ここから本文です

投稿コメント一覧 (833コメント)

  • >>No. 192

    こちらも非表示で読めない方がいるかも・・・

  • >>No. 191

    No.191とNo.192 どちらも非表示かもしれません・・・

  • No.192

    強く買いたい

    ASTM Internatio…

    2018/02/23 15:22

    ASTM Internationalという世界最大の国際標準化・規格設定機関(本部 ペンシルベニア州)があるのですが
    https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-011014.html
    そのASTM Internationalが今月13日~14日に exoskeletons などについての初めての会議(Committee F48 )を開催してCyberdyneも出席しました。
    New Exoskeletons and Exosuits Standards Group Outlines First Steps 検索♪ *中ほど Many major ~の段落に社名があります。Wearable Robotics Association など業界団体やFDAなど公的な組織がいくつも出席していますね。
    タイトルや本文からこの会議ではこれまでなかった新しい基準について話し合ったものと思われます。

    本文の前半に青色でWK60882とあるのがおわかりになりますか?最初のWKというのはWork Item(検討文書):新規規格の策定や既存規格の改訂を検討する委員会で作成された文書のことです。ここをクリックしていただくとWK60882の説明が出てきます。
    Cyberdyneはおそらくこれから出てくる新しい規格を取得する考えなんだと思います。
    これが会議の様子です。 https://www.facebook.com/ASTMInternational/photos/a.496916406513.298006.124658656513/10156180596066514/?type=3&theater

    アメリカはもちろんのこと、国際展開にはASTMの規格取得をしておいた方が絶対にいいんですね。

  • No.191

    強く買いたい

    昨日のCyberHeartにつ…

    2018/02/23 15:22

    昨日のCyberHeartについてのニュースに「循環器系疾患に対する定位放射線治療の開発をおこなっており、既に臨床段階にあります。」と書いてありましたが、FIIのHPに関係した記事が出ていました。
    http://www.fogartyinstitute.org/about-newsletters.php *大きな写真3枚目
    後半には北京で最大の病院のことや日本の国立がんセンターのことが書いてあります。CyberHeartは2年前に国立がんセンターと心臓不整脈治療薬開発契約を締結していまして
    https://www.prnewswire.com/news-releases/cyberheart-announces-development-agreement-with-national-cancer-center-in-japan-to-treat-cardiac-arrhythmias-300309625.html
    先日もCyberHeart systemを用いた臨床試験の事が出ていました。
    https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000035436
    昨日のHPのニュースの文章と重なるところがありますし,こういった医療施設もCyberdyneと関わってくる可能性があります。

    それからCyberHeartの心電図に関係したこの記事もチェックしておきたいです。
    https://www.mpo-mag.com/contents/view_breaking-news/2018-01-11/cyberheart-supercomputer-remotely-assesses-deviations-in-heart-condition/24664
    一番最後にOnce the entire system is certified (which is expected by the end of 2018), it will be possible to launch mass production. 「システム全体が認定されると(2018年末までに)、量産を開始することができます。 」と書いてあります。

  • 1127,非表示になっているかもしれません・・・
    読めない方ごめんなさいね・・・m(_ _)m

  • 臨床試験登録情報にパーキンソン病におけるHAL治療の有効性に関する試験のことが出ていました。
    https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000035828
    オープンラベル  患者さんや医療スタッフがどちらの治療を受けているのかを知っている
    ランダム化  研究対象となる人を無作為(ランダム)に二つの集団に分けて比べる
    クロスオーバー試験  対象を2群に分け,各群に別々の治療を行い評価した後に,各群の治療法を交換して再度評価する方法
    おそらくこういった試験だと思います。

    パーキンソン病については京大の方もチェックしておきたいです。
    https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_medical20170830j-01-w360

    パーキンソン病の患者数は厚生労働省の調査によると2002年は141,000人、2005年は145,000人、2008年は139,000人、2011年は141,000人、そして2014年には163,000人という患者数となっていて、近年患者数が増加傾向にあるのはパーキンソン病が加齢とともに発症しやすい性質の病気であるためであり、高齢社会の日本において発症頻度の高い病気と言えるということです。


