ここから本文です

投稿コメント一覧 (1389コメント)

  • >>No. 746

    「煩悩即菩提を、悟りは常に煩悩と共にある」という表現が誤解を招いたようです。
    無論、悟りの世界がギンギラギンである筈はなく、煩悩=悟りで無い事は言うまでもありません。「即」とは、「煩悩があるから菩提がある」というような所でしょうか。
    蓮の花に喩えれば、泥中=煩悩から根は養分を吸い取り、長い茎(導管)=修行を経て、それが徐々に純化されて蓮華=悟りに至る、但し、茎を切れば蓮は蕾の儘に終わるように、悟りも煩悩という苦の概念が無ければ、その世界も無いというようなところではないでしょうか。

    ところで、貴方が「日経平均株価」で『沙織さん事件』について仰っている所には大賛成です。
    中村格(当時警視庁刑事部長)が、高輪署に命じて山口能之の逮捕を取り下げさせた背景に、中村格は第二次安倍内閣で菅官房長官の元秘書官を務めた人であり、山口能之は「総理」というヨイショ本を出版した『安倍腹心のジャーナリスト』となると、大方見えてきます。

    日本では、一般的に、奇妙にも共すれば被害者より加害者を擁護して、被害者がネットやマスコミで二次被害を蒙る事は、レイプ事件に限らず枚挙に暇がありません。
     性犯罪については、厳罰化の為、明治以来の刑法改正に今国会で漸く臨んでいる所でもあり、『沙織さん事件』は、加害者山口能之が仲間とはいえ、マスコミはもっと取り上げ追及していく重い責任があると思います.

  • >>No. 743

    ショーシャンクさん、皆さん、お早うございます。

    蓮は、浄土、顕教、密教を問わず、どの宗派でも本堂に荘厳していますね。
    煩悩即菩提、悟りは、常に煩悩と共にあって、切り離してあるものではないとの象徴だそうです。確かに、蓮は、切り花にすると蕾のままに終わり、泥中の根と繋がっていないと開花はしませんね。
    他の花には無い透明感のある色彩に魅せられ、根と繋がっていないと満開になれないと教わり、その為だけに庭にちょっとした人口の小川を作り蓮を楽しめるようにしています。今夏は、大病の後でもあり、開花を今から楽しみにしています。

    >クラシックが好きな人は何万円払ってもクラシックコンサートに行って
    とても『feel good』でしょうけど、演歌しか聴かない人にとっては
    2時間、1か所に座らされ延々とクラシックを聴かされるのは苦痛そのものでしょう。
    逆に、クラシックしか聴かない人は、演歌のコンサートに行っても苦痛でしょう。

    非常に解り易い喩です。

    >それぞれの人の居心地のいい波動

    誰にとっても、これは浄土、これは地獄というのはあるでしょうが、人生の多くの時間が『居心地のいい波動』かどうかでそれが決まるとしたら、出来るだけ、自分にとって多くを『居心地のいい波動』にする努力をすべきと感じます。

  • >>No. 696

    ショーシャンクさん、早速、有難うございます。全く新規のご解釈が多く、大分興奮気味です。

    >八正道に、satiが出てきます。
    正念=samma-sati です。

    >8つのうち、7番目に出てきます。
    もし、satiが『気づき』で、samma-sati が正しい気づきのことであれば
    最初に出てくるはずです。
    samma-satiが、真理を記憶してそれを意識的に繰り返す行為のことだから
    7番目に出てきていると、私は思っています。

    凄い所に着眼されているんですね!初めて聞く解釈です!
    7番目だから正しい気づきではないと言う事ですね。素晴らしいと思います。

    >仏陀は無思考型の瞑想を捨て徹底思考する道を選んだ

    此れでは、評価の高い曹洞禅より、考案の臨済禅の方がより仏陀的ですかね。(ちょっと、方向が違いますか?)

  • >>No. 692

    追記
    >sati=念 は、『気づき』ではないと思っています。
    私は『意識的に記憶され繰り返される想念』を指すと思っています。

    此処は要の所でしょうか。
    sati=念=意識的に記憶され繰り返される想念

    『繰り返される想念』が、『非我』の想念でしょうか?

