ここから本文です

投稿コメント一覧 (10421コメント)

  • 明日の初挑戦曲は
    「お座敷小唄」      (松尾和子&和田弘とマヒナスターズ)
    「三百六十五歩のマーチ」 (水前寺清子)

    いずれも子供のころ、よく聴いた歌です。
    明日の目標は90点にしておきます。

    昨日同様に90点越え曲を増やすのを明日の最優先目標にします。

  • >>No. 8461

    夢心ちゃん♥ おはよう!

    空ちゃんのように週に3日もカラオケに行ってたら、誰でも点数は上がりますし、ポイントも自然とわかってきます。
    そして、この歌なら!と思ったら、ほとんど予想が的中するようにもなります。
    「黒田節」はできるだけ毎回挑戦するようにします。
    この98点でも、正直まだ音程に自信がないのです💦
    この自信がついたら、あとはほぼ表現力の問題になってくるので(☜空ちゃんの場合ね)、100点近くまではすぐです。

  • >>No. 8458

    明日11月26日(日)のカラオケも昨日の続きですね。
    90点突破を目指します。
    昨日は9曲増えました。目標達成まで72曲です。先が長いです。

    90点は音程正確率で80%です。これが目安です。
    メロディーをしっかり覚えて挑戦したら大丈夫ですが、なかなか覚えにくいものがあって予想に反することもたびたびあります。

  • >>No. 3793

    問題人物研究シリーズ この人の実像をよく見よ! 「池田大作―95」

     ブタ箱勾留を神聖な「法難」と祭り上げる

     他方、学会内で「大阪事件」と呼ばれる事件は、池田大作が公選法違反で逮捕され、大阪東署と大阪拘置所に十五日間勾留された一件を差す。いわゆるブタ箱入りであり、酔っ払って乗車拒否のタクシーを蹴っ飛ばすぐらいでも、間と運が悪ければ、あり得る事件である。
     勾留は刑ではない。警察署内の留置場(ブタ箱)と、れっきとした刑務所とは大いにちがう。勾留とは本来、刑が確定する前の被疑者・被告人の逃亡・証拠隠滅を防ぐために行われる「未決拘禁」であって、刑罰としての意味はまるでない。
     だが、池田はこの大阪事件に連累したことで、初代、第二代と続いた名誉ある「投獄・法難」を第三代会長である自分もまた受けたとして、池田自身の神聖化に活用し、自己顕彰の根拠にしている。
     その実態はどうだったのか、以下、検証してみよう。
     昭和三十二年(一九五七年)四月、参議院大阪地方区の補欠選挙が行われ、創価学会は船場支部長・中尾辰義を立候補させた。当時の学会本部の理事長・小泉隆と学会の渉外部長・池田大作らがこの選挙運動を指揮した。結果は落選だったが、大阪府警は六月二十九日に小泉を、七月四日には池田を「堂々と戸別訪問せよ。責任は私が負う」と会員に要請した疑いで逮捕し、七月二十九日、それぞれ起訴した。

  • 問題人物研究シリーズ この人の実像をよく見よ! 「池田大作―94」

    フォーラム21より

    七・三大阪事件(池田大作選挙違反事件)の罪と罰
    「末端会員切り捨て」で買い取った「池田無罪」
    溝口 敦(ジャーナリスト)

     創価学会では初代会長・牧口常三郎、第二代会長・戸田城聖がともに戦前、治安維持法違反と神社に対する不敬罪で逮捕、投獄された歴史を持つ。中でも牧口はついに釈放されることなく、敗戦の前年、刑務所内で死亡した。いわゆる獄死であり、これにより戦前、創価学会は侵略戦争に反対して、壮絶な弾圧を招いたという「学会伝説」のもとをつくった(実際には侵略戦争や天皇制に反対したからではなく、それらをいっそう強化するため、その誤りをいましめる「国家諫暁」という立場を固執したため、当時の政府から弾圧を加えられた)。

  • >>No. 8457

    11月24日(金)のカラオケ報告④(成果)