    。。。。。


    IEEEのサイトに1月のIEEE Spectrumの記事とは別の記事が出ていました。
    http://sites.ieee.org/futuredirections/2018/02/11/today-it-is-rehabilitation-tomorrow-will-it-be-augmentation/

    IEEEの記事でFDA承認が伝えられてからいろいろな動きが出てきました。

  • LinkedInのメンバー登録しないとPage not foundとなって動画が見れないかもしれません。
    メンバー登録は難しくありませんので、登録後jacek walukiewicz さんのお名前を入れてごらんになってください。

  • No.254

    強く買いたい

    Constance Care代…

    2018/02/18 15:06

    Constance Care代表jacek walukiewicz さんのLinkedInにCCRの方が訪問されて一緒にHALを使って治療をしている動画が投稿されていました。
    https://www.linkedin.com/in/jacekwalukiewicz/detail/recent-activity/
    東欧諸国の動きも注目ですね!

    。。。。。

    サウジアラビアの状況について、昨年ALJ Hospitalに問い合わせてみたのですがお返事をいただけなかったものですから、先日ALJ Hospitalに大変関係が強い企業に問い合わせてみたところ「 現在 治療開始の準備を進めております。治療が開始致しましたら発表いたします」 というお返事をいただきました。 サウジアラビアはそういう状況です。

    。。。。。


    大和ハウスのIRについて私もIRに聞きましたが、流れが一番わかりやすいのは2月16日 12:24  No.1073 sengenboyさんの投稿だと思います。
    FDAに承認されたということで、まず最初、相手先からCyberdyneに株式取得の希望があって、Cyberdyneが大和ハウスに申し入れをして、大和ハウスが承諾して相手先に株式を譲渡した、ということです。
    Cyberdyneは間に入って仲介したという形なのでIRを出したのでしょうし、また大和ハウスは株式譲渡の当事者なので大和ハウスのIRの方が当事者の印象が強く感じられる文章になっています。もしCyberdyneが間に入らず大和ハウスが独断でどこかに株式を譲渡したのでしたらCyberdyneはIRを出さなかったでしょう。
    それから今回の株式譲渡は有償の株式譲渡で、譲渡先は複数です。

    会社を調べている方なら、Cyberdyneとの関係が強くアメリカにある医療関係でない世界最大(最大クラスではありません)の企業、と言われて思い浮かぶところがあると思うのですが、" その企業名 大和ハウス ” で検索してみてください。それで出てくる情報から私はここが今回の譲渡先のひとつじゃないのかなって思っているのですがいかがでしょうか。会社が公表していないので断言できませんが、ここから言われたら山海社長も大和ハウスも要望に応えると思いますしアメリカ展開もプラスに働くと思うんです。

  • ギリシャのサイトにCyberdyneの記事が出ていました。ヨーロッパのことやアメリカ市場のこと、世界進出のことも書いてあります。
    http://www.pestaola.gr/h-cyberdyne-dhmioyrgei-ena-neo-rompotiko-exwskeleto/

    。。。。。

    イングランドにあるITコンサルティング会社(Computer Care )のTwitterにCyberdyneの投稿が出ていました。
    ttps://twitter.com/cccl_social

    。。。。。

    松山大臣の閣議後記者会見で、高齢化社会での介護・医療の質問に対するお返事の中にCyberdyneにも関係してくるお話がありました。
    https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg16661.html?t=165&a=1 * 5分40秒 ~7分22秒

    。。。。。

    大和ハウスの株式一部譲渡のIRについて私もいくつか聞いてみました。いつもHPから質問をしまして、重要情報は当然教えていただけませんし抽象的ですが誠意が感じられるお返事と思っています。

    今回の株式の譲渡先(売却先)がどこなのか私なりに考えてみたのですが、Cyberdyneと大和ハウスの双方にとても関係が深い相手でその相手から頼まれたらCyberdyne側(山海社長)もその要望に応えたい(または断りにくい)、そして大和ハウス側もそこが譲渡(売却)相手なら要望に応えたい(または断りにくい)ところなんじゃないかなと思いました。それで調べてみましたら物凄~い(*_*)ところが出てきました。調べれば見つける方も いらっしゃると思います。名称は控えますがここが譲渡先(売却先)なら納得できますし、ホルダーの方にも支持していただけると思います。なぜ今回の譲渡先が非公表なのかもわかる気がします。
    CyberdyneのHPには出ていませんが、山海社長はそこのHPにも出ていらっしゃいます。
    もちろん断定はできませんが私はここが今回の譲渡先の第一候補です。もしもIRにここの名前が出ていたら株価は逆の反応をしたと思います。

