ここから本文です

投稿コメント一覧 (103コメント)

  • ホットストック:トヨタが強含み、今期営業益見通しは市場予想上回る 自社株買いも
    18/05/09 13:42
    [東京 9日 ロイター] - トヨタ自動車7203.Tが強含み。同社が9日発表した2019年3月期の連結営業利益予想(米国基準)は前年比4.2%減の2兆3000億円となった。トムソン・ロイターがまとめたアナリスト23人の予想コンセンサスは2兆1850億円で、会社計画はこれを上回った。前提為替レートは1ドル105円、1ユーロ130円。発行済み株式総数(自己株式除く)の1.85%に相当する5500万株、3000億円を上限とする自社株買いも発表しており、株価はポジティブな反応をみせている。

    ソフトバンクも、自社株買いを並行してやれば直後に株が下がらない。

    市場では「市場のコンセンサスより相当良い内容で、ポジティブサプライズとなった。発表後には買い戻しが入ったようだ」(いちよしアセットマネジメント・上席執行役員の秋野充成氏)との指摘が出ていた。

  • 米FCC委員長がスプリント、Tモバイル首脳と面会
    18/05/09 07:46
    [ワシントン 8日 ロイター] - 米連邦通信委員会(FCC)のパイ委員長は8日、合併を目指しているスプリントS.N、TモバイルUSTMUS.O両社首脳と面会した。パイ氏の報道官が明らかにした。

    TモバイルUSのレジャー最高経営責任者(CEO)とスプリントのクラウレCEOは先週、FCCのローゼンウォーセル委員(民主党)、オライリー委員(共和党)と会談。これに続いて8日にパイ氏のほか、カー委員(共和党)とも会った。

    両社は先週FCCに対して今月末までに正式な合併承認を申請する意向を示している。

    合併についてはFCCが公益上の観点で、また司法省は競争面からそれぞれ審査して承認するかどうかを決める。消費者団体からは、合併で携帯電話料金が上がり、最も打撃を受ける低所得層の利用サービスが縮小すると懸念する声が出ている。
    http://apac1.apps.cp.extranet.thomsonreuters.biz/cms/?pageId=jp-news-topic-guide U.S. FCC chairman meets Sprint, T-Mobile CEOs on merger ID:nL1N1SF1YD
    株式ニュース

  • (ロイター) - SoftBank Group CorpのCEOである孫正義は、日本の会社の債務不履行の米国のワイヤレス子会社であるSprintと、Deutsche Telekomの米国のワイヤレス・ユニット、T-Mobile U.S. Inc.4時間前

    Sprintの今週初めに報告されたT-Mobileとの最新の合併協議は、前回の買収交渉が終了したわずか5ヶ月後に行われた。これは、過去4年間に取引を結び付ける企業の第3の試みである。

    取引の時間枠は明確ではないが、同社は11月の米国の無線スペクトルオークションの前に行動する必要がある。スプリントとソフトバンクの財政悪化と2020年の大統領選挙でも、交渉に近い源泉となる可能性は低いとアナリストらは述べた。

    マッコーリーのアナリスト、エイミー・ヨン氏は、「合併を目指すなら、今は時間だ」と述べた。 「T-Mobileはネットワークを回るのを助けることができる」

    ソフトバンクは、85%の株式でスプリントを管理している。孫氏は11月にT-Mobileとの合併交渉を取りやめ、受け入れられる評価について心を変えた。交渉を再開する意欲が再び交渉につながった、と情報筋。

    スプリントは、320億ドル以上の長期債務を抱えており、T-Mobile、Verizon Communications Inc、AT&T Inc.との競争のためにネットワークを構築しようとしているため、設備投資が倍増することを示している。間もなくTモバイルとの契約を断たない限り、Sprintはこの負担を自ら対処するために奮闘すると警告した。

    「2018年度にネットワーク設備投資が前年度比で15億ドルから25億ドル増加したことにより、Sprintがフリーキャッシュフローの損益分岐点に近づくのは難しく、近い将来には、 "MoffettNathanson LLCのアナリスト、Craig Moffettはノートに書いています。

    Sprintの広報担当者は、同社がT-Mobileとの合併を完了するための時間的圧力を受けているかどうかについてコメントすることを拒否した。 T-MobileとSoftBankはコメントの要請に即座に反応しなかった。

    ソフトバンクは、一連の買収に伴い、独自の財政的制約を受けており、12月末時点で15.8兆円(1,470億米ドル)に達している。今年は日本の携帯電話を公開して現金を稼ぐ予定だという。

