ここから本文です

投稿コメント一覧 (4325コメント)

  • 一番当てになる宮西をひとりで降板させて、当てにならない石川、トンキンに託すバカ丸出しの継投を今日もやっていますな。

  • 栗山は宮西を信頼していないのかな。
    石川、トンキンがこれだけ当てにならないなら宮西クローザーでも私は良いと思うが、昨日でも宮西はひとりに投げただけだろ。
    それで石川、トンキン、西村、玉井が4人揃い踏みで失点しているわけだろ。
    宮西冷遇、石川とトンキン過度の期待も昨日の敗戦の引き金になっている。
    これもどうも腑に落ちないし、いかがなものかと思う。

  • 鶴岡はリード云々もそうだが、昨日のフィルダースチョイスと先日のイージーフライ落球、浦野の暴投の後の焦りからのミスとチョンボが多すぎる。
    昨日でもトンキンのふがいなさ等いろいろ問題もあるが、鶴岡のフィルダースチョイスの無駄な1点が勝敗に大きく響いた。
    鶴岡が打撃の切り札を気取って6番の打順もいかがなものかと思う。

  • >>No. 2380

    >私が大谷を尊敬してるのはここです。
    目先じゃなく、自分の夢に向かって驕ることなく努力を惜しまないこと。
    手を抜こうと思えば抜けます。それでも凄いだろうに。
    大谷は偉いです。年下だけど素直に頭を垂れます。

    あなたが大谷を尊敬するなら、大谷が素直で人の意見に耳を傾ける点を尊敬してほしいね。
    メジャーに行くと当初言っていたが、ファイターズで二刀流でやるほうがベストと考えを変えてファイターズに入団しました。
    ファイターズに入団した後も栗山の言いつけを素直に従ったからこそ今の活躍があるのですね。
    昨年もWBCを辞退して故障離脱した後も焦らずに球団の調整方針に素直に従ったからこそ今があるのです。
    あなたのように歪んだ考えを押し通して誰の意見も聞き入れない人間は大谷の真逆で誰からも嫌われて軽蔑されるでしょうね。

  • >>No. 263375

    >西武戦、高梨、有原ときて、日曜日は誰なんだ?気になるな。

    中4日でマルティネスかな。
    加藤は31日読売戦再登録先発。

  • やっぱり西川の清田の打球を好捕のファインプレーがプロ野球ニュースのプレイオフザデイでした。
    勝利を呼び込んだ見事なプレーでした。

  • >>No. 2379

    >大阪桐蔭のやり方は、札幌12番さんが書いてくださってた物で勉強させていただきました。
    でも大阪桐蔭は大阪桐蔭。横浜高校は横浜高校です。

    ちなみに大阪桐蔭も他校なら1年夏からレギュラークラスの実力の中学生を20人西谷監督が獲ってきて、全員寮生活で365日休みなし量も質も練習は厳しいですが、西谷監督は怒る押し付けるやり方ではなくて、選手とのコミュニケーションを大事にして選手の自主性に任せるやり方だそうです。
    大阪桐蔭も横浜高校も目指す方向性は同じに思います。
    選手の自主性に任せるやり方はこれからの高校野球の主流になっていくと思います。

  • >>No. 2377

    >今日もお互いの健闘を祈ります。
    良い試合となりますよう・・・

    9回がなくてちょっと後味悪いですが、正直ほっとしています。
    あの悪条件で9回やるとこちらとしては上沢続投でもトンキン継投でも心もとないですわ。
    明日決戦ということでよろしくお願いします。
    今日のポイントはやはり清田選手の打球を西川が好捕したあのプレーでしたね。
    でもsouさんには申し訳ないが、清田選手のその前のハーフスイングは完全に振っています。
    あれは三振です。
    あれが抜けていて同点になったら私の立場で言わせていただくならそれこそ後味が悪い。
    またまた誤審で勝敗が変わる瀬戸際でした。
    それにしてもそういうことに絡むのは必ず清田選手ですね。
    その後の近藤の打球の捕球の微妙な判定もありました。
    ホント不思議な縁ですね。

  • >>No. 2380

    >まだ16才から18才の何も分らない子供です。
    長く生きてきた親が子供の将来を真剣に考えてあげるのと同じです。
    この子供らに何が一番良いかと考えたことを指導してます。
    それが”押し付け”です。

    どうしてですか?
    何が一番良いかを考えて指導するのは、相手の考えも聞いて双方納得の上正しい方向性を見出していくのが今の時流に合ったやり方だと思いますが。
    どうしてそのやり方ではダメで押し付けて怒るやり方でないといけないのか私に分かるように説明してください。

    >だから中田は平気で遅刻する。誰も叱らないから。
    中田の為にもならないし、チームの規律も乱れます。
    ゆるんだチームになります。

    どうしてですか?
    昨日プロはダメならクビになるから比較するのは違うと言いましたよね。
    ダメならクビになるのだから中田の為にならなくても関係ないでしょ。
    ダメならクビになるのになぜチームの規律も乱れてゆるんだチームになるのですか?
    比較するのは違うと言っておきながらなぜ栗山だけは比較の対象になるの?
    私に分かるように説明してください。

  • >>No. 2374

    >厳しい監督なら、やりたくない練習もやらざるを得ない。
    名門校ならではだと?
    甲子園に行けるから辛くても頑張れる。プロ選手になりたいから頑張れる?

