ここから本文です

投稿コメント一覧 (357コメント)

  • 【長七郎山】
    土曜日、朝起きたら本降りの雨で出鼻をくじかれて、たまには家でゆっくりしようと思っていたのですが、そのうちこれ以上はないくらいの青空になって我慢もお昼までが限度。満開のツツジが待っている。(^_^;

    この時刻からツツジの満開の尾根を歩こうとしたら選択は赤城山しかなく、急ぎ車を走らせました。1時間ちょいで標高1500mの登山口に着いちゃう地の利に感謝。
    長七郎山は満開になったばかりのミツバツツジに包まれていました。展望も素晴らしく、赤城東面や足尾の山の山深さにしばし見とれました。

    小沼周辺のシロヤシオとヤマツツジとズミは今度の土、日くらいかな。残念ながら野暮用で行けないけど。

    http://www.kimurass.co.jp/choushichirouyama.htm

  • >>No. 7749

    gonさん
    熊鷹山のツツジ、いつもながら素晴らしいですね。写真を見ると今年は例年以上に花付きがいいでしょうか。

  • >>No. 7750

    トシさん
    私も宝篋山が大好きです。
    なにより展望の素晴らしさ、そして地元で大切にしている様子が好きです。
    初めて行った時に整備されすぎてるとちょっと違和感がありましたが幼稚園児も登れるようにということのようです。実際、園児の遠足に会いましたが、ここはそういう山だと知れば騒々しい園児の列にも親しい気持ちになりますね。

    冬や早春の宝篋山しか知らないので花の山だとは気付きませんでした。一度、花の時期に合わせて行ってみなくちゃ。

  • 【大博多山】
    南会津の大博多山(だいはだやま)に行ってきました。ずっと行きたいと思っていた山ですが、いかんせん遠くてなかなか腰が上がりませんでした。そのうちになんて思っていると行けなくなっちゃうから行きたいと思っている山には機会を逃さず行かなくちゃ。

    やたら遠くて、旧南郷村まで着いたころにはもううんざりです。塩原から尾頭トンネルを通って上三依へ、さらに山王トンネルを通って田島へ、さらに駒止トンネルを通って旧南郷村山口へ、ちょっと檜枝岐方向へ走ってからさらに林道に分け入ってやっと登山口です。アクセスだけで疲れてしまう大博多山です。(^_^;

    登山口から急登の連続ですがブナの森の新緑がなぐさめてくれました。稜線に出るとイワウチワ、シャクナゲ、タムシバ、ムラサキヤシオなどの花が次から次へ。
    頂上の展望も申し分なく、遠く飯豊連峰まで白く輝いて見えました。
    只見川と伊南川とに挟まれた会津駒・会津朝日岳山塊には登山道のある山はほんのわずかで、会津駒ヶ岳周辺だけは登山者が多いものの他に登山道で登れるのは会津朝日岳とこの大博多山くらいなものです。
    頂上から先に少し行ってみようかと思ったのですが猛烈なブッシュに阻まれました。たぶんこの山域全体がこんな感じのブッシュに覆われているのだと思います。
    頂上から眺めると山深さをひしひしと感じます。

  • >>No. 7743

    春蘭さん
    茨城空港は便利ですよ。北関東道から東関東道に入ってすぐに茨城空港北ICです。

    駐車場がタダですし、空港が小さいのでシンプルでわかりやすくうろうろすることなどありません。
    国内便はスカイマークだけなので航空券安いし。(出張などで乗るときは割引と言ってもせいぜい往復運賃程度ですし、急ぎの時は正規運賃で乗ったりしていますがそれと比べると考えられないような値段でした。)

  • >>No. 7744

    トシさん
    シロヤシオ、すっごい花付きですね。幹も太くて成長の遅いシロヤシオですからいったいどれだけの樹齢なのかはかりしれませんね。

    今年はツツジ類がけっこう当たりだったみたいですね。私も一応は一通り見たのですが大群落があるような山には行かずじまいになってしまってちょっと残念な春でした。シロヤシオならまだ会えるかな?

  • 【ヒグマのせいで計画ぐちゃぐちゃ(^_^;】

    突哨山のエゾエンゴサクとカタクリの競演を見たい、ぜったい見たい、見たーい!
    春になるたびにそう思い続けていましたが思っているだけでは行けないので格安航空をポチッ。そうだね、簡単だよ、ポチッだけで行けちゃうんだね。

    茨城空港だぜぃ。駐車がタダ、搭乗口が1つ、飛行機までぞろぞろ歩いて行く、いいね、いいね、それでこそ茨城空港。

    北海道!
    計画:突哨山-旭川泊-札幌スープカレー-帰る(のんびり旅)
    実際:突哨山ヒグマ現れて入山禁止-あわわ、どこへ行こう-とりあえず塩狩峠-旭川泊-割り込み旭山動物園-とりあえず嵐山-帰る(大忙し旅)

