ここから本文です

投稿コメント一覧 (1950コメント)

  •  刑事事件で、証拠不十分で不起訴になったとかで、
    せめて民事の損害賠償請求で,真相を少しでも明らかにしたいという遺族の気持ちで起こされた裁判もある。
    万策尽きたあとは、物事を最終的に解決するには、金銭しかない事もある。

  • >>No. 237

    配当と損金とが相殺されるから、配当で取られた税金の20%が返って来るよ。
    どの銘柄でもそうだが、所有する株数が多いと、これは馬鹿にならない。
    損金処理を上手に使おう。

  • >>No. 658

    >円はドル以外の通貨に対して、むしろ円高になっている。まあ、手放しでは喜べない❗


    通貨は基本的には、国力のバロメーターを示す。
    円高とは、日本国が外国に対して優位だという事だ。
    円安とは国力の低下を示す。

  • 日本は生きて行くためのenergy資源(化石燃料、食料、鉱産物・・・)の少ない国です。
    したがって、勉強して知財を得て、その商品を海外に売ってお金というenergy代替え材を得、海外から生きて行くためのenergy資材を購入しています。

    空売りをする人は、今後の日本の成長企業は何処なのだろうか教えてもらえないだろうか。
    世界各国でナショナリズムがだいとうする今、それが一番の心配だ。

  • トヨタ系の会社全て、住所氏名を記入しての申し込みにより、一般の見学できるコースが有るが、カメラ持参は有り得ません。説明会場に置いてから見学です。

    万が一のトラブルの方が怖い。

  • プルームテックが愛好者にいきわたり、海外事業も順調・・・・来年から増益になって、増配だろうね。

  • >>No. 13

    悲観ばかりしていれば、あなたの言うようになる。 それは正しい。
    が、そのように行かないのが世の常。
    1000円を割って来ると、すぐに1000円を超えるよ。

    大企業が衰退して行くには長いスパンが必要だ。

  • >>No. 976

    あの時も、ヘッジファンドのアルバイターたちが、ガラパゴス・・・・と書きまくっていたね。
    しかし、減益でも増配、そしてその後、株価も大きく跳ねて行った。

    別に、この辺りで留まってくれれば、値上がりしなくても長期投資家としては満足だ

  • ドコモの株価が証明してくれるよ。

  • ◎日産自、中間連結純利益10.9%減 2462億5800万円
    時事通信

     日産自動車<7201>中間連結決算(日本基準)
    (2018年4月1日~2018年9月30日)      11月8日発表
               2018年9月中間    2019年3月期予想
    売上高     5兆5327億2200万円12兆0000億0000万円
                   (2.1%減)       (0.4%増)
    営業利益      2103億3500万円   5400億0000万円
                  (25.4%減)       (6.0%減)
    経常利益      3299億3200万円
                  (10.7%減)         (---)
    純利益       2462億5800万円   5000億0000万円
                  (10.9%減)      (33.1%減)
    包括利益      2497億2400万円
                  (24.2%減)
    1株当たり利益        62円97銭       127円87銭
                  (70円69銭)
    潜在株式調整後1株利益    62円97銭
                  (70円69銭)
    配当第1四半期
      第2四半期    28円50銭    (26円50銭)
      第3四半期
      期末                 (26円50銭)    28円50銭
      合計                 (53円00銭)    57円00銭
    ( )内は前年同期比または前年同期実績、 ▲ は赤字

  • どこも、ヘッジファンドのアルバイターが大勢いるな。
    一書き込み、イクラもらってるの?

    この辺りからは下がらないよ。

  • >>No. 334

    >現実的に考えて減益で増配は難しいのではないか?

