ここから本文です

投稿コメント一覧 (305コメント)

  • IRを見て、
    「TVに出るのが目的のお遊び経営 ITごっこ
     身内に株券ばら撒いて儲けるだけ」
     などという感想もふと浮かびましたな。

  • あれほど「せめて材料と動け」と言ってるのに、どうして中途半端な所で突っ込んでしまうのか。
    相場はチャートや小手先のテクニカルだけじゃ勝てないですよ。

  • >>No. 698

    半世紀以上前からやってるのにサブリースなんて手を出す訳ないでしょう(笑
    最近の大東現象、特にここ数年の暴走は注視してたんですよ。

  • >>No. 693

    2017年10月末に起こった「サブリース賃料の改定」を皮切りに、スマートデイズ社の経営状況が浮き彫になり明らかになってきたのですが、スマートデイズ社ではシェアハウスの賃貸管理運営による利益はほとんど出ておらず赤字経営状態となっており、その穴埋めをシェアハウスの建築販売による利益で賄うという自転車操業状態となっていたのです。
    急ピッチで建築数を上げているシェアハウスに対して賃貸入居者が追いついておらず半数以上が空室状態となっていました。その結果空室状態を改善させるために低額家賃での入居募集を行うことになってしまいサブリース賃料との逆ザヤ状態がドンドン大きくなってしまったという訳です。
    そんな自転車操業の最中、2017年10月にシェアハウス購入者が利用する金融機関(スルガ銀行)がシェアハウスの融資に一定の条件を付くわえ融資に対する引き締めを行いました。今まで順調であった融資が急に厳しくなったことにより予定していた建築販売利益を得ることが出来なくなりスマートデイズ社はサブリース賃料を払えなくなってしまったという訳です。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    どこかで聞いたような話ですな。
    新規建築を絞られ、入居者を手当できなくなっていけば、大東とアパートオーナーも同じ状況に陥るのは必然。
    一時の異常な条件を利用して急成長・急拡大したツケは負動産となってすべてのしかかってくる。

  • 「スマートデイズ社(旧スマートライフ)の30年一括借上げ」の破綻
    ttp://ipa-fudousan.com/1066/
    女性専用シェアハウスかぼちゃの馬車、オーナーにサブリース賃料の支払停止を通知して脱輪
    ttp://kabumatome.doorblog.jp/archives/65911084.html

  • >>No. 1424

    これ上手く行ったら既存のがん治療がすべて吹っ飛ぶ話なので、何千億どころじゃ済まないのでは?
    癌に対する決定的な治療を確立したなら、兆の金が入ったっておかしくないですよ。

  • 戦略的な観点からも現状のETF購入を続けることには、大きな問題がある。ETF購入は、将来の不況局面においても、有効な政策ツールとして利用される可能性が高い。リスク資産の購入には出来るだけ手を出すべきではないものの、今のところマイナス金利政策の深掘りを除くと、ETF購入しか有効な手立ては見当たらないと日銀の事務方は考えているはずである。完全雇用に達し、株高が続く中で、漫然と年6兆円ものETFを買い続けることは、貴重な将来の政策余地を狭めることにもなる。

    これらの理由から、4月の新執行部のスタート後、ETFの購入が2016年7月以前の3兆円程度まで減額される可能性がある。タイミングは秋頃だろうか。
    ttps://jp.reuters.com/article/column-boj-ryutaro-kono-idJPKBN1F50UT

    日銀のETF購入も今年中に半減濃厚。

  • 「首相、欧州訪問から帰国」、三木谷も帰還。
    まぁ、しばらく待つことですなぁ。
    安倍ちゃんとしっぽりやってきた成果を活かして、その内何か出すでしょう。

  • >>No. 1314

    2017年11月17日開設指針案等公表
    2017年12月18日意見募集期間終了
    2017年12月下旬~2018年1月頃電波監理審議会への諮問・答申
    2018年1月頃開設指針の告示
    2018年1月~2月頃開設計画の認定申請の受付
    2018年3月末頃電波監理審議会への諮問・答申
    2018年3月末頃開設計画の認定(周波数割当)

    今年度中にははっきりしますよ。特に今月指針が出れば大方わかるんじゃないですか。
    初期は2000億円という金額から見て、MVNOを全力で活かした2SIMで無理なく始めて、徐々に、着実に拡大という所でしょう。不安論は「いきなり既存キャリアと全面対決なんて荒唐無稽、無理!」という所から来ているが、実際は既存の足場を活かした至極現実的な進出を考えている。2000億ぐらいの調達は計画がしっかりしていれば訳ないし、事業が軌道に乗り始めたら融資も安定しますよ。

    ドコモがQR決済始めてデータ収集目論んでますが、スマホ決済でデータ収集はこれからの時代に欠かせないので、三木谷が引くことはない。実現性がはっきりして、利点が見えてくれば株価なんて今の底からうなぎ上りでしょう。

  • 日足・週足双方で出来高クライマックス入り。
    先月の携帯参入発表直後のそれと合わせてホルダーは長期保有派にほとんど入れ替わったので下げる余地はもうほとんど無し。

