ここから本文です

投稿コメント一覧 (5352コメント)

  • ディスカウント率相変わらずのたった2%でも下がったので増資申し込みました
    前に散々売買したGLPに再び投資できるかどうか?

  • 下品な投稿はやめよう

  • 今日は陰線で無ければ良しとしよう
    392円以上で引けるかな?

  • ファンドが株を買ってもいつもうまくいくとは限らない
    ファンドか買うだけでなく、経営に参加して企業業績を上げないといけない
    その能力が無ければ、普通の機関投資家と同じです

  • >>No. 738

    買うな!売るなという意見はあまりに上目線ではないでしょうか?
    買うも良し、売るも良し、売買は常に自由、自己責任です
    書き込むなら自分なら買わないという表現にするべきですよね
    逆に動いたら投稿削除、当たれば言った通りになったと自慢ですか?

  • 値動きに飛びついただけの個人投資家が多いだけなら上げは続かない
    中村超硬は必ず復活すると思うロングの投資家が多ければ2000円以上になる
    普通に考えればどちらかは分かるだろうが、相場は水物ですから、今日もマネーゲームですかね
    底値で投げずに辛抱した方には、金曜の上げは良かったですね

  • >>No. 728

    横からすみません
    360円未満で売らないとは言い切れません
    アルタバ側から見るのではなく、買い方から見ると360円割れはなさそうです
    ソフトバンクの360円での買い入れ実施で、広く投資家に360円が底なんだという共通認識が生まれました
    それからの好決算・・・これで360円未満の可能性はほぼ消えました
    アルタバの売りを360円までで市場で吸収できそうです
    2Q決算が悪ければ、この考えも否定されて下値模索もあるでしょうが・・・?

  • アルタバがこれからも市場売却を積極的に進めるとしても、360円までは下がりにくい
    個人も法人もファンドもみんな360円がヤフーの価値と比較してどうかを考える
    その後の好調な1Qの発表もあり、買い手は意欲的
    アルタバがそれをどう受け止めるか?価格は無視して売却進めるのか、360円より高く売ることを模索するか・・・
    360円は良い買取りだった、もう少したくさん買っておけば良かった、もっと配当は払わなくて済む
    おそらく3割強買うだけで、アルタバ売りに乗っかり、売りで儲けようとする方々への牽制とソフトバンクの意思表示としては十分だったのだろう
    私が大口ファンドマネージャーならアルタバにヤフー株の譲渡交渉するかもしれない(全株でなくても・・・)
    390~400円ならアルタバは応じるかも知れないし、それがアナウンスされたら株価は大幅上昇する
    買い取ったファンドは負けは無くなるが・・・

  • >>No. 613

    おそらく店舗によっては卸してるでしょうが百貨店が主力です
    これからの販路拡大が課題です

  • もう確実に買いゾーンに入っています
    あとは小型株の地合い次第です
    1400円台で下げ止まるか、1300円台まで落ちるかは、放電精密の問題ではない
    各自が許容できる値で狙えばいいだけです
    かっちり底値で買うことは不可能ですからね

  • 拡大のために先行投資といえば株主の理解が得られると思っているおバカな経営者
    それは上場前にアナウンスしておくべき
    期間利益内で賄えない投資は、上場直後はダメでしょう
    そんな大きな投資は済ませてから上場しないと・・・
    詐欺と言われても仕方ない事です

  • アルタバは360円以上なら売る気なら、できるだけ短期間に市場売却を進めてもらいたい
    いくらまで下がるか分からないけれど、全株売却完了のアナウンスがあった途端に急上昇するに違いない
    ヤフーの企業価値は普遍、需給バランスが崩れた末の下落なら、必ずアク抜けする
    ズルズル長時間問題が長引くのは良くない

