ここから本文です

投稿コメント一覧 (12262コメント)

  • >>No. 1551396

    >捕手は二人。

    これが分からない

    >捕手より打てん野手はいらんけど

    捕手二人だとたとえ打てても出せない
    ベンチの飾り物なら捕手でも野手でも同じこと

    打てない捕手の打席がどうも見たいようだね
    俺は見たくない

    僅差チャンスで代えれないからと2割捕手をそのまま打席に立たせるなんてのは見たくない

    >ま、最悪、野手で誰かできるやろ

    マネージメント能力の欠如
    こんないい加減な考え方で勝てるはずがない

    捕手を大胆に切って野手を代打に立てる
    5回6回で切ってもいい

    そんなに打てない捕手の打席が見たいかな?

  • >>No. 1696

    >アムネスティ条項は無視して人道上の罪や平和に対する罪なんて戦争当時になかった法を訴求して適用

    遡及

    大雑把すぎたかな
    明日の昼間は休みだが一旦休憩

  • >>No. 1692

    こっちでも活躍だね

    >我々だけが悪いのか?

    これを歴代政権がアメリカに言えない
    売国政権が支配してきたからね
    アメリカ追従
    金儲けのためにプライドをかなぐり捨ててきた今の政権党やその前身

    今またその後ろに付き従って戦争の出来る国を目指そうとしている

    国民も飼いならされて日本が悪いなんてね
    東京裁判を受け入れてしまっている
    サンフランシスコ平和条約も主権国家への不当干渉
    独立を認めるのなら東京裁判を受け入れる条項は不要
    日本が独立国家として考えるべきこと

    こそこそ靖国へ行くくせに東京裁判の見直しは主張できない
    原爆投下に対しての謝罪要求はできない
    非戦闘員に対する空襲の謝罪要求ができない
    もちろんアメリカは謝罪しないだろう
    それでも謝罪要求はし続けなきゃならない

    戦争犯罪人なんて存在しない
    アムネスティ条項は無視して人道上の罪や平和に対する罪なんて戦争当時になかった法を訴求して適用
    法の原則に違反している

    韓国は執拗に日本に対して主張し続けている
    日本は弱腰
    アメリカには何も言えない

    追及すべきはアメリカなのにその目を中国韓国に向けさせる
    中国はともかくとして韓国なんて気にするほどのことはない
    暴れん坊の北は多少脅威だけどね

    WGIP(War Guilt Information Program)
    アメリカが占領政策として用いたプログラム
    日本人に罪悪感を植え付ける
    思想統制
    見事成功して自虐史観が根付いてしまった

    アメリカが正しい
    日本は間違った戦争を起こしてしまった

    usaさんと意見は違うが日本に戦犯なんて存在しない
    戦勝国が正義という観点からのもの

    ルーズベルトやハルに責任はないのか
    窮鼠猫を噛むのたとえ通り

    もし日本がアメリカにハワイをかえせ
    アメリカ本土の大半をインディアンに返せと言ったらアメリカは呑むかということ
    輸入禁止を言えば従うのかということ

    日本を追い込み日本から仕掛けたことで日本を悪としてしまった
    宣戦布告のない戦争なんて過去に幾らでもある
    リメンバーパールハーバーは日本を卑怯者とするためのプロパガンダ

    原爆投下が戦争終結を早めたなんて大嘘
    既に日本には戦争遂行能力はなかった

    古来から戦争は講和を目指すもの
    講和を受け入れず無条件降伏に持ち込むために残虐行為を繰り返した
    これこそが平和や人道上の罪だろう
    字数制限

  • >>No. 1551393

    >漬物石じゃああるまいし、
    捕手3人いらんわ。

    漬物石じゃあるまいし
    野手を11人も12人もいらんわ

    >攻撃は最大の防御なり。じゃい!

