ここから本文です

投稿コメント一覧 (3696コメント)

  • >>No. 464

    増田足を使って5月14日に 25000株を「空売り」した人は、
    6月26日に極東貿易の株価が、
    400円より下がった所で「空売り」を買い戻したと掲示板に投稿していました。

    現在、売り残が約11万株ありますが、
    6月25日と26日に「空売り」を買い戻さないという事は、
    約11万株の全てが、踏み上げられている可能性があります。

  • ある有料情報より

    中国は元安政策に舵を切っているようです。
    このまま、米国との貿易紛争に突入して、資産流出懸念が出ることはないのですか?

    >中国は明らかに元安と金融緩和(預金準備率の引き下げ)に踏み切っています。
    >これは米国の制裁関税と中国の輸出減少による影響を和らげるためです。

    >現在の1ドル=6.7元の水準は、
    >2015年8月と2016年1~2月の中国からの資本流出に見舞われた当時の水準を下回って(より元安)いますが、
    >中国政府も学習効果があるはずで急激な資本流出になっていません。

    >だいたい最大の投資先である米国への直接投資は
    >昨年から激減しているため、
    >米国への資本流出が大きくならないからです。

  • ある有料情報より

    中国は元安政策に舵を切っているようです。
    このまま、米国との貿易紛争に突入して、資産流出懸念が出ることはないのですか?

    >中国は明らかに元安と金融緩和(預金準備率の引き下げ)に踏み切っています。
    >これは米国の制裁関税と中国の輸出減少による影響を和らげるためです。

    >現在の1ドル=6.7元の水準は、
    >2015年8月と2016年1~2月の中国からの資本流出に見舞われた当時の水準を下回って(より元安)いますが、
    >中国政府も学習効果があるはずで急激な資本流出になっていません。

    >だいたい最大の投資先である米国への直接投資は
    >昨年から激減しているため、
    >米国への資本流出が大きくならないからです。

  • 極東貿易の株価は現在 445円です。

    5日線と25日線が、わずかですが「ゴールデンクロス」して来ました。

  • >>No. 465

    極東貿易のチャートを見ると、
    5月14日の高値533円と6月4日の高値493円を

    「つないだ線の延長線上(三角持ち合い)」を上に離れ、

    「窓」を作らずに「25日線」も明確に超えてきました。

    >現在、
    >MACDが、ゴールデンクロス中。
    >パラボリックが陽転中。
    >5日線と10日線が、ゴールデンクロス中。

    >東証の「空売り比率」が13日に、かなり減っています。
    >「空売り」が増えて、「信用買い」が減ると、「踏み上げ相場」になる可能性が高くなってきます。
    >信用取引で極東貿易の株を買っている人は、「現引き」しましょう

  • >>No. 464

    極東貿易の株価は現在 447円

    寄り付きに出来た「窓」を、
    すぐに埋めて「陽線」で株価が上昇しています。」

  • 東証の「空売り比率」が13日に、かなり減っています。

    7月13日は「空売り」が、かなり踏み上げられて「買戻された」ようです、

    7月11日の「空売り比率」は 45.8%

    7月12日の「空売り比率」は 44.3%

    7月13日の「空売り比率」は 39.7%

  • 極東貿易の13日の終値は 438円

    7月13日は、6月26日の安値394円からの「終値の中」では、新高値で引けました。

    わずかですが、25日線を超えて引けました。

    現在、
    MACDが、ゴールデンクロス中。
    パラボリックが陽転中。
    5日線と10日線が、ゴールデンクロス中。

  • 7月13日の日証金貸借取引残高(極東貿易)を見ると

    買い残が、マイナス64000株、新規買いは、プラス1000株

    空売りは、新規売りの持ち越しは0株、返済は4000株

    先週の金曜日は信用の買い残が63000株も減少した事になります(現引きor売却)。


           残高合計(制度信用)  
    売残高    112,000株    
    買残高    152,000株

    「空売り」が増えて、「信用買い」が減ると、「踏み上げ相場」になる可能性が高くなってきます。

    信用取引で極東貿易の株を買っている人は、「現引き」しましょう。

    >8093 極東貿易 2018/07/06 週末残高(制度信用のみの場合)

    7月13日   残高合計   制度信用   前週比
    売残高    107,000    107,000    25,000
    買残高    269,000     269,000  -40,000

