ここから本文です

投稿コメント一覧 (9895コメント)

  • ヘリオステクノ、930から900に指値変更

  • ヘリオステクノ、指値を950から930へ落としました〜

  • >>No. 49365

    ナイス利確、お目〜
    五味大輔さん、まだ、そーせいの大株主なんかなぁ、だとしたら、大含み損やなぁ、でも他で爆益やろから、大丈夫だなん、きっと。

  • >>No. 49361

    おお〜、ヒマラヤからお帰りやす〜
    これで、宮殿のコメの幅がまた広がったなり、あたしの取り組みは少ないので、特定の銘柄に偏るなり〜
    おっ、早速グレさん、爆益のよう、お目〜

  • 誰だ、サンバイオを3600まで叩き売ってるのは〜?
    サンバイオを買ってやろうかな、という誘惑に駆られるが、今の価格でも、最後に買い足した3380より高く、いたづらに単価を上げるだけに終わりそうなので、やめときますよ〜
    それではまた!

  • 大日本住友製薬が2400超えてきた、この間の市販見送りで値下がりした時に撤退したのは失敗だったかも〜
    それではまた!

  • >>No. 49356

    そーせいの治験中断した医薬品候補は、低分子化学物質なので、これで、低分子化合物から再生細胞医薬品への流れが、益々強まるでしょう。
    そして、その運命は、まもなくきたるSB623の治験結果で定まるでしょう。
    清水の舞台から飛び降りる覚悟はできてますが、ああ、怖い、怖い、どす絵〜
    それではまた!

  • ヘリオステクノ、950で7枚、買い指しておきます〜
    それではまた!

  • 今回のそーせいの動物実験での副作用で治験停止となったムスカリン作動薬は、認知症への適応を狙ったもの。
    サンバイオのSB623は、脳梗塞や交通外傷などの欠落した脳組織を再生させる再生細胞医薬品。そして、慶應大学と組んでの認知症への応用への基礎研究が始まってる。もし認知症にも有効なら、これこそ人類への最大の福音かもしれない。
    そーさいがダメなら、サンバイオに期待だ〜
    それではまた!

  • >>No. 49352

    おおおおお〜、獅子さんの意味深の書き込みが〜、平日の朝のネタにしては少し重いぞ〜
    あたしがアバールデータのメモリズムプロセッサに期待したのは、まさにその通りで、汎用型のメモリズムプロセッサの完成を期待したのですね、そして、標準的な人工知能プロセッサとしての地位を確立してるエヌビディアのGPUの地位を脅かすようなAIチップが日本から出るんじゃないかとね。
    でも、残念ながら期待はずれで、アバールデータは従来の自社の殻の中に閉じこもり、組み込みプロセッサのFPGAチップとしてしか使っておらず、それもIR不足で、どの程度の成果があるのかなどの進捗も全くわかりません。
    おそらく、汎用型のメモリズムプロセッサを開発し、世に問うことは考えてないのでしょう。確かに、失敗すれば、アバールデータの業績に響くカモですが、チャレンジしてほしいものですね〜
    それならばと、ASJの、サーバーの容量を3倍に増やすことが出来るというRNSDDSという特許取得技術に期待してるのですが、これもなかなか進捗さずです〜
    そんならと、AI機械翻訳のロゼッタはどうだ、とロゼッタに期待しているところです。以上の3社では、ロゼッタが唯一黒字化してきました〜
    それにしても、そーせいは厳しそうですね〜、もう私にとっては過去の銘柄ですが、残念なことです〜
    それでは今から朝の用意どす絵〜

  • あらら、そーせいが、どうやら逝ったようだ、PTSで暴落なり〜、もはや分割後の2枚、分割前の1枚の5分の2しかないが、なんとも悲しいどす絵〜
    こりゃ、サンバイオに頑張って貰うしかおまへんどす絵〜
    それではまた!

  • 今日はサンバイオが下がりましたが、ロゼッタが上がりました〜
    それではまた!

  • >>No. 49344

    日用品やから10%なんですね〜
    11月までは、いろいろありそうですね〜
    ただ、以前よりは、悪材料に慣れて来たせいか、反応は少なくなってますね〜
    それではまた!

