ここから本文です

投稿コメント一覧 (1502コメント)

  • >>No. 392

     採用決定まで沈黙では、どうしても株価が下がり切ってから少し反応することになってしまいます。会社もAI分野では先進を自負しているのですから、AI関連株が注目を浴びているのに、モルフォ株は現状蚊帳の外、このことを十分認識して、しっかり市場と向き合って欲しいですね。

  •  最近、首都圏各駅でのホームドア設置を促すため、国交省が鉄道各社に運賃値上げにより設置費用等を賄うことを認可というニュースやJR九州が列車の自動運転を研究、と言ったニュースを目にしました。いずれもこの会社には関連のあることです。

     特にホームドアはモルフォ社がポイントを置いている事業のはずですが…… 提携が成立した時だけでなく、ちょっとした進捗もHP等で広報して欲しいものです。 

     もはや、再度デンソーラインが機能することはないでしょう。今後は会社が広報や株価対策等で株価維持から上昇へ持って行くしか方法はないと思うのですが……

  •  先日4,000~4,500円のボックス圏などと書いてしまいましたが、当面4,200円以上維持は無さそうですね。新たな材料出なければ、瞬時の4,000円割れを狙ってイン、4,200円前後で売り、こんな感じの回転でコスト下げるのがベターかもしれませんね。

  • >>No. 301

    >
    > 私としてはそんなんより、masaさんの言われる
    > > 4,000~4,500円でのボックスに移行したと考えた方が良いでしょうか。
    > の方に現実味を感じるわ。
    >
    > 明日か来週早々にでも、とりあえず4600-4700までは戻してもらい所やね。

       おはようございます。客観的にはそう見ているものの(4,000~4,500のボックス)、ホルダーとしては当然のことながら、そういう展開は希望していません。そんなボックスになってしまったら長引きますからね。ホルダーさえも「あっ」と言わせるような株価対策に期待したいものですね。

  •  これまでは、この水準まで下がると、比較的短期間でデンソーラインまで戻っていましたが、残念ながら今回は相当弱いですね。4,000~4,500円でのボックスに移行したと考えた方が良いでしょうか。このボックス圏を利用して何とか現有株の単価を下げていきたいところですが……

  •  今の局面は下手に買い増しするより放置しかないと思います。手を出すのであれば底を確認してからですね。

  •  恐らく数字は良いでしょうから、普通に行けば昨年11月の高値突破は時間の問題ではないかと思っています。ただ、機関の空売りが1,300円台で入っていますから、株価を抑えられる可能性はあるかも、ですね。それでも流体デバイス関連のネタが出れば飛ぶんでしょうけど。

  • >>No. 5

     貸株残高から考えても売り残は400万株超でしょうし、上位株主の株式が流動しない可能性が高いとすれば、「大幅な下方修正+来期減益」くらいなものが出て、大量の売りが出なければすんなり買い戻しは難しい数量だと思います。買い残も多いですが、優待取りの現引きもある程度出てくるでしょうから、そのタイミングで大きなニュースが出れば面白いことになりそうですね。

  •  過去にもそうでしたが、ここは一度ニュースが出てくると立て続けに出て来ることもありますし、現状は空売りが主要因の下げで、現物が投げ売りされている訳ではないのでじっくり待っても良いかと思っています。

  •  現状は空売り勢の売り増し、買い戻しだけで、現物はさほど動いていないような感じですね。出来高も空売り残高に大きな変動のあった時だけ増えているようですし…… 引き続き現物放置しておきます。

  • >>No. 76

     ご返信ありがとうございます。私は工学系出身ではないので、機械自体は詳しくなく、あの程度の説明しかできませんが、仮にも理系なので、モルフォのこうした技術があれば、どんな領域で活用できそうか、というのは思い付きます。

     Soft Neuroなんて使いみちはいくらでもありそうですが、会社側の説明では「幅広い領域」と漠然的な感じでしたから(完成して間もないこともありますが……)、「武器は手したけれどその使い方はわからない」段階ではないでしょうか。この辺が現状の株価に留まっている理由かもしれません。

     とは言え、昨日書きましたように「IoV」という造語まで作って総会資料に載せ、その「IoV」の世界実現をビジョンとして掲げているのですから、もうしばらく見守ることにします。

