ここから本文です

投稿コメント一覧 (564コメント)

  • >>No. 435

    いっそ「そう思わない」のボタン押すならこっち。

      立秋
               東行(高杉晋作)

    昨雨炎を洗って涼味新たに
    今朝秋立って葉声頻(しき)りなり
    始めて看る林景の詩意に堪ゆるを
    残月依々(いい)として影半輪

    つまり~ そういう気分になったのかな~?

  • >>No. 401

    M&Aビジネスを考えると会社を作っては休眠、立ち上げては冬眠も納得はできますが、「放っておいて売れるのか?」という疑いが残りますよ。なにしろ新会社をグループ企業にするとき、所得費用が費やされてるわけですから。

    まあ中期経営計画はまだ発表されてないから関係ない世話やきだと自覚しますがね。

  • >>No. 398

    私も家で留守番です。

    今度発表されるであろう中期経営計画に先日発表されたストックオプションの使用目的が適用されるのではないか?と興味があります。ADCは以前からフードタウン・越境ECを使って商品販売・アルツハイマー老人介護医療など将来は中国各地への事業の拡大を想定しているように見えます。

    それに絵に描いたモチにならないよう、初回目の事業は追加投資を増やしても成功を大きくしないと2度目の投資は初期の経費に食われてお荷物になります。アジア和禾投資(株)のように有名無実になったりします。だから、私は初期事業に充分な資金を入れて見栄えのする事業にしなさいよ。といいたいのですがね。第10回新株予約券の全数行使で間に合えばいいですがね。

  • あ、サファイア氏のほうだった。ごめんなさい。

  • >>No. 344

    そういえば最近脊椎氏の「爆上げイヤッホ~~~」がないね。

  • >>No. 252

    とにかく毎日暑くて。動かぬ株価はうっとうしい。ここでは10円が11円になってもまた10円にもどっても誰もなんとも言わないのに息の吹き方で神様を誤解させせ叩きだされることになったおとぎ話

    森の神と旅人 Aesop fairy tale

    ある寒い寒い冬の日に森の神サターが凍えて死にそうになってさまよっている旅人と出会いました。旅人は森の神に慈悲を乞い、神も旅人に不憫を感じたので食べ物と寒さをしのぐよう自分の洞穴へ彼を連れてきました。その道々、旅人はしょっちゅう自分の手に息を吹きかけていました。人間社会を知らないサターはそれを見て、「お前は何をしているのかね?」と聞きました。旅人は「手が冷たくて凍えそうなのでこうやって息を吹きかけて温めているのです。」と答えました。

    洞穴へ着くとサターは旅人に温かい食べ物をあげようと火にかかっている鍋から汁を椀にとって旅人に渡しました。旅人は受け取りましたが熱かったのでふうふうと息を吹きかけました。それを見たサターは「まだスープは人間のお前には冷たいというのかね?」と言いましたので旅人は答えました。「いいえ、スープが熱すぎたのでこうして息を吹きかけて冷やしているのです。」

    これを聞いたサターは「出ていけ! 同じ口から逆のことを使い分ける人間という者は信用できん。」

  • 少しづつでも事業が動けば決算に反映されますからお盆のIRにはちょっと期待しています。

    イソップ寓話のなかにこんな話がありますよ。

    日照り続きでのどが渇いて水を捜しているカラスがいました。あちこち水を求めて探しましたが小川さえ乾ききって水は有りませんでした。それでも干し草の積んである山のそばの木の下に水ガメを見つけました。すぐに飛んで行って中を見ると底の方に少しだけ水はあるもののくちばしは届きませんでした。「なんとか飲みたいものだが」とカラスはあたりを見回して役に立ちそうなものはないかと探しました。乾ききった小川の石が目に留まりました。カラスはそこへ飛んでいくと石をひとつくわえて水ガメにもどり中へ落としました。そうやって何回か小川と水ガメを往復すると水ガメの水位は少しづつあがってきてついにカラスのくちばしがとどく高さになりました。

  • >>No. 135

    中國は対米輸出の低迷で景気が冷え込む恐れがあり、景気優先の政策にかじをきるそうで、インフラ整備向け投資を増やすなどするそうです。インフラとは地域や社会全体がうまく機能するように道路や空港や発電所や水道など経済の基礎となる(経済インフラ)と社会的な基礎となる学校、病院。介護施設、公園など(社会インフラ)があるそうですが、ADCが上海で事業検討中(フィジービリティスタディ)とかいうアルツハイマー型認知症の介護施設も中国政府に医療事業の支援を要請すれば案外事業者として認定されるかもしれませんよ

  • >>No. 75

    ソルガムってのはサトウキビ科のスーパーソルガムからバイオエタノールを作り出すのでしょう。もし理想の燃料ならなぜ浮沈のせとぎわなのか? ここはまだ爆上げの楽しみがあり。社長にはストックオプションを公言する勢いがある。そうおもいませんか?