    2013年ころ、ガラパゴスと揶揄されて暴落した時、個々は増配を繰り返した。内部留保が大きいし先が見えているからね。したがって、年度の決算は資産を反映しない。

    株価は戻っていきますよ。

    短期勝負を得意とするAIは、その所を読み込めない。

  • ここはシゲキさんのような長期スパンで投資しようとする人と、乾杯爺さんのように、それぞれの銘柄の変動の大きさの短期の動きを意識して投資を煽る人が混在する。

    それによって作戦は異なって来るので、そこを認識しないでコメントすると、頭がゴシャゴシャになって来る。

  • ◎JT、第3四半期累計連結純利益0.3%減 3326億8600万円
    時事通信

     JT<2914>1月~9月期連結決算(IFRS)
    (2018年1月1日~2018年9月30日)     10月31日発表
                   1月~9月期   2018年12月期予想
    売上収益    1兆6758億1900万円 2兆1900億0000万円
                   (5.2%増)       (2.4%増)
    営業利益      4770億9300万円   5320億0000万円
                   (1.6%増)       (5.2%減)
    税引前利益     4494億0200万円
                   (1.0%減)         (---)
    純利益       3326億8600万円   3700億0000万円
                   (0.3%減)       (5.7%減)
    包括利益      1537億8400万円
                  (65.4%減)
    1株当たり利益       185円73銭       206円56銭
                 (186円32銭)
    希薄化後1株利益      185円64銭
                 (186円21銭)
    配当第1四半期
      第2四半期    75円00銭    (70円00銭)
      第3四半期
      期末                 (70円00銭)    75円00銭
      合計                (140円00銭)   150円00銭
    ( )内は前年同期比または前年同期実績、 ▲ は赤字

  • 四季報の今期の予想だ。
    営業益続落に下振れとある。

    《海外は買収で本数増、値上げも寄与。国内は加熱式の販促効くも紙巻き数量2ケタ減補えず。加熱式投資と買収関連費用かさみ営業益続落に下振れ。19年12月期は加熱式数量順調増、内外値上げも効く。》

    この下げは織り込み済みだと思うよ。

  •  所得制限でプレミアム商品券?
    国民年金程度の女房なんぞ、当然該当するから買うわさ。
    わざと、抜け道を作る辺りは、さすが官僚。
    元官僚の奥さんたちは、女性公務員以外は、大抵専業主婦だ。
    国民年金だもん。
    セコイを通り越して、都合のいい事ばかり。
    よく見ていないと、世帯収入とか、枠を考えないと。
    生活保護みたいに、偽装離婚まではないと思うけどね。

  • >>No. 1075

    どうせ腰砕け?
    何せ二階幹事長に弱い。

  • 先日キヤノンからJTに移動させた資金を、持ち株のバランスを考えて、今日改めてキヤノンの株式を買い戻した。
    年初、配当との相殺分の税金が戻って来る。

    キヤノンの買いコストは、今日の値となる。
    今年の底値はこの辺りだろう。

    来年3000円を割ろうが、配当が入るのでそんなに下がる実感は無い。

  •  今後しばらく続きそうなマイナス金利の時代に、いずれも、信じられない程の高配当利回りだ。
    しかも、明日‣明後日潰れるとも思えない財務内容だ。
    持っている株価が上がれば嬉しい。
    しかし、下がればさらに買い増しして、マイナス金利的銀行預金の低金利を補いたいわけだ。
    老年庶民にとって、銀行・郵貯の定期預金の雀の涙の金利を見るのは、塗炭の苦しみのなのだ。

  •   長期投資を基本とする戦略だが、20%以上の値上がりで売却し、安くなったところを買う。
    topicsのさすがの下げで、ここは5%以上の評価損が出た。

    そこで、ここを3240円で売ってJTを買った。
    勿論、JTを多く持つつもりはないので、chanceがあれば買った分のJTを売って再びここを買う。chanceがなければJTの配当を貰う。 つまり、キヤノンの買値が下がるから。

    5%の評価損は、ドコモなどの配当が有るのでそれと相殺させて、配当で取られた税金を取り戻す。

本文はここまでです このページの先頭へ