ここから本文です

投稿コメント一覧 (902コメント)

  • こんばんは~

    日曜日には卓球や籠を習っている会館がある地区の文化祭でした。
    その地区の農協婦人部でクラフトテープバッグを習っているため私もお手伝いに駆り出され、かごを出品しました。
    いろんな籠を作ったのに私に割り当てられたのはカープバッグ、他のも出したいのにと思いながら作品を持っていくと、陳列係の人が一番目立つ場所にドーンと飾ってくれました。
    「私は地区外の人間だし、籠教室では一番の下っ端なのでこれはまずいです」と、こっそり場所を変更してくれるように頼んだのですがそのままになりました。
    当日の一番人気はカープバッグだったようです。
    陳列された部屋に行くと「カープのバッグがあるよ」「いいねえ~」という声が聞こえてきて嬉しかったです。
    昼ご飯を食べていると知らない男性が「あのバッグを売って貰うわけにはいかないでしょうか」と声をかけてこられました。
    「カープファンの方で喜んで使ってくださるのなら差し上げます」と言いましたが、そういうわけにはいかないと言われるので材料費分くらいいただいて分けてあげました。
    その男性は来月息子さんの家族が住む東京に引っ越すそうです。
    自分がカープの大ファンだった影響で、息子さんも元巨人ファンのお嫁さんも、お孫さんたちも全員カープが大好きなんだそうです。
    「マツダスタジアム(広島にあるカープの本拠地)ではなかなか切符が手に入らなかったけれど、東京ドームならいつでも買えるので、このバッグを持ってカープの応援に行きます」と言われました。
    来年は私の作ったカープバッグが東京ドームで試合するカープを応援してくれるのかと思うと夢を感じます^^

  • こんばんは~

    あんずさんもkindle愛用されていたんですね。
    検索してみると1万円以下の製品もあるので手が届かないほど高価というわけでもなさそうです。
    読みたい本がネットを通じて手に入るならすごく便利!!
    紙の本はより安いのがいいですね。
    持ち運びも便利そうだし、検討してみます。

    こむら返りとは違うのかもしれませんが、私もここ何年かは就寝中に度々足がつっていました。
    今年は以前よりつる回数が増え、時間も長くなってきて(長い時は収まるまで30分ぐらい)本当に憂鬱でした。
    私の場合は暑いころだったので熱中症との関係だと思って、今年は350㏄の容器に水と梅酢10~15㏄、砂糖10グラムを入れて毎日、特に寝る前に飲むようにしました。
    それを飲むようにしてからは一度も足がつりませんでした。
    今は寒くなってきたのでもう飲んでいません。
    季節がずれているのであんずさんとは違うのかなあ。

  • おはようございます~

    くもさん、kindleってそんなに読みやすいですか?
    私もこの頃は単行本はともかく老眼鏡なしでは文庫本や新書が読めません。
    老眼鏡をかけて読むのも疲れるのでもう本格的な読書とは遠ざかってしまいました。
    文庫本と同じくらいの軽さなら読むときも持ち運びも苦にならないですよね。
    私も欲しいなあ。
    でも私の息子たちは買ってくれそうにないなあ。
    くもさんが羨ましいです。

    白内障手術以後、それまでのド近眼が軽い近眼状態になったので屋内では眼鏡を使っていません。
    でも眼鏡なしで掃除をした後は眼鏡をかけて見るとびっくりするくらい小さなごみやほこりが残っています。
    掃除のときは眼鏡をかけなければと思いながら面倒なのでついつい裸眼で掃除してしまいます。
    今日も眼鏡なしで掃除しましたから、眼鏡をかけている時には部屋の中を見ないことにしています><

    暇なので来年の手帳の準備をしました。
    私は手帳なしでは生きていけない生活です。
    毎年無料でいただく手帳もあるのですが、25年くらい前からその時の自分のニーズに合った手帳を購入しています。
    そしてそれを自分なりにカスタマイズして使用します。
    不要なページは切り取り、PCで作成した手帳用の住所録、バス運行表、備忘録を印刷してくっつけます。
    さらに白紙の用紙を手帳サイズに切ってメモ書きできる面を12ページほど増量して完成です。
    (途中で足らなくなった時にはさらに増ページします)
    12月になると今年と来年の手帖を2冊持ち歩くのが面倒ですが、新しいマイ手帳を持つ時にはなんとなく嬉しくなります^^

