ここから本文です

投稿コメント一覧 (1626コメント)

  • そーせい株に対する最近の空売り機関の中核は、【Credit Suisse Securities】。

    8月27日、ミクシィ株において、空売機関【Credit Suisse Securities】は、559,400株を損切買戻しにより爆死しております。

    【Credit Suisse Securities】は、8月13日以降、そーせい株空売増額399,400株で、膨大な損失を計上中で、損切買戻し時期が逼迫(既に一部売却?)しております・・・トレーダーさん泣きの決断時期ですね。

  • 8月27日、空売機関【Credit Suisse Securities】は、559,400株を損切買戻しにより爆死しております。

    当日の出来高が722,100株ですから、実に77.5%が、空売り機関1社による損切取引となり、株価2,704円まで上昇致しました。

    翌日、空売り機関の介入が無くなり、2,737円まで上昇・・・この数値は、8月24日、さらなる株価下落を狙いターゲットプライスを20%超下げて2,720円とした証券会社(大和)の思惑を打ち砕きました。

    昨日の終値2,679円は、空売機関【Credit Suisse Securities】の損切り買戻平均額と同一水準です。

    昨晩、空売り機関の損切撤退が公開され、今後の株価上昇栄養源が喪失致しましたから、出来れば個人信用空売りの方に頑張ってもらい損失を蓄積(株価上昇の材料)していただきたいものです。

    なお、ストックオプションの付与は、現取締役が本年6月就任が殆どですから、会社業績に対する対価としては【いささかどうか】と思いますが、見方を変えれば株価上昇が即取得SO価値の上昇となりますから、【目の前にぶら下げた人参】効果は、十分期待できる最優秀財務会社であると解釈しておきます。

  • 日経7月1日2:00
    経営破綻した日本海洋掘削の支援企業に日本郵船が有力候補として浮上したことが明らかになった。同社は海運市況に左右されにくい経営体質をめざして船舶以外の事業にも注力しており、日本海洋掘削が持つ資源掘削船などの技術を取り込む狙いがある。今後数カ月かけて主力取引行や取引先と再建の枠組みを詰める。

    2年ほど前、出来高が少ないことから、大口の保有株を処理するのに苦労した経験が有ります。

    企業目的は評価しておりましたが、代表者が理系の経営指針でしたから見切りを付けました。

    日本に必要な企業であると思います。

  • ミクシィから、総会招集通知案内が送付されてきました。

    配当金は、100万弱で証券会社口座に振込まれておりました。

    来週には、配当調整金100万弱が口座に反映されます。・・・なお、売り方は、口座から減額されます。

    ここ数日、司法書士では登記申請困難な複雑な内容の事実関係調査をして久しぶりに登記申請を行いましたから、ミクシィ株変動もあまり見る時間がなく、指値が多数ついておりますから、ある程度の変動が存在した模様です。

    モンストは、現在、iphone・Androidがゲームセールス1位、iPadが想定枠(6~10位)以上の4位です・・・日本1位の地位は微動だにしておりません。

    時間に余裕が出来れば、分析したいと思います。

  • 昨日は、そ~せい株価上昇で2本(2,000株)利確させていただきましたが、本日は、前場上昇局面での利確を我慢致しました。

    需給関係の潮流で何か動きがあるのではないかと・・・タイヨウ ファンド でしたか、カルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)が出資するファンドですね。

    情報を頂きEDINET確認させてもらいました・・・共同保有における株券保有955,600 株、5.01%ですか・・・かなりの分量を投資実績のあるファンドが購入増加継続中です。

    保有残株4000株は、継続し、株価の展開により追加購入の態勢に入ります。

  • 空売機関【Integrated Core Strategies】の、5月30日現在の空売残高が公表されました。

    実に【+93,452株、893,753株】です。・・・【株価上昇の恐怖】から【買戻し利確】が出来なくなり、空売量加速で【名目的仮計算利益計上】をしているだけです。

    それにしても、【空売買戻時の餌】として予定していた個人信用空売イナゴさんがなかなか追従してくれませんから、辛いところです・・・本日も唯一空売りで無茶ぶりでしたから、空売40万株程度が限度の【Integrated Core Strategies】が残高100万株を超過しているかもしれません・・・買戻し数量は、70万株必要か、・・・次週は面白い展開となります。

