ここから本文です

投稿コメント一覧 (172コメント)

  • この銘柄は2月決算故、
    配当関係ないのに、一気に買い戻してきましたね。
    全体相場が上がり始めたので、
    好業績放置銘柄に矛先が向かい始めたようだ。

    いよいよ どこかの大口が目を付け始めたか?

  • 弱いね
    引けにかけて、買いもどしが多少見られたが、
    それを上回るような、今日中に処分をしたい動きが見られた。

    明日以降は、配当取りも終わり
    今日よりも更に一段安となるとみた向きが多かったのだろう。

  • このところ外資のカラウリ残が減ってきたことに気付いてますか。
    逆に東証の売り残(主に個人でしょう)が過去最高水準に積みあがってきてます。

    以下 野村が4/3フェイク記事発表後からのカラウリ残推移
    機関名/ピークの月日&カラウリ残数⇒現在の売り残&(ピークからの減少株数) 単位:万株

    ① モルスタMUFG 8/28 1421 ⇒ 1411 (-10)
    ② GOLDMAN 8/21 610 ⇒ 535 (-75)
    ③ Credit Suisse 8/28 634 ⇒ 475 (-159)
    ④ 三菱UFJ 8/8 205 ⇒ 200 (-5)
    ⑤ JPモルガン 7/26 185 ⇒ 116 (-69)

    報告義務消滅
    ● ドイツ 5/15
    ● バークレイズ 6/25
    ● Integrated Core 8/23
    ● UBS AG 9/18

    東証信用売り残 4/6 72 ⇒ 692 (+620)
    東証信用買い残 8/17 1950 ⇒1654 (-296)

    以上からわかること
    信用買い残がピークを打ち減り始めた頃から、ハゲタカカラウリ機関もカラウリ残を減らしてきている。
    逆に何度もカラウリを仕掛けられ株価をタタかれたからであろうか、東証信用ウリ残が異常なまでに積みあがってきている。


    投稿する度に、株価を上げたいなら信用買いをしないこと、
    信用買いが増えるとハゲタカにカラウリを仕掛けられ結局は追証で投げウリさせられ、ハゲタカの餌食になることを何度も書いたが、裏付けが確認されたことになる。

    業績の良い銘柄を買うなら現物で、買ったら短期で売買せずに中長期で保有すること。
    株は今日明日の株価で一喜一憂せず、株式投資であって株はギャンブルではない。

    更に、東証の売り残が激増していることは、近日中に踏みあげられる可能性が益々大きくなってきた。要注意レベルだろう。

    中長期でガチホの買い方ホルダーには嬉しい限りだが。

  • 東海カは社長が変わってから急伸、今現在もアメリカ企業のM&Aを進めてますから、日米貿易懸念があっても業績に与える影響は軽微になりそうですね。
    26日にはFRBが金利上昇決定するでしょうから、以後更に円安が進むでしょう。

    9月中に高値更新、あと4営業日しかありませんが、みんなで応援しましょう。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    9/19の日経モーニング プラス 7:29分から"この人に聞く”
    長坂社長が生出演(2015年に社長に就任)
     
    3本柱
    ① 黒鉛電極 世界3位
    ② カーボンブラック 世界4位
    ③ ファインカーボン 世界シェア10%
    更に
    ④リチウムイオン電池 負極材として年率2~3割で伸びている

    主なQ&A
    Q:来年の1月に新しい中期計画を発表するが。。。
      これからどんな会社にしていくのか?
    A:社長
    年間ベースではM&Aがフル機能していないので2140億円の売り上げは2600億円プラスアルファになるんだろうと思います。
    来年からの新中期計画は、もう一段スケールアップをしていきたい。
    リスクがあるがM&Aは続ける。
    ハイリスクは覚悟している。がどんなにおいしい話であっても異業種には絶対手をださない。

    Q:社長が就任してから2年前から株価は10倍になったが、PERが6倍程度に留まってるが
    A:残念。もう少し評価をしていただいても良いのかなと思ってる。
    投資家面談が国内外を問わず、かなり要望がある。投資家の皆さんがかなり誤解をしてる部分がある。電極の依存度が高いので、そう遠くない将来にピークアウトするだろうという意見が根強く残ってる。が環境がそうじゃないいんですよということをかなり細かく説明してる。最近そのへんが少しわかってきていただけてきてるようになってきた。がまだまだ時間が必要かなと思ってる。

    Q:配当は倍になったが、今期は利益が延びたのでまだ配当性向は1桁台だが、引き上げる考えはないか
    A:もう少しやっぱり株主への還元は積極的に図っていく必要があるだろうなと考えている。ただし2年前に比べれば4倍になってる。

  • >>No. 348

    でも、このところのチャートはピーク感あり
    底入れからの戻りも鈍い。
    故に全て処理しました。

    今期予想は四季報にも記載あるように微減が
    チャートに微妙に反映されてきたのかもしれませんね。

    長い間、お世話になりました。

  • 株価が上がらないと言って嘆いているのは、
    ハゲタカカラウリ外資連合にこの銘柄が狙われ易い、
    株 初心者のイナゴアホルダーが多いことに要因がある。