  • >>No. 692

    ショーシャンクさん、皆さん、今日は。

    「仏教についてのひとりごと」、「法律についてのひとりごと」、何時も楽しみに読ませて頂き有難うございます。

    >第一、仏陀は死後の世界を繰り返し説いていますし、輪廻転生が前提で
    そこからの解脱がメインテーマです。

    日本仏教界では、学者、僧侶共に、上記ご指摘の点、多くの人が大いなる誤謬を犯していますね。
    「釈迦は無我を説いたが故に、我は無いから輪廻転生は無く、したがって死後の世界も無い」ーーーこう書き、説く方が圧倒的です。
    しかし、「輪廻転生を前提に、『非我』により、バラモン教の説くブラフマン―アートマンの梵我一如とは違う輪廻からの解脱方法を探り当てられた」としたら、震えが来るほどの全く違った釈迦像が浮かび上がってきます。

    『非我』とは、やはり、諸行無常、縁起の法から感得するものでしょうか?

    兎も角、「仏陀は死後の世界を繰り返し説いていますし、輪廻転生が前提」が前面に出れば、日本仏教界に激震が走りますね!

  • >>No. 211

    ショーシャンクさん、皆さん、今日は。

    『生死事大』 人にとって、もっとも大事な永遠のテーマかと思います。
    道元禅師は、宗祖の中で、最も透明感のある方でしょうか。
    お釈迦様に、一番、似ていられるように感じます。教えは厳しく、憧れても、とてもついて行けませんが、今の曹洞禅僧の殆ども弟子としては失格でしょうね。
    それを言えば、その反対の極の親鸞上人も、今の本願寺教団見れば、自分の弟子ではないと仰るような気がします。少しは喜ばれるのは、蓮如上人でしょうか。

    『生死事大』の生を受けながら、折角のこの欄で、時間と生を無駄にしている輩がいますね。理解しがたいレベルの凶悪犯罪者と同様、正直、この世に何の為に生まれてきたのかという者もこの世には存在します。誠に悲しく、これこそ、怨憎会苦、お釈迦様の仰る通りですね。

  • >>No. 89

    ショーシャンクさん、以下、有難うございます。
    >ただ、仏陀は輪廻は否定していません。
    仏教者では、仏陀は輪廻を否定したとか、死後の世界を否定したとか言ってる人が多いですが、とんでもないことです。
    死後の世界があり、輪廻があるから、輪廻からの解脱があるので、輪廻は仏教の前提です。

    此処は、とても、とても重要な所ですね。私も、仏教者から釈迦は、死後の世界、輪廻を否定したと聞き、だから、住職の中には年回忌の回向をすることに仏祖釈尊が否定しているのにと、内心、相当卑下している人が多いと聞いています。

    釈尊が輪廻、死後の世界を否定してはいないと認識出来れば、仏教者の多くが歓喜するのではないでしょうか!

  • >>No. 81

    gai さん、初めまして、宜しくお願いします。

    ホーキングは、既に約30年前にその著「ホーキングの最新宇宙論」で、『真空とは、仮想的な粒子と反粒子の対で満たされている』と言い、戦後の日本ロケット工学の先駆者、糸川英夫も、その著「新解釈、空の宇宙論」で「真空には重さが無い(無動)だが、色=物=電子があって、空即是色である。色即是空である。私は、中学一年の時から抱いていた死とは何か?死んだらどうなるかの答えを量子物理学的に証明されたと安心出来た。人は宇宙より来りて、宇宙に還る。」と述べています。
    又、湯川秀樹もその「存在の理法」で「私の中間子異論の発想のベースに色即是空があった」と述べています。

    空と物理学の接点を見る時、空は真に奥深いものを示唆していると感じます!

