ここから本文です

投稿コメント一覧 (10コメント)

  • >>No. 364

    > 只今ドルが一人負け♡

    であれば、フランクフルトかロンドンで戻しますね
    米10年債利回りも114\/$が適当ですから

  • 米10年債券利回り2.326は先週なら ドル円は122.6

  • 2017/10/06 23:40

    112.8-112.2くらいは下げるのでは

  • 明日にも2万行くのではないか。
    誰かアムロにウイルスを。

  • 「ソーシャルレンディング」の会社 証取委が処分勧告
    証券取引等監視委員会によりますと、「みんなのクレジット」は、この1年で集めた40億円を超える資金の多くを融資先と説明していた業種ではなく、自社のグループ企業に貸し出していたということです。

    さらに、グループ企業に貸し出された資金の一部は、この会社の社長の借金の返済などに使われていたこともわかったということです。証券取引等監視委員会は、こうした行為が金融商品取引法に違反するとして、行政処分を行なうよう24日、金融庁に勧告しました。 NHKより抜粋

    他もあるのか?

  • 日本は金融緩和を行ってきた結果、為替操作国と指摘されたので、とりあえず会談前は日銀買いはなしとみている。

  • 通りがかりですから流しで

    本件、
    キャノン側にすれば、高ボラティリティ事業×高ボラティリティ事業となり、本業を補っていない。
    入りが安くても、メモリの需要動向においてもシリコンサイクル的に下を目指す時期でもある。
    しかしながら、三住銀は東芝、キャノンのメインバンクである。キャノンがステッパー等自社の製造装置を納入して利益を上げ、買ったメモリ事業は生かさず殺さずにとでも想定しているのだろうか。(ダメなら清算して、TELが投資する話まで組み立てているかもしれない。三住銀はTELにも入っている)

    TEL側にすれば、製造装置においてはHとの取引量が多く。メインバンクも三菱UFJだ。東芝のメモリ工場にも前処理でHのSEMなど多く稼働しており扱いやすい。自社製の前処理なども強みで相乗効果が得やすい。
    しかし、TELの販売ターゲットは中国等の諸外国で、内向きではない。自動車産業と同様に現地生産が基本となるため、余程の円高でないと手は出さない。

    結論は、
    以上と、御手洗さんが早速お出ましであること、で、キャノンが投資するのではないだろうか。
    投資は自己責任で。。。

  • 非農業部門雇用者数変化 [前月比]  他の指標から15万人台に思えるのだが、如何か。

    蛇足だが、ドル円も指数的には¥105/$あたり。原油在庫を見てもそう。
    来週は¥110/$切るだろう。

    投機は自己判断であることは言うまでもない。。。

  • WHの のれん代減損処理すべき大半を S&WのM&Aで隠していたのが
         ↓
    相応な監査で隠し通せないことを経過判断し
         ↓
    S&Wに付け替えて減損処理   

    であれば
    粉飾癖が治っていない ってことになる
    だいたいにして、DDで数十億ドルも見積を誤ったなんてことは、S&Wの規模ではありませんね

    個人的には
     どれだけ天下りが居ようとも 
      どれだけ 日銀が「備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETF」で
           原発関連株を買い支えようとも
         本来の収まるところへ進むべきではないかと考えてます

  • 2000年対応を終えた翌年の秋に、日製の商社である日製産業が当時の計測器事業部や子会社のHS等を取り込みHTとなりました。その事業部では、水質の計測関係、原子吸光やマスなどの分析装置、血液検査などの医用、電子顕微鏡、半装等があり、これら製造部門を商社に背負わせたわけです。
    そして、かつての米シリコンバレーはさておき、孫さんの投資も話題になりましたが、半導体設計/製造装置はユーロ圏を差し置いては語れません。
    いま一番の投資家の興味は、12/4のイタリア国民投票です。内容はともかくイギリスに続きサプライズがあるのではと警戒して下げたのではないかと思っています。

本文はここまでです このページの先頭へ