ここから本文です

投稿コメント一覧 (1855コメント)

  • 消費者物価指数は5.1。
    クガニャゴ総裁の最近の発言から、利上げ確定水準。

  • 大局的にこの先、ユーロはレートを下げていく想定。
    背景には一枚岩からイギリスが離脱し、他国も離脱を目的とする勢力が頭角を出してきているから。
    ドルも利上げの終着点が見えてきているので、過度に伸びることはないだろう。

    円は避難通貨でしかなく、低金利だから論外。

    そう見ると、この先の新興国通貨は伸びやすい地合いになってくるかな。
    国政や財政に左右されることを横に置けば。

    ランド以外の投資も検討するかな。マジで。

  • おはようございます。
    ランドは7.99あたりかな。

    日足ではわずかに下落。
    株価がトリプル安となり、市場はリスクオフモードでドル円クロス円ともに軟調。
    原油が大きく下落したことも株安の原因となっている。
    ドルだけは避難通貨としての顔を覗かせてわずかに上昇かな。
    つまり円高ドル高。

    新興国通貨も総じて下落したが、ランドはあまり下がっていないかな。

    今日は南アフリカの消費者物価指数に注目かな。

    明日はアメリカが休場だけど、今夜まで円高が継続した場合は円売りで調整され、ある程度円売りが進んでいれば円買いで調整されやすい。

    中国株価は強めの下落、2600台。

    原油はデカく下落、53ドル台。

  • 木曜日はアメリカがサンクスギビングで休場かな。
    アメリカでは木曜日が休みの場合、金曜日も休む企業が多いので、ポジション整理は水曜日を推奨。

  • 2018/11/20 12:13

    クガニャゴ

  • おはようございます。
    ランドは8.01あたりかな。

    日足では4銭ほどの下落。
    米中貿易リスクによりダウが強く下落、円高の流れでドル円、クロス円は概ね下落した。
    ただし、新興国通貨に関してはあまり下落していない。
    ランドについては8月に底を打ってから月毎に下値を切り上げている印象で徐々に上昇してきている。

    消費者物価指数が注目されているが、予測値の5.2はクガニャゴ総裁の利上げ基準を上回る予測値で、仮に予測値を下回っても4.9以上なら利上げ確実で、4.9未満でも近い数字なら利上げの可能性大だろう。
    2020年までに7.75くらいまでは上げる意向が示されているので楽しみではある。

    中国株価は続伸、2700台回復。

    原油はやや上昇、57ドル台。

  • おはようございます。
    ランドは8.05あたりかな。

    先週末と変わらずのスタート。

    米中摩擦とか欧州、中東と色々ありますが、ランドは底堅く行きそう。
    リラは暗雲が立ち込めているかな。

    では1週間頑張りましょう。

  • こんばんは。
    ランドは8.04あたりかな。

    週足では10銭ちょいの上昇でしょうか。
    金曜日のアメリカ時間に延びたのはトランプが追加関税を行わないとの発言があったのが主因ですかね、ダウも反応しましたし。

    土日のニュースとしては、APECとサウジ問題。
    前者は共同声明が出されなかったことで、ややマイナス要因。
    ただし、米中摩擦についてはリスクとしては終わったネタで、下げても金曜日上昇分の10銭程度。
    アメリカ側は中国に辛口のペンス氏が今までと同じようなことしか発言していないので、材料にならない可能性も高い。

    後者のサウジ問題はムハンマドが主犯として追い込まれつつあり、サウジは強く否定。
    トランプは火曜日に結論を出すとのことで、やや円買いに傾く可能性あり。

    月曜日の下窓はというとドルが結構下がっているので、あまり強い下窓はなさそう。
    上窓の可能性は低い。

    ランドとしては消費者物価指数が要注目で、4.9前後なら利上げ確率高でしょうか。
    まあ上下動はあるにしてもGDP発表までは底堅く上昇基調でしょうか。

  • ありがとうーって伝えたくて〜、ランドに伝えたくて〜♫

    円高の波に耐えて良く頑張った、感動した!ってところでしょうか。

    ところでジャンク落ちの話題が日々消えていってる気がしますね。
    まだムーディーズは何も言ってないから、回避決定ではないはず。
    にも関わらず、話題消滅?笑

    この件に関しては、すぐのジャンク落ちがないことを早めに予想出来た人とジャンク期待でいつまでもSポジを持ち続けたた人とで大きな成績差が出来てしまったんではないだろうか。

    ムーディーズがジャンク落ちをするときはみんながわかるタイミングだろうし、その時はみなさんと同じくS発動して取りに行きます。
    そして、スタホの織り込みレート付近まで下降したら買い足しするつもり。
    ちなみに織り込みレートは6.8-7.0を想定してます。