  • おはよう~

    今週は暇なので押し入れやクローゼットを整理したりしていましたが、なかなかはかどりません。
    物も思うようには減りません><

    うららさん、相変わらず顎が外れるんですね。
    こればかりは自分で注意するしかないのがつらいですね。
    私は二年前に痛めた左膝が時々外れます。
    外れた時は激痛ですが、なんとなくすぐ嵌るのでお医者さんにも行っていません。
    でもこれからどうなるのかな。
    どんどん歩いて筋肉を鍛え、自分で注意するしかないようです。

    くもさんの息子さんは自分の天職と言える仕事に出会われたのではないでしょうか。
    好きな仕事に打ち込めることはとても幸せなことだと思います。
    苦労も乗り越え、自分の糧とされて行かれるでしょうね。
    私も40歳で再就職した時どうなることやらと不安でいっぱいでしたが、好きな仕事に出会えて本当にラッキーでした。
    うちの息子たちにとっても今の仕事がそうであってほしいと願っています。

  • こんばんは~

    くもさんお誕生日おめでとうございます🎊
    くもさんのようにいい整体師さんと巡り合えたら幸せですよね。
    私は2年前、膝を悪くした時腰も一緒に悪くなって、卓球仲間に教えてもらって整体師さんに通ったけれど、
    殆ど効果を感じませんでした。
    温熱治療器も高価で手が出ないし、我慢するしかないようです><

    あんずさん繁忙期を乗り越えてお疲れさまでした。
    私は1ヶ月に1回の女子刑務所の教育支援がもの凄く苦になっていて、その1週間以上前から緊張してしまいます。
    指導日が終わったら精も根も尽き果ててしまうほどぐったりして、解放感を味わうのにも2~3日かかります。
    籠編みを教えるのは楽しくて張り切ってしまうのに、同じ「教える」作業でもえらい違いです。
    教師まがいの仕事には向いていないことを痛感しましたので来年の3月でやめるつもりです。

    今日は市内に米軍基地と市民が共用で使用する新しい野球場が出来たので、オープニングイベントに行ってきました。
    セレモニーの後、アメリカと日本の高校生同士の親善試合がありましたが、日本チームは甲子園にも出場したことのある地元強豪校、アメリカチームは草野球レベル、力の差は歴然でした。
    1回表のアメリカチームは0点、1回裏の日本チームは5得点しましたが、まだツーアウトにもかかわらずその回を終了して2回に入りました。
    ???と思っていると、
    「この試合はトモダチルールを適用し、1回につき5得点したら攻守交代します。」とアナウンスされ、笑ってしまいました。
    新球場の名称は「キズナスタジアム」、試合は「トモダチルール」
    計画段階で地元の反対運動が強かった施設なので、好感度狙いのネーミングなんでしょうね^^

  • 書いている途中で「プログラムは応答していません」というメッセージが出て、動かなくなったので仕方なく終了させたら、書いたところまでは投稿されていました。
    よくわかりません><

    昨日は北九州の友達と一緒にひざの手術をした友達のお見舞いに広島まで行きました。
    半年前に右足の膝に人口関節を入れましたが、今回は同じように左足に人口関節を入れたようです。
    膝が曲がって見るからに痛々しかった友達が、昨日はすいすいとまっすぐな脚で軽やかに歩いているので、想像以上の快復ぶりにびっくりしました。
    大柄な人だったのですが、ずいぶん減量したのでそれも良かったようでした。
    現代医学は凄いですね。

  • こんにちは~
    いいお天気です^^
    今日はお出かけの予定が無いので、朝から大洗濯や布団干ししています。

    一昨日は北九州の友達が止まりに来てくれて、夜は「山賊」でお食事しました。
    昨年のオフ会でうららさんやあんずさんといった時、夜の山賊が華やかでびっくりしたので誘ったのですが、凄く地味だったし、私のお好みのメインの食事処は定休日で拍子抜け。
    友達には申し訳なかったです。