  • >>No. 71

     科学と学習さん、詳細なご説明ありがとうございます。スマホ市場自体は減速も、まだモルフォとして開拓すべき市場はある、と会社側は見ているようですよね。お仕事がお忙しい中、貴重なお時間使ってのレポート、改めて感謝です。

  •  私も風邪を引きながら出席しました。声があまり出なかったので質問もできませんでしたが、会社の現状は聞けたような気がします。「科学と学習」さんが投稿No60、62にて、良いお話を書かれているので、私はちょっと一般的なことを。

     業績に関しては現状、踊り場にあるとの認識でしたが、現在は受託開発中心のネットワーク事業において、ライセンス収入へと移行していけば、大きく伸びて行くのではないか、という見方でした。

     キャッシュの使い方についての質問に対しては、「M&Aやエンジニアの獲得等に使いたい」という回答でした。

     また、自社の技術に関しては、「AIの実用化」や「画像処理」の面では、他社に対して先行できているのではないか、とのお話でした。

     それから、12月に発表のSoft Neuroは完成したばかり、現状は技術を紹介している段階で、どのように売って行くかは決まっていないようですが、組み込み、独自の推論エンジン等色々考慮しておおり、展開する事業領域も幅広く考えていく、とのことでした。

     株主説明会用の資料中で紹介されている中期ビジョンに、「全てのカメラに知能を持たせる」とありIoV(Internet of Vision)の世界を実現する、とあります。IoVとはモルフォ社の造語だそうですが、私的には自信の表れ?、と感じています。

     以下は私個人が感じたことですが、株価はネットワーク事業でライセンス収入が得られるようになる時期が1つの転換期ではないかということです。まだ、スマホライセンス収入が大半を占める現在はこの辺りでウロウロかもしれませんね。皆さんも言われている業績の飛躍はネットワーク事業に注目して行く必要があると思いました。

     うまくまとめられず、長々と失礼いたしました。

  •  ご返信ありがとうございます。この会社の潜在力からすれば、レンジ内での動きが半年以上続いているというのは納得の行くものではありませんが、ホームページの内容含めて、会社側の情報の出し方にも足りない部分はあるような気がしますからね。

     来週の総会を機に、株価の上への方向転換が成功するよう願いたいものですね。提携話も色々あり、ある程度時間を経過してますから、それなりの進捗はあると思っていますが……

  •  確かにそうでしたね。出来高から考えても、一気に来るかと思っていましたが、急に売りを止めたような気がしました。今日は金曜日ですから、自然に下がる可能性も高いでしょうが、昨日と同じような現象があれば、変化の兆しあり、と考えても良さそうですね。

  •  ここを持ち続けているホルダーとして、全体が高値圏にある現在、他に移る訳にも行きませんから、総会での話を聞いて、会社側の株価に対する意識に大きな変化が無ければ、5,000円台(最近の傾向続くなら4,900円台)でヘッジの売り、デンソーラインでの買い戻し、このようなこと繰り返してコスト下げて行くことも必要かもしれませんね。

  •  昨春、会社に株価に対する見方を尋ねたところ、市場全体の環境に合わせて動いていくでしょう、との返答をもらいましたが、まあ、この9ヶ月あまり、市場との乖離は拡大して行く一方ですから、総会では株価について追求する意見が殺到するでしょうね。提携は色々やって来た訳ですから、今後は株価対策にもポイントを置いてもらわないと、ですね。

  •  皆さんおっしゃる通り、ずっと持っていた株が数倍にも上がってしまうと、含み損抱えている時より悔しい思いしますよね。私も2009年に3200円台で買った良品計画、2年ほど持ち続けた挙句、諦めて20円の薄利で撤退。その思いを繰り返すくらいなら、ここはじっと我慢の方がマシ、ですね。

  •  先日の決算発表後は下の窓埋めまで行くのかなぁ、と思っていましたが、空売り機関も500~520円の価格帯では買い戻していますね。連中の考えていることなど、わかるはずもありませんが、下の窓埋めは空売り側にとっての地雷と見ているような気がしてなりません。もっとも、ホルダーとしては、今の価格帯でいつまでもウロウロして欲しくないですけどね。

  •  昨日のIRをなかったことにするべく必死に売り増していますね。売り残が大きく増えたところで、中央GHDの買い増しとかあれば面白い展開になると思うのですが……

本文はここまでです このページの先頭へ