    ここは意見が一致
    攻撃するためにも捕手3人制

    僅差終盤チャンスで捕手に代打を出せないなんて試合はあまり見たくないね
    2割の捕手を替えることができないでそのまま打席に立たせる
    昨年もそんな試合が結構あった

    成否はともかく捕手を切って代打を立てる
    攻撃は最大の防御

  • >>No. 1551392

    >打てる野手入れとけ。という話やけど

    こう言ってないんだね
    自分で気が付いてないかな

    捕手にかえて代打を立てるという反論に対して
    追いつき追い越せないクソ打者と答えている

    捕手3人にして代打を立てやすくするという意見には野手がクソで打てないと反論してることに気が付かないかな
    要は何が何でも捕手3人制を否定しようとするから論に整合性がなくなる

    打てる野手を一人増やすために捕手を二人にしろと言う
    二人だと代打を立てれないという反論がある
    それには代打を立てても追いつけない追い越せないクソ打者と言う

    打てない捕手だから代打が必要という論に対しての答えになっていないね
    野手を何のために余分に登録するのかということ
    捕手二人なら代打に出せないからベンチの飾り物になってしまう

    ここらが整理つかないままグルグル回ってるってことに気が付かないかな

    相手の意見によって
    打てる野手が必要といいながら
    追いつけないクソ打者だから捕手に代打不要みたいな論になっている

    論を整理しなきゃ
    絞れば打てない捕手に代打が必要かどうかだろう

  • >>No. 1551372

    >ビハインドなら、諦めたら?
    >追いついてひっくり返せるのかな。
    >クソ打者さまは。

    矛盾してるよ
    捕手を2人にしてそのクソ打者を余分に置けと主張してるんじゃなかったかな
    論がブレてるよ

    挙句にビハインドなら諦めろなんてもう論理になっていない
    ヤケクソのよう

    点差にもよるけどひっくり返ることもあるし
    逆転を狙うことは当然
    (9点差をひっくり返せとは言わないけどね)

    打者がクソで1点2点がひっくり返せないのに捕手を削ってまで置く意味はなくなるね
    自分の主張がどこにあるのか見失ってるんじゃないかな


    捕手を削ってまで野手を増やすって最初の主張がどこかへ行ってしまってるよ

  • >>No. 1551330

    >総力戦。打てない捕手を残して敗戦。
    >そんな試合に付き合いたいかね?
    >2割捕手3人、かかえて、何が面白い。

    これに答えてるのが俺の先の投稿
    順序が逆

    打てないのに捕手が一人(二人制の場合は一人でまかなわなきゃならないので実質一人制)
    ということでチャンスにも代打を出せなかったなんてのが何度かあった

    仕方なしに代打を出せずにそのまま2割捕手に打たせる
    この愚に触れている

    ここでも終盤チャンスに捕手に代打を出せなんて声はそれなりにあった
    二人目を出してしまうとアクシデントに対応できない

    これが打てる捕手なら最初から最後までいけるだろう
    二人制でもやっていける

    2割だからこそ3人が必要となる
    先発捕手に代打を立てて守りは第二捕手

    2割捕手を終盤のチャンスに仕方なしに打席に立たせるなんてのを見たくないから3人制を言っている
    城島や阿部なら一人で十分
    アクシデントに供えてサブを用意するだけ

    どうも捕手の3人に触れる者が多い
    一人削ってどれだけ戦力が増すかということ

    どうして内外野を一人削れと言わないのかが不思議
    削るなら内外野だろう

    継投を増やすために捕手を削るってのなら賛成だがな
    使いもしない控え野手を入れるために捕手を削るのはどうかな

    僅差でも使わないような野手を削る方が理にかなってるんじゃないかな

    内外野はそれぞれサブ二人でいいんじゃないか

  • >>No. 1551317

    >捕手3人制よりましやない?
    >戦力アップでしょうが。

    捕手を三人置いたら戦力が下がるかな
    遊んでる控え内外野手を一人削れば置けるんじゃないかな

    これが継投でも置くのなら二人制も分かる
    そうでなく使うこともない内野手外野手がいたりする
    接戦なのに戦力を余らせて終了なんて何度かあった

    捕手は打てない
    戦況次第では代打を立てたいポジション
    昨年もそうだったが二人ということで代打を出せなかった試合も幾つかあった

    三人置くことで代打の自由度が増す
    25人
    捕手3人くらい置けるんじゃないか

    もちろん二人にすることで他が厚くなるというのなら別
    捕手を削った枠を活かせるかどうかだろう
    ここらは首脳陣のマネージメント能力

  • >>No. 1551304

    >どうも、以前から真実は一つとか、
    >考えが狭くないかな?窮屈な思考?