  • >>No. 75

    ショーシャンクさん、仏教への御研鑽、御高説に頭が下がり、とても勉強になります。
    再び残りの生を続けられた身として、仏教、殊にその創始者、釈迦牟尼仏陀の世界を改めて学習出来ます事はこの上ない喜びです。

    その中で、『無常⇒苦⇒無我  という公式です。』につきまして、この「無我」を中村元の「非我」に置き換えれば、完成するのでは無いでしょうか?
    「正病老」は兎も角、釈尊の最大のテーマは「死」にあったと思います。
    永遠にこの世から去ることは正に「苦」。しかし、それを常に背負っていて執着している事は「我に非ず、自分が無い状態」で真正の自分、アートマンを見失っている、本当の自分に出会うためには、それら無常のものを全て捨て去る事と云っているのではないでしょうか。
    釈尊は、バラモン教の輪廻は否定したけれども、執着を離れた真正のアートマンこそ成りきるべきものと教えたように感じています。
    そこに、ニルバーナ=涅槃、否、中村元は、ニルバーナ=安らぎとしましたが、私も、釈迦は、後世もつイメージの涅槃などという高尚なものでは無く、もっと、身近な安らぎ説かれたと思います。

    仏教は、正に「安らぎの教え」と呼ぶのがピッタリかなと感じていますが、如何でしょうか?

  • ショーシャンクさん、この度は、新たに「仏教についてのひとりごと」を開設頂き、深く感謝申し上げます。
    既に株式投資を通じて、人生についての多くのご教示を戴いて来ていますが、尚、日本人にとっては最も身近な仏教を通じて、改めて色々なご示唆が戴け、勉強出来ますのは望外の喜びです。

    『dukkhaが釈迦牟尼の本当の言葉だったかどうか。』とは、のっけから「まさ」さんらしい切り口ですが、スッタニパータといえども、仮にも『dukkha』が釈尊が仰った正確な言葉でないとしたら、議論は大きく変ってきますね。
    『dukkha』は、私は「思うが儘にならない事」と解釈し、『苦』の漢字の意味から受ける印象とは程遠い「生老病死とは、思うが儘にならない事」と納得してきました。
    でも、スマナサーラは『虚』と解釈され、ショーシャンクさんは、やはり文字通り『dukkhaとは苦なり』と解釈される。この当たりは、とても興味深く、又、大変大事な所ですので、是非、改めて詳しくショーシャンクさんの解釈をお聞きしたいところです。
    釈尊の悟りの世界とはどのような風景なのか?古から八万四千の法門が解釈を重ねてきましたが、ここで、もしもほんの、ほんの少しでも垣間見えたら、どんなに素晴らしい事でしょうか!
    是非、出版までお進みになられるよう願っています。
    改めて、宜しくお願いします。

  • >>No. 1233

    ショーシャンクさん、皆さん、今日は。

    リファインが、徐々に『鵬』になって行く過程を、再び元気になって見守って行けますのは、この上ない喜びです。

    ショーシャンクさんが仰るように、正雲が亡命の道を選ばず(その気配0ですね)権力の道を歩む限り、いずれは核を持つ者同士の戦争(北の核が米には足元にも及ぶものではないとしても)という最悪のシナリオが見えてきますね。問題の先送りの繰り返しが取り返しのつかない事にならぬよう祈るばかりです。
    又、フランス、韓国と、重要な大統領選が続きます。マクロンと文ですかね。

    私もショーシャンクさんと同じように、休日は仕事なので、余り余暇は無いですが。
    後2か月程で、以前のようにはいかなくても、もう一度ワインを少し飲める日が来るのを楽しみにしています。(ショーシャンクさんの別荘テラスでのチーズとワインは素敵ですね)

    場がたたない5連休は、正直、集中治療室よりキツイです(笑)。

    来週は良き日々になりますように!