  • フランスのサイトで、日本の高齢化についての動画と記事の中に山海社長が出ていらっしゃいました。 *動画は1分後 、 記事は文中の太字Un retraité sur cinq est déjà actifのあとです。
    https://www.francetvinfo.fr/economie/emploi/metiers/travailler-jusqua-80-ans-cest-desormais-possible-pour-les-fonctionnaires-japonais_2610484.html
    フランスと言いますと、2016年にフランスの大変影響力のある研究組織がCyberdyneと大変関係がある組織と協定を結んだのですが、その場には山海社長とフランスの厚生大臣(当時)も同席していましてHALを体験されました。フランス進出の時にはおそらくその研究組織も関わってくると思います。

    。。。


    MBCコンサルティングのHPに山海社長の事が出ていました。
    https://www.smbc-consulting.co.jp/company/mcs/basic/pub/memo/
    プロの身体の動かし方を体感してみたいですよね♪

    。。。。。


    チェッックしておきたい記事がありました。
    中国・駐日中国大使館一行が来訪

    http://www.tsukuba.ac.jp/news/n201802140953.html
    筑波大学の動きにも注目ですよね☑


    ロボット開発で日米協力 NEDOとNISTが覚書
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00461904
    災害対応ロボットの性能評価標準ができそうです。

    大同生命は経営者保険に抜群の会社ということで距離感を感じていましたが、HALの保険を始めてマスコミでも広告されて親近感を感じるようになりました。

    Cyberdyneを調べると小さなことも見落とさず隙間なく埋めながら付け入る隙を与えず着実に完璧と言っていいほどに進めている印象です。
    医療用HALを稀少難病からスタートしたり、特許を見ても山海社長が「万全の体制です」と仰っていますから他の企業は途中で断念せざるを得ません。

    Cyberdyneにとってロボットはほんの一部です。

  • 後縦靱帯骨化症 (OPLL)という疾患にHALを使っている記事が出ていました。
    Reshaping of Gait Coordination by Robotic Therapy in Myelopathy Patients After Surgery 検索♪
    OPLLについて
    http://www.murayama-hosp.jp/network/illness/opll.html


    Brooks Rehabilitation のTwitterにHalifax Healthという医療機関と2013年から提携しているといった投稿が出ていました。Halifax Healthを調べてみると脳卒中や脊髄損傷といった治療をしていますので、ここでHALが使われる可能性もあると思いましてチェック✔してみました。
    ttps://twitter.com/BrooksRehab
    文中のHalifax Health|Brooks Rehabilitation-Center for Inpatient Rehabilitation というのはここです。
    ttp://www.brooksrehab.org/inpatient-rehabilitation/halifax-health-and-brooks-center-for-inpatient-rehabilitation/
    地図を見るとJacksonvilleより南にあって、 海岸沿いのデートナ ビーチ(Daytona Beach)のある地域がTwitterに書いてあるVolusia(ボルーシャ郡)で、地図を少しズームすると出てくるパーム コースト(Palm Coast)のある地域がTwitterの文にある Flagler(フラグラー郡)です。
    Twitterにある halifaxhealth.org/brooks . をクリックしていただくと Halifax HealthのHPが出てきますのでそちらも参照してみてください。
    たくさんの患者さんが治療することが考えられますし提携している医療機関は多い方がいいですよね。


    佐賀県さん、今回のAMEDの記事で今月24日に開催されるHTLV-1の発表会では中島先生も山野先生もいい感じで出席できそうですね♪
    ttp://htlv.umin.jp/shukai/201802.pdf

  • 昨日AMEDと聖マリアンナ医科大学から出ました HAMの治療にモガムリズマブを使用した試験についてのニュースなのですが
    神経の難病HAM(HTLV-1関連脊髄症)の治療に希望の光 検索♪
    これは以前Cyberdyne HPにでました 化学工業日報の記事 モガムリズマブとHALの複合療法に関係するものなのでチェック☑してみました。
    希少難病HAM 日本発の技術で治療に挑む 検索♪ * HP メディア掲載情報 2015.02.10付