    >7月12日 
    「信用買い」が54000株減少したので、マイナスして、
    「空売り」が 9000株増えたので、  プラスすると、

    7月12日   残高合計(制度信用)  
    売残高    116,000株    
    買残高    215,000株

  • 先週のダウ平均の終値は       25019ドル プラス94ドル
    現在の24時間市場のダウ平均CFDは 25024ドル 

    先週の日経平均の終値は       22597円 プラス409円
    現在の24時間市場の日経平均CFDは 22631円

  • 1.2018年3月期の期末配当金の内訳 普通配当8円 記念配当2円  合計10円

    2.平成31年3月期(予想)の配当金につきましては、平成30年10月1日付で普通株式5株を1株とする株式併合を行う予定ですが、株式併合前の株式数を基に算出しております。

    東証の決まりで、10月1日から、1000株単位から100株単位になります。

    配当
    2017年3月期は、7円
    2018年3月期は、10円(8円+記念配当2円)
    2019年3月期は、10円(予想)

    http://www.kbk.co.jp/files/1015/2602/2154/20180511_ren.pdf

  • ドル円が
    2015年の125円台と2016年の118円台を
    結んだ延長線上の上値抵抗ラインを
    「円安方向に突破」して、
    巨大な「三角持ち合いを上に離れました」

    日経平均の上昇と共に
    日本株全体の株価上昇が期待できると思います。

  • >>No. 454

    「売り方」が「フタ」をしているのかな?
    「見せ板」かな?

    信用取引で極東貿易の株を買っている人は、「現引き」しましょう。

    ドル円が
    2015年の125円台と2016年の118円台を結んだ延長線上の上値抵抗ラインを「円安方向に突破」して、
    巨大な三角持ち合いを上に離れました。

    米国株と日経平均が好調で、相場環境が良くなってきています。

    このまま「空売り」が増えて、「信用買い」が減ると、「踏み上げ相場」になる可能性が高くなってきます。

  • >>No. 899

    MediciNovaのサブグループ解析は、球茎または上肢発病の患者に限られていましたが、これには依然として全ALS患者の約60%が含まれていると考えられます。

    したがって、たとえMN-166のラベルが最終的にそれらの患者に限定されたとしても、会社は相当なALS市場の大きさを捕捉することができ、追加のオフラベル処方の可能性がある。

    このデータに基づいて、承認の確率をわずかに増加させ、評価額を「1株当たり18ドルから19ドルに増加」させました。

    毎日午前中にあなたに直接Eメールで送られた記事やレポートを受け取るために、小口CAP調査に参加してください。 Zacks SCRの詳細については、当社のWebサイトをご覧ください。

    >このデータに基づいて、承認の確率をわずかに増加させ、
    >評価額を「1株当たり18ドルから19ドルに増加」させました。
    >日本価格だと約2100円というのが、当面の目標株価になりそうですね。

  • >>No. 453

    寄り付き直前に板が動いて436円で寄り付きました。
    前日の高値が436円ですから、
    「窓」を開けずに寄り付いたのは、良い事だと思います。

    このまま「空売り」が増えて、「信用買い」が減ると、「踏み上げ相場」になる可能性が高くなってきます。

    信用取引で極東貿易の株を買っている人は、「現引き」しましょう。

  • >>No. 452

    寄り前の板を見ると440円で寄り付きそうですが、

    440円だと「空売り」の116000株は、全てが踏みあがられた状態なのでしょうか?

    7月12日 
    「信用買い」が54000株減少したので、マイナス、
    「空売り」が 9000株増えたので、  プラスすると、

           残高合計(制度信用)  
    売残高    116,000株    
    買残高    215,000株

  • >>No. 442

    8093 極東貿易 2018/07/06 週末残高(制度信用のみの場合)

           残高合計   制度信用   前週比
    売残高    107,000    107,000    25,000
    買残高    269,000     269,000  -40,000

    7月12日 
    「信用買い」が54000株減少したので、マイナス、
    「空売り」が 9000株増えたので、  プラスすると、

           残高合計(制度信用)  
    売残高    116,000株    
    買残高    215,000株

  • NYダウの終値は         24924ドルでした。
    24時間市場のダウ平均CFDは現在 24928ドル 

    日経平均の前場の終値は      22187円でした。
    24時間市場の日経平均CFDは現在 22393円です。

  • >>No. 442

    極東貿易の
    7月12日、日証金 貸借取引残高を見ると、

    新規の「空売り」を持ち越した株数が  9000株 「空売り」の返済は   0株

    新規の「信用買い」を持ち越した株数が 1000株 「信用買い」の返済は 54000株

    トータルで見ると

    「空売り」は  9000株増えて、
    「信用買い」は 53000株減った事になります。

    このまま「空売り」が増えて、「信用買い」が減ると、「踏み上げ相場」になる可能性が高くなってきます。

    信用取引で極東貿易の株を買っている人は、「現引き」しましょう。

  • >>No. 448

    中国、上海総合指数は現在 2.22%高

    中国の株価は、底打ちしたかもしれません。

本文はここまでです このページの先頭へ