ここから本文です

投稿コメント一覧 (1632コメント)

  •  引け乙でした。3連休前に3,000円台キープできたのは良かったと思います。決算前の株価に戻る等の煽りもありますが、それはジオニー問題が不透明、通期に対する進捗が25~30%で通期でようやく30~40%達成が前提だったと思います。

     そういう私も決算前は2,000円程度まであるかも、と述べましたが、それはジオニー問題の不透明感継続、4Qでの達成率30%を前提と考えての話です(決算発表前はあり得ると思われた数字です)。

     現状、通期の下方が濃厚であっても、3Qまでの進捗を考えれば、最悪の状態は脱したと思われ、3,500円前後で推移して、次の決算を迎えるのではないかと見ています(大きな材料が出ないという前提で)。ドイツやシティの徐々にの買い戻しは、今後の上昇に備えてのことだと考えています。

  •  さすがにここまで提携が幅広くなると、業績にも徐々に反映されて来るでしょう。それでも、安値で大量に空売りした機関等は株価抑えるために売り続けるしかないですよね。決算が最後のトドメになるような気がして来ました。日本郵政との提携で、メガバンクも指くわえては待っていないでしょうし…… いよいよ楽しみになって来ました。

  •  テクニカル的には、今回はもう少し戻すかと思いましたが、相変わらず空売り勢の元気が良いですね。それでも、機関の空売り残を含めればかなりの売り長状態、これなら、好決算&大きな材料という展開になれば、一気に上げるでしょうし、そうなることを期待して待ちます。

  •  8月は1度もタッチできなかった440円に届き、ほぼ高値引け。テクニカル的には良い感じになって来たと思います。10月の決算発表では数字だけでなく、何か材料を出してくるのではないか、と考えている人は多い気がしますから、今後決算に向けて少しずつ上昇して行くのではないか、と考えています。

  • >>No. 578

     ご返信ありがとうございます。出来高も週末ほどではありませんが、そこそこありましたね。今日も下がったところでは買いが出ている、という感じがあったので、今までとは違って来ていると思います。

     画像認識技術により得られたデータに基づきSoftNeuroを使って推論する、これが今後モルフォの一大路線になる気がします。これなら、共同開発費とライセンス収入で儲けは大きくなるでしょうから、とにもかくにもSoftNeuroの採用ニュースは早く欲しいですね。

     SoftNeuroという優秀な製品のアドバンテージとて、競争の厳しいこの業界では、そう長く続く訳ではないでしょうから、今後はスピーディーな展開をお願いしたいですね。

  •  決算後の上げは、下げすぎた分の戻しに過ぎないと考えます。2Q発表後のマドを開けての大きな下落はジオニーの件が大きいと思いますし、その件を克服して利益を復調させた3Qの発表は、株価を元に戻すには十分な材料だったでしょう。外部環境にもよりますが、3,500~4,000円のボックス圏に移行しても不思議ではないと思います。

     そこから上は、まだ通期下方修正不安も残っていますから、やはり新たな材料が必要になるでしょうね。個人的にはSoft Neuroの採用ニュースに期待したいです。

  • >>No. 457

     そうですね。長期的には16年からずっと下落、4月からはおっしゃる通り特に酷かったですから、この上げは正直空売りさんたちより不安に感じてますよ(笑)。

     個人的には下方もあるのでは、と見ています。ただ、3Q発表前は2Qまでの数字と照らし合わせ、通期で40%未満という最悪事態を想定していた人が私を含め、それなりに存在したと思います。それが3Qで40%、また4Qはジオニーの件を計上する必要がないので、3Q以上の上積みが見込めると考えています(それでも未達の可能性は大)。

     そうした意外な点があって、下げすぎの帳尻合わせとなっているのではないですかね。

  •  決算後大きく下がると見て、空売りを入れた人がたくさんいて、売り煽る投稿が多々見られますが、昨日今日の上げを意外と思っているのは、むしろ我々ホルダーの方でしょう。

     色々と好材料が隠れていると積極思考にはなりたいですが、相対チャートでマザーズ指数と比較して見たりすると、機関の空売り等で下げすぎた分の帳尻合わせのプロセス、という可能性にも思えてしまいます。まあ、仮にそうだとしても、もう少し上値余地はありそうですが……

  •  どうやら長期にわたった下落傾向は一旦ピリオドと見て良さそうですね。本格的な上昇基調に転換となると、やはり上にある大きな窓を埋めて行かねばならないでしょう。それには相当のエネルギーが必要でしょうが……

     それにしても、昨日に続く出来高を伴っての上げ、会社発表以外にも何かありそうな感じですね。やはりレクサスなのでしょうか。

  • >>No. 341

     私にとっても、全く意外な動きでした。7月くらいからジオニー絡みで悲観的な投稿ばかりしていましたが、今日の上げはほんと予想外です。おっしゃる通り、今日の引け値辺りをキープしてくれればいいですね。「Xuan Hung Ta」という人ですが、台湾系の可能性もありそうですね。