    株主総会での追及を避けるため、ミクシィとしては、会長株購入株価3,735円を留意のみで、自社株買一任勘定委任者に全面依頼しているようで、なかなかうまい取組です。

    当然、【Integrated Core Strategies】1社の空売数量増大による買戻し数量推定により、【ほくそ笑んで確認】していると思います。

  • 自社株買い残額29億2330万円。

    市場買入57万7500株、20億7926万円。

    市場開場1日当たり4万4423株、1億5994万円。

    現在株価(3390円)買入可能株数86万2330株。

    空売り機関【Integrated Core Strategies】の最新株数経緯がまだ公開されておりませんが、28日現在の残高800,301株ですから、買戻株50万株見当と、自社株買残株86万株により【株価需給】関係により、次週以降、極端に買い【株価上昇】に傾斜するかな。

  • 明日の自社株買い経緯報告を待ちましょう。

    引け出来高3,551,600株で僅か5円の下げ、売り方のショックは相当のものと思われます。

  • 本日は、外部要因による下げですから、信用投機用遊軍株を始値3,520円と3,465円の2本購入しておきました。

    前回投稿時(28日)に空売機関【Integrated Core Strategies】に対し、【本日も、孤軍奮闘で空売りで頑張っているようですが、残高80万株を超過したと思います。】と記載しましたが、本日公表された資料によると、28日現在残高800,301株・・・毎日、+0.1%増加しております。

    本日は、空売りをどれだけ増加したのか?・・・自分の考えでは、恐らく(マイナス)買戻利確に励んだのではないかなと思います・・・なかなか買戻しの養分となる追従個人売りが増えず苛立っていたと思いますが、本日の外部環境を利用できたのではないかなと。

    驚異の引け出来高121,800株・・・【Integrated Core Strategies】の買戻し40万株とともに、株価上昇のための栄養源となります。

    投資現物株保有判断指針としているモンスト売上セール順位・・・2か月連続の月末付近での急落により、カウントダウン4迄進み【う~ん】と唸りましたが、既にiphone1位・iPad2位・Android3位に戻っておりますから、保有継続です。

    明日は、外部要因が排除されると思いますから株価上昇かな。

  • 空売機関【Integrated Core Strategies】の24日出来高が公表されました。

    +75,700株、残高713,200株で、思ったより少なかったですが、後場に一部利確買戻を実行した模様です。

    本日も、孤軍奮闘で空売りで頑張っているようですが、残高80万株を超過したと思います。

    買戻時株価上昇燃料としては、十分な分量になっており、また、漸く出来高が50万株まで低下(50万4600株)しましたから、自社株買いの効率的介入が可能な状況となりました。

    急減している出来高減少(142万株>86万株>50万株)、特に引け出来高(10万>9万>3万>2万株)から、【Integrated Core Strategies】さんも顎が上がってきた状態ですね。

    本日は、下げ第一ライン(3,615円)のみの購入で終了しましたが、ミクシィ株は、11日、24日の3,555円が最安値(W底)のレンジ相場が長く続いており、些か嫌になります。

  • 前年度比でしたか。

    ミクシィの現状分析は、時間的継続経緯が重要で10・11・12月から1・2・3月の動きを比較し(919記事記載)、大幅な増益で推移していること、4月5月はその威勢が持続されている事実が、自分の2万株の現物株を維持するかどうかの判断材料としております。

    ともかく、1年前との比較は時間的断絶が有りますから、ミクシィ株のモンスト売上関連での現状分析にあまり有効性が有りませんが、他の銘柄では重要な分析材料として用いられておりますから、貴殿の投稿に対する返信での【失礼を詫びます】。

    月曜日は、ミクシィ株にとって、最重要日となりますから、相場を楽しみましょう。

  • 数値は、正確に記載されないと内容が全て嘘とみなされますから気をつけましょう。

    >1月~3月で営業利益(-24.6%)という結果も出ているし

    【第4四半期(18年1~3月)の連結決算をみると業績は大きく好転した。売上高は前四半期比(QonQ)で27.2%増の536億5800万円、営業利益は同123.8%増の245億0100万円、経常利益は同121.1%増の245億1100万円と大幅な増益となった。チケットキャンプのサービス終了に伴う特別損失計上で前四半期は最終赤字に転落したが、この四半期では166億6200万円の黒字となった。】(ゲーム業界誌5月15日記事)