    これだけやり取りしてきても俺のことを分からないかな
    そりゃ他の奴が分るはずもないわな

    俺は考え方は広いよ
    かなり柔軟性はある
    どちらかというとアレもコレもと考える
    一般人の基準は分からないがかなり幅広く考える方だろう

    そういうことじゃないんだよ

    どこかで線引きしなきゃならないものもある
    酒たばこは20歳になってからと法にあるとしよう
    明日20歳だ
    今日は19歳11か月29日
    どう違うって話だ

    これが一般世間ならいいじゃないかとなるだろう
    ただ法では厳格に線を引かなきゃならない

    曖昧解釈が許されるならどんな解釈もできるということ

    俺がどうかでなく線引きってのは厳格にやらなきゃならない
    そうでなきゃ線引きなんて意味がなくなる

    もちろん世には線を引かなくてもいいものもある

    事は暴力
    厳格な線引きは必要だろう
    アレはいい
    コレはダメ
    誰だからいいなんてやっていたら何も基準がないのと同じ
    判断するものの基準でどうにでも変わってくる

    >受けた側がありがたかったと言う話はどうなるのかな?

    だからこういう特殊例をもって基準を動かしてはならないということ
    人間には金を払ってでも叩かれたり鞭で打たれたりする奴もいる
    そうでなくとも辛いことや悲しいことは忘れたり美化したりするって脳の働きもある
    脳はその個体に嘘を吐く
    そうしなきゃ生きていけないから脳の仕組みがそうなっている

    成功したものは笑い話
    その何百倍も成功せずに恨んでいるものもいることを忘れちゃならない
    今回も快哉を叫んでいるものは称えてるものよりはるかに多いだろう

    称えるものだけを取り上げる
    成功したものでも距離のある落合や大島・牛島・藤波なんかの声は聞こえてこない
    まあ聞けば常識的に称えはするだろうがな

    個人個人の解釈に任せたら基準なんてなくなる

    憲法9条だって拡大解釈して元がなくなってしまっている
    都合よく解釈されていく
    こういうことが罷り通るということ
    改正だろうが改悪だろうが
    陸海空の三軍を保有し日本国の意思でこれを行使できると書き直せばいい
    国際法でも交戦権は認められている

    怒る方が楽って分るだろう
    我慢する方が何倍も苦しい

    自制できない人間を称えるってのは我慢している自己の投影

  • これはv3さんへ

    Merry Christmas and Happy New Year!
    後ろの Happy New Yearの冠詞が抜けていたね
    まあ定型文なのでこの場合は抜けても通じるけどね

    例えば
    誕生日なんかだったら
    Happy birthday!
    朝なら
    Good morning!
    という具合に冠詞をつけない
    これはその時の挨拶だから冠詞は不要

    前のMerry Christmas も同じで冠詞は不要
    後ろのHappy New Yearの方はまだクリスマス時点では来ていない
    来るべき新年ってことで冠詞が必要

    英語は結構面倒くさい言語
    こんなチョボみたいなもの一つで意味が異なることもあるからね

    よく言われるのが
    Do you have the time?
    これは掘った芋いじるな
    時間を聞くとき

    Do you have time?
    冠詞がない方は時間があるかどうか聞く時
    相手が女性なら誘いやナンパの言葉になったりする

    逆にこの後ろが冠詞付きなので新年の挨拶なのに冠詞をつけるのが日本では結構定番のようになっている
    テレビなんかの新年番組の後ろに大きくA Happy New Year!なんて派手な飾りつけがあったりする
    俺の使ってるケータイの定型文もA付きだった
    面倒だからそのまま送信したら抗議の返信があったこともある