  • >>No. 337

    > この会社は先をいきすぎて周りが追いついていないような感があるのは私だけ?
    > デンソーだからこそ理解できたと考えることもできるのでは

     実はその点についてはExpoで社員の方とお話した時に出てきました。「自分たちの話がなかなかお客さんにわかってもらえない」、ということでした。

     具体的なことは公にしない、という約束だったので、詳しいことは書けませんが、私の専門分野(地理・気象)から質問をぶつけると、「えっ、そんなことができるの?」的な、にわかには信じ難い答えがいくつも返って来ました。

     ですから、「デンソーだから理解できた」というのは当たっているかもしれませんよ。

  •  引け乙です。ほぼ高値引け、これは明日以降に繋がるかもしれませんね。まあ、明日は3連休前ですから、大きな上げを期待するのは無理でしょうが、今日の終値付近で明日引けることができるようであれば、長かった下落傾向にピリオドを打つ日が近づく気がします。まだ、1日だけですから、安心はできませんが、週末である明日も買いが続くようであれば楽しみになります。

  •  前回までの決算では、思ったより高値(?)での寄り付きから騙し上げして、結果は大幅下落。今日はその逆のパターンになるかもしれませんね。もちろん、そうなれば嬉しい誤算ですが、個人的には大きな上げは期待していませんから、ささやかでも良いので、プラス引けだけお願いしたいです。

  •  悪材料出尽くしと評価されても3,000円はないと思っています。今の気配も少し高めでしょう。引け値でプラスならokです。贅沢は言いません。

  • >>No. 133

    私はジオニーの件で少し焦ってしまいましたが、ここからはこの件に関して心配する必要はなさそうですし、最悪のケースでも11月が底と腹をくくって復活の時を待とうと思います。今後もよろしくお願いします。

  • >>No. 128

    なるほど。確かに散々やられましたからね。修正は1回なら、チャンスは1回だけ。引っ張るだけ引っ張って最後に修正するより早めにお願い、という考えはホルダーのわがままなのかもしれませんね。でも、私的には大きく下がった時の対処は考えつつ、会社予想通りの修正なしを願い続けようと思います(笑)。いずれにしても神のみぞ知るですが……

  • >>No. 119

    さすがに長期保有の師匠は冷静な見方されていますね。売上、利益とも通期から引き算して行きますと4Qで達成しなければならない数字はすごいものが出て来ますよね。ただ、四季報の前号に「映像制作会社向けサービス共同開発。18年度終盤以降に製品化へ」とあり、これを元に四季報でも伸長としていたことを考えると、会社もその辺りの見込みを考慮して修正なしにしたのでは、とも考えました。もちろん、おっしゃる通り10月末まで待って、という可能性も十分にあるとは思います。

  • >>No. 112

    当時も進捗率って今期並みに悪かったでしたっけ? 私的には今期は2Qまでの進捗率があまりにも酷すぎでしたし、中国のニュースでジオニーの債権問題は16年から発生していて、8月には回収困難になる可能性が大きいというニュースがあったので、ここで大幅下方修正来ると考えていました。一番怖かったのは回収できること前提での修正なしでしたが、発表内容見る限りそうではないようですから、様々な悪条件を承知の上で、通期修正なし、としたのではないかと思いました。

  • 少し挽回しましたね。ジオニーの債権回収困難込みで、しかも、4Qもすでに1ヶ月強過ぎた今回の発表で通期の修正なしということは、恐らく4Qに何かあるのでしょう。一部の方が発言されていますが、通期では予想を超えて来る可能性も出て来たと思います。経常3億以下を予想していただけに個人的には嬉しい誤算になりました。

  • >>No. 24

     今日の動きを見ていると売り逃げが多い、というよりは、決算発表後の翌日にはS安一発で2,000円割れに持って行きたい筋の売りが主体ではないかなぁ、という気がするので、決算発表で悪材料出尽くしとはならず、空売りに勢いがついて、更に下げるとは私も思っています。

     期待していたSoft Neuroも、採用してもらうべき分野がわかっていないようですし、この会社の状況がすぐに好転するとも思えませんが、それでも、今が最悪の時期ではないかと考えています。売り方さんとしては、この最悪の時期で下げるだけ下げておきたい、が本音でしょうが、私はホルダーですから、2,000円割れしたところから、どう対処して行くかを考えています。

     子会社を置いた深圳は、広東省にありますし、広東省には中国の自動運転実験基地があります。テンセントあたりも、自動運転に対しては色気を持っているようですし、そうした所に入り込めれば、チャンスはゼロでないと思っています。

本文はここまでです このページの先頭へ