ここから本文です

投稿コメント一覧 (1525コメント)

  • 2019/01/18 16:31

    サンバイオなんぞは
    サンバイオなんぞは、期待のSB-623について、フェーズ2bの結果公表を2020年2~7月
    に予定していると発表しています。(まだ第二相です)
    それに対し、「メデイシノバ」は、世界的に関心が高い難病、MSもALSも、早くもフェーズ2を
    良好な成績で通過し、いよいよ第三相にかかろうという段階まで来ています。

    にもかかわらず、サンバイオの時価総額は5240億円。
    一方の「メデイシノバ」の時価総額は450億円と10分の1以下。

    立場が逆転していても、おかしくないと考えています。

  • サンバイオなんぞは
    サンバイオなんぞは、期待のSB-623について、フェーズ2bの結果公表を2020年2~7月
    に予定していると発表しています。
    それに対し、「メデイシノバ」は、世界的に関心が高い難病、MSもALSも早くもフェーズ2を

  • >>No. 689

    圧倒的に安い「リーガル不動産」!!
    EPS(1株当たり利益)230円でPER4.6倍の「リーガル不動産」ほど安い銘柄は
    ありません。
    しかも、年率30%も伸びているのだからビックリ。

    念のため「会社四季報」で確認してください。
    「マリオン」なんかよりはるかに安い。

    いま、東証1部の平均PERは14倍。
    ここは、仮にPER10倍と控えめに見ても2300円が妥当値です。

  • 2019/01/18 10:33

    ここは、大きく出遅れ!!
    ほぼ同時期に上場した、「マリオン」も「香陵住販」も1300円台に順調に
    上がってきています。
    その意味でも、「リーガル不動産」は絶好の「買い場」とみています。

  • >>No. 63

    ほんまかいな~
    MSもALSも自前でやるて、ほんまかいな~
    金もかかるし、人手もかかりまっせ~

    わたくしは、「導出」とみていますがね~

  • 2019/01/16 16:49

    なんでこんなに安いの~
    ここの社長は、もともと不動産業出身ではなく、まったく異業種である超優良会社の「東京エレクトロン」
    の出身です。
    したがって、経営には従来の考えにとらわれず,思い切った手を打ってきます。
    株主として。実に頼もしい。

    昨年上場したここは、素晴らしいスピードで事業を拡大しています。
    同時に、利益の拡大もすごいですな~
    その結果、今期末のEPSも230円の予想。
    PERは4倍強。

    今後とも、大いなる成長を期待しています。
    同時に、株価のほうも、成長を期待していますよ~

  • 不動産株は、いま、人気がないですが!
    不動産株は、「スルガ銀行」事件、「TATERU]事件以降、人気が低迷しています。
    しかし、その間、関西系不動産会社「サムテイ」が好業績発表で上昇しているように
    いずれ、好業績株は見直し必至とみています。

    さて「リ―ガル不動産」は「サムテイ」と同じ関西系不動産会社で、今期、来期と
    業績は絶好調。
    それが、いまではわずか上場3か月で高値の半値(1058円)にまで売られてきています。

    その結果、PERはなんと4倍台。
    ここは、富裕層向け相続税対策不動産会社で時流に乗っています。

    今絶好の「買い場」ではないでしょうか。

  • >>No. 635

    いまマザーズ指数は900ポイントを割っています!
    昨年初め1232ポイントからスタートしたマザーズ指数ですが、年末のソフトバンクの2兆5000億円
    の資金吸い上げで大きく下がっています。
    ということで、今はマザーズ銘柄は大きく下押していますし、わずかな資金も「バイオ銘柄」に向かっており
    不動産銘柄は全く蚊帳の外に置かれています。
    そんな時こそ、安心できる好業績の不動産株を仕込んでおくのが大切でしょう。

    3月になれば、マザーズ指数も上昇し、不動産株も陽があたってきますよ。
    いましばらく「辛抱、辛抱」でしょう。

  • 2019/01/11 15:45

    いよいよ今年は社長の約束が実現の年でしょう!
    昨年8月21日   モーニングスターでのトップ対談を経て、株価3000~3500円の評価。
      9月17日   SBI証券では3500円の評価。
      11月1日   岩城社長と桜井英明とのトップ対談