  • >>No. 49341

    お気をつけて〜
    連休明けの爽やかな朝を迎えてます〜
    トランプ殿は更なる対中追加関税リスト発表とかで、NYダウ反落とな。しかし、追加関税の応酬は、アメリカ経済へはさほど影響しないよう。
    それでは今から朝の用意。

  • 過去を反省することは、投資においても諸事諸々においても大切なことですが、過去を引きずらず新しいことへチャレンジすることは、それに勝るとも劣らず大切な事です。
    温故知新、古き孔子の教えですが、現代風に解釈すれば、なお私達の行動指針となる言葉だと思います。
    今もって、そーせいやジグソーにこだわり続けてたら、あたしはとっくに退場していたことでしょう。
    さて、積極的な闘病を続けてきた、数々の映画、ドラマ、CMで活躍した個性派女優 樹木希林さんがお亡くなりになりました。多くの癌の闘病者に元気を与えてきた希林さんのご冥福をお祈りします。
    そして、平成の最大級の歌姫・エンターテイナーであった安室奈美恵さんの引退ツアーの最終章が終わりました。ファンも彼女も新しい時代へ進んで行くことでしょう。
    そして、来年は新しい天皇の元で、消費税増税、再来年に来る東京オリンピックへと私達も進んで行かなければなりませんね。
    まぁ、その前にまだ赤字のあたしのASJと投資原点のロゼッタをなんとかしてほしいですが〜
    それではまた!

  • 久しぶりに、爽やかな朝を迎えてますよ〜
    さて、昨日は少し遠出をしてきましたが、午後からは好天となり、暑かったです〜
    今朝は、レバレッジバイアウト(LBO)という企業買収の手法について考えてみます。
    レバレッジバイアウト(LBO)とは、その名の通り、レバレッジを効かせて企業を買収する、ということです。どうするかというと、買収する企業の価値を担保にして銀行から買収資金を借りるのですね。自分には財産は少なくても、買収先に沢山財産があれば、自分には過ぎたる大会社も買えてしまう訳です。この手法は、堀江貴文さんのライブドアも孫正義社長のソフトバンクも使い、会社を大きくして行きました。2006年のライブドア事件の頃のお話です。
    ソフトバンクは、ボーダフォン買収の為に2000億円を出資して子会社を作り、その子会社が、買収先のボーダフォンの企業価値を担保にして1兆5500億円を銀行から借り、ボーダフォンを1兆7500億円で買収した訳です。実に9倍のレバレッジを効かせての買収劇であった訳ですね。
    同じ手法を使い大きくなりながら、ライブドアは検察の国策捜査により潰され、ソフトバンクは今や飛ぶ鳥も落とす勢いの大企業となっています。
    その差はなんであったのでしょうか?
    逆に言えば、なんでライブドアが検察の標的となり、ソフトバンクはならなかったのでしょうか?
    ライブドアとソフトバンクは、その頃は共に旧来の価値観の破壊と新たな創造をしていた訳です。がしかし、その哲学には大きな差がありました。
    堀江貴文さんは、お金で買えないものはない、女こごろもお金で買える、と金儲け優先の市場原理主義者でありました。孫正義社長は、誰でも安くネットが出来る世の中にする哲学の元に、ヤフーBBという格安ネットサーバーを提供し、成功させていました。次は携帯電話で、同じような価格破壊をして、誰でも安く携帯電話が出来るようにする、いうのがキャッチフレーズであった訳です。即ち、高止まりしてる情報通信の価格破壊をして、世の中に貢献する、という哲学があったのですね。
    堀江貴文さんのライブドアは、市場原理主義を礼賛し、売却益の営業利益への一部差し替えという際どいことをし、拝金主義を煽った為に、検察に狙われた、ということでしょう。
    検察は法の番人であるはずなのに、法の運用に関しては、堀江貴文さんは逮捕しても粉飾決算の東芝の社長は逮捕しない、など法の運用に関しては不平等を助長しています。
    私は2006年のライブドア事件により損害を被り、ファンコミニュケーションズ復活やABCマートの値上がりにより損失が回復されるまで長い冬眠を余儀なくされたため、今でもきっかけがあると思い出すライブドア事件です。
    今回は、獅子さんの書き込みの、新興市場復活かも?、により思い出したので、少しカキコしました〜
    それではまた!

本文はここまでです このページの先頭へ