    ってかジャンク落ちする日がそもそも来ない可能性がありますが、その場合はL放置で。
    スワップだけでも家賃代くらいになるから含み損を無視したら結構美味しいし。

  • おはようございます。
    ランドは8.00あたりかな。

    日足では10銭ほどの上昇。
    イギリスの離脱問題などで一時的に円買いが発生する場面もあったが、ダウ下落が一服したこと、原油下落が一服したこともあり、ポンド以外のクロス円通貨は概ね反発している。
    ランドは続伸。
    リラは久々の上昇で21円台。

    中国株価は強めの上昇、2600台。

    原油はやや上昇、56ドル台。

  • >>No. 680

    日経はやや下落、上海株はややプラス。
    アメリカの株安は反映していませんね。
    これでよし。

  • アップルが原因の米株安なんて報道していたけど、とってつけるのもいいとこ。
    アメリカ国内は日本と違って、アップルは神様みたいな考えはないよ。

    単に株価が高値圏にあるから、レンジ形成しているだけの話。
    今年は悪くても24000ドル前半でことごとく反発しているのがその証拠。
    下値余地も少なくなってきたので、米株はそろそろ下げ止まり。

    日本株がアメリカに連動しなくなったら、笑うんだけどね。
    アメリカ以外は良いニュースがポチポチ出始めているので今日の日経は見ものかな。

  • おはようございます。
    ランドは7.89あたりかな。

    日足では3銭ほどの上昇。
    OPECとロシアが必要に応じて原油の減産を行うと発表したことで、原油が小反発。
    原油が下げ止まりの兆しを見せたことで新興国通貨もやや買い戻しされています。

    それとは別にダウが続落。
    こちらはリスクヘッジで円が取引されるため、ランド円も連動した動きになりやすい。
    ダウは一時的に最大350ドルの下落をしたあと、明け方には50ドルの下落まで戻し、クローズ直前に200ドルまで再下落と激しい動き。
    ランドも歩調を合わせるように上下動した模様。

    その他、ポンドは離脱問題で激しく動いたかな。

    中国株価はやや下落、2600台。

    原油は小反発、56ドル台。

  • 今日は原油動向に注目でしょうか。
    急落すれば円高要因、反発すれば円売り要因。

  • アップルよ、アメリカが拒むなら日本に来れば良い。
    なんちゃってね、MIYさんみたいな発言してしまった。笑

  • おはようございます。
    ランドは7.86あたりかな。

    日足ではわずかに上昇。
    原油の大幅な下落、米株が続落などでリスクオフは継続されている。
    ただし、先日まで円高が強まっていたことから、ドル円、クロス円はほぼ横ばいか若干反発はしている。

    トランプが原油の減産すべきでないといったことから、サウジを中心に減産に踏み切れないだろうとの市場心理が働いた結果と思われる。
    冬に向けて需要が上がってくる時期でもあるので、いずれ反発が見込めるが短期的にはまだ下がる余地はあるので警戒が必要かな。

    ランドについてはリスクオフの中で上値が重いが抜ければ上昇する見込み。

    中国株価はやや反発、2600台。

    原油はでっかく下げて55ドル台。

  • まだ7円代だし、お買い得感があるなあ。

  • 上海株がプラ転して午前を終えましたね、

  • ドル高円高なのに、新興国通貨があまり下がらないなんて思ってる人もいるかな。
    円高分は下がってますけど、ドル高分は下がっていない。

    ドル高でも2種類以上ありますね。
    うち1種類は新興国通貨を売ってドルを買う動き、これはアメリカの利上げが意識されての動き。

    昨日のはリスク通貨として円以外にドルが選択されたパターン。
    ユーロが弱い時にこのパターンになりますね。
    この場合、ユーロが反発してもあまりランド高にはつながりませんね、ユーロとドルの交換っこだから。
    逆に円高分は円高が終わればランドは反発する。
    南アフリカ情勢に変化がない時、短期取引の方は他通貨の動向とランドの動きを控えておくと勝率が上がるのではないでしょうか。

  • おはようございます。
    ランドは7.85あたりかな。

    日足では7銭ほどの下落。
    ユーロやポンドの下落に伴い、円買い、ドル買いが進展。
    アメリカ時間では自動車関税懸念、アップル株の下落で円買いが強まった。
    更にトランプの、わはは何だコイツ、自国の株価を下げる発言て、OPECに対して減産すべきでないと発言。
    あーあ、カナダドルを下げられたし。

    ランドは円高分、値を下げた印象。

    円高要因が南アフリカに起因していないので、依然としていつ下がるかよりもいつ上がるかがパワーが強い。
    円高が重しといったところだが、ランドは円高が収まると上抜ける性質があるので楽しみではあるかな。

    中国株価はやや上昇、2600台。

    原油はトランプ発言から下げに転じ、58ドル台。
    OPEC側の反応に注目。

本文はここまでです このページの先頭へ