    突哨山のためだけに出掛けてきた北海道というのに、ヒグマが出たというので登山口には無情のチェンが張られていました。ヒグマでは太刀打ちできないのであきらめるしかありません。
    スタートで計画頓挫したおかげでその後はぐちゃぐちゃさ。でも突哨山がダメでも旭川周辺にはあちこち咲いているようで教わった場所でたくさん見ることができました。
    いきなりのがっかりからスタートした旭川の花巡り、結局夢のような2日間となりました。
    いつ行っても北海道で楽しくなかったことはないなぁ。人はとっても親切だしね。

    http://www.kimurass.co.jp/asahikawaflower.html

  • 【赤城山東面・笹原の別天地】
    ここしばらく登山道のしっかりした山ばかり登っていました。それはそれで楽しいのですがたまには道のない薮尾根歩きにも行きたいな、と言うわけで赤城の東面を歩いてきました。

    Googleの航空写真で見つけた場所です。広大な笹原(らしい)に無数の紅い点々、どう考えてもツツジの群落ですよね。オレが行かなくて誰が行く。誰もいかねぇってば、そんな行ってみなくちゃどんなかわかんないような場所。(^_^;

    1年以上前に写真を眺めていて気付いた場所で、広々とした笹原で一人ツツジに囲まれて春の風に吹かれたいってずっと思い続けてやっと出掛けることにしました。

    どんなだったかって言うと、ご褒美いただいちゃったね、なんのご褒美かわかんないけど。(^_^;
    素晴らしい別天地でした。ホントに広々とした笹原で一人ツツジに囲まれて春の風に吹かれて来ました。しあわせ、しあわせ。

    http://www.kimurass.co.jp/akagitoumensasaone.htm

    ところで航空写真で山を見つけるってことに気付きました。今回はたまたま撮影時に開花してたってことでうまい具合になりましたが、時期が違っていても植生がおぼろげにせよわかるので楽しいですし、笹原とか湿地とか探すのには大助かりです。

  • >>No. 7732

    春蘭さん
    おお、やったね、舟石新道。
    写真もきれいですね。
    私もそのうちに歩きたいと念願していましたがそのうちにそのうちにをだらだら繰り返しているだけで行けないままもう無理になってしまいました。

    最初に私が読んだガイドブック、小野尚俊著「渡良瀬源流の山」朋文堂 昭和35年発行 にはしっかり舟石新道のルートが示されています。(当時は単に新道、旧道と呼んでいたようです。)
    昭和25年に地元有志の手で開かれたそうですが、そのしっかりした道だった頃にじつは私も一度歩いているはずです。はっきりと新道だと認識して歩いたわけじゃないですが、初めての登山らしい登山だった昭和37年の皇海山山行で庚申山(猿田彦神社)までの往路と復路が違う道だったことだけを覚えています。今から思えば舟石新道だったわけですが、普通に登山道でした。

    その後通る登山者もいなくなって今に至るわけですが、舟石新道にはとっても懐かしい思いがします。と同時にもう行けないなとちょっと寂しい思いもあります。と、こう書いてみて、55年も進歩なく同じような山歩きしてるんだ、と我ながらびっくりです。(^_^;

    ちなみにその頃の庚申山登山では猿田彦神社に宿泊していました。ちゃんと神主さんがいて早朝に太鼓叩いて祝詞をあげたんですよ。神主さんって朝早くてね。いやでも起こされちゃう。(^_^;

  • 2018/05/02 10:21

    >>No. 7724

    PSFujitaさん
    もう植えてますか。(^_^)

    > わたしが生きているうちにハンカチが咲くとはとても思えません。
    ネットを巡ってみると開花まで10年、樹高3mですって。大丈夫。(^_^)

    ただ、ビワはなんとかしないと。やたら丈夫で無駄に葉っぱが茂るからけんか状態といっても勝敗は明らかですよ。いっそ根本から切っちゃいましょ。
    とは言っても実のなる木は食い気が伴走してますからね。私も毎年収穫してるいちじく、ミカンに加えてさらに柿、プルーンも欲張って植えました。むしろ花木よりこっちの方が大切かも。(^_^;

  • 【残馬山 三境山】
    残馬山と三境山に行ってきました。桐生からも行けるのですが今回は草木ダムから。
    三境林道ができたおかげで昔の苦労がウソみたいです。ちょこっと登るともう稜線。
    なのに足がヨレヨレになっちゃうのってまずいなぁ。本気でなんとかしないと。(^_^;