  • 2018/01/17 14:59

    終盤まで959.0-959.1に価格押さえつけのアルゴ動いてましたね。
    買い集めでしょう。

  • tweet連発してるんで、三木谷多分帰ってきてますね。
    しばらくしたら何か出すでしょう。

  • >>No. 683

    正直、大東の社員は別の形で身体を張る仕事を考えた方がよろしいですからなぁ。先行きの無い業種にしがみつくよりは若く価値のある内に売っておいた方がいい。男なら今なら建築から輸送まで引く手数多。女でも色々あるでしょう。下手に大東などにしがみついて数年後クビになると、AIや自動化の進展で求人なんかなくなってますよ。

  • 営業日数で割るとちょうど今日明日で自社株買い終わりますね。

  • 今後、どのような政策転換が考えられるのだろう。具体的には、長期金利をゼロ近辺に誘導する目標を変更、短期のマイナス金利を維持したまま長期金利の誘導目標を0.5%程度に引き上げることが一つのシナリオとして想定される。ゼロ近辺に誘導する国債の年限を10年から5年に切り替える手法も考えられる。

     こうした政策変更が実施されれば、イールドカーブが立ち上がり、金融機関の運用環境は改善するだろう。

    黒田日銀は異次元緩和をやめたがっている
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00024179-president-bus_all&p=3

    大東と地銀が一緒になって借金押し付けアパート建築に邁進した根本原因は超低金利。
    こんな低金利じゃもう食ってけないということで、地銀が大東みたいな営業押し売り屋と化してグレちゃったんですな。その結果起きたのがここ数年の状況で、借金アパート建築は政官が超低金利の副作用として認識したから対策が打たれたし、超低金利自体も行き過ぎとして改められつつある。アメとムチ両方が地銀に加えられている訳で、これまでと同じことは通用しない。特に今年からはそれが顕著に現れるでしょう。

  • >>No. 707

    楽天・三木谷社長が有力政治家に贈ったマニア垂涎の「お宝」
    ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/54126

    自民・現政権とズブズブですよ。

    三木谷社長が「規制改革」を主張し続けるワケ
    ttp://toyokeizai.net/articles/-/199761

    ついでにコレも。三木谷は孫のような地に足の付かない未来でなく、かつて孫がやってきた成り立ってる未来をビジネスとして移植しようとしている。今までのソフトバンクに期待してきたような人こそこれからの楽天に期待すればいいのに、現在のギャップはおいしいですよ、まったく。

  • >>No. 651

    日本がジリ貧だから、できもしない世界進出などやめて国内への最適化に向かった時、ここが勝つんですよ。
    三木谷が後追い、後追いと言われているが、孫もタイムマシン経営という点で本質的に後追いだった。
    場所の選び方が上手いだけでね。
    孫は人生の終わりを感じて、それを止め、大きな夢物語の賭博に突っ込んでいる。十年後はバラバラでしょうな。

  • No.647

    強く買いたい

    ttps://www.aeon…

    2018/01/16 16:26

    ttps://www.aeon.info/ir/finance/segment.html
    利益なんか無いに等しい総合スーパーのGMSは客寄せに過ぎず、金融・不動産や薬で儲けてるイオンと同じで、楽天は市場、モバイル、競馬などはすべて客寄せに使って楽天経済圏を築き、金融など肝心の所で儲けられればそれでいいというやり方。一見、滅茶苦茶に見える多事業展開をやっていても収益源への客寄せに繋がれば、競争優位・宣伝費などを考えれば実は遥かに安い。クレジットカード取扱高一位がそれを示してますわな。実店舗でドンキが栄えるのと一緒で、一億人の大半が下流~下層中流に没落しつつある日本には楽天が一番合っている。これからもそれは変わらない。

    特にスマホ決済が進むこれからの社会で携帯に大きな足場を築いていることは、稼ぎ頭の金融と恐ろしい相乗効果を発揮しますよ。市場・ポイント・金融(決済)という楽天経済圏に対しauはぴあなどを売りにした所で雑魚に過ぎないし、ソフトバンクのヤフーショッピングやe-bookなんてまるで相手になっていない。

    キャリア参入も導入段階で失敗しなければ長期的には金融と並ぶ柱になる。官庁・政治とべったりで新規参入に支援を受けており、銀行融資も固い見通しとなれば、不安が解消するごとに株価なんてどんどん上がっていく。不安に駆られた売り逃げが続いている今こそが買いどころ。

    十年後に孫の発作的立ち回りで賭博的倍々ゲームを続けるソフトバンクが続いているか? 逆に楽天がどうなっているかを考えた時、楽天の方が遥かに優良で安定した株として取引されているでしょう。

  • 帰ってきた三木谷が売り豚を焼く!

  • 一時的なパニック下げただけで、携帯キャリア参入の具体的なやり方、資金保証などこれから見えてくれば、下がる要素がない。むしろ長期安定収益に繋がると見れば、将来の大帝国化が確実な楽天を大手機関がどんどん買い進めてくるのは必然。

本文はここまでです このページの先頭へ