    でもプロに入るような素質抜群の選手は1年夏からレギュラーが大半なので、高校に入ってから辛くてもプロ選手になりたいから頑張れる云々はあまり関係ないと思うが。
    辛くなくても高校に入ったときからレギュラークラスの実力なのだから、自分で自主的にやれると思うけどね。
    なぜ押し付けで厳しくしないといけないのか私に分かるように説明してください。

    >これはダメならクビになるというプロの話です。
    比較するのは違うのでは?

    我が日本ハムファイターズもプロ球団ですけどね。
    なぜ栗山だけは厳しくないからダメなのでしょうかね。
    私に分かるように説明してください。

  • >>No. 2362

    >「12番さんは今回も見えるのかな?」って、こういうのを想像するのも楽しいんですよ。

    昨日はBS12でテレビ観戦。
    今日も明日もその予定。
    昨日は石川投手にやられました。
    ファイターズ打線は追い込まれるまでは甘い球を狙っていくので、石川投手のようにコーナいっぱいにストライクを投げ込まれると苦しくなる。
    観ていて外角の球が多かったので、もう少し球に逆らわずに逆方向の打つバッティングが出来ないものか歯がゆい思いで観ていました。
    マリーンズは角中選手が入るとやはり手強いです。
    今日は負けたくないですね。
    試合を楽しみにしています。

  • >>No. 2353

    采配はどちらかというと下手なほうで、特定選手のくどすぎる起用も目に余るので、負けた時は批判の矛先が自分に向きやすいのが栗山です。
    選手を庇うあまりのともすれば人ごとのように聞こえる記者会見でのコメントも負けた時はファンの感情を逆なでします。
    でも今年の大谷が抜けた戦力でよく健闘していると思う。
    コーチに全権を委任して監督である自分との役割分担を明確にしていることと選手に必要以上のプレッシャーを与えず伸び伸びやらせているのが良いのでしょう。
    怒らない、押し付けない、束縛しない、威張らない管理手法は見習う点も多いと思います。
    これは分を弁えずにトヨタさんに喧嘩を売ったひとりの野球音痴の分からず屋の輩を除いて、まともな見方の出来るファンなら多かれ少なかれ認めていることだと思う。

  • >>No. 2343

    今日のレアードの本塁打のベンチでのハイタッチの時の中田のふて腐れた表情。
    いくら自分が打てないからって、チームメイトの追加点を祝福出来ないところが終わっている。
    この中田を使うのは大変だと思うよ。
    怒るのは簡単だ。
    でも中田がふて腐れてチームの雰囲気が悪くなったら、怒るのは自己満足の領域に過ぎない。
    監督は時として怒らない勇気も必要なのだ。
    トヨタさんの想像は間違っていないと思いますよ。

  • 今日は左の塩見だから横尾を起用して来るとは思ったが、まさか中島外して石井一をショートに起用して来るとは意外だったな。
    栗山に石井一>中島の方程式が出来つつある。
    中島は踏ん張りどころだな。
    グランドスラムの後の内容が悪すぎ。
    まあ他も打てていないので、中島だけが責任被るのもおかしい気がするが。
    あいもかわらず頑固一徹4番中田だけは魚群が泣いて喜ぶ不動なのね。
    今日も危なかったわな。
    初回のふがいないチャンスでの凡退。
    レアードがあそこで繋いでいなかったら今日の試合分からなかったよ。
    西川、大田、レアードは調子を上げてきた。
    4番中田だけは、関係ない場面での帳尻合わせのヒット1本が免罪符になるの。
    賢介の誕生日も関係なく、中島も見切りつつある冷酷な栗山さん。
    なぜにどれだけふがいなくても中田だけは4番安泰なの。
    ホント理解に苦しみますが。

  • >>No. 262651

    火事場泥棒の野次馬で有名なアラシガーデン。
    我がファイターズの不幸を喜ぶアンチのアラシガーデン。
    V9読売固定スタメンを泣いて喜ぶ魚群は許せても、我がファイターズの不幸を泣いて喜ぶガーデンが許されないのは当然。
    人の火事の不幸のどさくさに紛れて泥棒をする。
    ファイターズの2試合連続完封負けの不幸のどさくさに紛れて嫌がらせ投稿をする。
    やっていることは同じ。
    だから火事場泥棒の野次馬。
    東浜、千賀、武田や今永、石田、濱口の育成は誉めても、上沢、高梨、加藤の育成は無視するアンチのアラシガーデン。
    どこへ行っても嫌われる自業自得ぶりが笑える。

