ここから本文です

投稿コメント一覧 (1552コメント)

  • 休日、静かなスタートになりそう。

    今日も昼間は中国のGDPや各指標、上海株などが注目材料かな。

  • いつもと少し観点を変えて、日本企業の業績予測にちょっと着目してみました。
    各上場企業は春先に2018年度、つまり来年3月までの業績予測をしましたね。
    その際の想定為替レートは貿易リスクや春先の円高を考慮して、1ドル107円前後とした企業が多く、業績が下がると予測している企業が大半。

    貿易リスクは米中、日米と継続していますが、もし上半期のレートが110円以上をキープした状況だと、秋に業績予測を上方修正してくる企業が多発する可能性がありますね。

    そうなると株価は現状の水準よりも上昇し、円安、ドル高になりやすくなりますね。

    円高、ドル高だと資源国通貨は苦戦を強いられますが、円安、ドル高だと対等になるので、ドル円レートの推移も頭に入れておきたいところかな。

  • こんばんは。

    だいぶランドが盛り返しましたね。
    理由をちょっと考察したので書いておきますね。

    一つは貿易リスク。
    米中貿易リスクは継続しているので、これは引き続きマイナス要因であるが、今のところは織り込まれた範囲内。
    ただし、状況を見ると一騎打ちモードだし、他国に関してはアメリカも強行姿勢は取っていない様子だし、中国も輸入に関して開放的な姿勢。
    ということは南アフリカからの輸出に対する懸念は春先より後退したと考えられるので、ややプラス要因として新たに織り込まれたのではないか。

    次にアメリカの利上げだが、来年で終わりというゴールが示されたことで、新興国通貨の売りが抑制されてきている。
    このあたりはアメリカの指標発表前の新興国通貨の動きが変わってきたことで確認できる。
    これはプラス材料。

    次に円安だが、日本企業が米企業の買収を進めたことで円売りが活発になった。
    欧州時間でもドル買い、円買いの動きが減少している。
    これもプラス材料だが、背景としてユーロが比較的好調だったこともあるので、継続性という意味では見守る必要がある。

    大きくいうとこんな感じだけど、来週については消費者物価指数と19日の政策金利に注目。
    現状維持か利上げのいずれかと考えられるが、利上げの場合、やや上昇するかも知れませんね。

  • おはようございます。
    ランドは8.46あたりかな。

    日足では横ばい。
    今週は円安が加速したので、週末の昨日から今朝にかけては若干、調整の円買いが入った様子。
    ランドも昨夜はやや調整されて下げるも、朝方には戻しが入り、終わってみれば前日値と同水準。

    みなさんが良く行かれるサイトにパナソニックがケープタウンに子会社を作ったとの記事があったのでコメントします。

    パナソニックのような企業が一つ増えると雇用が増え、地域の産業が活性化しやすくなります。
    直接雇用される人数だけではなく、パナソニックと取引する現地企業も人手が必要となるからなんですね。
    まあ、1企業だからそれほど高望みは出来ませんが、プラスには働きますね。
    長い目で見守りましょう。

    中国株価はやや下降、2800台はキープ。

    原油はやや上昇、70ドル台。

  • 団長、お疲れ様です。
    いよいよ団長の季節到来かなかなかな。

    あとはお任せしましたー。

  • ランド大きく上昇しましたね。
    Lしてる方、おめでとうございます。

  • おはようございます。
    ランドは8.44あたりかな。

    日足では18銭の上昇。
    米中貿易リスクがくすぶる中、アメリカの関税リストに数年間輸入していないものも含まれはじめたことで手詰まり感を市場に読み取られている。
    更に日本企業の米企業買収などで円高が抑制されている。
    ランドもこの流れに乗り、近々発表される経済対策への期待に支えられながら大きく上昇した。

    なお、近々日米の貿易協議があるので、状況次第では円高が発生する可能性もあるかな。

    中国株価は強めの反発で2800台回復。

    原油は横ばいで70ドル台。

  • おはようございます。
    ランドは8.26あたりかな。

    日足では6銭ほどの下落。
    昨日の昼間から夕方にかけては米中貿易リスクが高まったことによる下落。
    夜から明け方にかけてはドル高、ユーロ高、原油急落などでもみ合いになり、8.2-8.3の動き。
    以外と下がらなかった要因としては円高が抑制されていること、南アフリカの経済対策待ちであること、中国が過度な報道を抑制していることなどが挙げられる。

    中国株価は強めに下落、2700台。

    原油はおーきくおーきく下落、70ドル台。

  • 中国株価は強めの下落、米中貿易リスクが高まっています。
    ランドもまだまだ軟調な展開になりそう。

  • ダウがちょっと上がるとトランプ陣営がネガティヴな情報を発信する。
    しかも最近はニューヨーク市場が終わってからが多い気がしますね。
    わかりやすいと言えばわかりやすいけど、単純過ぎないかな。笑