    ⑥98点以上    1曲増えて  69曲(目標 80曲) あと11曲
    ⑦95点以上    2曲増えて 174曲(目標200曲) あと26曲
    ⑧90点以上    9曲増えて 428曲(目標500曲) あと72曲
    ⑨85点以上    4曲増えて 506曲(目標550曲) あと44曲
    ⑩全国平均点以上  1曲増えて 565曲(目標600曲) あと35曲(㊟)

    ㊟「黒田節」と「京のにわか雨」の2曲が増えて、「木蘭の涙」の1曲が減りましたので、結果1曲増えたことになります。

  • 11月24日(金)のカラオケ報告③(ギブアップ💦)

    まことに残念な報告をしなくてはいけません💦

    最下位曲(今日の時点で566位)81.466点「木蘭の涙」(スターダストレビュー)はギブアップします(>_<)

    この曲別自己最高点81.466点をどうしても更新できません💦
    その見込みもありません。
    よって、ギブアップしてしばらく保留にします。
    よって、練習曲566曲から除外します。従って、現時点での練習曲は565曲に変更になります。

  • >>No. 8455

    98.659点☜98.138点「人魚のように」     (川上大輔)

  • 11月24日(金)のカラオケ報告②(曲別最高点を更新したもの)

    98.659点☜98.138点「人魚のように」        (川上大輔) 今日の一発勝負!

    94.526点☜93.930点「夏の思い出」         (唱歌)
    94.069点☜86.968点「初恋のひと」         (小川知子)
    92.991点☜90.617点「愛して愛して愛しちゃったのよ」(田中美代子・和田弘とマヒナスターズ)
    92.304点☜86.956点「あばれ太鼓」         (坂本冬美)
    91.714点☜87.528点「よこはま・たそがれ」     (五木ひろし)
    91.650点☜87.303点「釧路の夜」          (美川憲一)
    90.313点☜87.946点「そして、神戸」        (内山田洋とクールファイブ)
    90.225点☜86.875点「もう一度逢いたい」      (八代亜紀)
    90.126点☜87.424点「地上の星」          (中島みゆき)

    87.137点☜86.798点「想い出のグリーングラス」   (森山良子)
    87.104点☜86.682点「命かれても」         (森進一)
    86.868点☜82.697点「島人ぬ宝」          (BEGIN)
    86.308点☜82.686点「おやじの海」         (村木賢吉)

    以上の14曲でした\(^_^)/

  • >>No. 8451

    97.452点「京のにわか雨」 (小柳ルミ子)

  • >>No. 8451

    98.098点「黒田節」(福岡県民謡)

    原曲キーは0です。空ちゃんは +2 で挑戦しました。

    1回目 88.216点(キー  0)
    2回目 93.430点(キー +1)
    3回目 93.682点(キー +2)
    4回目 95.327点(キー +2)
    5回目 95.380点(キー +2)
    6回目 95.031点(キー +2)
    7回目 96.257点(キー +2)
    8回目 98.098点(キー +2)

  • 11月24日(金)のカラオケ報告①(初挑戦!)

    ☟      ( )内は全国平均点

    98.098点(81.557点)「黒田節」       (福岡県民謡)

    97.452点(84.742点)「京のにわか雨」    (小柳ルミ子)

    2曲とも初挑戦で予想通り95点を越えました\(^_^)/

  • >>No. 8449

    夢心ちゃん♥ 思わず万歳\(^_^)/ってやってしまったんだけど・・・・💦

    でも、練習量が少ないから・・・・仕方ないよね(^_^;)

    とにかく、日をあまりあけずに練習です。チョイカラでもいいから、なんとか時間を見つけてください。

  • >>No. 8443

    あれはゲームですから💦

    点数とうまさは関係ないですよ。

  • >>No. 8438

    それと相手の声の衰え等もありますが、夢心ちゃん♥の歌を聴く耳が以前と違ってきたのかも。

    というのは、空ちゃんの自分の体験なんですが、以前はうまいな!と思っていたのに、感じていたのに、
    その同じもの(YouTube)を見て聴いても、あまりうまい!と思わなくなったのです。

    歌に対する聴き方、見方、感じ方が前と明らかに違う!と感じています。
    欠点らしきものが見えてしまう・・・・そんな感じです💦

    そして、ここが空ちゃんのいやらしいところですが💦、この歌い方は95点ぐらいかな?と思ってしまうのです(^_^;)

  • >>No. 8438

    夢心ちゃん♥ おはよう!

