ここから本文です

投稿コメント一覧 (17267コメント)

  • >>No. 2317

    >哲学書など70年にならんとする人生でほとんど読んだことがないのがバレバレ(笑)

    負け犬の遠吠えかいな^^ みじめな爺^^

    で、これなんと読む?

    ↓ 聖書など70年にならんとする人生でほとんど読んだことがないのがバレバレ(笑)

  • >>No. 2315

    >天のレイヤーと地のレイヤーが矛盾なく一枚に合体することが、宇宙の最終ゴール。

    あはは \(~o~)/ おまえの宇宙論って最後は一枚になるのか^^

    ずいぶん 薄っぺらいのぉー^^ おまえと 同じやん \(~o~)/

  • >>No. 82167

    かれいライス → イスは肺腺癌ステージⅣB

  • >>No. 2309

    おい^^今朝の勢いは どうしたんだ?

    おまえ^^ドアホの駄目高校卒のくせして、天下無敵のステルス様に喧嘩売っただろが^^
    なにか^^ガキのピンポンダッシュで 逃げ切るつもりか はぁ ^^
    何度も 何度も 言ってきたよな! 俺は 論理的に凶暴だと^^v

    観念して、俺からの お祭り 血祭 後の祭りの 鉄拳制裁を受けて 精進しなさい あはは \(~o~)/


    https://textream.yahoo.co.jp/message/552019920/81fccf61b47436f3e4e26dad558ec81b

    note 26618  oli*****  12月14日 08:21

    黙々、ステルス、言助あたりは、自分で大物だと思い込んでいるわけじゃないだろうな(笑)

  • >>No. 2309

    >「エゴーエイミー」。英語に訳すると、 I am that I am

    ほぉー 流石に 自称カトリック教徒だ^^新約聖書を古典ギリシャ語で読みこなして
    いるんだね^^ご立派だぞ!! だったら、新約聖書で最も重要なフレイズである
    以下のギリシャ語も 当然 読めるよな^^

    そんで、その後の綴りが何語か 当然 分かるよなぁ^^

    さあ^^新約聖書を古典ギリシャ語で読みこなしているカトリック教徒さん^^
    逃げ回らずに、一度くらいは 応えなさいよ^^v

  • >>No. 2309

    おい オリ公^^ 出てきて なんとか ぬかせや^^

    いたぶって お祭り 血祭 後の祭りに してやるからさぁ^^v

  • >>No. 26667

    >この二つはイコールではないように思いますが。

    単に思うだけの確信の無い事に、どアホが言及すんな ボケ!!

  • 2017/12/14 15:56

    >>No. 26631

    >そうです。

    たった四文字のレスなら するな!!駄目高校卒の イカレポンチが!!

  • >>No. 2266

    >つまり、信じるしかない、、。
    >それは科学とは言わないでしょう。科学はまず、すべてを疑って掛かるのが前提ですから。
    >キリストの体の復活が、どのようにエビデンス(証拠)として認知されているのか?これさえいわゆる
    >”信”の域を出ないではありませんか。

    その通りですね^^エジプト神話の冥界の王が、ヒンズー教→中国→日本と 
    その文化の影響を受けながらも原型を留めて、日本で信仰されていますよね。
    で、紀元前後、オリエント全般で、オシリス信仰は支持されていました。
    そのオシリスは実弟で悪の権化であるセト神に殺害されてしまいます。
    ところが、エジプトの神々の中で妻イシスは、最も魔術に長けていて
    妹のネフティスと共に、強力な魔術を使って、オシリス神を復活させたのです。
    しかも、紀元後 いち早くキリスト教国になったのは、なんとエジプトなんです。
    だから、日本でいう神仏習合のような作用が生じて、磔によって殺害されてイエスは、
    まるでオシリス神であるかのように、二人のマリアの介抱も後、復活するんですよね^^

    先ほど、その聖母マリアのマントが押しなべて群青であると言及しました。

    さて、古代エジプト歴では、古くは1年を1ヶ月30日の12か月で360日としていました。
    当然、1月1日は太陽神ラーの誕生でした。でも、歴の誤差が生じるので五日間を加えて
    1年を365日にしました。そんな歴から、太陽神ラーの誕生日は12月25日とされました。
    多分、イエスの誕生日は、それに倣っただけだと欧米の学者も指摘しています。
    その太陽神ラーの母は、空の神ヌトで、夜はラピスラズリ(=群青)のマントを
    羽織っていました。
    つまり、エジプトの太陽神ラー=イエスとすれば、空の女神ヌト=聖母マリアとなるので
    ルネサンスの巨匠は、聖母マリアのラピスラズリ(=群青)を纏わせたのでしょう\(~o~)/

