価を短期間で倍増させた。現在、時価総額で3000億円を超え、東証マザーズ市場においてメルカリ に次ぐ第2位に浮上したがそのインパクトは大きく、再生医療などを手掛ける他のバイオ関連銘柄にも人気が飛び火する現象をみせた。

     バイオ関連が注目される背景には、小野薬品工業 が手掛けるがん免疫治療薬「オプジーボ」のターゲットタンパク質「PD-1」を発見した京都大特別教授の本庶佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞したことも影響している。新薬開発は国内外のメガファーマにとって重要課題だが、今は希少疾患領域を中心に世界的にバイオベンチャーがそのリード役を担う構図が鮮明となっている。

     メガファーマにすれば、その資本力を生かし、有力な新薬開発の技術を有するバイオベンチャーとの資本提携や買収などで業容を拡大するのが、経営戦略的に最有力の選択肢といえるケースが多くなっている。アイルランドの製薬大手シャイアーに対する武田薬品工業 の巨額買収はマーケットでも注目の的となった。

     再生医療や遺伝子治療など先端分野でのバイオ創薬に対する市場の期待は大きく、新興市場を中心にバイオ関連銘柄は、今後も折に触れ人気化し株価の居どころを変える銘柄が相次ぐことになりそうだ。

    ✴️ サンバイオ 人気にあやかって、再生医療関連ではタカラバイオ やメディネット 、アイロムグループ 、テラ 、JCRファーマ 、ジーンテクノサイエンス などが注目されるほか、前臨床試験受託のトップである新日本科学 や特殊ペプチドを使った創薬を手掛けるペプチドリーム 、自己組織ペプチドを使った医療製品開発を手掛けるスリー・ディー・マトリックス 、薬物デリバリーシステムに強みを持つナノキャリア 、独自の抗体医薬品の研究開発で先駆するカイオム・バイオサイエンス なども合わせて注目したい。

  • ポケトークWは始まったばかりで未だ宣伝時期だ。世界展開の結果次第では凄い事になりそうだ。世界には語学好きな学生は数えきれない程居るのでその中の数%にでもポケトークWが売れれば生産が追いつかない。2020年末までの100万台などは小さな数字だ。

  • 時価総額3000億円が高過ぎると言っている人がいるが、ダイヤモンドの巨大な原石は研磨して多面体にカットすれば今まで見た事も無い輝きを放つものになる。この原石がサンバイオだ。ダイヤモンド原石はカット後には6〜10倍の値段になる。サンバイオもそうなる事を期待されている。

本文はここまでです このページの先頭へ