ここから本文です

投稿コメント一覧 (52430コメント)

  • >>No. 366

    ですね~😊25日線から離れずうまくあげてくれてます。

  • 【あしたのおばぁちゃんの暦の相場判断】

    26火 保ち合うて放れ値あり      権利最終日

  • 論文公開は11/19でしたかね?
    とするとここらへんです。

  • ゲノム医療、一部保険適用 国立がんセンターが申請へ
    ヘルスケア 科学&新技術
    2017/12/22 12:34日本経済新聞 電子版

     国立がん研究センター中央病院はがん患者の遺伝情報をもとに最適な治療を選ぶ「がんゲノム医療」について、2018年1月にも一部で保険がきく先進医療に申請する。がんに関連した遺伝子の変異を調べる検査は数十万円かかるため、保険適用が普及のカギを握っている。申請が認められればがんゲノム医療の普及につながる。

     がんゲノム医療で先進医療に申請するのは日本で初めて。

  • (5)創薬業界の新陳代謝を促すグローバルなベンチャーの創出
    近年、新薬をバイオベンチャーが生み出す事例が増加し、製薬企業のベンチャー企業買収等により新薬パイプラインを確保する傾向が強まる等、製薬産業におけるバイオベンチャーの重要性が高まっている。創薬の特性に鑑み、短期的な施策ではなく、長期的視点に立った実効性のある施策を講じていくことが重要。
    ・ 厚生労働省では 2016 年(平成 28 年)7月に、厚生労働大臣の私的懇談会である「医療のイノベーションを担うベンチャー企業の振興に関する懇談会」において、今後の医療系ベンチャーの支援策のあり方に係る提言が記載された報告書をとりまとめた。当該報告書に基づき、2017 年(平成 29 年)4月に厚生労働省内に「ベンチャー等支援戦略室」を設置し、PMDA に部長級の実用化支援業務調整役を配置するなど、体制整備を進めている。
    ・ また、ベンチャー等支援戦略室を旗振り役として、ベンチャー企業と製薬企業等とのマッチングイベントの開催、知財や薬事等の専門人材バンクの設置、ベンチャー振興施策の PDCA サイクルを確認するための協議会の開催等を行っている。

  • (2)産学官の連携強化(大学発優れたシーズの実用化)
    創薬に係る産学官の連携の強化、オープンイノベーションの推進により、アカデミア等で発見された優れたシーズの実用化の更なる促進を図る。
    産業界やアカデミアとの対話を促進し、産業界の意見を的確に把握しつつ、アカデミアの協力体制を最適化するとともに、真の創薬立国に必要な施策の遂行を図る。

  • (イ)iPS 細胞を用いた創薬・核酸医薬品
    日本発の iPS 細胞研究がノーベル賞を受賞し、これまで我が国が iPS細胞研究において世界をリードしてきたが、この分野に関する国際競争は激化してきている。
    創薬の観点からは、ヒト iPS 細胞から目的とする細胞を作製し、新薬の候補となる物質の安全性や有効性を評価することにより、開発費用の軽減や開発期間の短縮が期待される。
    また、iPS 細胞と同様に日本が優位性を保っている核酸医薬品の分野においても、今後、海外勢との競争は必至である。
    ・ iPS 細胞等を用いた創薬等の研究を支援するため、AMED で配分される研究開発予算について、文部科学省、経済産業省と連携して重点化を推進する。
    ・ iPS 細胞技術を応用した医薬品毒性評価手法の開発及び国際標準化への提言を行う。
    ・ iPS 細胞と同様に日本が優位性を保っている核酸医薬品の分野においても、今後、海外勢との競争は必至であることから、AMED における「中分子ライブラリ」をはじめとした支援を推進する。
    ・ 核酸医薬品の品質・安全性評価に関する方法論の開発、判断基準の設定、審査指針の明示に資する研究を推進する。
    ・ 疾患 iPS 細胞等を活用した効率的な創薬の推進や、核酸医薬の低コスト化を含めた総合的な開発支援を実施する。

