ここから本文です

投稿コメント一覧 (1696コメント)

  • 自分には珍しくPTSで買った。

  • 上方修正した銘柄が、なんで過去最低のPERなんだよ(○`ε´○)プンプン!!
    決算発表前に上方修正したから、決算発表は当然「修正なし」になるんだけど、そしたら出來の悪いアルゴが「修正なし」銘柄と判断して、決算発表翌日にまとまった売りを出した。
    いい加減にしろよ、って感じ。

  • 副総理大臣の会社に、仕手戦を張るのは、国内のチンピラ仕手筋では無理。圧力を掛けられて潰される。

    買い手は国外。

    高値で麻生家に買い取らせるのが目的なので、どこまでも吊り上げる。

    大株主に「ノルウエー政府」の名前が出るなら格好いいけど、あの国の名前が出るのはマズイでしょ。

    だから、麻生家は買い取らざるを得ない。

    そのうち、文春あたりが書いて、ワイドショーでも報道されると思うよ。

  • >>No. 125

    「生産は概ね順調に進んでおります」と言っているので、製造には着手しているんでしょ。
    あと、完全個別受注生産なんだけど、「開発要素の高い案件も多い」と言っていて、つまり、客先の要求を満たす技術水準の製品を作るには技術開発が必要な案件があり、その技術開発に手間取ると、納期が遅れてしまうようです。

    要するに、貴方の言われるように「期ズレ」なんだと思います。これがどの程度発生するか予測できない。だから、通期を上方修正したくても、数字が読めない、ということだと思います。

    ですから、この株価の調整局面は、仕込んで問題ないと思いますよ。

  • 都市鉱山を非常に有望視している三菱マテリアルが買うよ。業績が良くなると株価が上がってしまうので、業績が良くならないうちにTOBを仕掛けてくるはず。インサイダー情報を掴んだ奴なんだか、私と同意見なんだか知らないが、時々ドカンと買ってくる。

  • >>No. 596

    当然、麻生の指示で、金融庁や内閣府が、証券会社へどこが買っているのか調べさせているはず。
    麻生副総理は、既に買い本尊を知っているのではないかな・・・

  • 大胆な推測だけど、
    副総理大臣兼財務大臣の会社の株を買い占めるなんてのは、北朝鮮かロシアでしょwww
    当然、麻生家へ買取を要求するのが目的。
    これも一種のテロなのかな・・・・

  • 通期の業績をなぜ上方修正しなかったのか?
    会社に問い合わせて、数日前に回答があったけど、要するにテスラの注文が読めないということなんだね。
    テスラ自体が生産が遅れに遅れているので、しわ寄せをモロに受けて、納期が確定しない、つまり、売上の計上時期がハッキリしない。
    あまり細かいことは書けないけど、そういうこと。

  • ここは、主要取引先が、AMPOC Far-East Co.,Ltd なんだね。
    IoTによってこれから半導体の需要が爆発的に増える。だから孫さんは英アーム社を3兆円で買ったんだけど、半導体が増えれば、当然に、半導体をプリント基板に接合するための「めっき液」も需要が増える。
    ということで、ここは、これから業績がグングン伸びてくるはず。

  • このチャート、そろそろドカンと噴火しそう。
    業績にまだ凸凹はあるけど、傾向としては良くなってきているのに、極端な低PERに放置されている。
    ハイテク株が調整に入りそうなので、ここら辺で順番が回ってきてもおかしくないんだけど・・・

  • ハイテク株ばかりじゃ相場はもたない。
    好業績割安株に順番が回ってきそう。
    日経平均が下がってもお構いなく上がっていくでしょう。

  • やっときたね。
    時流に乗っている超割安小型株。
    連日S高というような上がり方じゃなくて、スルスルと小気味よく上昇していく感じで、まだまだ上がりますよ。

  • 佐々木洋氏がメルマガで、今日の日経のCAR―Tを取り上げたね。
    まぐまぐのリンクは拒否されるので、「まぐまぐ アーカイブ 0000102800」でググってね。
    「ともあれ、がん治療はここ数年で劇的に進歩することになります。」とのこと。
    この人のことを知らない人は、どうでも良いかもしれないけど、投資経験が長い人は知っていると思うので、とりあげました。

  • 1本5000万円? がん特効薬、上陸の衝撃
    コンフィデンシャル ヘルスケア (2/3ページ)2017/11/14 8:35[有料会員限定]