  • 空売り機関【Integrated Core Strategies】は、崖っぷちに立たされております。

    本日5月23日分空売り分量が公表されましたが、実に86,600株増加し、残高637,500株(0.810%)。

    最大空売り日となる翌日24日の増加が判明すれば、・・・この機関としてはかなりシンドイ分量となります。

    本日の空売り量は、減量せざるを得ない状況に追い込まれているような動きです・・・出来高86万株、昨日142万株。

    引けの出来高32,700株は、前日9万株、前々日10万株と、極端に減少しており、売り玉切れの状態です。

    【Integrated Core Strategies】は、昨年来【ヒットアンドアウエィ】で稼いでおりますが、0.5%±0.02%(一度だけ±0.08%)ですから、今回の0.5%+0.31%(増加分量305,000株)は異常です。

    この数値、24日の大量空売り分を含んでおりませんから、本日の株価上昇抵抗空売り分量を縮小せざるを得ず、効果が有りません。

    現在、5月17日に3,855円上蓋10万株が簡単に破られましたが、これが逆に功となり、利益が乗っておりますが、来週からの買戻しは、大量であり(24日、本日を含め残高80万株のうち40万株程度買戻しか)株価上昇に寄与すると思います。

    それにしても、株価の動きに作用されることなく、悠々と、自社株買いを節約購入しているミクシィ一任トレーダーの力量は、評価できます。

  • 空売り機関全員集合になっておりますが、・・・7,160円で久しぶりに参入させていただきました。

    株価は【需給関係】での分析を少し考えたいと思います。

  • 下に急落すれば購入、上に急上昇すれば利確の繰り返しです。

    本日は、昨日購入3585円、3615円を3740円、3760円で利確です。

    何時反転するかの予測は、非常に困難ですから、株価の動きにとらわれず、前場開始前に、指値注文したのが2本ヒットしたことになります。

    昨日の購入は、3本が急落で購入できましたが、あと1本3665円購入分を3795円で利確の指値注文は繰り越しとなりました。

    短期遊軍株売買は、昨日のように急落すると購入できると喜ぶ買い方ですが、現状のミクシィ株の取組には特徴があります。

    株価レンジ推移であることを基本とし、特殊要因として、【自社株買い】と空売機関【Integrated CoreStrategies】の対決と解釈しております。

    自社株買いは、買いきりですが、空売り機関は買戻しが必要ですから、【Integrated CoreStrategies】の過去の実績【ヒットアンドアウエィ】とかけ離れた今回の売り玉の過剰蓄積は、損切り買戻しが強制される事態となると思います。

    ともかく、レンジ相場が崩れるまで、上下10本の指値を維持しております。

  • 本日は、まだ2本(2,000株)ですが、利確(+150円)させていただきました。

    のんびり行きますわ。

  • 本日は、3,825円で、1本(1,000株)購入しておきました。

  • この掲示板は、圧倒的に売り方が支配しております。

    買い方(私のこと)の投稿に対しては、【そう思わない】が押されるのが普通でした。

    この比率で、ミクシィ株に対する短期投機家の状況がある程度計れます・・・が、ミクシィ株が反転上昇し、常識的にも売り煽りの投稿内容の貧弱性が読み取られてきたことからか、【そう思わない】が減少するとともに、一部の方を除き、売り方の掲示板離れが認められます。

    4月以降のレンジ相場では、順張り空売りで利益を出すことが困難になっております。

    最近、自身の投資用現物株評価利益が計上されており、併せて、逆張り投機用遊軍投機株売買での利確も加速しております。

    現実に空売りをしている方は少数と思われますが、【反対売買不要の自社株買い】に抵抗するのは、あまり得策と思われませんが・・・如何。

  • その通り。

    平成29年3月期決算は、1億2200万円の赤字です。

  • Diverse社の平成29年3月期決算は、1億2200万円の赤字です。

    これを、5億2700万円で全株式譲渡。

    チケキャン巨額買収時のような不透明感は無し。

    LINEが、出会い系【YYC】をミクシィに売却し、株式上場に備えた経緯があります。

本文はここまでです このページの先頭へ