    まあ日本語話者からすればこんなチョボ面倒だろうけどね

    俺はこれは譲れないと言うの以外は和製英語表記を使うことが多い
    違和感はあるけどカタカナ表記には限界があるからね
    ただアクセント位置は気になる
    あえてボランティアーなんて書いたりする
    後ろの棒でアクセント位置はかわるからね
    ツープラトーンとかね
    プラトンだと哲学者のプラトンと同じアクセントで発音されてしまうからね

    career-highに誰も喰いついてこないね
    どこかで調べてあるじゃないかなんてのが一人くらい出てきそうなんだけどね
    set career-highsなんて使い方はある
    ただ日本語のように名詞と形容詞をそのままくっつけて名詞とするような使い方はしない
    ただ英語も日本語同様若い世代では動いているからね
    韓国や台湾なんかでも同様

  • >>No. 1551278

    >人は誰でも障害犯や殺人犯

    傷害犯

    >暴力的な人減

    人間

  • これまで近い人間が3年4年に一人くらいは去っていってるんだけどね
    ただ年齢はそれなりの人がほとんど

    仕事場で暇が多い方だから代表で関係先に弔問に行ったりする
    これは年に一つ二つくらいあるけど相手はほとんど知らない人
    儀礼

    若い友人なら2002年の9月15日に見送ったことがある
    優勝するちょうど一年前
    女性だがタイガースファンで来年は一緒に甲子園へ行こうなんて約束していた
    3月に入院し9月に亡くなったので約束は果たせず
    まだ20代後半だった

    自分に極めて近い関係の人間がこんなに短い間に去ってしまうのははじめて
    こんな偶然も確率のうちなんて科学的態度は取れない
    実感の伴わない喪失感

    「冥福を祈る」
    冥界がないというのも一貫した科学的姿勢だろう
    そういうブレないところはさすが

    ただ俺個人としては結構好きな言葉
    好きってのは不謹慎かな

    冥界を信じてるわけじゃない
    ただ去って行った人間にどういう言葉を掛けたらいいんだろう
    おそらくこの言葉を使ってる多くも冥界なんて深く考えていないんじゃないかな

    もう今世での幸せを祈ることができない
    せめてももしあの世があるなら安らかにという気持ちだろう

    「ご愁傷様」なんていう
    関係先の弔問時にはこう言ってきた
    意味は分かっていない
    最後の方は聞こえないようになんてのを守っている

    欧米なんかでは「安らかに眠れ」と言うことが多い
    これがそのまま日本でも訳されて「安らかにお眠りください」なんて言う人もある
    仏教儒教の日本にはなかった死生観

    rest in peaceを訳したもんだろう
    May her soul rest in peace.なんて言う

    ご愁傷様に当たるのが
    I’m sorry!やI’m so sorry!

    「運命」という言葉も嫌いではない
    これも運命を信じてるわけではない
    ただ何かが起こった時に運命として割り切ってしまう
    強くない人間の諦観の言葉としてはあっていいんじゃないかな

