ここから本文です

投稿コメント一覧 (46コメント)

  • >>No. 398

    は?
    タケキャブよりキャバクラの方が15倍いいって言ったのはてめえだろカス

  • 谷社長によると
    テゴプラザンは消化管運動を恒常的に調整可能な世界で唯一の薬であると
    ぴんとこない人は↓を読んだらいいと思う
    原因3の蠕動運動が消化管運動です

    >胃食道逆流症の原因と検査

    原因は大体以下の3点が考えられています

    1.胃と食道の間には逆流を防止する筋肉(括約筋)があるのですが、
    この働きが悪くなっている

    2.最近の欧米風の高脂肪食などにより胃酸が出過ぎた状態になっている

    3.食道から胃に食物を送り込む機能(蠕動運動)が低下している
    ttp://www.arai-cl.com/sp/check4.html

  • 韓国でも新薬は費用対効果の試算が必須らしくCJもやったと思われます
    物価水準も影響するのですごいかわからないが、韓国のしきい値は220万円とアメリカの半分以下
    実はタケキャブより遥かに低コストに製造できたりして(知りません)

    >新規有効成分を含む物は必須
    ttp://www.ispor-jp.org/gs/hs8-6.pdf

  • テゴプラザンの薬効がタケキャブよりさらに優れるのは
    消化管運動の促進効果によるものだったりして(知りません)

  • タケキャブには消化管運動が活性化する機能ないのかね?
    併用していいよみたいな記述はあるが

    >消化管運動を亢進することで腹部膨満感や胃痛、胸やけを和らげるガスモチン(一般名:モサプリド)との飲み合わせも問題ありません。
    ttp://kusuri-jouhou.com/medi/digestive/vonoprazan.html

  • さらっとすごいこと言うてる

    >「消化管運動の調節ができていない患者に対して、良好な状態を恒常的に維持できる治療薬はまだない」
    ttps://www.yakuji.co.jp/entry60599.html

  • 他にもハングルのCJ研究所所長インタビューとかあるはずですが行方不明です、すいません

    >キム副社長は、「2015年、日本の武田薬品工業(株)がtegoprazanと同じ機序の薬剤である「タケキャブ®」を日本で発売したところ、直近1年間で年間売上高が5,000億ウォン以上を記録し、今後1兆ウォンまで増えていく見込み」とし、「tegoprazanはタケキャブ®以来、全世界で二番目に開発されるカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB/Potassium Competitive Acid Blocker)で、薬効などはさらに優れている」と強調した。
    ttp://www.raqualia.co.jp/topics/4851.html

  • アメリカのネキシウム処方量は日本の2倍じゃん
    やはり1日2回が普通では?
    これ書くとそう思わないが多いんだけど
    画像は日本の処方量です

    >GERD Without Erosive Esophagitis 20 mg PO qDay for 4 weeks; consider an additional 4 weeks of treatment if symptoms do not resolve completely in the first 4 weeks GERD With Erosive Esophagitis 20-40 mg PO qDay for 4-8 weeks If oral therapy inappropriate or not possible: 20-40 mg qDay IV up to 10 days; switch to PO once patient able to swallow Maintenance: 20 mg PO qDay for up to 6 months
    ttp://reference.medscape.com/drug/nexium-nexium-24hr-esomeprazole-341998

  • ↓はネキシウムのQALYが2400/5725=0.419ということですかね?
    であればアメリカでまともな価格でテゴプラザンを売る条件はQALYの0.5%向上ということになるが、余裕でいける気が(勘)>ノルマはQALYの0.002向上、

    >Drug  Orphan indication  Price/year Cost effectiveness / QALY
    >Nexium  No  $2,400  $5,725
    ttp://www.khidi.or.kr/news/201411/news/04.pdf

  • 標準的な治療にかかるコストを庶民の小遣いで賄えるP-CABのような薬とは関係ないんじゃないですかね?
    しきい値を50000ドルとするとPPIのジェネリックとP-CABのコスト差は100ドルだからノルマはQALYの0.002向上、のような理解でいいんだろうか?

