ここから本文です

投稿コメント一覧 (2345コメント)

  • 世界景気、不安抱え拡大
    米減税やアジア需要けん引 貿易戦争の激化懸念

    2018/7/23付日本経済新聞 朝刊

     世界景気が不安を抱えながら拡大している。米国の大型減税、アジアでの省力化など設備投資需要がけん引役だ。一方、中国と貿易戦争に突入した米国発の通商摩擦が企業や投資家の心理を冷やし始めた。21日の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議でも懸念の声が続出した。急速な原油高や米利上げなど景気の不確実性を高めるリスクも増大している。

  • ADR主要銘柄(日本)-三井住友トラストが上昇 住友金属鉱山、T&D、小野薬が下落

    7月21日(土)8時26分配信 トレーダーズ・ウェブ

    7月20日 ※「ADR引値」は1ドル111.42円で円換算した値です。
    コード 銘柄名 国内引値 ADR引値 国内対比 騰落率 出来高
    5401 新日鐵住金 2,135.0 2,123.7 -11.3 -0.53% 165
    5713 住友金属鉱山 3,822.0 3,725.9 -96.1 -2.51% 122
    5802 住友電気工業 1,666.0 1,665.7 -0.3 -0.02% 235
    8031 三井物産 1,864.5 1,855.3 -9.2 -0.49% 25,260

    羽土

  • Alcoa Corporation (AA)

    NYSE - NYSE Delayed Price. Currency in USD

    40.32-1.24 (-2.98 %)
    At close: ?July? ?20 4:04PM EDT

    40.21 -0.11 (-0.27 %)
    After hours: 6:01PM EDT

  • NY銅-Aug 2018

    2.74 ▼ -0.01

    -0.36%

    2018年7月22日 18:18 EDT. 10 分遅れ. USD の通貨

  • 東証業種別ランキング:非鉄金属が下落率トップ

    7月20日(金)15時59分配信 フィスコ

    非鉄金属が下落率トップ。住友鉱山<5713>が2.9%安と下げが目立った。そのほか、海運業、ゴム製品、鉄鋼、保険業、卸売業なども下落した。一方、食料品が上昇率トップ。石油・石炭製品、空運業、電力・ガス業、陸運業、医薬品も上昇している。

    業種名/現在値/前日比(%)

    1. 食料品 / 1,979.89 / 0.75
    2. 石油・石炭製品 / 1,732.14 / 0.71
    3. 空運業 / 339.18 / 0.67
    4. 電力・ガス業 / 478.58 / 0.44
    5. 陸運業 / 2,271.45 / 0.42
    6. 医薬品 / 3,110.09 / 0.39

    28. 卸売業 / 1,569.58 / -0.98
    29. 保険業 / 996.87 / -1.07
    30. 鉄鋼 / 510.05 / -1.26
    31. ゴム製品 / 3,202.58 / -1.33
    32. 海運業 / 289.99 / -1.44
    33. 非鉄金属 / 1,019.54 / -1.70

    《FA》
    株式会社フィスコ

  • 本日の【パラボリック|買い/売り・転換】引け 買い= 105 銘柄 売り= 108 銘柄 (7月20日)

    7月20日(金)15時20分配信 株探ニュース

    ■7月20日の終値ベースで、パラボリックが買い転換/売り転換を示現した銘柄

    ●パラボリックが売り転換した銘柄(市場人気順) ★安値がSARを下抜いた銘柄

        銘柄名          株価  前日比 (比率)  
    <5713> 住友金属鉱山       3822   -117 ( -3.0%)
    <5704> JMC          2047   -160 ( -7.2%)

    など、108銘柄

    提供:株式分析ソフト『ストックボード』から転載。

  • バルチック海運指数

    BDIY:IND

    1,657.00 - 31.00

    - 1.84%

    更新日時 2018/07/19

  • 本日の【パラボリック|買い/売り・転換】前場 買い= 80 銘柄 売り= 79 銘柄 (7月20日)

    11時53分配信 株探ニュース

    ■7月20日の前場終値ベースで、パラボリックが買い転換/売り転換を示現した銘柄

    ●パラボリックが売り転換した銘柄(市場人気順) ★安値がSARを下抜いた銘柄

        銘柄名          株価  前日比 (比率)  
    <5713> 住友金属鉱山       3820   -119 ( -3.0%)
    <5704> JMC          2105   -102 ( -4.6%)

    など、79銘柄

    提供:株式分析ソフト『ストックボード』から転載。

  • ADR主要銘柄(日本)-大和証G、三住トラストが上昇、住友鉱山、ソフトバンクGが下落

    7時21分配信 トレーダーズ・ウェブ

    7月19日※「ADR引値」は1ドル112.43円で円換算した値です。

    コード 銘柄名 国内引値 ADR引値 国内対比 騰落率 出来高
    5401 新日鐵住金 2,161.5 2,142.9 -18.6 -0.86% 141
    5713 住友金属鉱山 3,939.0 3,858.6 -80.4 -2.04% 6,447
    5802 住友電気工業 1,680.0 1,647.1 -32.9 -1.96% 108
    8031 三井物産 1,891.0 1,890.3 -0.7 -0.04% 21,520
    8316 三井住友フィナン 4,385.0 4,367.9 -17.1 -0.39% 171,535