    以上の経過の中で、岩城社長は自信満々に「メデイシノバ」のMS,ALS対策について語っています。
    それから、およそ半年経過しました。
    2月14日には、決算説明で岩城社長は日本にやってくるでしょう。

    以上の一連の経過の中で、近く何らかのIRがあるものとみています。
    まったく、楽しみですな~

  • こんな安い株見たことない!!
    3か月前に上場した時の価格は1380円。
    初値は4割高の1972円。

    それが、わずか3か月で半値の1058円になってしまいました。

    業績は絶好調。
    富裕層向けの相続税対策不動産だから、時流に乗っています。
    今期予想のEPSはなんと230円。
    PERはなんとなんと4倍台。

    これから、大阪では万博も開催されるし、関西系不動産は大きく見直されるのは確定的。
    公開価格を大きく割っている今の価格は、文句なしの「買い場」でしょう。
    文句があるなら、これ以上のものを探して教えてちょうだい。

  • >>No. 925

    え~1064円?
    本当ですか?
    いよいよGOサインですかな~

  • すごいね!!
    本日株価は256円上げて3120円で終わりましたが、
    今回のお買い上げは3497円で350000株ですからな~

    当然、株価も3500円を早晩上回ることになりますよ。

  • 1対10の株式併合が本当に残念!
    本日の株価は併合前ならば、わずか286円ですよ~
    F351について大規模な治験を中国、米国で行っているにもかかわらず
    黒字を達成している会社なのにね~

    ほとんどすべてのバイオベンチャーは、膨大な治験費用で赤字に苦しんで
    いるににね~
    そんな株がわずか285円というのだから、「圧倒的に安すぎる」と思うよ!!

  • 2018/12/26 16:54

    マーケットは7500億円!!
    2017年4月にインドの最大手製薬会社CIPLAと世界的な開発販売ライセンス
    契約を締結し、マイルストン収入を最大40億円、さらに、上市後も売り上げに
    応じてロイヤリテイ収入が入る好条件で大型契約がまとまったもの。

    これでメドレックも息を吹き返すでしょう。

  • ほんとに、バカじゃなかろか!!
    そんなルールも知らぬのか?
    18時以降のIRはPTSに反映されない!
    よく覚えときなさい!!

  • 2018/12/20 20:10

    社長発言は重い!!
    「4コーナーを回って、ゴールの景色が見えてきました。
     株式は手放さないでください。
     一緒に美酒を飲みましょう」
    こんな「期待を抱かせる」ことを言う社長などいないですよ。

    よほど、確信があるのでしょう。
    ここは、信頼してついていくのが正解だと思いますよ~

  • ビッグニュース!!(19時20分)
    「アメリカにおけるF351のP1の良好な結果と、中国における良好な結果報告を
     もとに、当社グループは中国におけるP3およびアメリカにおけるP2の準備を
     進めてまいります」

    軒並み大赤字のバイオベンチャー群のなかで、F351のようなビッグプロジェクトを単独で
    展開しながら、事業収支が「黒字」というのは、まったく称賛に価すると考えています。

    良くやるじゃないかGNI!

  • 2018/12/17 17:38

    しかしね~
    しかしね~ここまで思い切った発言する社長は、数多い上場会社のなかで、まずないでしょう。
    その意味で、信頼に値すると考えているのですが。

  • マザーズ指数大幅安だからやむをえません!
    なにしろ、本日のマザーズは3%もさがって912ポイント。
    日経平均と逆行しています。
    ここも、その中での値下がりなのでやむを得ないですよ~

    今、新興市場は、ソフトバンク上場による資金吸収で四苦八苦というところですな~

  • 2018/12/17 17:10

    株式投資のだいご味は一発逆転にあり!!
    ALSについて導出または自主開発のIRが出れば、株価は大きく動くでしょう。
    MSについても同様で、方針決定のIRが出れば、株価は大きく変動します。

    岩城社長は、かねがね上記の件について、「4コーナーを回ってゴールの景色が見えてきました。
    株主の皆さん、一緒にテープを切りましょう。手放さないでください」
    と言っているのですから、ここは、素直に社長の言うことを信じるしかないでしょう。
    今手放すと、大きく後悔することになるのではないでしょうか。

本文はここまでです このページの先頭へ