    偉大な科学者でも自分の研究と信仰との不整合や齟齬に悩み苦しんだりする

    ただの凡人
    どうしようもない時や
    考えを結ぶのが困難な時
    こういう言葉に寄り掛かることは許されていいんじゃないかな

  • 愛知は野党が強いなんてmomoさん

    そんな頼もしい県が日本にもあるのかと見てみた
    何のことはない
    政権党天国

    選挙区では落ちてもほとんどが比例で復活当選
    落ちたのは一人だけ

    momoさんはこの落ちた与党候補に投票したということだろう
    その候補個人への思いを別にしたら大勢に影響はない

    一人が与党だろうが野党だろうが大した差はなし

    リベラルにも触れていた
    この国ではリベラルは育たないだろう

    リベラルを左と決めつける国
    右でないものは全て左扱い
    これじゃ健全なリベラルなんて育ちようがない

    50人くらい通して枝野がいい気になってる国
    与党に圧勝されても自党が50人当選したと得意気
    リベラル陣営自体が成熟していない

    数が民主主義というなら仕方がない
    戦争をやればいい

    といっても自身が戦争で死ぬ覚悟なんて誰にもない
    誰かがやるだろう誰かが死ぬだろうという無責任
    ネットの中だけで勇ましい

    もっとたちが悪いのは戦争をやれる法案を通しながら実際の戦争を想定していない連中
    何の覚悟もない

    靖国へ行くことで愛国心を見せたつもりになってる安っぽい頭の女性閣僚達
    見せかけだけで芯はない

    似非右翼動画をあげると視聴を稼げる
    それが金になる
    ネタ元は同じ
    タイトルは勇ましいが中身はスカスカ
    不勉強な中国論や韓国論が伝言ゲームのように拡散する

    ネタ元が同じだからこんなカテの他トピにまで同じネタが投稿される
    本人は伝言ゲームを「やらされてる」ことに気が付かない
    これが自分の持っている日本の正義だと信じ込んでいる

    隣国が煽られやすい国民なんて言いながら煽られてるのは自身
    思考が止まってしまっている
    隣国は間抜けだ日本は偉大だなんてホ・ルホ・ル

    日本でなく自分が偉大にならなきゃ
    偉大は大袈裟でもまずしっかり生きなきゃ

    日本へ来た観光客が2800万人
    韓国からは500万人
    中国からは600万人

    経済的にも排斥はできない
    隣国に日本を見せるいい機会

    ネットで馬鹿にしてるより賢い日本を見せればいい
    やさしい日本を見せればいい

    教え込まれている日本と違う日本を見せる
    一人二人から変わっていくこともあるだろう

  • >>No. 1551230

    >暴力とひとくくりにしてるから、ややこしい。のかな?

    逆だよ
    暴力を一括りにしないからややこしくなる
    暴力に理由をつける
    やった人間によって使い分ける
    だからややこしくなる

    暴力は暴力としてしまえば簡単

    >私は時には肯定派になりますね。
    >昔の人なんで

    これもその一つ
    容認したいがために昔なんて言う

    今も昔もかわらない
    暴力は暴力

    むしろ現在人の方が暴力的じゃないか
    ストレス社会

    昔の人間も今の人間も自身の中に暴力的性情を持つものは多い
    育っていく中でそれはダメと抑えることを学習していく
    これが理性であり知性

    日常の中では毎日のように暴力衝動や破壊衝動に駆られるんじゃないかな
    職場だけでなく店員やすれ違う人間なんかに怒りを抱くことは多いだろう
    ただそこで怒らないで自制する

    怒りやすい人間はそこで自重できない
    怒ればその止まらなくなる
    怒りが怒りを呼ぶ
    果ては他人を傷つけたり殺してしまったりする

    人は誰でも障害犯や殺人犯になる資質を持ってるんじゃないかな
    まあ仏のような人もいるかも知れないがな
    ただそれを抑えるすべを知っている
    抑えなきゃならないことも幼児期から学習してきている
    腹立ちを自制することで社会的関係をうまく保っていく