    お互いにお誕生日を祝ってあげられるお友達がいらっしゃるということは素晴らしいですね。
    しかも同性で♥
    幅広くかつ深い人間関係を持たれていらっしゃる夢心ちゃん♥には人間的な奥深さも感じさせられます。

    空ちゃんは今日はカラオケです。フリーですが、孫の面倒も少し見なくちゃいけないのでフルタイムで歌える!という訳ではありませんが、今日は主に90点突破曲を増やしたいと思っています。
    初挑戦は2曲で「京のにわか雨」と「黒田節」です。

    昨日、今日、明日と3連チャンで孫たちに会えます♥
    昨日は筑波まで行ってきました。宇宙センターです。上の孫の希望でした。紅葉も堪能できました。
    明日は車で15分ぐらいのところにある農業大学の農業祭です。ここ数年毎年行っています。
    去年は下の孫にお米が当たりました。

  • >>No. 3791

    地球は平面!?  ③

    地球平面協会の今日
    2009年9月現在、インターネットを主体に議論を行うフォーラムが2つ存在する。地球平面協会はTwitterやFacebookなどでも活動している。平面地球への純粋な信仰を表明する投稿も現れ、FAQも利用可能である。2009年、地球平面協会は再興され、2010年5月までに60名の会員を擁している。しかし、現在の協会員達はかつての理論に代わる中心的なモデルを持っているわけではなく、個々のメンバーにはそれぞれ独自の地球の構造がある。ある者は地球は完全に平らだと主張し、一方で別の人間は円盤構造だと主張している。ダニエル・シェーントンは地球平面協会を復活させた人物である。ガーディアン紙上で、シェーントンは60名の会員を勧誘したと語っている。記事は、協会の会報である1970年代と80年代の「フラット・アース・ニューズ」の影響を受けたサイトを彼が運営していると伝えている。


    間違ったものを信じたら、こういうことになってしまうという見本のような例です。
    よって科学的であることが真理の探究には必須です。
    非科学的であることは、参考にしても信じてはいけません。
    人間をこのように狂わせます。

  • >>No. 3790

    地球は平面!?  ②

    起源
    地球が平面であるという考えは、古代から存在する宇宙論の典型の一つだった。地球が球体である、あるいは少なくとも丸い形をしているという考え方がギリシャの哲学者によって示されるのは紀元前4世紀を待たねばならない。中世の初めごろまでには、地球が球体だという知識はヨーロッパ中に広がっていた。
    現代の平らな地球説はイギリス人であるサミュエル・ロウボトム (1816-1884) の考えが元になっている。聖書にある語句を自己流に解釈したものを下敷きに、彼は16ページからなるパンフレットを出版した。後にそれは「地球は球体ではない」という題がつけられ、分量は430ページにまで膨れ上がった。ロウボトムの考え方によれば(彼はそれを「Zetetic天文学」と呼んだ)、地球は北極を中心にした平らな円盤なのであり、氷の壁(南極大陸)によってその南端に沿ってとりまかれている。
    ロウボトムとその支持者たちは、有名な博物学者であるアルフレッド・ウォレスとをはじめ時代を代表する科学者たちと論争をしたことで注目を集めた。ロウボトムはイギリスだけでなくアメリカにもZetetic協会を設立し、千部の「Zetetic天文学」のパンフレットを送りつけている。
    彼の死後、エリザベス・ブラントという女性が国際Zetetic協会を設立し、「地球は球体ではない」という雑誌を出版している。『地球』は、彼女を編集者として1901年から04まで発行された平面地球派の新聞である。1901年、彼女はロウボトムによるベッドフォード川での測量実験を再現し、その結果を写真に残したが、当時の科学雑誌には複数の角度からそれを否定する記事が載っている。20世紀初頭まで勢いは失われなかったが、第一次世界大戦後、こうした運動はゆっくりと下降線をたどっていった。

本文はここまでです このページの先頭へ