    米連邦通信委員会(FCC)は、11月の次回のスペクトルオークションを暫定的に予定している。オークションに参加するためにSprintやT-Mobileのいずれかが登録されていると、オークションの結果が公開されるまで、合併協議の妨げになるだろう、とMoffett氏は話す。これまでのスペクトルオークションでは、約1年間にわたり取引の議論が氷上で行われました。

    Sprintが待つ時間が長くなると、規制環境は現在よりもさらに敵対的になる。米国法務省は、AT&Tの850億ドルの契約を合併した合併会社の価格決定権に対する懸念を払って米国のメディア会社Time Warner Incを買収することを阻止する訴訟を提起した。

    オバマ政権が第3位と第4位の市場プレイヤーが合併すれば、ワイヤレス顧客の価格が上昇する懸念を表明した後、SprintとT-Mobileの第1回の協議は放棄された。

    レコン・アナリストのアナリスト、ロジャー・エントナー氏によると、提案された案件は規制当局の認可を得るのに少なくとも1年かかると、次の大統領選挙が2年を少し超えると合併にどのような影響を及ぼすのかという疑問が浮上する。

    スプリントとTモバイルは、2020年の民主党政権のリスクを冒すのではなく、現在のトランプ政権下で合併を試みる方が良いだろうと、エントナー氏は付け加えた。
    Google自動翻訳

  • ソフトバンクADR▲5.1% +395円

  • > ここぐらいでいいかぁって売りがいっきにきて、最後にチョンって買い戻す・・・最近のパターン
    最後に100万株の買いが入った。

  • > 一方、ドローンによる五輪の描画もすごかったが、米インテル社の1,218機のドローンによる演出の録画再生と分かり、
    > 東京では、さらに発展が期待できそうです。

    インテルのdroneの群衆飛行という新しい概念。1台のコンピュータで全機の動きを制御できる。ここに詳しい。
    https://www.drone.jp/news/20180210154807.html

  • 平昌オリンピックの日本人選手の活躍は冴えませんが、映像演出に感銘を受けました。調べてみると、1988年のカルガリーオリンピック以来、映像演出は全部30年契約のパナソニック技術と判明し、高輝度と高画質をコンパクトボディで実現したレーザー光源プロジェクター80台のほか、各種映像音響機器が会場に設置され、各競技会場に設置されるLED大型映像装置もすべてパナソニックの技術のようです。
    http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/12/jn171226-2/jn171226-2.html

    一方、ドローンによる五輪の描画もすごかったですが、米インテル社の1,218機のドローンによる演出の録画再生と分かり、
    http://matomame.jp/user/bohetiku/f0b801d34eb4eeb40786
    https://www.youtube.com/watch?v=sN6nbnXf4L0

    東京では、さらに発展が期待できそうです。

  • 一応下げ止まった。SBG明日のこともあるからな。

  • Sprintが4%以上下げているのがSBやADR下げの原因とおもう。

  • > 9200円辺りの興亡何?

    今日は、ADRが高かったのに朝一番の気配が20分ほど9201円でした。
    9201円に狙いをつけて操作していたグループがいたのではないか。
    疑いすぎか?それにしても最後まで株価動かず、すごい腕前。

  • +2σで押さえられているから。時間が必要。

  • 特定口座通算損益明細で、+500万と益がでている人は、20%にあたる100万円を国税と地方税で計上されている。(これは年内に確定されてしまう)。

    今回のように、株価が大幅に下がって売り損ね、保有している株式残額が-100万とか-500万と大幅な評価損益になった時には、慌てずに、大きく下がった時に売れば、計上されている税金が、それぞれ、-20万、100万円と帰ってくる。

    これで多少なりに株数や預かり金を増やし、同時に現価で買いなおせば、買値を下げることがもきる。この方法が使える人は意外と多いのではないか。持ち株の暴落に慌てない1つの方法でもある。貯金のない人は使えませんが。

  • ABCでエヌビデアの自動運転やってるよ。

  • ポリバンで株価が-2σ以下に下がってきたので、ぼつぼつ下げ止まるか、上昇に転ずるでしょう。これ以上売らずに皆で買い支えましょう。買いチャンスです。自己責任で

  • 月曜日は下げ止まるか。
    -2σを下回るので、跳ね返されるか、下げとまる可能性あり。

  • 心配無用。下がっても-2σの8800が下限。そこで跳ね返される。

本文はここまでです このページの先頭へ