ここから本文です

投稿コメント一覧 (339コメント)

  • 終戦 いや 敗戦記念日  七十三年前の今日も 快晴の暑い日でした
    父の実家に家族で遊びに行って居て 家の中で騒がしく遊んでいたのでしょう
    大人から 大事な放送があるから 外で遊べと注意されました
    ラジオの前に座った大人たちから少し離れたところで 母親から着ているものを直されたのか
    何かされている時 ラジオから静かな声を聞いたように思います
    玉音放送だったのです

    明日 手ぶらで畑に行けるよう キャベツの苗と容器にいれた水を 家人が置いてきてくれました明日の早朝 キャベツ 4株植えつけます              とねじい

  • >>No. 11324

    畑は雨でぐちょぐちょ・・・・・・羨ましいです
    茨城の南部はカラカラ状態で 鍬を入れると土煙が立つ有様
    NHKの天気予報を見ていて この黒雲が夕方五時頃 やって来るぞ期待していても
    数時間後に 傘マークが消えてしまいます
    発芽した人参 と 種まきしたばかりの ふだんそうが可哀想です
    今日の午後 関東地方の空は不安のため 雷や突然の雨が予想されるとか・・・・
    これも外れたら 今日こそ水を運ばなければなりません
                                        とねじい

  • 台風13号は 私の畑を目指して真っ直ぐに走って来るようです
    町から避難準備が発令され 避難場所も設営されました
    この非常時を想定して 98歳になる義母は 午前中に 老人施設に 二泊程泊まるように
    送り出してあります
    予想されるコースでは 太平洋沿いに北上する模様です
    予想コースで 最も西よりを採った場合 私の畑の上を通過します
    我々夫婦は 睡眠導入剤を服用してしまいますから 屋根が飛んでしまっても分かりません
    一週間くらい前 人参の種を蒔き ワラを敷いておきましたが 風で吹き飛んで
    しまうのではないかと心配です
    台所の生ゴミを 畑のコンポスタに捨てがてら 畑の様子を見に行こうとしたら 家人に叱られたのでやめました
                                      とねじい

  • 今朝の畑は ターツァイの土づくりでした
    今夕から雨が降りそうな予報りため 石灰と元肥を入れました 
    種まきは二週間後です
    台風に備えて 背丈の伸びたきくいもを縛り 棒を差し込みました
    二つあるモロヘイヤも同様に 養生しました
    かぼちゃの棚は からみついた大きな葉のために 倒れてしまうに違いないと思います
    里芋やさつまいも・茄子・ピーマン・ネギ・オクラ・ニガウリ等は 放っておいても問題ないでしょう
    きゅうりやパプリカは 吹き飛ばされてしまうかもしれません     とねじい

  • 必要にして充分な雨頂きました
    豪雨による被災地のこともありますから 手離しで喜ぶわけには参りません
    二米にも成長したキクイモ・空中栽培していたかぼちゃの支柱等が倒れていました

    陰干ししておいた 萎びたらっきょう 50個植付けました
    水撒きしたのに やや足りなかったのか 昼過ぎ サッと一雨降りましたから 万全ではないかと
    思います 

    午後 家人は誘われて麻雀に出かけましたので 私がお勝手に立っても ゴチャゴチャ言う者が
    居ません
    前回作って 好評だった焼豚を作りました

    明日は 今年後半の野菜の種や肥料等 買いに行く予定をしています

  • 待ちに待ってた雨が 今日 朝から十分にありました
    台風の進路は これまでの常識を覆す動きとなり 先達ての豪雨被災地を 再度 脅かそうとしたいます 
    テレビの映像で見ても まだ災害の整理が終わっていない様子 再び 暴風雨が襲おうとしてする状況ですが 充分にお気をつけ下さい
    西へ向かった台風は 低気圧になって解消するのでしょうか 
    日本の周囲の海水温が高いと聞きます
    これにより 12号が復活して 従来の台風のコースのように 再び 北上することはないですよネ

    私の畑・・・この雨で潤ったことでしょう
    昨日 嵐の前に すこしばかりの野菜を採り入れておきたいとみてきましたが トマトの脇芽の刺したもの ひとつだけ 枯れてないものがありました  
    更に 毎年 玉ねぎの予定地に 翌年の為に 冬瓜を一つ潰しておくのですが 今年 隣の畑との境界線上に 一つだけ発芽しているのを見つけ 移植したところ 水不足の所為か 枯れてしまったと思っていたものが それも生き返りそうな状態であることを確認しました
    このお湿りで トマト と 冬瓜が 復活してくれたら有難いことであります

