ここから本文です

投稿コメント一覧 (3197コメント)

  • 【記事の一部を以下に抜粋!!】
    税制の設計次第ではあるが、内部留保課税は株式相場を押し上げるかもしれない。第1に企業は追加課税を免れるため、増配を検討すると思われる。第2に設備投資が増えそうだ。「海外での投資に回るだけ」との指摘もあるが、最近は製造拠点の国内回帰が相次いでいる。第3に賃上げが広がるだろう。賃上げ→消費増→物価上昇→企業収益増→株高の好循環が起きるかもしれない。
    東京株式相場は自民党の大勝と希望の党の苦戦を織り込んでいる。だからといって内部留保課税が沙汰やみになるとは限らない。麻生財務相は9月28日、全国証券大会で講演し、「企業の内部留保のなかで現預金が多くなっていることが問題だ」と強調した。企業の行動を積極化し、経済の好循環を実現するためにも、アメ(法人減税)とムチ(内部留保課税)の両方が必要かもしれない。

     兎に角、科研は貯め過ぎぢゃで、思ひ切った増配をすべきぢゃらふよ!!!

  • 【今日の上げは日経のこれかひのふ・・・!?】
    <マーケット反射鏡>
    株価上げるか内部留保課税、衆院選後に警戒感も
    編集委員 前田昌孝
          2017/10/18 5:30[有料会員限定]
     
    ここ科研の現金同等物はなんと 43,767百万円!!
    因みに第1位はキッセイの48,098百万円で2位が科研。
    以下100億円以上は、鳥居38,685 日本新薬35,914 ツムラ29,901 
    ロート23,466 理研ビタミン16,207 あすか14,761 日水14,731
    (単位百万円・四季報のデータより)

    ま、いずれにしても株主還元への期待が高まることぢゃらふよ♪

  • >>65
    【おや! わしの信州レポートをご存知とは♪】
    あの当時買ふて居られればその後4970円の高値を付けたんぢゃで、
    大儲けされて居られる筈ぢゃがのふ・・・???
    ま、ここは長期に構へてのんびり対処する銘柄ぢゃで、目先張りなら
    近寄らぬが好からふよ!!


  •  758
      初心者です            10月10日 12:46
     内在的な本質的な価値はほぼゼロである。

     おや! ご自分のことですかひな・・・?(大笑)

  • 【市場の間違ひ探しぢゃて!!】
    ウォーレン・バフェット氏は、「企業の内在的な価値」と「市場価格の差」を利用して利益を得るのが、自分の仕事だと語っておるわひ♪

  • 【先週末に75日線にタッチして居るで】
    絵に描ひたよふな反転相場になることぢゃらふよ♪
    ま、どふなるにせよここからの弱気は禁物ぢゃと思ふがのふ・・・。

  • 【しっかり買わせて貰ふとります♪】
    上がって強気、下がって弱気では相場に勝てぬでのふ!!(笑)

  • >>39
    > 将来的に大化け期待に変わりはない
    【まさしくその通りぢゃひ♪】
    ま、テラの治験を承認したことから、この際曖昧な行政を正して置こふ
    と言ふことで、少なくともがん拠点病院だけは何とかせぬとと、やり玉に
    挙げたと言ふところぢゃらふよ!
    収益的にはマイナス要素ぢゃが、なに治験の費用負担で当分赤字が続く
    んぢゃで、大騒ぎするには当らぬわひ(笑)
    それより、承認後は保険適用で爆発的な需要が見込めるで、大化け期待
    に変わりなしぢゃて♪

  • 【閑散に売りなしと言ふで】
    ここら辺りは買ふときたひのふ・・・♪

  • 【ちっとばかり手持ちを増やして見たんぢゃが】
    1240×5,000、1235×5000と1万株程のふ。
    決算発表がなんとも楽しみなことぢゃわひ・・・♪

  • 【9/22現在で東証信用買ひ残を】
    日証協の貸付残高が上回りよったのふ・・・♪
    旧いことは知らぬが、直近では初めてのことではあるまひか!?
    東証信用買ひ残 258万4600株 に対し
    日証協貸付残高 266万1141株 ぢゃでのふ。
    ま、貸付残高全てが空売りに供されて居る分けでは無ひんぢゃが、
    東証信用売り残が36万9300株あることからして、かなり拮抗して
    居ることだけは間違ひあるまひよ♪

  • 【以下はホームページからの転載ぢゃが】
    子会社イーグルマトリックスにも愈々活躍場面が
    訪れて居るよふぢゃで、まっこと結構な塩梅ぢゃわひ♪

    第21回 日本遠隔医療学会
    期間 9月30日(土) 09:30~17:30
       10月1日(日) 09:00~13:30
    大会長 獨協医科大学 情報教育部門 教授  坂田 信裕 先生
    会場・栃木県総合文化センター 3階

    ランチョンセミナー共催日時:9月30日(土) 12:00~12:50 / 会場:第2会場(3F 特別会議室)
    テーマ「在宅アセスメントシステムとIoTデバイス活用による在宅医療機能の最大化」
    友松 郁子(イーグルマトリックスコンサルティング株式会社)
    竹内 円雅(イーグルマトリックスコンサルティング株式会社)

    遠隔医療においては、患者本人との対話で得られる情報に加えて日々の状態を把握する為の客観的データが重要になります。ファインデックスでは、以下のソリューション・IoTを用いて患者データを集積し活用していくことで、より効率的で質の高い遠隔医療の実現を支援いたします。