     ノバルティスが発売したキムリアは、小児・若年者の急性リンパ性白血病患者の8割で効果を示した。小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」でさえも2~3割とされる中、驚異的な治療成績といえる。しかも投与はたったの1回ですむ。この結果は、世界中で衝撃を与えた。10月下旬にはカイトを買収したギリアドが大細胞型B細胞リンパ腫の成人患者向け治療薬「イエスカルタ」の承認を米国で取得。今後も同じ分野の医薬品が相次ぎ承認・発売される見込みだ。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23355060Q7A111C1000000/?df=2

    日経に出ましたね。

  • >>No. 785

    確かに記事はある。ただ会員限定記事で読めない。(無料会員登録でも電話か掛かってきそうで面倒。)
    https://news.syokuhinsokuho.jp/ac/ac05/6141

  • 通期はこれから上方修正すると、呑気に思っているド素人さんへ。

    東証のルールで、経常利益又は最終利益で30%以上予想が変わる場合は、速かに開示しなければなりません。

    3Qでこれだけ伸びても、通期を変更しないのは、それなりの理由がないと、東証のルールに反してしまいます。

    ですから、通期はこれから上方修正する、とは考えない方が良いです。

  • 大型案件を計上したのに、通期は据え置き、これだと4Qは赤字。
    非常に不可解な決算。

  • ここは、大株主にSMC(6273:東1)が名を連ねていますが、SMCの決算発表で

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ロボットや工作機械に組み込んで使う空気圧機器は「注文がひっきりなしに舞い込んでいる」(薄井郁二専務執行役員)。
    空気圧機器は半導体製造装置の駆動部品としても使われる。半導体関連企業からの引き合いは「異常なほど強い」(薄井氏)といい、大口顧客との交渉は価格よりも納期が優先される状況になっている。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    など、大変心強いコメントが出ており、空圧機器を中心に扱う鳥羽洋行はまだまだ上昇余地があります。

  • ここも厳しいねぇ・・・
    下げている理由はもちろん、アスベスト訴訟で負けたから。
    そして今日、原告被告双方が上告した。
    https://mainichi.jp/articles/20171111/k00/00m/040/043000c

    最高裁が国の責任を認めるのはほぼ確定だけど、企業の責任については、京都地裁、横浜地裁、東京高裁とマーケットシェア・ライアビリティ理論を使って、アスベストを含む製品の市場シェアが高い企業に限定して責任を認める判例が続いていて、予断を許さなくなってきた。

    市場シェアが高いのは、ニチアス、エーアンドエーマテリアル、ノザワの3社で、この3社がアスベスト御三家なんだけど、東京高裁でノザワを差し置いて神島化学工業が入ったのは、ちょっとビックリ。

    マーケットシェア・ライアビリティ理論については、横浜地裁の判決が出たときノザワの板で詳しく書いて置いたので、勉強したい人は参照して下さい。
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1005237/a5na56a5o/2/487

    アスベストを含む製品のマーケットシェアが10%以上ある企業は、京都地裁の判決で明らかにされていて、ここに含まれる会社は何時でも裁判に負けるリスクがある。
    ------------------------------------------------------
    ニチアス(石綿業界のリーダー、石綿建材の開発が最も早く、吹付材、ケイカル板、保温材等の複数建材で圧倒的なシェア)、エーアンドエーマテリアル(大半の建材でシェア上位、石綿スレートのシェア30%以上)、ノザワ(エーアンドエーマテリアルと共に石綿スレート協会の中心企業、混和剤「テーリング」のシェアは90%以上)、三菱マテリアル建材(現・エムエムケイ)、大建工業、日東紡績、太平洋セメント、新日鉄住金化学、ケイミュー、神島化学工業、日本インシュレーション、ウベボード、昭和電工建材、東洋テックス、積水化学工業、ニチハ、旭硝子、東レACE。
    ------------------------------------------------------

    神島化学工業とノザワは、これらの企業の中では、会社の規模が非常に小さく損害賠償を喰らった時のダメージが非常に大きいのが問題なのです。また、アスベストを吸い込んでから癌を発症するのに20~30年掛かり、これからも患者は増え続けます。

  • 前期本決算を発表し、前期の通期は上方修正。
    そして、今期通期予想は、四季報などに比べ、大幅に上を予想。

    前期は経常利益2億800万円に対して特別利益の補助金が1億5900万円もあり、この特別利益が最終利益を押し上げていたが、四季報にも書いてあるとおり、今期は補助金事業に伴う研究開発が減るので、補助金も減り、最終利益は今期比+2%となる。

    このように最終利益が前期とあまり変わらないのは、補助金の下駄が外れるからで、問題はない。

    都市鉱山の将来性は非常に高いので、この銘柄は有望で、三菱マテリアルがどこかでTOBを仕掛けてくると思う。

本文はここまでです このページの先頭へ