  • >>No. 1212

    ショーシャンクさん、皆さん、今晩は。

    本日、北朝鮮は核実験はせず、ミサイル発射もしませんでした。これでは、アメリカも介入の大義名分が立ちませんね。
    しかし、軍事パレードで、初めて、ニューヨーク、ワシントン、約12、000キロが射程に入るかもしれないと思わせる大陸間弾道弾を行進させました。実際に発射実験が成功するかどうかは、やってみないと解らないと専門家は分析していましたが、ここまで見せつけられると、発射しようがしまいが、アメリカも今回、どう決着をつけるのでしょうか?
    ショーシャンクさんが仰るように、巧く正恩政権が終わってくれることを、切に期待しています。

    それにしても、もし、北が混乱して、拉致被害者救出のチャンスがあっても、自衛隊は、憲法の制約で、なんと北政権の同意が無いと、単独では被害者を連れ出せないのですね。ここでも、米軍頼みで、手も足も出ないとは、残念を通り越して情けない限りです。
    私は、時代錯誤の教育勅語回帰的な憲法改正は、全く望みませんが、戦後の民主国家日本の主権を正当に世界に主張する意味での改正は、どうしても必要な時期にきていると、思わざるを得ません。
    戦争の無い世界を臨む9条の理想は真に崇高ですが、残念乍ら現状は、中国も北朝鮮も戦前の我が関東軍みたいなものだし、韓国も、未だ慰安婦像設置に血道を上げている国ですから、まこと、ショーシャンクさんが仰るように関わらないで済むなら、関わらないのが一番の国々ですね。(溜息)

  • ショーシャンクさん、皆さん、今日は。

    桜が各地で満開ですね。再び見る事の出来た感謝の気持ちで、明日は、花見ドライブに出ます。
    一方、シリアなどは花見気分どころか、生きるか死ぬかで気の毒としか言いようがありません。
    しかし、北朝鮮情勢で、極東が俄然、世界の注目を集め出しており、この地域も極めて不穏になってきました。大きな犠牲がでるかもしれないので、TVでコメンテーターも云いたくても言えない人もいるようですが、批判を覚悟で敢えて言わせて貰えれば、此処は、トランプだからこそやれるかもしれない軍事行動を起こして貰いたいものです。
    朝鮮戦争以来の閉塞を、世界に迷惑を掛け続けるだけで朝鮮民族自らは決して打ち破れません。又、それを民族の恥と思う所も無いようです。
    北朝鮮の国民の為にも、此処は、歴史的転換の瞬間を見せて欲しく思います。

    きな臭い意見になりましたが、ところで、4月12日午後9時から、映画ではありませんが、TV東京系列で「破獄」が放映されます。地方では、TV北海道、TV大阪、TVせとうち、TV九州などで放映されるのではないでしょうか。
    吉村昭の原作は記録文学なので、佐久間清太郎の未曽有の4度の不可能に思われる脱獄を精緻に追っていますが、看守役、ビートたけしと言う事で、どのように描かれているか、期待している所です。
    ショーシャンクさん始め、皆様も是非ご覧になられると良いかと御報せ致しました。

  • >>No. 1195

    ショーシャンクさん、皆さん、今晩は。

    トランプ―マッドラインは、やりますね。シリア空爆には本当に驚きました。
    やはり、クリントンじゃなくて良かったと、彼らのやり方が、混迷の中にも新しい秩序を取り戻せる、いい方に向いて欲しいと切に願わずにはいれません。
    北朝鮮については、ショーシャンクさんの予測が当たって、軍事介入に踏み切って欲しいですね。考えられない事態が起きる可能性もありますが、そういう危険性を恐れず、もう経済制裁や、話し合いが通じる相手で無い事は、長年、証明されているんですから、このどうしようもない閉塞感を打ち破って欲しいものです。拉致被害者は、今日も開放を待っておられるんですから、憲法の制約で、日本から動けないですから、此処は、米軍に期待するしかない所ですね。拉致被害者家族も秘かにトランプには期待しておられるんじゃないでしょうか?
    オバマには、ヒトラーの我儘を増長させた英チェンバレンの要素を感じます。
    善人は、良き政治家成りえずですね。

    その点、トランプは適当に悪人ですから、大いに期待したいです。

  • ショーシャンクさんを初め、kankichiさん、ダリアさん、owlさん、mariyさん、coo hさん、kizunaさん、ぽうさん、皆さん各位の暖かい御言葉に心から感謝申し上げます。私事で貴重な掲示板を煩わしまして、誠に、誠に申し訳なく思っています。
    然しながら、顔も声も知らない皆様方に純粋な優しさを感じさせて頂く一方、長年の現実世界の人達の中には、病名を知らせた途端、腰を引かれ、生還してきたら見舞が届くというドライな面を突き付けられ、改めて、人間って難しい生き物だなと痛感している所です。

    でも、ショーシャンクさんの仰る<『人はただひとりあらねばならない』というクリシュナムルティの言葉が私の信条ですから。>に徹すれば、感傷的になることも無いですね。

    『天上天下唯我独尊』ーー取り敢えず、体力を取り戻すべく努力します!