    株はギャンブルではないことを認識すべき。
    日々の上げ下げに一喜一憂することなく業績の良い銘柄は中長期でホールド。
    短期売買をしない。
    株は投資であること。

    信用買いはやらない、買うなら現物で買うことが鉄則。

    これらのことを認識・実行しないイナゴアホルダが
    結果9割が損をして、掲示板で便所の落書きをして嘆いている。

  • 五味さん

    一番入れ込んだのがココ
    しかも2年前はミクシーを100万株売ってココを買い増し
    (ミクシーはその後3000台⇒7000台に暴騰)
    トレーダーズ6069も昨日はS安

    結局、相場感があっての買いではなく、
    新興銘柄を当たれば一攫千金で適当に分散して買っただけ
    が暴露 の様相。

  • 信用買い残が200万株ほど減りましたね。
    株価上昇にとって非常に好ましい状況です。

    モルガンが14(金)、 
    8/28以来久しぶりに動き、10万株程度カラウリの買戻しをしてます。
    恐らく、買い残が減ったことでAI/アルゴで自動的にカラウリ残を減らしたと推測します。
    この日は、久しぶりに2千円をオーバーし、2040円の高値があった日です。

    今後も信用買い残が減り続ければ、モルガン他ハゲタカ連合は
    カラウリの買戻しを進めざるを得なくなってくるでしょう。

    買うなら、現物で
    買ったら日々の上げ下げに一喜一憂せず、中長期で投資をする事。
    短期売買でギャンブルしないこと。

    業績の良い銘柄の株価を上げるための基本的な鉄則です。

  • 本日はボリ上限タッチ、 一旦は下押しもやむを得ないとみます。
    出来高1400万株、3日連続で1300万株を超え、
    明日以降 上昇する可能性はまだ十分ありでしょう。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    本日の日経モーニング プラス 7:29分から"この人に聞く”
    長坂社長が生出演(2015年に社長に就任)
     
    3本柱
    ① 黒鉛電極 世界3位
    ② カーボンブラック 世界4位
    ③ ファインカーボン 世界シェア10%
    更に
    ④リチウムイオン電池 年率2~3割で伸びている

    主なQ&A
    Q:来年の1月に新しい中期計画を発表するが。。。
      これからどんな会社にしていくのか?
    A:社長
    年間ベースではM&Aがフル機能していないので2140億円の売り上げは2600億円プラスアルファになるんだろうと思います。
    来年からの新中期計画は、もう一段スケールアップをしていきたい。
    リスクがあるがM&Aは続ける。
    ハイリスクは覚悟している。がどんなにおいしい話であっても異業種には絶対手をださない。

    Q:社長が就任してから2年前から株価は10倍になったが、PERが6倍程度に留まってるが
    A:残念。もう少し評価をしていただいても良いのかなと思ってる。
    投資家面談が国内外を問わず、かなり要望がある。投資家の皆さんがかなり誤解をしてる部分がある。電極の依存度が高いので、そう遠くない将来にピークアウトするだろうという意見が根強く残ってる。が環境がそうじゃないいんですよということをかなり細かく説明してる。最近そのへんが少しわかってきていただけてきてるようになってきた。がまだまだ時間が必要かなと思ってる。

    Q:配当は倍になったが、今期は利益が延びたのでまだ配当性向は1桁台だが、引き上げる考えはないか
    A:もう少しやっぱり株主への還元は積極的に図っていく必要があるだろうなと考えている。ただし2年前に比べれば4倍になってる。

    以上

  • 3日間、1300万超え
    はハゲタカ カラウリ連合に相当ダメージ与えてると思いますよ。

    本日の直線的な下げは、明らかにアルゴによるHFT
    2060円前後で横横になりましたから、
    この価格がハゲタカが安心できる水準なんでしょう
    昨日は2090円で、必死に超えさせまいと カラウリしてましたね。

  • 一言でいえば、
    ココに手を出してる個人投資家のレベルが低く
    カラウリ ハゲタカ連合が少し株価を操作して上下に振れば、
    100万株単位で何度も甘い汁を吸えるので
    狙われてるんでしょうね。

    取引は今や7割が外国人、2割が個人
    と言われますから
    正に9割の初心者イナゴ個人投資家は損をしてると思いますよ。

    信用買いはやらない、
    買ったら短期で売買しない、
    株はギャンブルではない投資をする。
    この鉄則が守られていない。

  • 今期、最高益
    来期も更に最高益更新予想
    配当は3%近く
    四季報では増配余地ありと

    株価 底値圏で超割安!
    いずれ、人気沸騰だろう。

  • 今日の出来高は 7(金)の1300万株を大きく超えるでしょう。

    株価はまだ、飛行機で言えばやっと離陸を開始したばかり、
    まだ空気抵抗(ハゲタカ カラウリ)が激しいでしょうが、
    いずれ徐々に高度を上げれば 抵抗も減ってきて、
    今月中には先の高値 2373円を上回る可能性 ”大” です。