  • おはようございます。
    ランドは8.32あたりかな。

    日足では7銭ほどの上昇。

    米中貿易リスクが停滞していたことなどを受け円安の流れでランドは一時8.4近くまで上昇。
    しかし、朝方に突然の追加関税リスト公表のニュースが流れ、円高の流れに。
    今後の中国の反撃なども考えると、しばらくはリスクオフかな。

    中国株価はやや上昇、2800台。

    原油はやや上昇して74ドル台。

  • おはようございます。
    ランドは8.25あたりかな。

    日足では6銭ほどの上昇。
    米中の殴り合いが一服していること、アメリカ経済の上昇にブレーキがかかってきていること、中国の外貨準備高が予想を覆し増加したこと、上海株の反発などを受け、ランドは続伸した。
    米中貿易リスクが一服していれば、更に上を目指しそうだ。

    昨夜から不穏な動きをしていたトルコリラが、今朝方急落。
    エルドアン大統領が強権ぶりを発揮したためで、特に財務大臣に身内を起用したことで一斉に売られた。
    これは下落トレンド継続ですね、独裁国家の為替レートを見ると分かりますが、総じて低い。
    下手すると年内15円くらいまで落ちるかも知れません。
    ショートしてた方はおめでとうございます。

    中国株価は強めの反発、2800台回復。

    原油はやや上昇、74ドル台。

  • ドルはやはり下落、ほとんどの通貨で買い戻されている。

    南アフリカについては久しぶりの株価58000乗せ。
    欧州株価が後押し。

  • 中国の外貨準備高、市場予想に反して増加。
    上海株も反発。

    ランドにとっては追い風でしょうね。

  • おはようございます。
    ランドは8.19あたりかな。

    先週末と同水準でのスタート。
    今朝はポンドが伸びてますね、シェール資産買収やTPP参加検討などが好感された。
    今週はアク抜けはあるけど、引き続き貿易リスクが継続、日米貿易摩擦もあるので一気のリスクオフにはならない想定。
    アメリカについては利上げは来年で終わりで、経済もブレーキがかかったことから下げ基調に変わる可能性がある。
    ランドは一時的な円高で下げる場面もありえるが、経済対策を打ち出していることもあるので下値は8.10くらいで見たほうが良いのでは。
    米中貿易リスクが停滞すると、上を見に行きそうだ。

  • さて、貿易関税が発動されましたね。
    トランプが2週間以内に発動すると言った分、本来は今回発動分だったわけですが、本当に発動するかも今後の一つの焦点。
    発動すれば中国も同じ規模で報復するのは見えてる。
    トランプの威勢はアメリカ経済の好調が基盤なんですよね。
    なぜなら経済が好調なら支持率はあまり落ちないから。
    しかし、昨日の発動で中国から報復関税。
    このままなら来月の雇用統計、今月より悪くなるのは避けられない、もう一回発動すれば更に悪化。
    ちょっとは慎重になるかもですね。
    スタホ的にはもう一回行って欲しいけど。笑
    ともあれ、来週以降はドルの下落基調が始まるかもです。
    ユーロドルかNZDドルあたりが面白いか。

  • おはようございます。
    ランドは8.19あたりかな。

    日足では4銭ほどの上昇。
    米中貿易戦争は予定通り、両国の関税発動。
    織り込まれていたこともあり、レートは静かでむしろ日本時間はアク抜けから日経平均が反発した。
    アメリカ雇用統計は賃金上昇が低調気味、失業率が下振れしたことでドル売りが際立った。
    対円だと分かりづらいが、多くの通貨に対してドルは下落。
    ランドも対ドルで反発の流れに乗り、続伸した。
    これとは別に南アフリカのラマポーサ大統領は物価上昇に対する経済対策を2週間後に打ち出すとのニュースもあり、上昇を後押しした。

    中国株価は小反発、2700台。

    原油はやや上昇、73ドル後半。

  • アメリカ経済にブレーキ、賃金の伸び低調、失業率悪化。笑笑笑

  • この時間、トランプが追加関税に言及しているので、売買する方は注意しましょう。

    なお、本日発動されるアメリカと中国の関税についてはほぼ織り込まれているので、今後の関税の規模や内容についての両国の発言がポイントかな。

  • おはようございます。
    ランドは8.15あたりかな。

    日足では8銭の上昇。
    自動車関税リスクの後退による円安、アメリカのADP雇用統計の下振れによる資源国通貨の買い戻しによる上昇。
    なお、米中貿易リスクについては継続中。

    中国株価はやや下落、2700台前半。

    原油は強めの下落、73ドル台。

本文はここまでです このページの先頭へ