  • 今後進展が見込まれる分野への支援
    諸外国においても研究開発予算が増額されるなど、創薬の国家間競争が激しくなる中で、政府予算を効率的に活用するため、「選択と集中」という観点から、「医療分野研究開発推進計画(2014 年(平成 26 年)7月22 日健康・医療戦略推進本部決定)」も踏まえ、今後の進展が見込まれる分野には重点的に支援する。
    (ア)ゲノム医療
    ゲノム医療1の実用化により、効率的かつ質の高い効果的な医療が実現できることから、世界的に取組が推進されている。しかし、我が国では欧米に比べ実用化に向けた取組が出遅れており、実用化を加速させる必要がある。
    ・ ゲノム医療実用化に向けて、オールジャパンのネットワークを形成。具体的には、がん、希少・難病性疾患、感染症、認知症等の4疾患領域を対象にゲノム解析を行い臨床ゲノム情報のデータベースを構築し、ゲノム情報をゲノム創薬、ファーマコゲノミクス等、医療・医学分野で利活用する環境を整備する。
    ・ 「ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース」や「がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会」の報告書を踏まえ、2017年(平成 29 年)10 月に策定した第三期の「がん対策推進基本計画」に基づき、「がんゲノム医療中核拠点病院(仮称)」や「がんゲノム情報管理センター(仮称)」等の整備を進め、がんゲノム医療を提供するための取組を推進する。

  • 治験環境の整備等
    近年は世界同時開発による国際共同治験の大規模化等に伴って、研究開発費用の高騰も指摘される。臨床開発インフラの整備を進め、我が国の研究開発の拠点としての魅力を高める。こうした取組を通じて、我が国が世界をリードする「治験先進国」となることを目指すべきである。

    ・ 日本発の革新的医薬品等の開発等に必要となる質の高い臨床研究や治験を推進するため、医療法上の臨床研究中核病院が、我が国の臨床研究や医師主導治験の中心的な役割を担う病院として機能するよう、安全性確保体制の構築等の必要な措置を講じるとともに、国際共同治験の推進に必要な体制整備の支援を図る。
    ・ 共同研究や治験を促進するため、2017 年(平成 29 年)度税制改正で、研究開発税制について大学・公的研究機関等との共同・委託研究に要する費用を対象とするオープンイノベーション型の手続要件を企業活動の実態に合わせて緩和し、運用改善を行った。加えて、売上高に対して研究開発費が高い場合に使用できる高水準型の適用期限を延長した。引き続き、創薬の研究開発のインセンティブをより高める税制の検討を行う。

  • 医薬品産業強化総合戦略
    ~グローバル展開を見据えた創薬~
    平成 27 年9月4日 策定
    平成 29 年 12 月 22 日 一部改訂
    厚生労働省

    また、2016 年(平成 28 年)に策定された「薬価制度の抜本改革に向けた基本方針」には、「我が国の製薬産業について、長期収載品に依存するモデルから、より高い創薬力を持つ産業構造に転換するため、革新的バイオ医薬品及びバイオシミラーの研究開発支援方策等の拡充を検討するとともに、ベンチャー企業への支援、後発医薬品企業の市場での競争促進を検討し、結論を得る。」と盛り込まれた。


    今後も、魅力ある研究開発・規制・事業環境の整備により、日本発の創薬産業拠点の創出に向けた動きを加速していく。また、ゲノム創薬、核酸医薬、AI や個別化医療、ビッグデータ利活用の進展等の治療・開発アプローチの変
    化を捉え、バイオ医薬品においても、有効性・安全性に優れ、競争力がある低コストで効率的な創薬を実現できる環境を整備していくこととする。最終的には、海外市場にも展開する「創薬大国」の実現を目指すものである。