  • やはりこれだけ打てないとどうしても中田に厳しい目が向いてしまう。
    大田、レアードはムラがあるが、良い場面でよく打っていて、勝利に貢献している。
    中田はどうだろう。
    帳尻合わせのヒットしか打てていない気がする。
    アルシアが復帰したらもうぼちぼち中田に引導を渡す時期に来ていると思う。
    近藤、大田、アルシア、中田、清宮のうち一番外されるべきは中田と思う。
    はっきり言って中田に打席与えるなら清宮に打席与えたほうがいい。
    となると中田は賢介と同じ道を歩むべきかな。
    清宮優先起用で代打の切り札、美馬の番犬要員でベンチ待機。
    年俸は2億円から7500万円ダウン。
    嫌ならよそへ行ってもらって結構。
    もうその時期に来ているかな。
    中田ベンチ待機が一番ナインをピリっとさせるカンフル剤になると思う。
    確か2年前も中田に矢野を代打で送ってからチームは連勝していった。
    アルシアスタメン復帰の暁に、スタメン外れるのは大田、清宮ではなく中田であるべき。

  • まあ勝つ時もあれば負ける時もある。
    打てないことが続く時もある。
    相手も同じプロ。
    力の差はない。
    そうそう毎回毎回思い通りに運ばなくて当然。
    現状に浮足立ってあれこれ選手を入れ替えてもどれも中途半端になり失敗に終わる。
    かといって栗山のように頑固一徹意固地も困ったものだが、現状の戦力を鑑みて、目指すは神格化された2007年の投手陣中心の守り抜く野球と思う。
    アルシアが戻って、近藤の調子が上向けば、打線は良くなる。
    清宮も成長の兆しが見えている。
    今は辛抱の時と思う。
    ただもう少し二軍の選手との入れ替えはすべきとは思う。

  • >>No. 262273

    >12番さんの意見が聞きたい。

    マーティンがいれば、9回頭からマーティン。
    トンキンならちょっと源田から始まる打線は怖いな。
    上沢続投のほうが無難かな。
    無死一二塁になったら上沢に託すしかないかな。
    宮西という手もあったが、抑えはトンキンだから替えるならトンキンしかない。
    走者を溜めた場面でトンキンは尚更怖い。
    上沢に無理させたくないけど、どうしても勝ちたかったと思うね。
    ピンチの後力まずに緩急を付けて抑えました。
    上沢、清水の成長も垣間見れたと思います。

  • >>No. 2278

    >私は結果より経過重視ですから。

    プロ野球は結果がすべて。
    勝つことが正しい証拠だし、負けることが間違っている証拠。
    金に任せての補強により勝つことで間違いを正当化できることもあろうが、金を掛けずに勝てていることに間違っている理由は何ひとつない。

  • 昨日は実に良い勝ち方だった。
    マルティネスが捕まる限界のところを中田のファインプレーが救った。
    するとチームは押せ押せの雰囲気になり、こんどはカスティーヨが辛抱しきれなくなり、レアード、鶴岡が打って2点先取。
    その2点を守り抜こうと宮西、石川直、トンキンが気迫の力投。
    まさにチーム一丸で強いライオンズを下した見事な勝利だ。
    思えば8点差の大逆転、清田の演技で清水が悪者にされてケチが付いた逆転負け、浦野の暴投を逸らした鶴岡の焦りによるミスでの延長12回2死からのサヨナラ負け・・・
    日曜日もあまりにも不甲斐ない無抵抗の惨敗だった。
    そういった中でもシュンとならずに前を向いて次の試合チーム一丸で全力で戦うファイターズ。
    野球は集団競技だからこれが一番大事。
    大谷が抜けて確かに戦力的には弱いかもしれない。
    でも有原はもう少し頑張ってほしいが、高梨、加藤、上沢、玉井、石川直ら若い投手陣は確実に育っている。
    石井一も成長の跡が見られる。
    清宮も今後が楽しみ。
    村田、大田、公文らの補強もまずまずの成果。
    マルティネス、トンキン、アルシアの外国人の補強も良い。
    大谷が抜けてもドラフト戦略、育成と外国人、トレード補強は間違っておらず、FAに頼らなけても優勝争い出来るチーム作りが出来ている確かな手応えを感じる。
    さらに少々のことではめげないチーム一丸で前を進む雰囲気が肌で感じ取れるのがいい。
    今までやってきたファイターズの戦略が決して間違っていない手応えをはっきりと感じ取れるのが何より嬉しい。

本文はここまでです このページの先頭へ