    月曜あたり 今季後半の種と肥料と有機石灰を 買いに行く予定をしています

  • >>No. 11308

    はなさんの活躍ぶり 読んでいるだけで 私は疲れました
    まだまだ お若いんだ                 とねじい

  • >>No. 11306

    トマトだけで40本ですか? 規模が大き過ぎますね
    採り入れるだけでも 大変ですネ
    それをやってのけるはなさんは とてもバイタリティあるひとです

    八時の予報では 傘マークが無くなっていました
    私の畑は茨城県の南 利根川のほとりにある小さな町 利根町にあります
    何にもない 発展の兆しもない 年寄り向きの静かな処であります

  • >>No. 11304

    凄い量のトマトですネ
    こんなに採れたら 始末に困りますネ
    一体 何本植えてあるのでしょう ?

    トマトの脇芽さしが 失敗しましたので 今年のトマトはもう終わりです
    採れてた頃は 毎日 30個前後ありましたから 味噌汁の具にしたり サラダに入れたり
    週に一度作るミネストローネに纏めて使ったりしました
    今後は 市販のカットトマトを使うことになります 

    トマトの隣に ゴーヤが植わっていて残り少ないトマトに絡みついています
    このところ 二日に一度 畑に行きますが ゴーヤが沢山採れだしました
    主に 酢漬けにしたり ジュースに入れたりします
    タイからきた人に ゴーヤの蔓の先端10センチぐらいのところが 栄養があって美味しいのだと教わりましたから たまに かき揚げ天麩羅にします

    石灰も元肥も入れて十日も経つ畑があります 
    らっきょうを植えつける予定ですが 土埃が舞いたつような現状では 植えた後の水やりが大変そうです 
    雨が降ったら 植えつけるつもりです
    予報では 今夜八時頃から三時間 傘マークがありました  
    期待しているのです                    とねじい

  • はなさんに教わったトマトの脇芽さしは かぼちゃ棚の下の日蔭を選んで 三本ずつ何度か 試みましたが 暑さの所為か 日照りの所為か失敗しました
    隣りに植えたにがうりの蔓が伸びてきて ごっちゃになっています

    八月に入ったら 秋野菜をはじめる予定です           とねじい

  • 連日の日照りで 里芋が懸命に生きて行く話をしたら 感じ入った家人は 夕方になったら
    水を運びたいという
    近くの酒飲みから貰った焼酎が入ってた4リットル入りの容器を八個 車で運びました
    既に二回目の追肥・土寄せを終えた里芋は 大量のワラが懸けてありますから 簡単には蒸発しないでしょう
    教えて貰ったトマトの脇芽差しは 諦めました
    かぼちゃの棚の下に植えた生姜が元気そうなので 三本程抜き取りました 
    目についたにがうり・とまと・茄子をもぎ取り 菜っ葉を摘まんできました

    年寄りの熱中症が大はやりです
    後に残って 少し作業をしたかったのですが 家人にがみがみ注意されるのが分かってますから
    おとなしく車に乗って帰りました                とねじい

  • 畑の隅に パプリカが二本 黄色と赤があります
    この前の強風にも落ちることなく おおきな実を抱えて耐えています
    実がついたら その下の枝や葉は落とせとあり なんとなく こころもとなく感じながら
    見ています
    最近 ひとつは 下のほうから黄色く もう一つは赤っぽく変化しています
    緑と黄色 緑と赤 どちらも綺麗ではありませんが 目下のところ 心配なさそうです

    去年 玉ねぎの予定地に 冬瓜を潰して 種を蹴散らしておいたところ たまねぎの跡地に
    一つだけ 冬瓜が発芽してるのを見つけました  これを 端っこに移植したところ 上手くいかずに 萎れてしまいました  失敗したようです   
    ことしは冬瓜の料理は なしです                     とねじい

  • >>No. 11290

    この梅酢に新玉ねぎを漬けると ピンク色になって 見た目にも爽やかで美味しい箸休めに
    なります  この時期ならではの漬物だと思います              とねじい