    >ICERの閾値というと「1QALY獲得」の基準として、イギリスでは30,000ポンド以下、アメリカでは50,000ドル以下、
    http://www.canon-igs.org/column/130522_kamae.pdf

  • アメリカの市場規模1.45兆円は110円/ドルでですね
    108円/ドルなら1.4兆円
    ただソースの記事が2014年のものだから今はもっと大きいはずです
    この巨大市場で最も先行しているP-CABがテゴプラザンだと思うが

    訳)
    >アメリカ人の40%は逆流症
    >胃酸抑制剤の売上は処方薬と市販薬で計130億ドルをこえた

    >ACID REFLUX is an epidemic affecting as many as 40 percent of Americans.
    >Taken together, sales of prescribed and over-the-counter anti-reflux medications exceed $13 billion per year.
    ttps://mobile.nytimes.com/2014/10/26/opinion/sunday/the-dangers-of-eating-late-at-night.html?referer=http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9404627/

  • たぶんラクオリアのサイトにある市場規模2.5兆円なる情報は胃潰瘍もピロリも含んだ数字でしょうね
    ただしかなり古くて1012年の中計から2.5兆といってる(P12)ttp://www.raqualia.co.jp/rq-cms/wp-content/uploads/cbcecce726958405c6e606bc70510ef4.pdf
    いつ頃から2兆円と言われ始めたのかぐぐってみたら自分が見つけた中では2009年が最古でした
    今は3兆こえてるよ絶対

  • 画像がネキシウムの投与量で
    恐らくプロトポンプ阻害薬の市場規模2.5兆円のうちの2兆円近くがびらん性への処方と思われます
    仮に非びらん性で失敗するとしてもびらん性で成功した今の時価総額はギャグです
    非びらん性は独占できたら凄いねって話でびらん性がしょぼいわけじゃないよ

  • 下の報道ではびらん性だけっぽく書かれてました(全文は有料会員のみになってしまって今は読めないですけど)
    臨床が終わるとデータ解析や当局との打ち合わせに半年くらいかかるらしくて
    ラクオリアもCJも経営者や研究者が治験は順調と自信満々に発現してるので計画通りには進行してると思いますが、非びらん性の申請は年末年始くらいじゃないですかね、たぶん
    胃潰瘍とピロリもやってるよ、という部分は読めますよ

    ttp://m.biospectator.com/view/news_view.php?varAtcId=3937

  • 下は米国P1終了の開示です
    ポイントは薬物動態で優れた効果・特徴という部分と思うんですよ
    人の体内には複数種の代謝酵素があり、どの代謝酵素が強く働くかは遺伝子で決まります、その違いで薬品の血中濃度が高すぎ(副作用)たり低すぎ(効かない)たりするわけですが、ここで優れた特徴ということは人種差による問題は生じなかった→韓国と同様に治験が成功する可能性が非常に高いのではないかと、米国の市場規模は1兆4500億円だよ
    同じくP1終了の日本も然りで

    >一般的に臨床第I相試験で検討される安全性・忍容性と薬物動態のみならず、胃内 pH(注1)への効果も同時に検討できる試験デザインで実施し、RQ-00000004 の優れた効果の特長を、臨床第I相試験という開発初期段階で確認することができました
    http://www.raqualia.co.jp/userfiles/pdf/20110329.pdf

  • 日本でもP3まるごとすっ飛ばしあるんですね
    しかもアメリカのデータで
    よくGNI株主が書いてて中国だけだと思ってました

    >医薬品第一部会 武田薬品のDPP-4阻害薬など9成分通過

    >なお、同剤は日本人でのフェーズ3は行われず、日本人321人を対象としたフェーズ2と米国での申請データを用いたブリッジング試験のデータで申請されている。
    ttps://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/38662/Default.aspx

  • ↓がPPIによるガストリン分泌量が低代謝群でP-CABと同程度という武田情報の根拠になると思います

    >CYP2C19のPMでは, EMに比べてAUC比が約12倍高くなり,
    ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/39/6/39_6_368/_pdf

  • ラクオリアの収入源はロイヤリティだけじゃないのにね

  • これからなのにね

    >韓国CJヘルスケア社に導出した消化器用薬RQ-000000004(tegoprazan)について、韓国で実施中のフェーズIIIが2017年で終了するのを待ち、データを生かした導出活動を行っていくことを明らかにした。
    ttps://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/17/02/19/02332/

  • 癌の報告がない人とマウスの差の原因はこれでは?

    >ヒト-ガストリンcDNAを高発現するトランスジェニックマウス.
    ttps://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/1308.html

本文はここまでです このページの先頭へ