    在宅アセスメントシステム
    ファインデックスの「在宅アセスメントシステム」は、定期的なアセスメントと客観的データに基づく計画立案、評価によって訪問看護の質の向上と均てん化を支援するソリューションです。当システムを利用して、医療の知識を持ち頻繁に患者宅を訪問する訪問看護のデータを集積することで、患者の状態を客観的に判断し的確な指示を出す為の判断材料として役立てることができます。また、これらのデータにAIを組み合わせることで異常の早期発見や重症化の予測を行うことも可能になります。当システムはクラウド環境を利用してデータを管理する為、遠隔医療における情報収集や共有を強力に支援します。

    ウェアラブルデバイスCALM.※
    CALM.は、身体に装着することでリアルタイムに生体モニタリングを行い、患者の体動や睡眠状態などをリアルタイムに把握することができる製品です。独自のAIアルゴリズムを用いて睡眠分析や異常検知なども行える為、日々の状態把握に役立てることができます。
    ※CALM.は、連結子会社 イーグルマトリックス・コンサルティング株式会社 の製品です。
    ファインデックスの遠隔医療ソリューションをこの機会にぜひご覧ください。

  • 【米国での法人税引き下げが現実のものになれば】
    我が国でも対抗上同様の措置が期待され、さすればFPGの顧客にとっては
    利益先送りのメリットの他に、将来利益計上した暁には引き下げられた
    税率の適用を受けることになる分けで、こりゃ悪く無ひのふ・・・♪
    来期にもそんなブームを期待したひところぢゃが、ハテ? どんなものやら(笑)

  • >>No. 730

    【機関利回り×→期間利回り】
    間違ふてしもふたで、歳は取りたくなひものよのふ・・・(笑)
    さて、目先張りで上手く立ち回ったとて凡そ高が知れてるで、
    お若ひ方は時流に合った成長銘柄を見つけ出し、長期投資に
    徹しなさるが好からふよ!!
    さすれば、億万長者も夢では無ひでのふ・・・♪

  • 【所詮は投資スタンスの違ひと言ふことかひのふ・・・】
    わしも若ひ頃は期間収益(機関利回り)に溺れて右往左往した
    もんぢゃが、中小型成長株の長期投資に目覚めてからその成果たるや
    まるで様変わりでのふ・・・♪

    何より大事なのは銘柄を十二分に吟味し、長期投資に徹することぢゃが
    将に辛抱一筋、お蔭でいくつかの銘柄で俗に言ふところの「億り人」に
    なることが出来よったわひ!!

    ま、手慰みに長期保有の銘柄を目先張りで仕掛けたりしては楽しんで
    居るんぢゃが、ここファインデックスの今の値頃なら、もふ1~2年も
    辛抱すればかなりの福が舞ひ込む筈ぢゃと思ふがのふ・・・♪

    わしは、ここを一部処分して昨年暮れから900円台のFPG(7148)に注力
    して居るところぢゃが、あと1年くらいは持続する積りで、ここでも
    「億り人」に成る積りなんぢゃが、ハテ? ちと欲張り過ぎかひのふ(笑)

    いずれにしても、長期投資に耐へられる銘柄かどふかの判断こそが、投資の
    基本と思ふが如何に!!

  • 【毎度悪しざまに罵倒して居るが】
    御前さんは矢﨑氏に遺恨でもあるんかひのふ・・・!?
    ま、あのPMDAが治験を認可したんぢゃで、静かに結果を見守っては
    如何なもんかのふ♪

  • 【1232円の日足の窓をしっかり埋めよったで】
    ここら辺りは買ふて置きたひのふ・・・♪

  • >>No. 679

    【株は上下運動さんや!】
    毎度含蓄のある戒めを有難ふよ♪
    ところで御前さんが貸借銘柄でも無ひここに居座る所以を是非にも
    教へて下さらんかのふ・・・(笑)
    ここに居座る連中の中では多分わしが最古参で、丸6年を超へ
    12分割を享受し居るで、わしのコストは僅か70円台で、当初の
    5000株が6万株になって居る勘定ぢゃ♪
    ネコさんなんぞも多分100円以下の筈ぢゃが、これこそ成長株に
    投資した結果であり、まだまだ成長期待があるでここに居座って
    居るんぢゃが、わし等は何か間違ひでも犯して居るんかひのふ?
    ま、そんな連中がここには結構滞在して居るで、今頃登場して
    御託を並べられても正直ちと違和感があってのふ・・・(笑)
    御前さんも目先上がるの下がるのと騒がずに、成長株への長期投資
    を心掛けるが好からふよ♪

  • 【将来的には実施医療機関が増えることぢゃらふよ!】
    治験の進捗に併せて、それを追ひ風にしてのふ・・・。
    年内にフェーズⅠが完了し、来年フェーズⅡ、Ⅲ入りで
    治験病院が新たな大学病院に拡大する頃には、それに肖って
    新たに手を上げるところが出て来るんと違ふかのふ・・・♪

  • 【治験は無料ぢゃよ!!】
    http://www.shikoku-cc.go.jp/research/class/promotion/support/about/faq/
    より一部抜粋↓

    Q11.治験に参加した場合、費用はどうなるの?
    先ず治験薬に係わる費用は無料になります。また治験薬を使用している間の検査費用も「特定療養費(現在は保険外併用療養費という)」という制度で患者さんの負担が無くなります。
    その他には、治験参加の為に行う検査や治験薬の使用が終わった後に行う検査費用についても免除される場合があります。そして治験のための外来日や入院した場合には交通等負担軽減として一定額の支給があります。
    なお製造販売後臨床試験では通常このような費用免除はないのですが、日常診療以上に行う特殊検査がある場合は、一部免除されるものもあります。

本文はここまでです このページの先頭へ