    ミツバツツジが満開でした。新緑もきれいでした。
    なのにソロのハイカー1人に出会ったのみ、ホント、もったいないです。

    http://www.kimurass.co.jp/zanmayamasankyousan.htm

  • ちょっと日にちが経ってしまいましたが、喜多方のしだれ桜と沼の平の福寿草を見てきました。
    いやはや、日帰りする距離じゃないですね。

    http://www.kimurass.co.jp/numanotaira.html <-- 沼の平福寿草

  • >>No. 7719

    春蘭さん
    わっ、高い!高くて急峻。落ちたらただじゃ済まないですね。(^_^;
    向こうに見える山でだいたい場所がわかります。展望抜群でしょうね。

  • >>No. 7720

    トシさん お久しぶりです。

    私も最近ハンカチの木を見ました。場所は足利フラワーパークです。
    新駅ができたというので大藤の開花に合わせて電車で行ってみました。西口から入って大藤に行く手前に大きな木がひとつ、大藤の近くに小さいのがひとつ、2本の木とも満開でした。
    ハンカチノキとはよくぞ名付けたものです。

    どこそこにあるとか話題になるくらいですから今は珍しい木ですが、さすが商売人は素早いものでさっそく通販などで出回っています。いずれ庭のシンボルツリーとして見かけるようになるのではないでしょうか。流行の予感はします。
    私も欲しい気はしますが猫の額の庭ではちょっとでかくなりすぎて手に負えなくなりそうです。(^_^;

  • 阿武隈の竹貫鎌倉岳(たかぬきかまくらだけ)に行ってきました。
    どんよりした日で少し降られもしましたが、めげずに登ったご褒美にイワウチワが満開でした。
    カタクリもたくさんありましたが日が照らないと花は開きません。ふっふっと息を吹きかけてむりやり開かせてパチリ。(^_^;

    阿武隈はちょうど桜が満開でした。里で見て山で見て、南で見て北で見て、いったい何回花見したら気が済むんだ。まだまだ行く気。
    阿武隈にはソメイヨシノだけじゃなく三春の滝桜のような1本立ちの枝垂れ桜や山桜の巨木があちこちにあってこれから一斉に咲き出します。

    http://www.kimurass.co.jp/takanukikamakuradake.htm

  • 先週の新聞にここの記事が載ってました。ミツマタと言えば低木と思っていましたが写真ではけっこう大きくてミツマタのトンネルになっててちょっとびっくり。
    かつて和紙を生産していた所には植えたものがそのまま半野生化した群落があるみたいですね。

  • 【きのこ山 足尾山】
    筑波山と加波山との間に横たわっているきのこ山と足尾山に行って来ました。
    きのこ山はしょーもない山ですが足尾山は足尾神社をお詣りしながら山頂の展望を楽しめました。
    きのこ山への登路と足尾山から一本杉峠への下山以外は延々と自動車道路を歩かされます。
    ところがさらに一本杉峠から県道を下るのですがこれが県道?というような崩壊状態で、むしろこの道をたどるのを面白がって遊んできたって感じでした。
    これを道路と言うかぁ?いやはや、すごい道でした。(一応、入口の看板に通行不能と示されていますので通っちゃいけなかったのかな。)

    http://www.kimurass.co.jp/kinokoashio.htm

  • >>No. 7710

    きれいな日の出。
    さていったいどこに行けばこんな貴重な写真が撮れるのかと思って調べたら、今の時期はほぼ真東に登るので春蘭さんならどこに行くこともなくお住まいの近くで撮れるってことですよね。うらやましい。

    いつも三毳山から元旦に見る日の出は筑波山のずっと右から出ているので、そのことから推察すると三毳山からは1月初旬と3月中旬との中間くらいの頃ってことになります。来年の2月を目安にもうすこし精密な計算をしてみてぜひ三毳山から筑波山に出てくる日の出を見たいものです。

  • >>No. 7704

    いつまでも「明けましておめでとう」を晒していてはみっともないと思って山行記録をあげておこうかと思ったのですが、最近は近所の山に出掛けておいしいパンとコーヒーでのんびり昼食なんて休日がほとんどでいかんせん人様に話せるような山に行ってなくてネタなしです。
    やっぱり春蘭さんの書き込みがスイッチになるというのがこの掲示板ですね。

  • 明けましておめでとうございます。今年も遊んでやって下さい。

    毎年判で押したように初日の出は三毳山。
    年のはじめにいきなり息が上がってしまって、今年の山登りも加齢と向き合わざるを得ずつらくなりそうな予感の元旦初歩きでした。

    三毳山で三毳神社にお詣りして、一旦帰っておせちをいただいてから大岩の野山へ登って大岩毘沙門様にお詣りして、2日は益子まで出掛けて西明寺にお詣りして、4日は大小山に登って阿夫利神社にお詣りして、こんだけお詣りすれば今年は数打ちゃ当たるの御利益でいいことあるはず。

    写真:初日の出と筑波山

本文はここまでです このページの先頭へ