ここから本文です

投稿コメント一覧 (1517コメント)

  • 不思議なこと。

    いまだに売り煽りが掲示板に張り付いております。

    このラインから、利確出来るまで下げを期待するのは無理がありますが・・・。

    本日は、ついに前場開始寄り出来高が極小の5,000株です。

    私自身は、中期投資の現物保有株が有り、株価の動きを確認しておりますが、・・・ミクシィの坊ちゃん執行役員の対応では、なかなか相場上昇も期待できず・・・3Q決算と同時自社株買い公表まで待機状況です。

    信用投機遊軍株は、購入する株価振幅が少ないので、指値が成立せず残念です。

  • >>No. 275

    マザーズ指数1,300到達おめでとう。

    寄与度第1位ミクシィ、第2位そーせいの上昇は、強い援軍となります。

    ミクシィ上昇時に1万株の買いもありましたから、指数上昇にはミクシィ株購入をお願いします。

    ミクシィ自身の、新年の動きは迅速とは言えませんが、本日、12月27日辞任したフンザ代表者がHPに変更記載されており、漸くでは有りますが動き出したかな・・・株価も動いてほしいですよ。

  • 本日は、いろいろ【誤解も含め問題山積】するミクシィにとって、株価【終値5,000円を維持】できるかどうかが特に重要な数値でありました。

    5,010円ですか・・・良い位置です。

    5,000円以下(~4,950円以上)では、ここ数日、機関か大口個人が【玉集め】に動いているような推移でした。

    昨年6月のマザーズ指数【1,200攻防】時には、大口の指数上昇仕掛け機関が存在したようで、マザーズ指数寄与度第1位ミクシィ株、第2位そーせい株を上昇させて指数上昇を計りましたから、ミクシィ株に【予想外の株価上昇(7,300円)】の恩恵が有りました。

    当時は原因が判らず、【ミクシィマジック】、上昇理由を【考えるな】と投稿しております。

    現在、マザーズ指数は、上昇段階に入っており、1293.5ですから、1,300攻防が有れば面白い事になるのですが、【1,200攻防時185,000枚】に比較すると、【現在85,000枚で50%以下】ですから、大型仕掛けは無い状況です。

    ただ、徐々に出来高枚数も増加してきておりますから、・・・本日、ミクシィ株終値時形成出来高41,000株に参画していると楽しいのですが。

    マザーズ指数1,300突破のためには、【美味しいご馳走指数寄与度第1位ミクシィ株の購入】をお願いします。

    それにしても動かないミクシィ株・・・【順張派で上昇買・下落売】、【逆張派で上昇売、下落買】・・・【バーチャル煽りの方】は別として、値幅が少なく、どちらにも動きが執れません。

    本日は、遊び感覚(値幅僅か+50円)で、4,960円買い、5,010円売り利確。

    買いは、4,950円の指値が付かず+10円上昇させ、利確売りは、昨日の終値出来高を考慮し終盤の5,000円に+10円上昇に留めました。

    会社自身、悪環境の中、新年の公開情報もなく、株主としては情けないの一言ですが、中期投資の現物株を保有しておりますから、短期信用遊軍株を回転せざるを得ない状況できついです。

  • >>No. 3

    SSKさんよ。

    いい加減無毛な喧嘩口論はやめなさい。

    掲示板が更新され綺麗になったが、今回も君が先に仕掛けて汚しているのだから、自身が約束した【掲示板から去る】を実行すべきだと思うが。

    絶対的優勢の売り方掲示板でも、君のミクシィ株価に何ら影響ない日経指数解釈など聞きたい方は存在しないと思うが、そのことも理解できないのが残念だ。

  • 【中期保有現物株】は、現状株価の動きを気にせず、【短期信用遊軍株売買】で稼ぐ立ち位置は変えるつもりはない。

    日々、下落する株価の【逆張買1,000株単位】で購入し、当日・翌日に【+110~120円上昇指値で利確売却】し利益を得ているが、これだけ持続的に下降曲線が続くと、現物保有の評価額が下がり続け【実質損失】が積みあがっている。