  • おはようございます

    くもさん、今年は関東に行く台風が多かったですが、被害が無くてよかったですね。
    こちらは珍しく台風直撃の無い年でした。

    うららさんやくもさんよりも年長の私があちこち痛くても仕方ないですね。
    指先(へバーデン結節)、肩(50肩)、これが結構痛いんです。
    何もせずゆっくりしているにはいいのですけどね、いろいろ動きに制限があるのはストレスになります。
    でも自分の身体だから上手に付き合うしかありませんね。

    明日は広島までひざの手術をした友達のお見舞いに行きます。
    半年くらい前に右足、この度は左足を手術しました。
    最初の手術で痛みが完全に取れ足ももまっすぐになって歩きやすくなったと喜んでいましたから、両方の足がよくなると生活の質は劇的に向上しますよね。
    手術は大変でしょうけれど、現代医学に感謝感謝!!

    今日は明日のお見舞いに一緒に行くために北九州にお嫁に行った友達が私の家に泊まりに来ます。
    息子は外泊するので家にいないので、久しぶりにゆっくりと積もる話が出来そうで楽しみです^^

    うららさん、
    どんなところが不思議ちゃんと思われるのですか?
    凄くまじめできちんとされている女性だと思うのですが・・・

    私は子供のころから落ち着きのない外を走り回っている子で、勉強は授業以外全くしませんでした。
    社会人になるとミスの多いことに自分で恐ろしくなるくらいでしたが、腰かけだったのでそれほど大事には至らず
    に済みました。
    結婚したら主人には「お前は無意識の領域が大き過ぎる」「お前の頭は40代か、40になったら恍惚の人か」とと呆れられていました。
    再就職してからは生活がかかっていたのでミスをしないように自分で創意工夫を重ね(大袈裟ですが・・・)何とか26年間無事に勤め上げました。
    努力で何とかなったのならそれまでは努力不足だったのかなあ。
    仕事のミスを避けることに頑張りすぎて、その分プライベートでは抜けっぱなしでしたが。
    でも今は子供に対する責任が無くなったし、お金を稼ごうとしなくて済むし、注意欠陥からくる失敗を恐れなくてもよい生活になって、これはこれで幸せかもしれないなあと思います。

  • こんにちは~

    カープが負けた心の痛手からようやく立ち直ったところです・・・
    また来年、気を取り直して応援します!!

    最近「トットちゃん」という昼の連続ドラマをやっていますね。
    黒柳さんのことがあまり好きではなかったことと、ずいぶん昔にNHKの連続ドラマでやっていたことがあったので二番煎じのような気がしてみるつもりはなかったのですが、先々週くらいにたまたま一度見て、それからハマっています。
    最初から見ればよかったと後悔しているくらい、とても心が温まるいいドラマで、涙を浮かべながら感動してみています。
    子役が何とも言えず可愛いし、お父さん役の山本耕史(NHKでは世良公則だったかな)がかっこいい。
    お母さんの松下奈緒(NHKでは誰だったっけ?)も上品でひたむきで素敵です。
    黒柳さんは発達障害の一種であるADHDだそうです。
    障害(軽いんでしょうけれど)があってもあれだけの功績を遺し社会的に成功されたのは、やはり家庭環境や教育に恵まれておられたからなんだなあと思いました。

    この頃は昔だったら見過ごされて抹殺されていた心や脳の病気や障害について理解が深まってきました。
    私は障害と言えるほどではないにしても、「注意欠陥性障害」という発達障害に該当するような気がしています。
    たまたま人間関係だけにはとても恵まれたので、そんな欠陥も何とか切り抜けられてきたのかもしれません。

  • こんばんは~

    朝から雨が降り続いています。
    この辺は台風直撃は免れそうですが、明日は関東地方に上陸の予定のようです。
    くもさん、気を付けてくださいね。
    近くの風さんの家に避難できるならよかったですね?!