  • >>No. 11286

    気さ わき目と思われるもの 10 から 15センチくらいのものを 3本 かぼちゃの棚の下に
    刺しました 朝方 雨が降る予報と知ってましたから そのままにして帰って間もなく 雨が
    降ってきました  
    昨年 玉ねぎ植えつける所に よく熟れた冬瓜を一つ 潰しておたものが発芽して 10センチ
    くらいの大きさになったので 畑の端に移植しました

  • >>No. 11281

    トマトの脇芽と言うのは Y型に枝分れした間に出て来る新しい芽のことでしょうか?
    これを 何センチくらいになったら 刺したら良いのでしょう?
    こんなこと やったことありません 

    トマトの時期が終わると 後はスーパーで 缶詰やパックに入ったトマトを買っていました
    これが上手く育ってくれれば 有り難いものです
    矢張り トマトの料理は 缶詰よりも生のものを使った方が 美味しいですから・・・・ 

    キクイモは生でも食べられますか?
    サラダに使えるとは 嬉しいです                   とねじい

  • >>No. 11279

    蟻の刃渡りが上級コースだとは知りませんでした  信州出身の者が案内してくれたのですが
    後にも先にも 登山らしきことは初めてでした  全くの素人にそんなところを案内するなんて
    とんでもない奴です  この旅行のとき 中社でしたっけ 有名な蕎麦屋があって 一時間待って
    食べました  上手かったです

    それから 信州の西の方の大町の奥にあるダムで 大町ダムだったか 七倉ダムだったか
    忘れましたが 石垣で組まれたそのダムの壁の前に立つと 人間が周りの景色に同化してしまって
    立ってる姿が見え難くなるというダムでした

    その帰り 大町の東にある美麻村というところの畑の真中に「山品」という蕎麦屋があり
    これが又 とても美味しい蕎麦でした

    このところ 毎朝早起きして かぼちゃの交配を助けています  
    人に貰って植えたキクイモが とんでもないことになっています 
    ぐんぐん成長して二米近くに伸びています 

    今年のミニトマトは凄いです  畑の帰りに赤くなったのを採って帰りますが 苗は三本ですが
    30 から 40個くらい持って帰ります
    七年くらい前 家人が白血病にかかり 七カ月間独りで自炊して暮らして居ましたが このとき
    朝ご飯は ミネストローネとパンが中心の料理でした
    このミネストローネが それ以来 我家の朝食のメインになり 私がそれを作る役割になってまいます  これにこのトマトがとても役立っています

  • >>No. 11276

    私の山登り経験といったら 信州の「蟻の刃渡り」というところに行ったことがあります
    はなさん 知ってますか?
    片方の深さは50米 もう一方は見えませんでした
    不思議なもので 身体は50米の崖の方に傾いて進むのです
    普段なら 50米の崖でも怖いのに 不思議です
    写真を撮るので 各々 立ち上がれと言うのです
    そのとき 強風が来たら たちまち飛ばされるのです
    恐々立ち上がり 早くシャッター押せと怒鳴り合いでした
    五人で行ったのですが 1人だけ どうしても立ち上がらなかった者が居ました
    私のアルバムに その時の勇猛果敢なポートレイトが貼ってありますが あんなに怖い思いを
    したと言うのに その緊迫感が全く伝わって来ません

  • 台所の生ゴミ 二袋 畑のコンポスタに投入 群がっていたハエが 一斉に飛び立ちました
    EM菌を撒いて土を全般に入れます
    ハエの乱舞は収まりました  

    明日 約50年前の名古屋支店で 勤務していた仲間たちとの昼食会が 新宿で開催されます
    一日に 東京往復はキツいので 上野に前夜泊します
    台風の動向によっては 傘が要るのか要らないのか 明日の東京の予報は曇りです
    会を重ねるたびに 年齢順位が上がっていき 今年は三番目になりました 
    必然的に おおきな顔をして居られるのです             とねじい

  • ロシアでのサッカー試合で ついに 地に落ちた闘いかたを日本はしてしまった
    決勝進出はそんなに大事か?
    同じことを ポーランドがやって決勝進出したら 日本は卑怯な振る舞いで 権利を手にしたと叫ばないか?
    世界中の非難に 日本は ずっと 耐えなければならない
    俺は サッカーとは無縁だが とても恥ずかしい                とねじい

  • >>No. 11265

    Emキン液は どのようにきゅうりにかけるのですか?
    粒状にしたものを使ってますが もっぱら 生ゴミ処理にしか使っていません 
                                              とねじい

本文はここまでです このページの先頭へ