  • リート市場も銘柄も増えて成熟度を増してデータも増えた結果、こうなればこう対処すればいいという方法が確立されつつあります
    ですからタカラレーベンRも上場直後8万割れで待つなどと言う馬鹿げた投稿も見受けられましたが、そこまで下げません
    タカラレーベンRより酷いリートの上場後の値動きが手本となっているからです
    リートは他の投資に比べてディフェンシブ性があるので、それこそ株式やFXにも投資しているなら、リートも何割かは投資するべきです
    タカラレーベンRも4~5年前に上場していたら96000円が8万になっていたかもしれませんが・・・
    しっかり公募割れのリートを仕込む堅実な法人・個人の投資家がいます
    これからも公募割れのリートがいくつもあるでしょうが、おそらくタカラレーベンRのように10%以内の浅い押しからのゆっくりした値動きの戻しになると思います
    それは物件がどうだとか、スポンサーがどうだとかは大差なく、分配金さえ確実に出せるかどうかに注目が集まります、その結果だ全てです、物件やスポンサーが気に入らなければ買わなければ良いだけですからね
    何もリートの中で一番値上がりするとも思ってませんが、確実に分配金込みだと1年後の8月末は確実に高いでしょう

  • >>No. 397

    8月分配金はわずか26円ですが、通過すれば配当利回りランキングは急上昇して、興味のなかった投資家の目を引きます
    上場直後のリートに投資家みんなが注目しているわけでもないので、こういうランキングの移動で初めてタカラレーベンRを投資対象にするというカラクリがあります
    それでも上昇が遅い銘柄も1度巡航の分配金を1度出せば、投資家に信用が生まれて改めて高利回りを評価されて価格が訂正に動きます
    後はリートの地合い次第です
    ダメリートの代表のSIAリート(Oneリート)サムティーRでさえ結局、しっかり公募割れを拾った投資家は良い結果を得られましたからね
    急いでいる投資家には不向きですけどね

  • マリモ地方創生リートも初値は公募割れして、スポンサーは弱いし、地方中心だし、こんなリート少々利回りが高くても誰が買うの?という感じだった
    92000円の公募価格は一時は8万割れ寸前まで下げたものの、上場からちょうど1年で公募価格を回復して切らなくなった、その後も順調に分配金を出して、今では11万台です
    ここはマリモRに比べると谷は深くない、1年以内に96000円を安定的にクリアできれば十分です
    高利回りがうたい文句のトルコリラ債券買うより安全だと思いますが・・・

  • 07年3月に出した特損は08年3月に取り返した
    それなら前期は復配せず、今期純益640億、1株益40円なら25%配当の10円を今期末に出すと発表していたならこんな株価ではないだろう
    それでも東証1部の平均ほどの配当です
    前期は1円配、今期も2~3円となるとアコムを持っていたって配当は期待できないと考え、投資対象から外す投資家もいるだろう
    経営サイドのセコさが丸見えになって、株主を失望させた罪は重い

  • 何年も先までの業績の伸びを先食いした株価形成
    果たしてこのビジネスモデルで独走できるのか?私にはわからない
    よって投資対象にはできない、
    メルカリの素晴らしさを実感できている投資家は自分を信じて買うといい

  • 残念ながら400円台復帰はお預けとなりました
    先刻も書いたように急いではいません
    ただ400円台にいるなら感じが違いますからね
    出来れば年末までに437円突破、3月期末までに500円接近、もしくは500円台回復となれば申し分ありませんが・・・
    地合いもあるでしょうし、楽観ばかりもしてられませんし、米国中間選挙終われば、争いも一段落する事を期待しています
    日経平均のPERも底ですし、余程でなければ22000円を大きく割れる事は無いと思います
    あとはしっかりヤフーにしっかり仕事してもらうだけです
    アルタバ問題は気にしても仕方ありません
    これから半年もすれば何らかの決着がつくでしょう
    今度こそ大きく下げれば買う気でいますが、360円以下はもう無いでしょうからこのままにします
    じっくりゆっくり待っています

  • 私は普段から貸株サービスを利用しているのですが、リートも適応します
    銘柄によって0.1%~1%の金利ですが、マリモリートはずっと1%なので、それが購入材料にもなりました
    売り注文を出さなければ金利がもらえます
    分配金と合わせて7%超は魅力てきです
    含み損ありますが、中長期で持てます
    これからも買い下がり方針です
    値下がりすれば利回りは上昇しますから、株式では危険なナンピン買いもリートには有効な手段だとこれまでの投資実績が物語っています

本文はここまでです このページの先頭へ