    これが出来てない人間が暴力を自制できない

    他者を殴る時は教育やしつけなんかじゃない
    必ず自身が腹を立てている
    その腹立ちから暴力をふるう

    しつけや教育なんて暴力を正当化するための言い訳にしか過ぎない
    それを肯定するものも自分の中にある暴力性を肯定しているだけ

    格闘技だけじゃない
    野球なんかのゲームもこういう闘争心なんかの代理行為だろう
    贔屓に自分をかぶせ相手をやっつけることで快感を得る

    子供や生徒や弟子んなんかは抵抗できない
    その抵抗できない人間に対して自分の腹立ちをぶつける

    暴力的な人減が悪い人間ではない
    そんな人間でも冷静な時には優しかったりする
    情にあつかったりする
    一人の人間の中に両方が同居しているもの

    だからこそ線引きが必要
    全て否定するか肯定するか
    ここを曖昧にしてしまおうとするからややこしくなる
    条件をつけて容認しようとする

    何かにつけ暴力衝動なんて日常的にある
    抑えていく方が辛いんだけどね

  • >>No. 1551170

    その投稿自体が既に説明になっている

    読み取れないか
    これを読み取れなきゃ幾ら説明しても無駄だろう
    またその枝葉に絡んでくるんだろう
    多くの訪問者は意味を理解してると思うがな

    そろそろ叱ると怒るの違いくらい理解しような

    叱るのは相手のため
    限度をわきまえたもの

    怒るは自分のため
    相手のことなんか考えない

  • >>No. 1551159

    また論点逸らしか

    体罰はいいなんて言ったら相手を殺してもよくなる
    死んだのはたまたまということになる

    体罰なんて言葉の摩り替え
    誰も尻を叩くことなんか最初から問題にしていない

    相手が出血するほどや顔の形が変わるほどの暴力を言っている
    最初から論点はそこだろ

    だからその顔が知らないオッサンで内容は分からなくても肯定するのか?
    知れば事情は同じとする
    知らないオッサンが同じことをやっていたら容認しないだろ

    ようはどこまでいっても擁護のための擁護
    体罰なんて言葉に摩り替えちゃいけない
    限度なんて前提だろ
    そんなことを一々書かなきゃならないか?

    結果から容認される暴力なんてないんだよ
    殴られたものが結果的に死んでいても同じことを言うか?
    それじゃ桜ノ宮の教師や虐待親も正しいとしなきゃな

    無理やりだから整合性に欠ける

    間違っちゃいけない
    これは星野論ではない
    星野ならもっと違うところで評価すればいい

    イシューは暴力が是か非かだ
    軽い体罰論なんてやってないし
    一番に俺でも危険なことや結果の見えている行為をやっての迷惑等なら他人の子の尻でも叩くと書いている

  • >>No. 1551161

    >私は星野さんが優勝させてくれた感動が忘れられん

    俺も野村が家人の不祥事で退き
    星野の就任が決まった時は嬉しかったね

    パレードの前日(当日の深夜二時頃)
    開始場所の市庁舎前や御堂筋を車で走った
    前日から熱心なファンが小雨の中大勢待っていた
    ああ優勝するってこういうことなんだなと改めて感じたのを今でも憶えている

    寒い時期に窓を開け放ち大きな音で六甲おろしを流している車とも出会った
    こちらも窓を開けて交歓した
    普段なら非常識
    まあオフィス街
    一般市民には迷惑にはならないだろう
    何より彼らの気持ちが分る

    パレード当日も大阪の人なら知ってるだろう
    南御堂の少し南あたりにいわゆるオープンテラスのある喫茶店あたりで見た
    金澤がはしゃいで目立っていた

    ただ優勝した途端に辞めたのが気に入らない
    体調といいながらすぐにギリシャやオーガスタに飛んでいた
    精力的にタレント活動
    年末年始にはオーストラリアでゴルフ三昧
    その後の読売監督就任内定(OB連の強い反発で白紙になってしまったが内定していた)
    さらに後の楽天監督就任


    タイガースでは若手育成をやらないまま
    新しい血を切って古い使えない血との入れ替え
    泥だらけになっても後何年間かはやってもらいたかった
    一度優勝している最下位でもいいからもっと続けてもらいたかった

    星野・岡田は優勝した
    それへの評価は変わることはない

  • >>No. 1551153

    こういう感情の起伏が激しい者は概して人気が出やすい
    分かりやすいということ

    喜怒哀楽を素直に表す
    ネガティブ面から見れば自制心がないということ

    そういう人間は愛されキャラ
    喜怒哀楽を素直に表すのは他でもいい人間と評価される

    逆に鳥谷のような選手はそこが見えないんと不満が出る
    内心は燃えていても自制する

    和田や真弓なんかもそういう感情の起伏という点では似ている
    自制する
    ouenさんが気に入らないのはそういうところだろう
    ouenさんがその手の感情を抑えない人間が好きなんだろう
    これはまあ好き嫌いなんで仕方がない