    我が家は米軍基地から数キロしか離れていませんし、2回の家の窓からは滑走路の一部が見えます。。
    北朝鮮の米軍基地を攻撃目標にしているという発言があったのでミサイルが飛んでくる可能性があるとこの辺の人はどこかで思っています。
    家の周囲には隠れるところも逃げ込めるところも全くありません。
    ミサイルと心中覚悟でないとこの家には住めないということのようです><

  • おはようございます。

    カープ連敗><
    ショックで新聞も読めずテレビも見ず、ひたすら籠編みで気を紛らわせました。

    今日は「赤い籠を作りたいから教えて」と頼まれ、若い(と言ってもアラフィフだけど)女性が二人籠作りに来られます。
    これで4回目ですが、もう取っ手を付けるだけなので今日完成する予定です。

    あんずさんのお宅は広そうだからお掃除大変そう。
    特に窓ガラスは大変なんですね。
    だからあんずさんはスマートなのかもしれません。
    私は掃除は手抜きに徹していますので、体重が減りません><

    昨日、市役所に行く用があったのでついでに期日前投票をしてきました。
    随分前にも一度したことがあったけれど、会場は閑散としていた記憶があります。
    でも昨日は投票を並んで待つくらい混雑していて、この頃は期日前投票をする人が増えたんだなあと思いました。

  • こんにちは~

    うららさん
    >年を重ねて新しい土地での新生活はしんどい!
    そうかもしれませんね。
    私はそらさんの故郷で暮らしてみたかったけれど叶わず、今でも残念に思うことがあります。
    でも実際にそういうことになったら、いろいろ悩んだかもしれませんね。

    そらさんはこの地での生活を楽しんでいたように記憶しているけど、私の思い遣り不足で面白くないことはあったでしょうね。
    忍耐の人だったのできっと我慢してくれたのでしょう。
    趣味の碁ではこの地域のレベルがあまり高くなくて、たった1年余りのうちに市内では何度か優勝していたし、県大会にも出場(こちらは2回戦止まりだったようだけど)したりしていたから、それだけはよかったなあと思えるので慰められます。

    >適当でいいや!
    >頑張らないことが いちばんとわかりました
    >なるようにしかならない!

    そういうことですね。
    熟年期の結婚生活も経験できたし、専業主婦でおられるし、
    よかったこともたくさんあるように思うので、適当にのんびりと生活を楽しむのがいいのでしょうね。
    私も見習います^^

    くもさん
    風邪は如何ですか?
    関東の冬はこちらに比べると厳しいでしょうから、お身体大切にね。
    デンマークのプリンスは先日テレビに出ておられました。
    独身の時はヨーロッパで一番モテる憧れの男性という評価だったそうですね。

  • こんにちは~

    うららさん、よく6年間頑張ってこられましたね。
    そして理想とは少し違っても結婚してよかったと思えるようになられたとのこと、私も本当に嬉しいです^^
    これからもずっと家政婦、頑張ってね。

    くもさん、
    人形劇と絵の展示会、お疲れさまでした。
    5人家族の面倒を見ながら人形劇のボランティアに油絵の創作活動、絵画教室講師、それに世界中旅行して歩かれるくもさん、
    改めてバイタリティのある女性だなあと思いました。
    ぼんやりと生きるのはまだまだ10年早いと思います。
    そのうち動けなるから今はまだまだ頑張ってね。

    仕事を辞めて1年が過ぎ、ようやく仕事しない自分に慣れてきて、のんびりすることに後ろめたさを感じなくなりました。
    予定の入らない暇な日はごろごろしたり好きな手芸ごとをしたりして過ごすこともあります。
    私も専業主婦に戻ったんだなあとしみじみ思ったりしています。

    今日は衆議院立候補者の事務所に選挙準備のお手伝いに行きました。
    選挙ポスター1枚1枚に国からの許可証明のようなシールを貼っていく仕事です。
    たくさんの支援者がお手伝いに来られていましたが、何しろ膨大な量なのです。
    3時間貼り続けるとぐったりくたびれてしまいました。
    でもこの候補者さんのお陰で新設の運動施設にボランティアの会の名義で10台くらいの自販機を新たに置かせてもらえることになったので、シール貼りのお手伝いくらいはしなくちゃね。
    (市内の公共施設のあちこちに置かせてもらっている自販機のマージンが主な活動資金なんです)
    この地区はほぼ無風なので殺気立った気配は全くなく、のんびりした選挙事務所で拍子抜けでした。