    AMEDの記事で、 要旨 のところに書いてある 国際医学雑誌The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINEにも記事が出ていました。この雑誌は継続して発行されている医学雑誌のうちでは世界で最も長い歴史を誇り、世界で最も広く読まれ、最もよく引用され、最も影響を与えている一般的な医学系定期刊行物ということです。
    Mogamulizumab (Anti-CCR4) in HTLV-1–Associated Myelopathy 検索♪

    中島孝 参考人資料 厚生労働省 検索。25ページ

    。。

    パキスタン エアー大学のNoman Naseer先生がFacebookにIEEEのFDA承認記事を投稿されました。
    https://www.facebook.com/nauman.naseer?hc_ref=ARSdJLEj5kyh94FOxvjKFTp5eK8Lef5Hr5z-caJovH8JSXeGDXhZFKkyjw-ns8aaS20&fref=nf
    Noman Naseer先生も関わった歩行リハビリに関する論文が医学雑誌に掲載され最近公開されました。
    fNIRS-based Neurorobotic Interface for gait rehabilitation

    。。。。。

    イランに本部があるSBBS-The Society of Biomedical & Biotechnology Scientists のHPにIEEEの記事が掲載されていました。
    https://www.sbbs-soc.com/2018/01/24/cyberdynes-medical-exoskeleton-strides-fda-approval/
    イランはFDA承認前からHALに関心を持ってニュースサイトでも記事が出ていました。

  • カナダにあるマックマスター大学(McMaster University)のThomas E. Doyle(Tom Doyle )先生が
    https://www.eng.mcmaster.ca/ece/people/faculty/thomas-e-doyle
    IEEE SPECTRUMに掲載されたHALのFDA承認記事を投稿されました。 マックマスター大学は伝統的に医学と工学に強い大学として知られているということです。
    ttps://twitter.com/proftomdoyle

    IEEEの記事が出てからいろいろな国でいろいろな動きが出てきているんでしょね。

    。。。。。

    明日は中島先生の講演があります。
    https://comm.stage.ac/amed180209/pdf/program.pdf 11:40 ー11:55
    11:00 ー11:15の国⽴精神・神経医療研究センター神経研究所 武田先生にも注目です。
    中島先生と武田先生は昨年も中島先生の地元 新潟でご一緒しているんです。
    https://www.jmda.or.jp/home/wp-content/uploads/2017/09/kanburu-2017-09.pdf
    武田先生は山海社長とも以前ご一緒しています。
    おそらく武田先生の研究されているディシェンヌ型筋ジストロフィーの治療薬でHALとの複合療法が行われるんだと思います。この治療薬は日本新薬が関わっていまして、
    http://www.nippon-shinyaku.co.jp/company_profile/ns2017/
    2017年02月01日や2017年01月16日、2016年02月02日他などのニュースの治療薬がそれになります。

    HALは希少難病の治療ができるのですから、海外の方々は山海社長が仰るように「HALはそこまでできるのか・・・」とビックリするでしょうね。

    。。。。。


    PRTimesにもアジュールパワーの記事が出ていました。
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000031528.html

  • No.800

    強く買いたい

    CYBERDYNE Omni …

    2018/02/07 15:03

    CYBERDYNE Omni Networks社関係の記事が出ていました。

    アジュールパワー:IoT位置情報利活用プラットフォーム「位置情報追跡ソリューション」の提供を開始
    https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12236-motorfan10002980/

    アジュールパワー社HPにも出ていました。
    https://azurepower.co.jp/ お知らせ 2018.2.7付

    ~ご参考~
    CYBERDYNE Omni Networks社について https://www.cyberdyne.jp/wp_uploads/2017/08/20170804news.pdf