    どちらがいいかは受け取り手次第
    まあ愛されるのは感情の起伏が激しく自制できないタイプの人間
    見てる方も分かりやすく共感しやすいということだろう

    それが喜びや哀しみならいい
    怒りに向かうと自分を止めることができない
    人に危害を加えたり殺してしまうのはこのタイプ
    車の割り込みが許せなくて相手を殺してしまう

    怒りを持つのは程度の差はあっても似たようなものだろう
    これを強い自制心で制御するタイプもある
    こういうタイプは何を考えてるか分からないと敬遠されたりする
    人としてはこちらの方が苦しいんだろう
    怒りに任せて相手を殴る方が楽

    誰もが日常の中で理不尽な扱いに遭遇するだろう
    そこで手を出さないまでも怒鳴り散らす者もいる
    誰にでもミスはあると自分さえ堪えれば上手く収まると我慢する者もいる

    日常ならこの我慢するものを評価する

    野球はやはり劇場なんだろう
    分かりやすい暴れるものを評価する

    古は日本人は我慢し堪える民族だったんじゃないかな
    農耕民族
    天候等の外部事情の恐怖にさらされながらもじっと実りを待つ
    狩猟民族のように他の場所に狩場を移すわけにはいかない
    耐えなきゃ仕方がない

    我慢忍耐を教え込まれていた
    今はそういう古い儒教観なんかがなくなってしまった

    自分のわがままをストレートに表出する
    怒りの時代だろう

    怒るものを見て自分の代わりに怒ってくれてると共感を寄せる
    代理憤怒

    難しい打球を簡単に処理するより如何にも難しいように捌く
    劇場型野球が支持される

    まあ野球はショー的要素もある
    ファンに訴えることも大事な要素

    鳥谷よりも星野が支持されるというのは分かる

  • >>No. 1551145

    >アンタが過ごしたアメリカではホンマに体罰はないんか?

    何にでも例外はある
    その特殊例を取り上げても論にならない

    >キリスト教ならそもそも根底に罪と罰があるんやないか?

    これもおそらく理解できないだろう
    メイフラワー号に時代にはかなり厳しい体罰があった
    これも先のモンゴル力士とつながるがピューリタンの子弟教育には行き過ぎた体罰もあった
    出来の悪い生徒に火のついた石炭を握らせるなんてことが実際にあったらしい

    ピューリタンの新しい大陸での生き抜く姿勢だろう
    そういうのを経ながら体罰への考え方もかわっていく
    キリスト教各宗派でも考え方はマチマチ
    簡単には語れない

    こういうのを言い出すときりがない
    日本でも盗みだけでクビが飛んだ時代がある
    中国じゃ今でも薬物犯が死刑になったりする
    異常な体罰と言えよう

    今のキリスト教を語るにしても掲示板では限界がある
    何千投稿を費やしても尽きることはないだろう

    原罪だけを取り上げても理解できまい
    全ての人は原罪を持って生れつく
    その罪を許すためにキリストが十字架に掛かった
    なんて書いていっても理解できないだろ

    日本人の八百万の神というほぼ無神教社会とはかなり異なる
    幼児時代からよくやる何故何故もも神様というのが登場する
    分からないことは全て神の思し召しとして擦り込まれる
    そういう環境の中で育てられる
    長じて信仰から離れた者でもこの刷り込みからは離れられない
    ノーベル賞を取るような科学者でも同じ

    分りもしない宗教論に持ち込まないように
    これを語りだすと本論が見えなくなるだろ
    こういうのを論点逸らしという

    イシューは暴力が是か非かだ
    誰がやったかではない

本文はここまでです このページの先頭へ