    臨床研究・治験には多くの期間と費用がかかるが、近年は世界同時開発による国際共同治験の大規模化等に伴い研究開発費用も高騰している。今後は、個別化医療の発展に伴う特定の疾患群を対象とした適切な規模の臨床研究・治験の実施や、AI や iPS 細胞技術の創薬応用による研究開発プロセスの効率化により、効果の高い医薬品をより早く患者に届けることが必要となる。国においては、こうした創薬のパラダイムシフトを踏まえ、臨床研究・治験活性化等のための措置を講ずることや、規制制度の改革、イノベーションの適正な評価を行うことが重要であり、我が国は世界をリードする「治験先進国」を目指すべきである。そのためにも、アカデミア等で発見された優れたシーズの実用化を促進するために、産学官が連携して取り組むとともに、創薬産業を支える我が国のバイオベンチャーを創出す
    るため、製薬企業等との連携の促進や上場後も含めた資金調達環境の改善などを通して、バイオベンチャーのエコシステムを確立することが必要である。

  • 平成29年12月22日

    【照会先】

    医政局経済課

    課長補佐  阿部 (内線2524)

    企 画 係 中藤 (内線4117)

    (電話・代表) 03(5253)1111

    報道関係者各位


    「医薬品産業強化総合戦略~グローバル展開を見据えた創薬~」の一部改訂について(公表)
    厚生労働省は、この度、平成27年に策定いたしました「医薬品産業強化総合戦略~グローバル展開を見据えた創薬~」の一部改訂を行いましたので、公表します。

    この総合戦略は、医薬品産業の競争力強化に向けた緊急的・集中実施的な戦略であり、産業界・アカデミア等の意見も踏まえて策定したものです。



    今回の改訂では、ゲノム創薬、核酸医薬、AIや個別化医療、ビッグデータ利活用の進展等の治療・開発アプローチの変化を捉え、バイオ医薬品等においても、有効性・安全性に優れ、競争力がある低コストで効率的な創薬を実現できる環境の整備を進めることで、最終的には、海外市場にも展開する「創薬大国」の実現を目指しています。




    厚生労働省では、この総合戦略の見直しを踏まえ、魅力ある研究開発・規制・事業環境の整備により、日本発の創薬産業拠点の創出に向けた動きを加速していきます。


    h
    ttp://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000189123.html

  • 17年度補正予算案を閣議決定 2兆8964億円
    税・予算 経済
    2017/12/22 11:14

     政府は22日、追加歳出を2兆8964億円とする2017年度補正予算案を閣議決定した。国債費の繰り入れを除く政策的な経費は2兆7073億円。安倍政権が掲げる「生産性革命」や「人づくり革命」に計4822億円を計上する。災害対策などの公共事業には1兆2567億円を充てる。

     人づくり関連では保育所の建設費用として808億円を盛り込む。生産性革命では中小企業のIT(情報技術)投資を促す補助金を中心に計3931億円計上する。防災や災害への対策では九州北部の豪雨で被害を受けた土木施設の復旧などに2907億円を充てるほか、全国の河川の安全性の点検などに4822億円を計上する。

     米国を除く11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)や欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)をにらんだ国内農業対策には3465億円を充てる。防衛関連は北朝鮮の弾道ミサイル攻撃への対応に622億円を計上。自衛隊の運用態勢を確保するために1366億円を盛り込む。

     16年度決算の剰余金に加え、建設国債を1兆1848億円を追加発行して財源を確保する。赤字国債の発行は避ける。

  • >>No. 527

    こういう広告がアクセスに対応してでてくるの知らないのかなーーーーーーーーーーーーーー


    はずかしい!!!!

  • ライザップのクリスマスケーキ届きました!

    4号でちいさくてもカロリーは585kcal

    きれいでかわいらしく、おいしそうですよ~🍓🍰😊

  • >>No. 521

    てか、アートネイチャーのサイトをまだ見続けてるらしいよ。www

  • あえて行ってない掲示板にあたかもとんすけがはめ込んだと言わんばかりの風説証拠

  • ブライトパスのホルダーに風説ながして惑わせた証拠

  • このIDのクオリティだからねぇぇぇー

本文はここまでです このページの先頭へ