  • 売り煽りが酷いね。

    墓穴は深いほうがいいからね。

    大化けしてでてくるかも

  • >>No. 18

    民主党も敗因は団結力に欠けたことかとおもいます。。議員さんはもともと主義を主張することに長けているからその反面、妥協には得意でない。10人が10とおりの意見を主張して相手より自分の有利を唱えてばかりいてなにのまとまりを得ようか。対立が1:1にまで縮まったにしても譲るところがなければひとつの結論さえ成立しなくて禍根を残しいずれたもとを分かつような元の一つになるでしょうよ。

    慎み深さですよ。昔の人はそれを小学生にまで徹底する文書を残しました、
    「教育勅語」です。その中に恭倹己れを持し(きょうけんおのれをじし)とあります。常に自分を慎み深くあれ。という意味です。

    網屋社長はきっと株主の我々の事をも配慮して施策してくれると思います、

  • デパートのテナントはできるだけ上の階でやらせたいのがデパート側の思惑なんですよ。来店客が催事に惹かれて上の階から見て歩くように。それに食事処が上にあるのはきわめて普通です。

    ジャパンフードタウンが大々的に宣伝してオープンしない理由について…中国人に遠慮して控えめに開業している可能背があります。

    日本が民主党政権時代に尖閣諸島の帰属問題で中国から漁船が大挙押し寄せてきたことがあります。そのとき「こいつらどこから来たのか?」結局。浙江省(せっこうしょう)か福建省の漁船団だということでしたが、彼らが思想的背景があったかないか。扇動されて船を出したとしても受けた印象は帰ってから針ほどの事を棒ほどに周りに話すでしょうから福建省の首都、福州市で「日本」ビジネスは鳴り物入りで始めることはADCとしては控えたのかとおもいます。

    でもビジネスは孫悟空の如意棒みたいなものですからね。網屋(サン)と中国人ウオン(サン)は職員室へきて株主先生達の前で事業遅延(ちえん)の事情を説明するように。

  • 投資先に空虚を感じたら9318にいらっしゃい。

  • なにやらJR九州とアリババグループが戦略的提携関係を結んだそうですがこういう記事を見てなにか我田引水的な発想はできんのですかね。中国から旅行客が九州へ盲流となって海を越えて来てJR九州分の支払いに関してはAripeyカードで払う。

    これ内容そのものは他人事ですよ。でも旅行した中国客の記憶には日本の魅力的な印象と質実剛健なお土産が残るのです。

  • このボロ株は13円さえアイガー北壁並みに越えられない壁なのだから。

    そこを越えたらやっと天の岩戸が開きかけたと意識し始めるのさ。

  • それがルサンチマン的心理だ。

    とか言って・・・もちろん小生もその言葉知らなかったので調べました。

    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10165907980?__ysp=44Or44K144Oz44OB44Oe44Oz44KS5pel5pys6Kqe44Gn

  • 群盲索象(ぐんもうさくぞう)という話があります。意味は説明するよりもいい話があるので下記を紹介しておきます。

    https://ameblo.jp/kotoba-manabi/entry-10814649766.html

    中国13億人は他の世界の国と同様ほとんどが貧乏人であります。中国という国は大国ゆえに豊かさを想像しますが、中国という巨象をみるのではなく部分部分を観察したほうが中国の実像に迫れると考えます。中国人は貧乏人。という見方をすればHonMonoでお金持ちの来店を主力のメニューに経費を使って一度来たら二度目の来店は望めない反応に会うとおもいます。日本食はいろいろありまから客の支払い事情に合った物を売るという商売の法則です。常連の増加こそ繁盛のあかしです。安く、おいしい食べ物は庶民の憩いの場です、

    また中国で財布から現金を出して支払いをしないのが普通ならばクレジットカードは使って当然で銀聯・臻萃(ぎんれん・しんすい)のCCの存在はCCがポシャった今の事態は他のAlipay・WeChatに押されているということです。しかし、CCの価値はADCでも把握している(29年3月に連結子会社のIRを出した時には事業計画にいくつかの目標があった。)とおり支援することにより再び強力な越境ECとしてサンフンカイグループの電子決済システムに台頭できますし、形を変えて電子決済システム等への変化もあり得ます。

  • 中国は輸入拡大政策の姿勢を強めるそうです。
    15年間で2700兆円、ちょっと信じられない額ですよ。1万円札が1万枚で1億円。大型のトランクほどになるそうです。それが1万個で1兆円、…いやそんな話は置いといて、

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000008-san-bus_all

    中国が対米貿易摩擦の対抗策のひとつでしょうが。アメリカと張り合ってこまることは自国の成長に支障をきたすことです。世界の技術革新についていけないと張り子のトラになりますので。ですから中国高官の輸入拡大政策の発言は単なるアメリカへの牽制でなく停滞する世界経済への貢献の期待が持てます。

    貿易相手国は技術先進国の韓国・台湾・ロシア・カナダ・豪州・西欧。当然日本もはいりますから金曜日に日経株価が反応したもので今後も「中国特需」と位置付けられる…ればいいんですがね。

  • >中国人の98%は、現金支払いをしないそうです。

    アリババグループのAlipey とか テンセント社のWeChat paymentとか電子決済システムが中国ではけっこうゆきわたっているらしいですね。

    China Commerceのシステムもそういうモデルでしょうからz取り扱いによっては金のたまごを失うこともありますし、それを見辞しての完全子会社化ってこともありますしADCがCCを傘下に収めたことは良かったというべきです。

本文はここまでです このページの先頭へ