    >14(金)の日足が13W移動平均線を上回って引けた意義は大きい。
    >一旦上回ると、以降チャートは大きく上昇することが過去多いからだ。
    >出来高もMSQ日とは言え、ここしばらくなかったボリュウムだ。

  • この銘柄は、カラウリ対象で狙っていたが
    このところの上げの動きに疑問を持っていた。
    が、こんな形でS安では、カラウリのチャンスもなし。

    しかし、ひどいタイミングでの増資ですな。
    通常は株価上昇のピーク前後でのタイミングが
    多いので、まさか の感がぬぐえない。

    増資でS安とは、よほどこの銘柄に対する信用というか
    将来への期待が薄れてるんでしょうね。
    ホルダーにはご愁傷様としか言いようがありませんが、、、
    最初で最後の投稿をして、永遠にこの銘柄からは去ります。


    PS
    今年、今後投資対象から永遠に外したリスト
    ステラケミファ&ニプロ(業績予想がいい加減且つ、戦略がズサン)
    日本碍子(試験データ改ざん、株価操作らしき動き多し)、

  • 14(金)の日足が13W移動平均線を上回って引けた意義は大きい。
    一旦上回ると、以降チャートは大きく上昇することが過去多いからだ。
    出来高もMSQ日とは言え、ここしばらくなかったボリュウムだ。

    場がない3連休はつらいが、明日からが楽しみだ。


    PS
    短文は、中身のない便所の落書きレベルが多いので、
    スクロールして長文があると、丁寧に読んでいる。

    本質を他人に伝えるには、ある程度の長文やそれを書く文章能力が必要。
    しっかりした内容の文章が書けて、読む人を理解させるような投稿は、
    その銘柄を適正に判断・評価できてる人が多い。
    中身がない、あるいはトンチンカンな長文は当然、途中で無視だが
    的をついた長い文章を書ける投資家は、一般的にレベルが高いからだ。

  • モルガンはカラウリ報告残が現時点では一番多い
    が、8/28 1421万株を最後に、すでに18日間経過してるが売り増し報告はナシ
    これが実に気にかかる

    裏では、この数か月間、下げたところ、下がったところを、
    あのフェイク野村が保有している平均取得株価1700円ー1600万株
    を上回る株数を 安値の度にコツコツ仕込み続けているのかもよ

    ある日、ある時、一気に買戻し、株価を上昇させ
    他の気を許してるハゲタカ カラウリ外資連合や、
    膨れ上がってきてる個人のカラウリを
    年末日経高のアノマリーに向けて 大踏み上げ作戦を行う戦略かもよ!

    その時はイナゴも再度、大挙して成り買いしてくることは間違いなし。
    可能性 ゼロ とはいえないでしょ!

    そう考えると、ワクワク してこないかい。

  • PS

    株初心者と、資金に余裕のない方は、失礼ながら
    基本的な勉強と経験を積みあげた後、
    Tryすることをお勧めします。

  • カラウリができるようになれば、
    その銘柄の見方を言ってみれば180度
    違った方向から評価することができるようになります。

    常にいろいろな見方で判断できるようになれば
    銘柄に惚れこむことなく
    株価の上昇、下降の両方の過程で、
    利益を得られるチャンスができるので、
    底を打つまで待とうといった時間に縛られることも少なくなります。

    当然、利益を得るためには、買いでも売りでも
    銘柄の相場感をしっかりもつことが必要ですね。

    簡単に口座は開けますから、トライしてみたら如何。

  • 今日は日経 5回目の23000円チャレンジだ。
    底値切り上げのフラッグ型チャート形成は、
    いずれ23000を一気に大きく上放れすることが多い。

    相場環境も次第に煮詰まり、
    更に来週20日は首相任命、21日は日米貿易交渉再開と整いつつあり、
    政治的な混乱も落ち着き、更に例年の年末高のアノマリーも加わる。

    日経が年末高となってくれば一番注目される銘柄は今期、更にそろそろ来期も好業績予想であること。
    その時、東カ が筆頭に上がることは疑う余地はないだろう。

    おまけに東証でこのところ常に一位となってるカラウリ数は、
    発行済み株数のなんと15%と 異常なボリュウム値だ。
    一旦株価が急上昇すれば、踏み上げ、買戻しで
    株価は一気にスパイラル的に上昇する可能性、極めて ”大” だろう 。

    その時は、あと数か月、いや、数週間後、いや今日がすでにその前哨戦スタート日かも。

  • やれロイターだと、かってに盛り上がって
    内容も読まず、精査せず、飛びついたイナゴが、また高値掴み

    そして知ったらおしまい ダラダラと下がる株価
    何度も繰り返されたこの光景

    アホイナゴ 本当に懲りないね

本文はここまでです このページの先頭へ