    【兵庫県警】が、チケキャン関連で【商標法違反容疑】でフンザを捜査した時点では、【ジャニーズ関係では管轄外】だから、別目的があるなと・・・3組織に分裂し、抗争している組織潰しために、【大量】に【チケット高額転売】し暴利を得ている【企業舎弟の取引証拠資料収集】に関係した捜査か・・・ミクシィさんも、【とばっちり】を受けて残念だなと思った。

    【京都府警】が、取締り対象の企業舎弟に的を絞り、3組織抗争の問題組織(京都老舗経済ヤクザ)の【しのぎ潰し】か・・・それにしても、【電子計算機使用詐欺】名目の家宅捜査ですか、元々フンザに対する【起訴公判維持】を目的としていないとはいえ、よくやるなと。

    転売市場(チケキャン)に、【物(チケット)を集積】するために、大量出品者(売り手)に【手数料を無料】にして【市場を賑やかす行為】は、当然の商売上手な行為であり、買い手から手数料収入を得るのだから、企業としての【収益行為】として何ら【非難に値する行為】ではないのであるが、・・・たまたま【優遇対象者】が【警察処罰対象者】として目を付けられていたのがフンザにとって残念の一語でした。

    【複数フンザ役員の即時辞任】もあり、警察捜査対象としてフンザの役割は消滅しておりますが、ミクシィ株価は、【一部個人信用売】の逆風をまともに受けており、微々たる勢力ですが、弱弱しく下落しております。

    当然ながら、【機関投機集団】は、売りに参戦しておらず、ミクシィの事業成績を精査しております。

    新年早々、ミクシィ会社としての今回事件に対する見解発表が必要と思いますが、内部行為により被害を与えた【株主対策】も含め、まだ出されていないことが残念です。

  • 本日は、何故かマザーズ指数下落に関わる動きがミクシィ・そーせいに認められます(既に・・・ましたか)。

    ともかく、4,900円丁度購入1,000株が5,020円で利確出来ております。

    今のミクシィではじわじわ稼がなくてはなかなか動きませんから。

  • 年末年始の【モンスト Ipad・Android】だけでなく、中国版【怪物彈珠 香港】の売上が【トップセールを独占】しております。

    チケキャン事件は、何ら影響を及ぼしておりません

    3Q決算(10~12月)は、【高売上・高収益】が期待できます。

    同時【自社株買い】は、株主対策としてある意味会社に課せられた義務とも言えます。

    現況、会社自身の行動が無い場合は、売り主体が【弱小ヘッジの4,000株さん】だけのようですから、そこそこの動きで推移ですかな。

  • ミクシィ会社自体が何らかの行動を起こさない限り、今の株価の状況を脱するのは困難な状況です。

    こういう場合は、遊軍株で遊びですね。

    本日は、昨日の5,050円購入1,000株を5,160円で利確売却し、予定通り終盤下落に際し、5,050円、5,030円で各1,000株購入しておきました。

    現状、ミクシィ株は、あまり増加したくないのですが、致し方なしか。

  • モンストの中国語版【怪物彈珠】が、香港で1位に上昇しております。

    台湾では、年末から急上昇でトップ10入りです。

    中国本土はまだランキング外ですが、上昇の兆しがあると思います。

    ミクシィ売上3Qで上昇していると記載した事由の一つです。

  • ミクシィの売上・利益は、【モンストゲームのセール売上】で測られます。

    警察捜査が売り上げに影響するかとどうか?・・・12月下旬から元旦にかけても【全く影響もなくセールトップ継続】です。

    3Q決算月(10月~12月)は、【毎月セールトップ】であり、Androidの資料では、10月1.5位、11月1.1位、12月1.5位ですから、独走状態です・・・対抗ゲームは、 【Fate/Grand Order】ですが、10月こそ1.5位で拮抗しておりますが、11月1.8位、12月1,6位と引離しております。

    2月第1週の【3Q決算数値は、非常に良いもの】と解釈できます。

    また、同時に公表されると思われる【自社株買い】は、【売りの損失買戻】を起こすに十分と思われます。

    なお、事件内容は、フンザ・チケキャンが直接【利益を得る(積極的利得)行為ではなく】、逆に手数料を無料とすることで、商売上の【損して得を取る】との 営業方針であり、たまたま相手方(出品者)を、警察取締まり対象者とするための証拠資料収集が主目的と思われます。

