ここから本文です

投稿コメント一覧 (1536コメント)

  • ▬2018年に購入するトップチップ株

    ハーシュ・シャウハン、モトリー・フール
    2018年Motley FoolJanuary 20

    ▢半導体業界は、スマートフォン、インターネットの事、データセンターなどの業界のチップ需要の高まりにより、昨年、大変好調に推移しました。 驚くことではないが、この分野の主要な業績を追跡しているPHLX Semiconductor Sectorの指数は、2017年にほぼ40%上昇した。

    ▢そして、チップの需要は今年も上昇すると予想されます。 これにより、2018年にMicron Technology(NASDAQ:MU)、NVIDIA(NASDAQ:NVDA)、Skyworks Solutions(NASDAQ:SWKS)の売上がさらに増加することは驚くことではありません。

  • 必見の価値ありだと思いますので、JD.comファンの方は是非いかがでしょうか。
               
               ↓

    http://www.scmp.com/tech/innovation/article/2129585/jdcoms-autonomous-delivery-vehicles-will-take-streets-tianjin-june

  • >>No. 426

    果報は寝て待とうを、地に行きそうになろうとしているこの銘柄。

    グーグル、フェイスブック、アップル、アマゾンなどの確変銘柄も、最初からブレイクを伴ってのものでもなかったそうです。又、立上げ時でのモジュールにしがみ付いただけでのものでもなかったことは、目に見ても理解できそうにも思えます。

    FBは、立上げは学生間での連絡ツールから、アマゾンは書籍通販から、アップルはPCメーカーからなど、それぞれはシンプルなところからの
    出発だったと云う。
    ただ言えることは、それらは、そこに留まらず形を変える如く進化を続けた結果現在今の形が有るという事なのでしょう。

    アップルのPCメーカーを、日本のPCメーカーと対比してみればその確変度の違いは比べようもないものであり、如何に進化を続け社会に切り込んでいけたか、留まってしまったか日本のPCメーカー、ノートブックを出した東芝をみても、その後を左右した結果は明らかでしょう。

    最後に、単一のグラフィックボードから出発したと言われる、エヌビディアが、先に挙げた代表銘柄のような、何処まで進化形の業態を取れるかが、それらの仲間入りを果たせられるかにかかっていると言っても過言でもないように思っていると共に、個人的ですが、強く期待している。

                         (乱筆、乱文乞うご容赦)

  • これからの、ニューヨーク市場の主要銘柄に君臨するエヌビディアに変容するような雰囲気を感じる。

  • ▬目標価格:

    ウォールストリートによると、12ヶ月間の価格目標は250ドルだという。

    メリルリンチバンク価格目標275ドル。

    ▢投資家やアナリストがこの株式で慎重に目標価格を引き上げると面白いと思う。 「価格がすでに230になっている年末にNVDAが245で表示されています」と言う点は何ですか?市場暴落の場合に備えて保険を取るようなので、彼らは馬鹿のように見えません。真実はNVDAがもう揮発性ではないということです。メルセデスとUberとの最近の取引の後、価格は正当化され、過小評価される。さらに、ヘルスケア、ゲーム、データセンター、AIを追加することで、将来に向けて壮大で安定した企業を目指しています。 2年以内に家庭用品や生活用品を期待する。年末見積もりは$ 350です。恐れることなく現実的である。

    ヤフーファイナンスより

  • JDは間接費を非常に低く抑えていくつもりです。 従業員数千人の店員が無料で、これではありません。
    ドローン、ロボット、自転車がすぐにこの中国の都市であなたのパッケージを届けます
    http://www.scmp.com/tech/innovation/article/2129585/jdcoms-autonomous-delivery-vehicles-will-take-streets-tianjin-june

    オンライン小売業者JD.comも天津のスマートシティイニシアチブに参加する

    オンライン小売業者JD.comも天津のスマートシティイニシアチブに参加する

    オンライン小売業者JD.comも天津のスマートシティイニシアチブに参加する

    www.scmp.com。

  • NVDIA株式は、バンクオブアメリカメリルリンチからの強気なメモに続いて、金曜日に記録的な高値をつけて、グラフィックスチップメーカーの価格目標を275ドルに上げることができた。 BAMLは、ゲームスペースでのNvidiaの強みと、人工知能とバーチャルリアリティ技術の優位性ならびに自律性自動車業界における最近の提携が、価格/収益の先行評価を正当化し、さらなる上昇利益を指摘すると述べた。 BAMLは、「株式は米国の大型ファンドマネージャーのわずか26%に所有されており、引き続き所有権拡大の議論を支持している」と述べた。

  • >>No. 368

    バンクオブアメリカメリルリンチは、グラフィックスチップメーカーが新記録を打ち立てようとしているため、Nvidiaの価格目標を275ドルに引き上げました。

  • 2018/01/19 18:48

    228.50 +4.06 (1.81 %)
    Pre-Market: 4:45AM EST


  • JD.comがベトナムに拠点を置くEコマースサービスTikiに投資をリード

    Alibabaに匹敵する中国の電子商取引会社であるJD.comは、7歳のオンライン小売サービスであるベトナムに拠点を置くTikiに投資することで、東南アジアでの事業拡大を続けています。

  • 2018/01/18 12:43

    >>No. 300

    Bret Kenwell
    TheStreet.com•January 18, 2018

  • ▬NVidiaは異例の方法で車を革命化している

    ◇Nvidiaの先進的なDrive IXシステムは、AI機能を搭載した機能が車両のキャビンに入ることを可能にします

    ◇デトロイトオートショーでは、NVDAの車載シニアディレクター、ダニー・シャピロ(NVDA - Get Report)と座ることができたときに幸運になりました。

    ◇シャピロは、自家用車の内部動作と、AIが革命で果たした中心的な役割について私たちに記入してくれてより喜んでいました。実際には、音声認識と生命維持プログラミングを通じて車と会話することができます。しかし、それは自己運転能力を超え、実際には客室内の多くの機能を含んでいました。