  • >20秒なんて長いです~~

    もう一人、男性にもインタビューされていましたが、その人は10秒くらいでした。
    聞かれたことに素直に答えただけなんだけど、私がよくしゃべるのでカットするのが難しかったのかなあ。
    (実際には記者さんとのやり取りを含めて5分くらい話したような気がします)
    地元のケーブルテレビですから見る人は少ないんでしょうけれど、私としては面白い体験になりました^^

    3年くらい前、市内であった料理を通じた国際交流のイベントに駆り出されて参加しました。
    その時は中国新聞の地方版の新聞記者さんから取材を受けました。
    話しやすくて人懐こい面白い新聞記者さんだったので雑談のようにいろいろと楽しく会話して、そのイベントの意義とかまで偉そうに話したのに、新聞に載ったのは私の住んでいる町名と名前と年齢と「料理がおいしかったです」というコメントだけでした。
    感想を掲載されていたのは私一人だけだったのに、そんな面白くも意味もない言葉なんて記事にする価値ないですよね。
    センスの無い記者だなあとあきれてしまいましたが、先日の講演を聞くと、あの時の私の感想はまんざら間違ってないような気がします。
    たくさんの情報の中から何に注目するか、何を伝えるか、それが記者の使命だそうですから。

  • こんばんは~

    あんずさん災難でしたね
    免許取りたてのころ車のバッテリーを上げたり、車内にキーを残したままドアをロックしたりして大変な思いをしたことがあります。
    加入した自動車保険会社に言えばそういう時対処してくれるんですか?
    私が加入している保険会社もしてくれるんでしょうか?
    バッテリー上がりなら専用コードがあれば簡単に充電できるから、保険の営業マンでもなんとかなるからとサービスでしてくれたんでしょうか?
    いつどこで災難に会うかわかりませんから、そういう時どうするか考えておく必要がありますね。

    うららさん、
    実家の両親が墓地を買うというので私も一緒に下見に行きましたが、両親と相談して下から3~4段目を買いました。
    その時も上の方から売れていくと聞いてなんでだろう?と思ったのですが、見晴らしのよさからだったのかもしれませんね。
    足の悪かった母のために駐車場に近い下の方を買いましたが、それでよかったんだなあと改めて思いました。

  • こんばんは~

    今日は息子と二人で墓参りに行きました。
    お盆もお彼岸も行けなかったので墓石は随分と汚れており、息子と二人でせっせと磨いてきました。
    田舎なので人里離れた山の上に墓所があり、最近は山道で猿や猪が出るので女一人で行くことも出来なくなりました。
    掃除道具も水も持って上がらなければならないので、墓掃除も墓参りも大変なんです。
    私の実家の墓所は車で行けるし、水も掃除道具も揃っているし、きれいに整地してあるのでいつも気持ちよくお墓参りが出来ます。
    これから年を取るばかりなので、どうしたらいいのかと悩んでいます。

    くもさん、
    もともとお肌がきれいなので高級化粧品もエステも不要ですよね^^
    でも、娘さんと一緒に美容サロンに行けるのは幸せというか、素敵なことですね。
    私はお嫁さんと一緒に温泉の湯船に浸かっている時、とてもほんわかした幸せな気持ちになりました。

    うららさん、
    落ち着いてました?
    私は目線がきょろきょろしてたのが恥ずかしかったです。
    (どこを見てよいのか悩みながらだったので)
    かなり長くしゃべったのに映ったのは20秒くらいでした。

  • こんばんは~

    うららさん我が家の長男と次男も小学生のころ二人揃って近鉄帽子をかぶっていた時期がありました。
    子供の目から見たらとてもカッコよかったみたいです。
    (私は嫌だったのですが、息子たちがどうしても欲しいというので仕方なく買ってやりました)
    うららさんの息子さんはいやいやだったんですね^^
    息子二人はカープファンでしたが、カープの応援に行く時もどうしても近鉄帽子をかぶっていくというので、
    私は周囲の人たちに何と言われるかすごく心配ではらはらしながら球場に連れて行きました。
    でも近くに座っていた知らない中年のおじさんが
    「おう!二人とも近鉄帽子がよく似合うなあ。
     近鉄ならカープを日本一にしてくれた球団だからかぶってもいいぞ。」と息子たちに声をかけてくれて、
    息子たちがとても嬉しそうにしていたことは忘れらない思い出です^^