    警察当局としても、即決のフンザ役員の馘首との決断は、宝塚歌劇団・ジャニーズ事務所も納得させる内容ですから、現在出品者(不当?)利得金の暴力団への流れを捜査している段階で、新たな、フンザ、ミクシィに対する追求は無いと思います。

    所謂【ダフ屋】は、法律ではなく、都道府県の迷惑防止条例により規制されている。

  • ミクシィの売上収益は、9割以上を占めるモンストの動きだけ確認しておればよい状況です。

    6時現在、当然のようにトップセール売上が、3冠(iphone・Ipad・Android)トップに復帰しております。

    ある意味、セール売上高項目のみを注目すると減少に働く(カウントされない)モンパスの売上も増加している模様です。

    モンパスは、毎月自動更新ですから、公開される30%の手数料を支払うセール売上にはカウントされませんが、手数料無料の自動更新料となる収益抜群の手法です。

    チケキャン問題は、被害者と称する企業が一応存在する兵庫県警の商標法違反容疑はともかく、刑事罰該当構成要件に被害者すら特定することに問題のある案件で、京都府警【電子計算機使用詐欺】の家宅捜査の主目的は、転売業者の利益額の特定とそれの移動に関して、法の網が非常にきつく構成させられている暴対法に抵触させる(犯罪立件可能)ことが出来るか・・・暴力団の資金源潰しです。

    チケキャン(フンザ)に対しては、転売業者の取引数量・利益額の事実確認が済めば、既に捜査終了段階と思います。

    暴力団の資金源となる活動に間接的にも協力すれば、役員馘首と言う十分なお灸は据えました・・・他企業も外部から確認可能な転売サイトは縮小に向かうと思いますが、現実は裏の悪質システムが繁栄する可能性が・・・禁酒法と同様。

    ともかく、ミクシィ会社の利益推移は、実質経費倒れに近いフンザ(チケキャン)を切ることで、この事件での影響を受けることはほとんどなく、株価は売り煽り(現実に売ることは無い。)に遭遇します、現実に売る方が有れば、その方は損失買戻額を積み上げることになると思います。

    さて、ほぼ売り方のみの掲示板において【そう思わない=そう思いたくない】が、どれほど押されるか楽しみです。

  • ミクシィ株を中長期保有する【投資株主さん】は、本年は豊作の年でした。

    安値が年初1月4日の4,285円、最終日12月29日終値5,060円ですから、年2回の高額配当金も含めると年20%超上昇の優秀銘柄でした。

    来年は、2月第1週3Q公表時に、会社内部不祥事による株価下落(株主損失)に対し、最低限の株主対策として、自社株買実行をすると思います・・・売り方さんは会社にとって害虫ですから、徹底的に駆除願います。

    兵庫、並びに、内部争いの拠点京都の資金源取締まりのため、ある意味証拠収集回収被害(但し、自業自得)を受けたフンザも、ミクシィの東証1部上昇にはリスクのある業種ですから、これを切る決断が出来たことは喜ばしい限りです。

    モンストゲームは、売上の陰りがまだ認められませんから、【中期投資用の現物保有株】は【継続】し、【短期信用遊軍投機株】の売買で稼がさせていただきます。

    この掲示板、売り方が圧倒的になっておりますが、自己資金での実態取引は極小と思われ、発言内容に実感が存在しないのが残念です。

  • 新年度早々に、【中期現物投資株】の計算上損失が【座布団2枚分】で新年を超すのはあまり気分の良い出来事ではありません。

    チケキャン問題は、初動が【兵庫県警の商標法違反】ですから、一応宝塚歌劇団の所轄地とはいえ、異議を唱えていたジャニーズではなく、名目捜査対象はフンザ(=ミクシィ)ですが、ミクシィ自身は軽く思っていた様子です。

    次に、京都府警が【電子計算機使用詐欺】(販売目的で大量にチケットを入手している【転売業者の関係先】として、26日にフンザを【捜索して資料を押収】)目的で乗り出したことから、警察の真の犯罪追及対象者がミクシィにも理解できたようで、【恭順の意を示すため】直ちにフンザ役員の馘首、ミクシィ代表者の6か月無給措置を執りました。