    ◇AIを車に乗せて考えると、レベル4とレベル5の運転能力を想像しがちです。これらのレベル(5が最も高いレベル)では、車両は遭遇するほとんどの運転シナリオに対応することができます。レベル5は完全に自律的なドライブになります。


    ◇しかし、車内のAIの進歩は気づかないでください。先週、ラスベガスで開催されたCESショーで、メルセデスベンツは新しい(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)MBUXインフォテイメントシステムを発表しました。 AI電源システムは、来月からAクラスで利用可能になる予定です。


    ◇メルセデス・ベンツUSAのCEO、ディートマー・エグラー氏は、この車両は自動車メーカーの若い顧客層の多くにアピールすると語った。その意味で、新しいシステムに対するフィードバックを聞くことはエキサイティングである、と彼は言った。


    ◇しかしメルセデスでは止まらない。自動車メーカーがさらなるモデルにMBUXを導入するのを見るのは驚くべきことではないが、一般的にメルセデスを超えて行くだろう。 Nvidiaは、Nvidiaのインテリジェンス体験ツールキットであるDrive IXのために、Volkswagen(VLKAY)との新たな提携を発表しました。要するに、Nvidiaのハードウェアは、顧客にAIベースのアプリケーションを構築するために必要なツールを提供します。

  • >>No. 292

    その論理よく耳にすることだけれど、考えれば多くの人に周知され、買われる機会を多く図った方が当人にとっても有利な論理だと思えるんだが。

    それって買い煽りでもなく、売り煽りでもなく、なんだろうね。

    独り占め論理とでも、言えそうかな。

  • 国の電子商取引市場におけるアリババ・グループ・ホールディング・リミテッドを牽引しているJD.comは、物流事業であるJDロジスティクスを約100億ドルで評価する資金調達ラウンドに、選ばれた投資家グループを招待した。

  • 香港23日ロイター】中国の第2位の電子商取引会社、JD.comは、少なくとも20億ドルの目標を掲げ、物流部門の資金調達を開始し、最終的には海外直接投資を計画している。

  • JD株は2018年に挽回し、昨年に達した過去最高記録を達成しています。同社の株式は約50倍の利益見通しで取引されているが、平均的なアナリスト予想では来年度に約110%の利益成長が見込まれており、長期的な投資候補者になるための魅力的な機会がある。中国の中流階級の拡大は引き続き好調な触媒になりそうであり、JDは、電子商取引が急速に拡大し続ける中で最も有益な企業の1つです。

  • 2018/01/16 22:28

    >>No. 238

    47.30 +0.90 (1.94 %)
    Pre-Market: 8:25AM EST

  • 2018/01/16 22:15

    >>No. 238


    47.25 +0.85 (1.83 %)
    Pre-Market: 8:12AM EST

  • テンセント、JD.comとVipshop、株式投資とビジネス協力を発表

    テンセントホールディングス(Tencent)(00700.HK)、JD.com、Inc.(JD.com)(JD)、Vipshop Holdings Limited(以下、JVC)は、中国の大手小売業者であるテンセントと中国最大の小売業者であるJD.comが、同社のブランドで有力なオンラインディスカウント小売業者であるVipshopとの最終契約を締結したと発表した。これにより、テンセントとJD.comは、取引終了時にVipshopに約863百万米ドルの現金を現金化することになる。


    新株予約権に基づき、テンセントおよびJD.comは、Vipshopの新しく発行されたクラスA普通株式をそれぞれ約604百万米ドルおよび約259百万米ドルで買い取る予定である。購入価格は、クラスA普通株式1株につき65.40 USドルとなります。これは、VipshopのAmerican Depositary Share(ADS)当たり13.08米ドルに相当し、そのうち5つはClass A普通株式の1つを表します。購入価格は、2017年12月15日の最終取引日現在のADSの終値に対して55%のプレミアムを表します。

    この取引は、慣例的な決算条件のもと、近い将来に終了する予定です。終了時に、テンセントとJD.comは、Vipshopの総発行済株式総数の約7%と5.5%を既存の保有分を考慮して、有益に所有することになります。 TencentとJD.comに発行されたクラスAの普通株式は、2年間のロックアップ制限の対象となります。テンセントとJD.comは、2年間のロックアップ期間中、Vipshopの取締役会にそれぞれ取締役とオブザーバーを任命する権利を有する。ロックアップ期間が終了した後、テンセントとJD.comがVipshopの発行済株式総数の約12%と8%を保有しているか、またはVipshopとの相互合意により、取締役および取締役オブザーバー権利。

    株式購入契約の締結と同時に、TencentとJD.comは、Vipshopとの業務協力契約を締結し、終了時にTencent、JD.com、Vipshopの協力関係を確立しました。これらの契約の下で、TencentはVipshopにWeixin Walletのインターフェースを提供し、VipshopがTencentのWeixinプラットフォームからのトラフィックを利用できるようにし、JD.comはJD.comのモバイルアプリケーションのメインページとそのWeixin Discoveryショッピング・エントリーを提供し、JD.comのプラットフォームを通じて特定のGMVターゲットを達成するためにVipshopを支援する。

    Vipshopの取締役会長兼最高経営責任者(CEO)の会長であるEric Ya Shen氏は、「VipshopのTencentとJD.comとの新たな戦略的提携関係について本当にうれしく思います。 "これは間違いなくViにとって重要なイベントです。

  • 2018/01/16 21:28

    >>No. 234

    47.20 +0.80 (1.72 %)
    Pre-Market: 5:40AM EST

本文はここまでです このページの先頭へ