    昨日ケーブルテレビにインタビューされと友達に話すと、友達が今日放送していたよと録画をしてラインで送信してくれました。
    恥ずかしいやら嬉しいやらでしたが、自分が話している姿を初めて客観的に見てなんか変な感じでした。

  • こんばんは~

    うららさん、カープへの愛は人それぞれ、うちのお嫁さんなんか完全ににわかカープ女子、古いことは何も知らないし野球のルールもあまり知らないみたいです。
    でも球場での応援はたいしたもんですよ。
    応援歌は選手全員知っているし、チャンスの時、ピンチの時、点が入りそうな時、場面によってそれぞれ違う複雑な応援の仕方にもちゃんと対応しています。
    心から楽しんで応援しているのがよくわかります。
    私は昔からある「カープ、カープ、カープ広島、広島カ~~プ~~♪♪♪」は大きな声で歌いますがその他の歌(たくさんあるんです)はあまり歌えません。
    はるさんとうららさんがカープファンだというだけで嬉しいです^^

    今日は中国新聞(広島本社)の現役記者だった人(今は総局長さん)が「広報誌の作り方」というテーマで講演をされました。
    ボランティアの会の会報をを作りたいというのが今の私の目標なので、記事の書き方を具体的にわかりやすく説明してくださって、凄く勉強になりました。
    また社会部、運動部に所属していたころの取材にかかわる話を面白おかしくしてくださって本当に楽しい講演会でした。
    地元のケーブルテレビが取材に来ていましたが、講演が終わった後私に取材させてくださいと来られました。
    びっくりしたのですが、若い私好みのイケメン記者さんだったので喜んで応じました。
    かなり長く取材されたのでテレビに映ったとは思いますが、我が家はケーブルテレビを契約していないので観ることが出来ず残念でした><

  • あんずさん、くもさん ありがとうございます
    カープが優勝して本当に嬉しかったです^^
    マイナーな話題でなので遠慮しなくちゃと思いながらもついつい書き込んでしまってすみません。
    そう、去年も優勝してセ・リーグ2連覇なんですよ。
    長かった弱い時代を乗り越えての2連覇なので奇跡のように感じます。
    7月にはサッカーの応援に行きましたが、野球とは全く雰囲気が違いますね。
    初めてだったので応援のタイミングもわからなくて戸惑いましたが、サッカーの方が都会的であか抜けている印象でした。
    サッカーの広島サンフレッチェにも頑張ってもらいたいです(今は弱いので)

    お寿司屋さんのお寿司って豪華そうでおいしそう!!
    長いこと回転寿司しか行ったことありませんので・・・・

  • おはようございます

    あんずさん、
    お姉さんと娘さんと三人の女子会って、いいですね^^
    娘さんも結婚されてもうすぐお母さん、大人の女性としてお付き合出来るなんて素敵だなあと思います。

    伏見稲荷も平等院も行ったことがないので、今度京都に行くことがあったら行ってみます。
    もしそらさんと行っていたら2時間歩かされていたなあ。

    私には妹がいるけど、妹は娘の子供が二人とも女の子で、孫の子守を一手に引き受け、女三代結束していて今では私なんか殆ど取り合ってくれません><
    妹とは年が離れているので子供のころから可愛くて愛しくて、私が守ってやらなければと大切にしてきたし、妹もたびたび遊びに来てくれていたのに。
    「お姉ちゃんの最期を看取るのも私のつとめ」と、口では言いますけどね。
    でも、幸せにやっている妹を見るのはとっても嬉しいです。

    娘のいない私はお嫁さんを頼るしかありませんが、次男のお嫁さんとはもう13年のお付き合いです。
    クールでしっかり者のお嫁さんなので、私の入り込めない面がありましたが、
    この頃は心の底の垣根がだんだん取り除かれてきたのか、私に本音を語ってくれるようになりました。
    長男のお嫁さんとはまだ2年しかお付き合いがないので本音のところはわからないけれど、おっとりした可愛い人なので、いつまでも今のままでいて欲しいです。

本文はここまでです このページの先頭へ