    小松

  • Alcoa Corporation (AA)

    NYSE - NYSE Delayed Price. Currency in USD

    41.56-6.40 (-13.34%)
    At close: 4:02PM EDT

  • CBOE SPXボラティリティ指数

    VIX:IND

    12.87 + 0.77

    + 6.36%

    更新日時 5:14 JST 2018/07/20

  • NY銅-Aug 2018

    2.71 ▼ -0.05

    -1.65%

    2018年7月19日 16:35 EDT. 10 分遅れ. USD の通貨

  • ニッケル先物 取引 - 7月 2018 (MNKc1)

    921.4 -12.5 (-1.34%)

    02:59:00 - 終了. INR通貨 ( 免責条項 )

  • 〔NY金〕反落=1年ぶり安値更新(19日)

     【ニューヨーク時事】19日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の先行に伴う割高感に圧迫され、反落した。8月物の清算値は前日比3.90ドル(0.32%)安の1オンス=1224.00ドルと、中心限月ベースで2017年7月中旬以来約1年ぶりの安値を更新した。
     この日の外国為替市場ではドル高・ユーロ安が先行し、ドル建てで取引される金塊の割高感につながったため、金相場は未明から軟調に推移していた。また、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が過去2日間の上下両院での議会証言で、米景気に対する楽観的な見通しを示し、緩やかな利上げを進めていく方針を明らかにしたことも、金利を生まない資産である金には重しとなっていた。さらに、この日午前に発表された米経済指標が堅調だったことも安全資産とされる金には圧迫材料だった。
     ただ、トランプ米大統領がCNBCテレビのインタビューで、FRBが進める利上げ方針に「必ずしも同意しない。感心しない」と発言。追加利上げをけん制したことから、ドルが対ユーロで反転下落、金相場は割高感が薄れたため下げ幅を圧縮した。
     金塊現物相場は午後1時半現在、3.425ドル安の1224.550ドル。

    (2018年07月20日 04:24)

  • バルチック海運指数

    BDIY:IND

    1,688.00 - 33.00

    - 1.92%

    更新日時 2018/07/18

  • ADR主要銘柄(日本)-LINE、味の素が上昇、T&D、住友鉱山が下落

    7時17分配信 トレーダーズ・ウェブ

    月18日※「ADR引値」は1ドル112.82円で円換算した値です。

    コード 銘柄名 国内引値 ADR引値 国内対比 騰落率 出来高
    5401 新日鐵住金 2,145.0 2,123.3 -21.7 -1.01% 720
    5713 住友金属鉱山 3,962.0 3,890.0 -72.0 -1.82% 48
    5802 住友電気工業 1,680.5 1,652.8 -27.7 -1.65% 112

    小松

  • Alcoa Corporation (AA)

    NYSE - NYSE Delayed Price. Currency in USD

    47.96-0.06 (-0.12 %)
    At close: 4:00PM EDT

    47.06 -0.90 (-1.88%)
    After hours: 6:12PM EDT

  • CBOE SPXボラティリティ指数

    VIX:IND

    12.10 + 0.04

    + 0.33%

    更新日時 5:14 JST 2018/07/19

  • 〔NY金〕3日続落=連日の1年ぶり安値更新(17日)

     【ニューヨーク時事】17日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の進行や米利上げ継続見通しなどに圧迫され、8月物の清算値は前日比12.40ドル(1.0%)安の1オンス=1227.30ドルと、3営業日続落した。これは中心限月の清算値としては、前日に続いて2017年7月中旬以来約1年ぶりの安値水準。
     朝方に発表された6月の米鉱工業生産指数は前月の0.5%低下(改定後)から0.6%上昇に大きく改善。また、早朝から外国為替市場でドルがユーロに対して強含みに転じていたこともドル建て商品の金塊を圧迫し、午前の早い段階で1237ドル付近の下値抵抗線を割り込み、1232ドル近辺に値を落とした。
     市場はその後、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が上院銀行委員会で開始した議会証言に注目。同議長は米国経済の先行きに自信を示した上で、緩やかなペースでの利上げ継続が最善との見解を表明した。証言内容はほぼ想定通りと受け止められたものの、金塊は金利上昇見通しに押されて一段と下げ幅を拡大。午前中に一時1225.90ドルの安値を付けた後も、この水準近辺での取引が続いた。
     金塊現物相場は午後1時32分現在、12.980ドル安の1227.315ドル。

    (2018年07月18日 03:44)

  • ニッケル先物 取引 - 7月 2018 (MNKc1)

    923.4 -7.1 (-0.76%)

    02:59:00 - 終了. INR通貨 ( 免責条項 )

本文はここまでです このページの先頭へ