  • >>No. 2309

    >今年なんどもカキコしたが、福音書におけるイエスの「神であることのカミングアウト」表現が、
    >「エゴーエイミー」。英語に訳すると、 I am that I am

    あらら、古典ギリシャ語ですか^^
    つまり、新約聖書を「古典ギリシャ語」で読んでの薀蓄やはねぇ、
    まさか受け売りじゃ ないよなぁ^^

    で「基礎ギリシャ語文法 高津春繁著」でも、「エイミー」が解説されていた^^
    これは何ていう動詞に分類されていたっけ? 教えてくれよ^^

  • >>No. 2307

    >参考になりました。ご解説ありがとうございます。

    いいえ^^ 

    以下の閻魔大王の絵を解説しているサイトの説明を引用しておきます^^


    h
    ttps://ameblo.jp/seiryu7676/entry-12235094820.html

    閻魔大王も石を使い罪を裁きます。
    写真の右にある浄頗梨の鏡(じょうはりのかがみ)は水晶でできた鏡とも、水晶玉とも言われております。
    左の天秤に付いている業の石(ごうのいし)は生前の罪の重さを量ることができる不思議な石とされております。

    さて^^ ルネサンス時代、「聖母の画家」と云われたラファエロやダヴィンチ、
    それにムリリョ等、皆 マドンナのマントを群青色で描いています^^
    油絵の絵の具なら「ウルトラマリン」ですが、その意味は「マリン=海」を
    「ウルトラ=超えてきた」ってな意味だそうです。
    で、日本では奈良時代にシルクロードから、文字通り海を越えて「群青」が
    やって来たんですよ♪

  • >>No. 2300

    >最後の審判や、称名念仏一回こっきりで、みたこともない天国や極楽に連れて行かれる、、
    >じゃあその後はどうなるの?

    旧約聖書(BC10C頃成立か?)よりも、遙か千年以上も前に、古代オリエントでは
    「最後の審判」が信じられていました。それはエジプトのアニの「死者の書」に
    表現されています。以下の画像参照。
    右にいるのが冥界の王オシリスです。アヌビス神とホルス神に手をひかれているのが、
    この「死者の書」を表した書記官アニです。
    左側にある大きな天秤の側には、アニの心臓が置かれていて、右側には
    真理の女神マアトを象徴する「羽根」が置かれています。
    (心臓は嘘をつくと乱れるので、真実の告白をする魂と考えられていたようです)
    死者の魂である心臓が汚れなければ、「真理の羽根」と釣り合い、オシリス神に
    よって罪なしと審判が下されます。罪なき死者は、現世と同じような平和な
    「イアルの野」に行くことが許されます。もしも、汚れていれば天秤皿は左に傾き
    罪人として、顔がワニの怪物に喰われて、本当の死に陥ると信じられていました。
    さて、似たような冥界の王が東洋にいますね、その閻魔大王ですが、ヒンズー教の
    ヤマー神の音訳なんですね^^で、ヤマーの妻は妹のヤミーで最初に死んだ人間と
    して最初に冥界にたどり着き冥界の王となりました。一方、オシリス神の本来の
    名は「イス・イル」で同じく妻は妹の「イス・ト」で、最初に死んだ人間でした。
    まあ、誰がどうみてもエジプト神話の借用と思えますが、それを証明するかのように
    閻魔大王の最後の審判の道具のひとつに「業の天秤」が あるんですよ^^
    また、古代オリエントで「オシリス神」人気は高く、ギリシャ・ローマ神話にも
    組み込まれています。いわば、イエス誕生前後のオリエント世界では、オシリス
    信仰が蔓延していたので、キリスト教の「最後の審判」も、多大な影響を受けて
    いたと考えられます^^v

  • >>No. 2299

    >カントの担った役割の一つは、キリスト教と科学の完全な両立への哲学的な説明を与えたことだね。

    出鱈目 ぬかすな^^どう、「キリスト教と科学」が どう「完全な両立」をしたんだ?
    もっと、西洋哲学史に目を通してから ぬかせ!!