    CYBERDYNE Omni Networks社HP http://www.cyberdyne-omninet.com/news/


    。。。。。


    それから、今日の日刊工業新聞記事で

    三井住友海上、介護セミナーのDVD作成
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00460875
    三井住友海上火災保険は介護の基本情報や実情を紹介したDVD「知っておきたい介護への備え」を作成した。同グループの三井住友海上ケアネット(東京都世田谷区)のセミナー内容を28分にまとめたもので中小企業における従業員向けセミナーでの活用を想定。三井住友海上の代理店や営業を通じて企業に無償で提供すし企業の人事部門との関係強化、介護関連の団体保険導入提案につなげる。

    と書いてあって、Cyberdyneの名前は出てこないのですが、来月 三井住友海上が共催に社名があるロボット活用セミナーに腰HALが紹介されるようなのでチェック♪してみました。
    http://robizy.co.jp/20180315.pdf

  • 私はドイツの様子がわかってとてもいいと思います。
    株価が下がっているときと投稿が同じなだけで長期の方は皆さん冷静だとおもいますよ。

  • ドイツのサイトにCCRの動画が出ていました。
    Roboteranzug hilft Querschnittsgelähmten beim Laufen 検索♪♪
    WAZ Media Group(WAZ)はエッセンに本社を置くドイツで2番目に大きな新聞出版社で、 WAZはハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、クロアチアを含むヨーロッパ南東部の新聞市場における主要プレーヤーで、オーストリア最大の新聞であるKrone Zeitungに50%の株式を保有しているということです。
    ドイツの承認も欧州展開もこれから楽しみですよね♪♪


    インドネシアのサイトにHALのFDA承認の記事が出ていました。
    Hybrid Assistive Limb Robot Medis untuk Therapeutic

    イギリス(Brinkwire )、アメリカ(テキサス州医療系サイトAustin Surgical Institute 、ニューヨーク州Inside Hook)のサイトにもHALのFDA承認の記事が出ていました。

  • はい、医療費削減や高齢化というところが日本と重なってお話を持っていきやすいと思います。あちらからお話があるかもしれませんね🎵

    株主総会の黒字化のお話や、中国・台湾から問い合わせがたくさんあって拠点を作っての展開を考えているというのも楽しみです。中国や台湾などアジア地域のサイト記事が多いのも納得できました。中国は人口が世界一ですから潜在的には世界最大市場です🎵

  • 未投稿だと思うのですが個人投資家の方が昨年の株主総会の様子をブログに詳しく書いてくださっています。

    サイバーダイン第13回定時株主総会 インベスター卿の投資日記  検索💞

    。。。

    それからこのニュースもチェック✅しておきたいですね

    アマゾンなど米3社がヘルスケア会社 医療費削減へ
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26351650R30C18A1000000/

  • うるめさんが投稿してくださった茨城新聞の記事が出ていました。

    http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15174927063692  Cyin(サイン)

    http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15174927131850  つくば市 消防現場にHAL導入

    どちらの製品もこれからの展開がとても楽しみです♬

    。。。。。

    台湾のサイトにFDA記事が出ていました。
    https://www.digitimes.com.tw/iot/article.asp?cat=158&id=0000523661_N4A7YQL458Y1OY2RY7T2C 

    腰HALのアメリカ進出も本当に楽しみですね!承認されたら一気にうわーってアメリカ中に広まりそうです。

  • 香港と韓国のサイトにHALがFDAで承認された記事が載っていました。

    香港 https://tomorrowsci.com/technology/%E7%BE%8E%E5%9C%8B%E8%97%A5%E7%AE%A1%E5%B1%80%E6%A0%B8%E5%87%86%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%A4%96%E9%AA%A8%E9%AA%BC%E4%BD%9C%E7%82%BA%E9%86%AB%E7%99%82%E7%94%A8%E5%93%81%E4%BD%BF%E7%94%A8/

    韓国 http://www.irobotnews.com/news/articleView.html?idxno=12986


    ナイジェリアとインドの方が運営しているサイトにも出ていました。
    https://circuitdigest.com/news/hal-a-robotic-exoskeleton-that-augments-your-strength


    ほとんどの国がIEEEの記事が出てHALがFDAで承認されたことを知ったのでしょう。アメリカで承認されただけでも十分にインパクトがあるのにIEEEのサイトで大きく紹介されたのですから衝撃的です。世界中でスイッチが入りましたね!

本文はここまでです このページの先頭へ