    ミクシィの【増資を絡めたフンザ獲得経緯の不透明】(実質ミクシィ内部資金の合法を装う【資金移転洗浄行為】)は、過去に何度も指摘投稿をしておりますが、・・・株主の立場としては、今回の事件に関し、フンザ獲得の最大関与者であるミクシィ内部執行役員を早急に処分すべきと思われます。

    本日は、前場で5,000円を割る程の売り圧力もなく、【投機用援軍株を5,050円】で購入しておきました。

    新年度はどう動くか・・・ミクシィ会社自体で株主対策を取らないと、現状株価では、折角獲得した外人機関投資家に見捨てられますよ・・・自社株買いに期待するだけでは情けないですから、何か考えていると思いますが。

  • 1か月後の2月第1週には、ミクシィ第3四半期決算が有ります。

    恐らく、この時【自社株買い】の公表が行われると思います。

    この時点での株価によっては、すさまじい踏み上げ相場の可能性があり、現状株価での空売り機関の大量介入が認められないことが理解できます。

  • 【社株買い】が出来るのは、流動資産の【多額の内部留保】が存在する優良企業のみ。

    次期決算に超保守的な業績予測を立てるミクシィにとって、今回の事件も年間業績予測からは微々たるもので修正の必要もない【優良業績企業】である。

    【経常利益700億円】、今回の特別損失80億円を引き算しても【当期利益400億円】・・・ゲーム会社でこれだけの利益を計上できる会社は非常に少ないです・・・【特別損失は1年限り】ですから、あまり良い業種と思われない部分を一挙に切ることが出来て、株主としてはありがたい事件であった。

    会社内部責任で、株主(株価)に影響を与えた対応としては、【自社株買いで答える義務】も発生すると思います。

  • 前板で表示されていた5,110円に到達致しました。

    隠れ大口空売り機関が介入しているのか?

    出来高も80万株に近づいております。

  • ミクシィ売上に圧倒的寄与度を誇るモンスト。

    セール売上8時現在・・・iphone・Androidともにトップ・・・衰えを知らない不思議なゲームです。

  • チケキャンがミクシィに寄与する営業利益は僅か2%弱である。

    ミクシィが公表したチケキャン終了による会社事業への影響は軽微であることは事実である。

    社会的批判が高まっていた利益を生まない事業分野を切ることはある意味英断と理解できる。

    日経新聞の記事で、【業績寄与度が小さい上に社会的リスクの高い事業からの撤退と位置づけられる。「事業終了に踏み切ったのは、事業運営を続けコストがかかり続けるよりむしろポジティブ」(エース経済研究所の安田秀樹アナリスト)】との解釈が、大人(投資会社・外人投資家)のミクシィ株式相場対応となる。

    本日は、先走りイナゴの信用個人の空売(将来的買戻の株価栄養源)がある程度発生する可能性は存在するかもしれないが、機関が空売りする状況とは思われない。

    ある意味市場人気が無くなっている(出来高減少)ミクシィ株式にとって、1回のみの発生だけである特別損失計上(チケキャン切)は、、ミクシィ株式相場に有効と解釈しております。

    但し、会社としてのケジメはつけて下さいよ・・・フンザ吸収に関わった第一責任者は、単に新規事業代表者への移動だけでは、株主として納得が出来ません。

  • 理屈上は、非常に憂鬱な気分にさせられますが、キモさんが連続投稿してきましたから、前回同様のパターンとなる蓋然性が高く、一安心という状態です。

    執行役員中、責任を執るべき第一人者が含まれておりませんね・・・会長ゴマスリが聞いているのか残念です。

  • 前投稿記事963番の【そう思わない】が13でした。

    投稿後に、チケキャンの件もあり、もっと押されると期待しておりましたが、【そう思わない=そう思いたくない】が少なかったので、本日の上昇は、レンジ中心軸5,400円あたりですか。

    あと、3日でどこまで上げることが出来るか期待しております。

本文はここまでです このページの先頭へ