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%80%9D%E6%83%B3

    分析哲学と大陸哲学の分岐[編集]

    サイモン・クリッチリーによれば、分析哲学と大陸哲学の分岐地点は二つあるとされている。一つはイマヌエル・
    カントの哲学に対する二通りの反応と評価であり、英米哲学は『純粋理性批判』の成功した「認識論」に、大陸
    哲学は『判断力批判』の「実践」にそれぞれ強い関心を持った。
    もう一つはフランツ・ブレンターノらの心理主義に対する二人の哲学者の異なった反応で、そのうちの一人は
    大陸哲学のフッサールであり、もう一人は分析哲学のフレーゲである。

  • >>No. 2296

    >キリスト教は神と被造物、神と人間、天と地の和解・合体がゴール。

    では、尋ねるが 最初の人間は 何故アダムなんだ?

  • >>No. 2292

    >「マトリックス」「ブレードランナー」などの映画のテーマもそれだね。
    >どちらも大好きだが、この現象世界をバーチャルリアリティとみなすその独自のセンスが
    >観る人をのめり込ませる。

    おい^^ 話題そらすなよ。態々 帝王様が 遊びに来てやってるんだからさぁ^^

  • >>No. 26628

    兎も角、11月2日以降は 呼吸が苦しく それをモルヒネで抑えていたから
    投稿する気になれなくて、読みたい本を読んだりしてたんだるなぁ^^
    で、遺言書が あるようだが、きっちり 旅立つ準備してたんだ!!

  • >>No. 2288

    > 神は絶対という立場は主張していますが。

    やーぃ、オリ公 バカ丸出し あはは \(~o~)/

    それは旧約聖書に記されているって事だよなぁ^^
    で、旧約聖書は『神』が、筆もってパピルス紙に書いたんか?
    旧約は、編纂者が、あちこちの神話伝説を参考にしながら記したんだぜ ど あ ほ \(~o~)/

    ところで、なんで旧約はバイブルっていうか 知ってるか?知ってるよな^^

  • >>No. 2284

    >>私が出会ったカトリック教徒の中で、ダントツで言葉が乱れて汚く
    > それは確かにそのように感じます。

    カトリックの教えに従う信者の方々は、自ずと言動が敬虔となり 
    立ち居振る舞いが 洗練されていますよね^^
    で、説教は神父様にゆだねていることでしょう。
    その点からしても、olissiaen は、無知な癖に知ったぶりして、
    「常に上から目線」の どアホだから、非難されても仕方ないでしょうね \(~o~)/

    で、いくら指摘しても 理解できず改めないから いじってま~す イェーィ ^^v

  • >>No. 2282

    >ステルスさんはじめまして。
    >そのように一方的に怒鳴らないでいただけませんか?お願いいたします。
    >こうして私たちがこの世に存在するのも、なにかの意味があると思っているのです。
    >表面的な生物としてだけの存在価値に終わらない、、。
    >olissiaenさんは、そんなロマンを語られているのだと拝察します。

    こちらこそ 初めまして^^

    でも、貴方!!オリ公が、そんな高尚な話題をリードできる人間だと、御思いですか?
    オリ公は、自称カトリック教徒ですが、私が出会ったカトリック教徒の中で、ダントツで
    言葉が乱れて汚く、聖書理解以前に、知識不足です。
    オリ公は、カトリック教徒だけでなく、キリスト教徒の品位を貶めるチンピラ如き存在です。

    以下、オリ公が 先ほど note へ投稿した文章です^^
    だから、俺達に 成敗されてるんですよん ♪

    https://textream.yahoo.co.jp/message/552019920/81fccf61b47436f3e4e26dad558ec81b

    note 26619  oli*****  12月14日 08:25

    黙々の宣伝塔をやった女性投稿者は反省しなきゃ。


    note 26618  oli*****  12月14日 08:21

    黙々、ステルス、言助あたりは、自分で大物だと思い込んでいるわけじゃないだろうな(笑)


    note 26617  oli*****  12月14日 08:19

    言助のような立ちション専科のしりとり爺さんほど臭くねえよ(笑)

  • 2017/12/14 08:54

    >>No. 26618

    アホ・オリ^^

    おまえの言いたいこと、10行前後にまとめて 理路整然と 語ってみろ^^
    駄目高校卒の おまえには 無理やろ? 出来るんか! じゃー さっさとやれ^^
    出来ないんなら、二度とでてくるな おまえは うっとうしい どあほ なんやで \(~o~)/

本文はここまでです このページの先頭へ