  • ショーシャンクさん、mairyさん、owlさん、亀太郎さん、ぽうさん、皆さん、今日は。

    お蔭様で、8時間に及ぶ手術になりましたが(私は麻酔で寝ているだけですが、する方も大変な事だと改めて思います)名医他の方々のお蔭で、三途の川から引き返して来れたようです。それにしてもICUだけは、もう入りたくないですね。

    ショーシャンクさんのお勧めに従い、観音経偈文、何時も唱えていました。お蔭様で『念彼観音力』、行ったり来たりしなくなりました。
    体には大きな傷が残りましたが、心に傷は残らず、『今、ここにある事』をかみしめている所です。
    今年は桜が遅れているんですね。サクラに命は波長が合います(?、笑)

    『沈黙』は、Mスコセッシの評判がいいですね。それで、篠田正浩の昔に撮ったのも再び脚光を浴びていますね。昔、TVで見たと思いますが、岡田英次の長崎奉行と丹波哲郎のフェレイラ神父が薄っすらですが記憶に残っています。折角ですから、両方見たいものです。

    リファインは愈々、『鵬』になりそうですね!
    分割はあまり経験したことが無いので、保有口座の株数が倍に増えているだけで、凄く得した気分です。
    色々な意味で良い春になりそうです(なりました)。

    改めまして、宜しくお願いします。

  • >>No. 1148

    亀太郎さんからも、励ましのお言葉を頂き真に有難うございます。

    お力を頂き、今日から、又、頑張ってきます。

    暫くお休みしますが、元気になれたら、又、投稿させてください。

  • mariyさん、owlさん、暖かい励ましの言葉、真にありがとうございます。

    自分では、少しはお世話申し上げたと思っていた人が意外に淡泊だったりして、人は意外な者だと改めて感じている所です。

    一方、ショーシャンクさんを囲むこの世界は正に光の環ですね!
    顔も知らず、声も知らない方々にも関わらず、その皆様に返って支えられているんですから。
    でも、この掲示板は、公のカリナン原石の株式掲示板ですから、私事で場所を取るのは心苦しいので、次の時は、素敵な投稿が出来ればと願って病と闘います。
    有難うございました。

  • >>No. 1142

    ショーシャンクさん、早速の御返信、真に有難うございます。

    >救おうとする宇宙の力の現れーーー有り難い御言葉です。少し気弱になっている所ですので、とてもありがたいです。
    観音経ですね、読んでみます。自分の守護佛不動明王呪と併せ、お唱えしてみます。

  • ショーシャンクさん、皆さん、今日は。

    私事ながら、思わぬ体調不良で、投稿もままなりませんでした。
    来週から、リファインバースの分割の頃までは、投稿が暫くまた、出来なくなるかもしれません。
    言葉の重みを、今、改めて痛感している所です。私の主治医は、神の手とも呼ばれる方ですが、それは、技術的な事を言っているのでしょうが、実は、神の心も持っている方と、超ご多忙な中での、患者の不安な心を解き放つ言葉の使い方の素晴らしさに、驚くと同時にとても有難く感謝しています。多分、ショーシャンクさんにお会いしたら、こういう方なのかなと、彼にお会いしていると、ふと感じる時があります。
    私とは逆に、医師の一言で、闘病の気力を奪われた方を少なからず見ていますので、職業によって軽重はあるでしょうが、言葉の使い方は大事だなと重ねて思います。

    今は、早く健康を回復し、ショーシャンクさんの仰るリファインバースーー鵬の如く
    大空を飛び回れればなと、切に願っています。

本文はここまでです このページの先頭へ